飯島直子 内田有紀に関するニュース

芸能界「結婚しない美女」の“ムラムラ身の下”事情!(3)宮沢りえとV6・森田剛の恋の行方は?

アサ芸プラス / 2017年04月27日05時57分

主宰する『小泉会』には飯島直子(49)、米倉涼子(41)、内田有紀(41)、榮倉奈々(29)など豪華メンバーが集い、朝まで飲んでいるみたい」(女性誌記者) 一昨年の誕生日には、個人事務所を旗揚げしたが、「当初、同い年で俳優の豊原功補(51)がキョンキョンのマンションに出入りしていたため、新恋人ではないかと騒がれました。しかし、2人は単なるビジネス上のパート [全文を読む]

キョンキョンに篠原涼子に浅野温子!センチな秋にしっとり楽しめる大人の恋愛ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年10月24日14時45分

飯島直子さん、内田有紀さん、坂口憲二さん、続編では加瀬亮さん、長谷川京子さんが加わり、ストーリーに華を添えます。良くある若者向けの恋愛ドラマのような熱さや甘さを抑えながら、2人の互いの気持ちの変化や想いを丁寧に描き、大人が観るのにとても丁度よい恋愛ドラマに仕上がっています。 101回目のプロポーズ1991年7月に放送された伝説のドラマ「101回目のプロポー [全文を読む]

「ドクターX」が絶好調で、米倉涼子が「小泉会」の二次団体「米倉会」を結成!

アサ芸プラス / 2014年12月01日09時59分

会長の小泉を筆頭に米倉涼子、飯島直子、天海祐希、長澤まさみ、内田有紀、香里奈、石原さとみ、綾瀬はるか、水川あさみ、吉高由里子、北川景子といったドラマや映画では欠かせない主演クラスが顔を揃えている。 「過去に広末涼子や深田恭子、沢尻エリカらが関係者を通じて入会申請をしたが、女優力不足を理由に却下されたとか」(芸能プロ幹部) この小泉会に、先頃「二次団体」が発 [全文を読む]

もはや悪女役は鉄板!? 米倉涼子、今度の濡れ場は“寝取られプレイ”

メンズサイゾー / 2014年05月15日10時00分

夜は小泉今日子率いる『小泉会』で飯島直子や内田有紀らと飲み歩いているとも言われていますし、悪女を演じる際の色気と、そんなサバサバした様子のギャップがさらに魅力を引き立てていますね」(同) 今や代表作になりつつある『ドクターX』では、「私、失敗しないので」が決めゼリフとなっている米倉。今回の濡れ場も、松本清張原作の悪女ものという得意の役どころだけに、まさに“ [全文を読む]

不評の浜崎あゆみ主題歌に“苦肉の策”!? 小泉今日子主演『続・最後から二番目の恋』好発進も賛否

日刊サイゾー / 2014年04月18日20時30分

前シリーズでレギュラーだった益若つばさや、美保純は見当たらないものの、飯島直子や内田有紀、坂口憲二らは引き続き出演。さらに、鎌倉市市長役の柴田理恵や、千明の元カレ役の加瀬、和平の娘の彼氏の母親役の長谷川京子らがキャストに加わった。 「前作の平均視聴率は11~13%台と、決して高視聴率ではなかったものの、昨年に小泉が出演した『あまちゃん』(NHK)効果もあ [全文を読む]

小泉今日子&中井貴一主演『最後から二番目の恋』続編決定で注目される、浜崎あゆみの「うどんの歌」って何!?

日刊サイゾー / 2014年02月21日13時00分

しかし、続編のメーンキャストは小泉、中井のほか、飯島直子、内田有紀、坂口憲二と、前作と同じメンツ。さらに、スペシャルドラマの主題歌もあゆの『how beautiful you are』でしたから、引き続きあゆの歌が起用されるのが自然でしょう」(テレビ誌ライター) 確かに、キャストや設定が同じなだけに、主題歌が別の歌手に変わると、『あゆだけ外された』という印 [全文を読む]

小泉今日子、ドラマのキャスティングを「社長にお願い」の一言で決めた!?

サイゾーウーマン / 2012年01月15日12時00分

そして中井の妹弟役として登場するのが、飯島直子、坂口憲二、内田有紀の3人だ。ドラマはこの5人を軸に展開されていくのだが......。「実はキョンキョンと飯島さんはプライベートでは大の仲良し。共に芸歴も長いふたりですが、頻繁に遊びに出掛けたりするようになったのはここ数年のようです。同業者であり飲み仲間のふたりは、仕事からプライベートまでアケスケに話す関係のよ [全文を読む]

フォーカス