現在 飯島愛に関するニュース

飯島愛ブログ閉鎖を機に振り返るAV女優たちの“非業の死“...他殺、心中、ジャニーズとの交際のもつれで自殺も

リテラ / 2015年10月12日16時00分

15年10月7日現在、そのコメントの数はなんと71600を超える。そのように心疲れた人々の集まる拠り所となっていったことを受け、飯島愛の両親が『ポルノ・ホスピタル』の運営を引き継いできたが、高齢となり管理業務が負担となったことを理由に今回閉鎖へといたったそうだ。 そんな飯島愛だが、警察の公式発表では「肺炎」が死因とされているものの、違法薬物が原因との説、歯 [全文を読む]

ホリエモン 獄中で飯島愛の本を読みふけりしみじみと感想

NEWSポストセブン / 2012年02月16日07時00分

『メルマガNEWSポストセブン』の現在配信中2号で、長野刑務所に服役中のホリエモンが、なんと獄中から新連載立ち上げ! 塀の中でも情報種集を欠かさず、独自の視点から選んだおすすめガジェットを毎号紹介する。さらに、メルマガ界のトップを走る『堀江貴文のブログでは言えない話』より、女房役の編集S氏による近況もレポート。 * * * 読者の皆様、こんにちは。『堀江貴 [全文を読む]

ASKAと酒井法子の元夫・高相祐一に接点?暴露されていた“珍行動”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月29日00時06分

ASKAは2014年にも薬物事件を起こして逮捕され、現在は執行猶予中だった。本人は容疑を否認しているという。 「ASKAは先週の時点で自ら碑文谷署に110番通報していたとのこと。警察官が自宅に駆け付けたところ、意味不明なことを言って、ロレツも回っていなかった。その後、任意で尿検査を行ったところ覚せい剤の陽性反応が出たようです」(スポーツ紙記者) ASKAは [全文を読む]

ASKA手記で露呈した「盗聴盗撮集団」との噴飯なる戦い

WEB女性自身 / 2016年01月20日06時00分

現在は削除されている。手記はおよそ9万5千字、20章構成の大作で、本のような体裁だ。 2014年5月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、現在は執行猶予中の身であるASKA。手記の中で自らの薬物歴を赤裸々に語っている。初めてパイプで 冷たいの(覚醒剤の俗称) を吸ったときの感想はこうだ。 《冷たいのを吸ってみた。すると、ゾクっとして髪の毛が逆立つのが分かった。》 [全文を読む]

急逝から7年…飯島愛さんが「現代のオトナ女子」に問いかける名言3つ

BizLady / 2015年10月21日23時00分

(中略)今の時代、コンピューターに入ってるもので、百パーセント安全なんてありえないし、何より独裁者っぽい感じがしてイヤ> 現在の“マイナンバー制”に対する意見としても決して古くはありません。 <座り込みしてもなんか変わるの? ひとたび国会で決まっちゃったらダメなんでしょ> と当時の状況を憂いていた彼女。 彼女は、『どうせバカだと思ってんでしょ!!』という著 [全文を読む]

飯島愛「ファンに元気づけられた7年」ブログ閉鎖で実父語る

WEB女性自身 / 2015年09月30日06時00分

死後から7年たちますが、公式ブログ『飯島愛のポルノ・ホスピタル』にはいまだにファンたちが彼女へのメッセージを書き込み続けているのです」(芸能関係者) ブログはファンたちの“聖地”となり、コメント数はなんと約7万1千件以上に(9月28日現在)。この『ポルノ・ホスピタル』の閉鎖が9月18日に発表されてからは、ファンたちの惜別の声も急増している。実は、これまでブ [全文を読む]

飯島愛「ファンに元気づけられた7年」ブログ閉鎖で実父語る

WEB女性自身 / 2015年09月30日06時00分

死後から7年たちますが、公式ブログ『飯島愛のポルノ・ホスピタル』にはいまだにファンたちが彼女へのメッセージを書き込み続けているのです」(芸能関係者) ブログはファンたちの“聖地”となり、コメント数はなんと約7万1千件以上に(9月28日現在)。この『ポルノ・ホスピタル』の閉鎖が9月18日に発表されてからは、ファンたちの惜別の声も急増している。実は、これまでブ [全文を読む]

突然の死から7年...“ファンが悩みを綴る場“と化していた飯島愛のブログ閉鎖

メンズサイゾー / 2015年09月19日18時00分

飯島のブログは2008年12月5日が最後の更新であったが、それから6年以上経つ現在もファンからのコメントが絶えず、その数は7万件以上にも及んでいる。飯島の死後、ブログの管理は彼女の両親が行ってきたが、彼らが高齢になったこともあり、飯島の誕生日である10月31日で閉鎖されることになったという。 飯島といえば、92年にAV女優としてデビュー後、タレントとして [全文を読む]

あの元トップAV女優の危機?ファンから酷な質問連発、飯島愛との致命的な違い

Business Journal / 2015年05月26日23時00分

麻美さんの人脈がどれくらいあるのかは知りませんが、本気で芸能界での活躍を望んでいるなら、現在の事務所のままでは厳しいといえるでしょう」 このほかにも麻美のブレイク策として雑誌記者はアジア進出を勧める。 「同じAV女優出身で恵比寿マスカッツ初代リーダーである蒼井そらのように活動の場をアジア全体にシフトすれば、歌手としても案外成功できるかもしれません。特に台湾 [全文を読む]

デヴィ夫人が知っていたASKAと飯島愛の関係

アサ芸プラス / 2014年06月17日09時58分

「ブログを書いたことは事実ですが、今回の文春報道との関連についてはノーコメントです」 現在も閲覧が可能な当該ブログだが〈映像や写真を撮られ、所持していた人達に〉の部分だけ削除されている。 また飯島の運転手を務めた人物を、没後にASKAが雇ったという別報道もある。ASKAの供述は、飯島愛の死の真相まで解き明かすのだろうか‥‥。 [全文を読む]

ホリエモン 吉田豪氏との面会で田代まさし一家の意外な近況

NEWSポストセブン / 2012年08月17日07時00分

ビートたけし、櫻井よしこ、勝谷誠彦など錚々たる論客が寄稿する『メルマガNEWSポストセブン』では、現在服役中のホリエモンこと堀江貴文氏の連載も収録。担当編集S氏が明かす獄中近況記は、堀江氏の意外な一面がわかると評判だ。8月10日配信の27号から、その一部を紹介しよう。 * * * こんにちは。『堀江貴文のブログでは言えない話』担当の編集Sです。長野刑務所で [全文を読む]

セクシー女優が次々と登場する夢のようなパチンコ台が登場

NEWSポストセブン / 2012年04月18日16時01分

現在、引退した人もいれば、女優やテレビタレント、セクシーアイドルグループなどに参加し活躍しているコたちもいる。 そんな女のコたちがパチンコ台の中に登場したら……!? 「パチンコメーカー豊丸から『CRドキドキガールズスポット』という台が発表になりました。この台にはなんと原紗央莉、希志あいの、範田紗々、初音みのり、あいださくら、希美まゆ、伊藤遥、西野翔といった [全文を読む]

本人はブログで反論も?ASKA元被告が覚せい剤使用容疑で逮捕へ

デイリーニュースオンライン / 2016年11月28日17時15分

某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。 [全文を読む]

ラブライブ事件の影響?声優は「アダルトモデル経験者お断り」になり始める

しらべぇ / 2016年05月05日19時30分

「これは完全な職業差別ですよ! 今AVに出演している女性がダメというのはまだ分かりますが、過去に出演していたらNGって厳しすぎじゃないですか?だいたい違法な行為を現在進行形でなく過去にしていた人はOKなのに、AV出演は1回でも過去にしてたらアウトっておかしいです!たとえば美保純や飯島愛や及川奈央や沙倉まながアウトで、酒井法子や高部あいがOKってどういう基準 [全文を読む]

吉高由里子は残念すっぴん!? メイクで顔が激変するタレントしないタレント

tocana / 2015年08月05日09時00分

「元フジテレビアナウンサーで現在はフリーで活躍する高島彩さんはすっぴんでも綺麗です。前に1度、ドタバタの中で迎えた生放送があり、その際、すっぴんのまま番組に出たんですが、スタッフも含めて誰も気づきませんでした。視聴者からの指摘などもなかったので、メイク前後でギャップがないんだと思います。本人も忘れていたようですが、すっぴんでも本当に綺麗です」(テレビ局報 [全文を読む]

飯島愛が歴史を超えて大活躍! 幻のお色気ファンタジーマンガ『タイムトラベラー愛』

日刊サイゾー / 2015年02月11日20時00分

現在もブログにファンのコメントが投稿され続けるなど、そのカリスマ性は色あせません。 テレビタレントとしてバラエティ番組にひっぱりだこだった時代の飯島さんはAV出演歴を公にしたがらなかったようですが、自伝『プラトニック・セックス』(小学館)ではあらためてカミングアウトしています。 実は、そんな飯島さんが主人公のマンガがかつて存在していました。その名も『タイム [全文を読む]

「ポルノ大国」日本が抱える矛盾とは何か 藤木TDC氏が解説

NEWSポストセブン / 2014年12月25日16時00分

現在では、年間1万タイトルがリリースされるともいわれるアダルトビデオ(AV)。AV女優たちは、日本だけでなく世界中で人気を集めている。しかし、そんな「ポルノ大国」日本が、ある矛盾を抱えているのだという。AVに詳しいライターの藤木TDC氏が解説する。 * * * 1980年代初頭、それまでのフィルムでなく、ビデオカメラで撮られたアダルトビデオ(AV)の誕生と [全文を読む]

桜塚やっくん、飯島愛…故人のブログにコメントを残すユーザーの自己愛

messy / 2014年09月20日12時00分

2008年に亡くなったタレント・飯島愛のブログも死亡後削除されることなく残されているが、そこにも9月18日現在、7万件を超える書き込みが寄せられている。「お盆だね~愛ちゃんこっちに来てる~?またね~」「まーた仕事やめちゃったよ 本当ダメな奴 生きていくのも大変だのー。」「義家族癖が強いょー 特に義妹 離婚したくないけど 離婚したい」 [全文を読む]

相次ぐ芸能人たちの整形カミングアウト!! 日本は整形大国だった!?

tocana / 2014年09月12日09時00分

そんな彼女の疑惑は、過去の雑誌に掲載された写真と現在の顔が違うというもの。一重まぶたが、ある時期からクッキリとした二重になっていることが指摘されている。 「もちろん十代は成長期ですから、顔つきが変わったと見ることもできるかもしれません。ですが西内は、『ニコラ』(新潮社)モデルをしていた中学生時代は『アイプチを使っている』と公言していたそうなのですが、歳を重 [全文を読む]

ASKA、飯島愛と薬物&不倫・肉体関係、映像流出怯え薬物依存との報道 復帰絶望的か

Business Journal / 2014年05月29日01時00分

「美川憲一や長渕剛、槇原敬之、いしだ壱成など、過去に違法薬物所持で逮捕された芸能人の中には、カムバックして現在も活躍している人も少なからずおり、ASKAには根強いファンも多いため、復帰の可能性もゼロではなかった。ただ、どちらかというと真面目さが売りでもあったASKAが、セクシー系タレントの飯島と薬物を使用し、かつ不倫関係にあったとなれば、イメージ崩壊とフ [全文を読む]

フォーカス