森田剛 亀梨和也に関するニュース

演出家・蜷川幸雄も絶賛したジャニーズ×舞台【ジャニゴトまとめ Vol.10】

okmusic UP's / 2016年05月31日19時00分

最近では、蜷川さん演出の舞台『青い種子は太陽のなかにある』(’15)に亀梨くんが出演、今年8月には同じく蜷川幸雄演出舞台『ビニールの城』にV6の森田剛くんの出演が発表されていましたね。OKMusicが運営するMusicHubzに投稿された、ジャニーズファンの熱が詰まったノートを紹介する「ジャニゴトまとめ」。今回は、そんなジャニーズ出演舞台と蜷川作品にまつわ [全文を読む]

いつの間にか“地味”に!? ジャニーズ「好きな」「嫌いな」ランキング双方圏外だった香取慎吾の現在

日刊サイゾー / 2014年02月26日09時30分

以下の順位は、2位が元KAT-TUNの赤西仁、3位が中居正広、4位が近藤真彦、5位が草なぎ剛、6位がV6の森田剛、7位が嵐の二宮和也、8位が同率でTOKIOの長瀬智也と亀梨和也、10位がSMAPの稲垣吾郎という結果だった。 「嫌いな~」の年代別ランキングにおいても、30代を除くすべての年代で1位となってしまった木村。回答者の中には、木村に対し「あの年でロン [全文を読む]

24時間テレビ好評の陰に「ジャニーズの大貢献」

日刊大衆 / 2017年09月02日07時05分

さらに翌98年には、当時19歳だったV6森田剛が100キロを走破。森田は同番組の単独ランナーとしては、史上最年少記録保持者となった。 今や『24時間テレビ』といえば、ジャニーズというイメージを抱く人も多いだろう。それは、ジャニーズタレントがそれだけ番組に貢献してきたという証しなのかもしれない。ブリュレ [全文を読む]

嵐・櫻井翔、ジャニーズタブー発動! 『24時間テレビ』番宣で『スッキリ!!』だけ出演せず

サイゾーウーマン / 2017年08月25日08時00分

例えば、森田剛の出演舞台を取り上げ、本人が見切れてる程度の映像であれば、大目に見てもらえます。しかしそれは、『あさイチ』がNHKでキー局を相手にしないスタンスだから、許されているのでしょうね。日テレは、ジャニーズ癒着が顕著とされているだけに、こうした意向には従わざるを得ないのが実情。櫻井の『24時間テレビ』番宣に、“空白の2時間半”が生まれたのは、こうした [全文を読む]

24時間テレビのジャニーズギャラ数千万円は高いのか問題への反論|平本淳也のジャニーズ社会学

デイリーニュースオンライン / 2017年08月23日20時30分

山口が属するTOKIOは翌年のパーソナリティーに就任して、今度はV6森田剛が100キロを走る。1年休んだ2000年にV6がパーソナリティーとなり、ジャニーズ間でバトンを繋いでいった。 そもそも24時間テレビのパーソナリティーは、初回のピンクレディーや2回目の石野真子、歴代には小泉今日子や沢口靖子から菊池桃子に後藤久美子などなど、その時代を代表するアイドルが [全文を読む]

V6森田の“男気”も話題に! ジャニーズたちの「神対応」

日刊大衆 / 2017年07月02日15時05分

たとえばV6森田剛は、メンバーの中でも一見“コワモテ”と見られがちだが、以前、女性との半同棲を『週刊女性』(主婦と生活社)に直撃取材された際、見事な対応を見せて話題になった。 森田は自宅マンション前で女性と2人のところを突然直撃されるが、女性に鍵を渡して先に部屋へ入らせ、森田は「俺、逃げないから」と記者に対応。自分の写真を使うことはかまわないが、女性には [全文を読む]

V6三宅を大きく成長させた「ある苦手意識」

日刊大衆 / 2017年06月30日15時05分

当時、後にメンバーとなる森田剛とコンビのように扱われたが、ダンスがうまかった森田と組んだことで、どうしてもセンターに立つことが多かった。三宅は、自分よりも踊れる先輩たちを差し置いて、踊れない自分がセンターへ出ることに、申し訳なさと後ろめたさを感じていたという。 三宅が最初に覚えたのは、SMAPが1993年にリリースした8枚目のシングル『はじめての夏』の振付 [全文を読む]

滝沢秀明「ダサいジャニーズ」をぶった斬り!

日刊大衆 / 2017年06月22日19時05分

はじめは“有り余る才能を持つ男”にHey!Say!JUMPの山田涼介(24)が選ばれたり、“ダンスが上手(じょうず)すぎてやばい男”にV6の森田剛(38)が選ばれたりするなど、名誉あるランキングだったが、次第に選ばれたくない不名誉なランキング部門に突入した。 “表と裏のギャップがある男”に選ばれたのは、KinKi Kidsの堂本光一(38)。理由について [全文を読む]

亀梨はナル男NO.1!滝沢秀明が決めた「ジャニーズ大賞」各部門の面々

アサ芸プラス / 2017年06月22日09時58分

「有り余る才能を持つ男」として山田涼介、「ダンスがうますぎてヤバい男」には、森田剛を選出。「心に刺さる名言を言う男」として、三宅健、「表と裏のギャップがある男」で堂本光一を指名した。「王子様」の異名を持つ堂本は普段着はおしゃれなのに、稽古着がダサく、いったいどこで買ったのか、頭をひねるコーディネートをするのだという。 逆におしゃれな人は増田貴久だと指摘した [全文を読む]

滝沢秀明が着信拒否したい超めんどくさい男とは?

ザテレビジョン / 2017年06月16日18時30分

ダンスが上手すぎてヤバい男部門には、自らの個性を魅せることに長けた森田剛。心に刺さる名言を言う男部門には、舞台出演を依頼した際に「お前を笑顔にするために俺は出るんだ」と応援してくれた三宅健。表と裏のギャップがある男部門には、稽古着がとにかくダサい堂本光一。自分が大好きすぎるナルシストな男部門には、鏡だけでなく自分が映る物はすべてチェックする亀梨和也。 そし [全文を読む]

岡田准一は結婚へ、どうなるゲス潤?!

NewsCafe / 2017年01月07日09時00分

松潤がおむつのCMに出ても説得力がないですが、少年隊の東山紀之(50)とか松岡なら、売れるでしょう」 デスク「V6では他にも森田剛(37)が女優、宮沢りえ(43)とラブラブだけど、連れ子結婚なんてあるのかね?」 記者「ジャニーズ事務所は相手が女優だと寛容な風潮ですが、さすがに肉欲の印象が強く、実現しないままフェードアウトかと…」 デスク「KAT-TUNの亀 [全文を読む]

相次ぐ熱愛説!亀梨和也と深田恭子の「半同棲」「結婚願望」はガチなのか?

messy / 2016年11月17日23時00分

最近だとV6森田剛や関ジャニ∞大倉忠義などがそうだ。深田と夫婦になった場合、タレント価値という観点で考えれば好影響がありそうだが、果たして二人にその考えはあるのだろうか。 [全文を読む]

ジャニーズ、関ジャニ・大倉の熱愛を必死のもみ消し工作…メディア統制力が弱体化

Business Journal / 2016年11月03日12時00分

土屋さんの事務所から、ジャニーズに気を遣って記事にするのはやめてほしいと頼まれるならまだわかりますが、さすがジャニーズ、やることがすごいですね」 ●弱まるジャニーズの力? そんなジャニーズだが、ここ最近でいえば、Hey!Say!Jump!の中島裕翔と吉田羊の連泊熱愛や、同じく中島の泥酔警察通報騒動、KAT-TUNの亀梨和也と深田恭子の熱愛、そしてV6の森田 [全文を読む]

元KAT−TUN田口淳之介ソロデビュー!数年前の「亀梨予言」が当たった?

しらべぇ / 2016年09月06日08時30分

・合わせて読みたい→1位:村上信五→3位:生田斗真→6位:森田剛 何のジャニーズランキング?(取材・文/しらべぇ編集部・ナンシー関ヶ原) [全文を読む]

『ヒメアノ~ル』殺人鬼役のV6森田剛に高評価 ジャニーズによるキワモノ役“怪演”の系譜

日刊サイゾー / 2016年06月18日19時00分

同作品では、V6の森田剛が冷酷な連続殺人鬼を演じ話題となっている。 ジャニーズタレントといえば、トレンディドラマにおいて“格好いいヒーロー”を演じる印象が強い。だが、森田がこなした殺人鬼のように、アクのある役どころを“怪演”するタレントもいる。 「サブカルチャー好きとして知られる風間俊介は、カルトマンガ家・丸尾末広の『少女椿』(公開中)が映画化されると、不 [全文を読む]

ジャニーズ的にはルール違反! SMAP中居正広・香取慎吾の被災地訪問で、キムタクとの関係は“修復不可能”に

日刊サイゾー / 2016年05月20日09時00分

一方、15日に都内で行われた演出家の蜷川幸雄さんの通夜には、少年隊の東山紀之、V6の森田剛、三宅健、KAT-TUNの亀梨和也らジャニーズ事務所の所属タレントが参列。その中に、キムタクことSMAPの木村拓哉の姿もあったというのだが……。 「東山は、妻で女優の木村佳乃と来場。森田、三宅、亀梨らは事務所の送迎車に相乗りして来場した。ところが、キムタクは車から降 [全文を読む]

ジュリー氏&キムタク、蜷川幸雄さん通夜に一緒に現れ、記者たち混乱! ジャニーさんは姿見せず!?

日刊サイゾー / 2016年05月18日23時30分

まあ、ジュリー氏も『株式会社ジェイ・ストーム 藤島ジュリーK』名義で供花していましたし、タイミングがたまたまキムタクと一緒だったと言われれば、そうなのでしょうが」(同) その数分後、森田剛、三宅健、亀梨和也、上田竜也も姿を見せていたという通夜。だが、ジュリー氏と一緒に現れたのはキムタクだけ。これに、何か意味があったとすれば、謎は深まるばかりだが……。 [全文を読む]

岡田准一、二宮和也らの演技力高めた「ジャニーズの大恩人」蜷川幸雄

アサジョ / 2016年05月17日09時58分

ジャニー社長に続き、これまで蜷川演出の舞台に立った東山紀之、錦織一清、植草克秀ら古参のメンバーはもちろん、岡田准一、森田剛、二宮和也、松本潤、亀梨和也らも悲しみのコメントを寄せた。 蜷川演出といえば、真っ先に浮かぶ“灰皿投げ”。厳しい演出家としても有名だったが、その裏には「深い愛情があった」という。 森田は「舞台の初日前には『他の人に何を言われても、俺が [全文を読む]

アイドルらしさを消せる演技派ジャニーズが増殖中 最注目株はHey!Say!JUMPの中島裕翔

ウートピ / 2015年03月27日18時00分

蜷川幸雄や宮本亜門らの演出家が惚れ込むほどの実力の持ち主、V6・森田剛は舞台から映画『ヒメアノ~ル』で初主演へ。 「所詮ジャニーズだから……」 そろそろそんな固定観念を捨てる時期なのかもしれない。 (柚月裕実) [全文を読む]

ジャニーズ新デビュー組が決定!? 「Jr.大賞」発表で「カス入って残念」とファン大騒動

サイゾーウーマン / 2015年02月23日10時10分

三宅健&森田剛(V6)がW受賞したことを皮切りに、滝沢秀明(タッキー&翼)、相葉雅紀(嵐)、山下智久、亀梨和也(KAT‐TUN)、山田涼介(Hey!Say!JUMP)、中島健人(Sexy Zone)などがJr.時代に1位に輝き、現在に至っている。 「ジャニーズ事務所は、4年に1度の『バレーボールワールドカップ』でテーマソングを担当するグループがデビューする [全文を読む]

フォーカス