死因 飯島愛に関するニュース

飯島愛ブログ閉鎖を機に振り返るAV女優たちの“非業の死“...他殺、心中、ジャニーズとの交際のもつれで自殺も

リテラ / 2015年10月12日16時00分

そんな飯島愛だが、警察の公式発表では「肺炎」が死因とされているものの、違法薬物が原因との説、歯の痛み止めとして処方されていた薬が突然死を招いたという説など、真相はいまだ闇に包まれている。飯島愛といえば、タレント活動前にAV女優として大変な人気を博していたことは周知の通りだが、AV女優には飯島愛のように謎の死・非業な死を遂げた人が大変に多い。これを機会に振 [全文を読む]

「ギフハブに消されたんじゃあ…」ASKA容疑者、飯島愛さんの死にも疑問を持っていた?

tocana / 2016年12月02日09時00分

死因は肺炎とのことだが、彼女の死をめぐっては、薬物の過剰摂取を疑う声はいまだ根強い。ASKA容疑者とは長年パートナーの関係だったという。「2014年5月に『週刊文春』(文藝春秋)が2人の“関係”を報じ、ASKA本人もブログで彼女と交流があったことを認めています」とはスポーツ紙記者。飯島さんも晩年は盗聴・盗撮被害を訴え、ASKA容疑者に相談したこともあったと [全文を読む]

飯島愛が「ぶっちゃけタレント」と一線を画した理由 彼女の遺した叫びを振り返る

ウートピ / 2015年11月01日15時57分

死因は肺炎で、すでに死後1週間ほど経過していたという。ブログのコメント欄には、追悼のコメントやメッセージを書き込む人が相次ぎ、08年12月5日付けの記事のコメントは7万件以上にのぼった。ぶっちゃけトークが人気に飯島は、バラエティ番組での歯に衣着せぬ物言いで人気となり、過去の両親との確執、家出、援助交際、整形、AV出演などを赤裸々に告白した自伝『プラトニック [全文を読む]

飯島愛「ファンに元気づけられた7年」ブログ閉鎖で実父語る

WEB女性自身 / 2015年09月30日06時00分

「警視庁の発表では死因は肺炎で、死亡推定時刻は1週間前の17日でした。彼女は前年の07年3月に芸能界を引退していましたが、その突然の死は大きな衝撃を呼びました。死後から7年たちますが、公式ブログ『飯島愛のポルノ・ホスピタル』にはいまだにファンたちが彼女へのメッセージを書き込み続けているのです」(芸能関係者) ブログはファンたちの“聖地”となり、コメント数は [全文を読む]

飯島愛「ファンに元気づけられた7年」ブログ閉鎖で実父語る

WEB女性自身 / 2015年09月30日06時00分

「警視庁の発表では死因は肺炎で、死亡推定時刻は1週間前の17日でした。彼女は前年の07年3月に芸能界を引退していましたが、その突然の死は大きな衝撃を呼びました。死後から7年たちますが、公式ブログ『飯島愛のポルノ・ホスピタル』にはいまだにファンたちが彼女へのメッセージを書き込み続けているのです」(芸能関係者) ブログはファンたちの“聖地”となり、コメント数は [全文を読む]

山口美江の謎の死にみる「女性の孤独死問題」

メンズサイゾー / 2012年03月10日15時00分

死因は不整脈による内出血で、死後2週間が経過していた。東映のスターとして数々の映画やドラマに出演し、「好感度No.1女優」ともいわれた彼女の孤独死という最期にショックを受けたファンや関係者は多かった。 元AV女優で"Tバックの女王"と呼ばれてタレントとしても活躍した飯島愛さん(36歳没)も、孤独死した美女の一人。ミリオンセラーを達成した自伝『プラトニック・ [全文を読む]

桜塚やっくん、飯島愛…故人のブログにコメントを残すユーザーの自己愛

messy / 2014年09月20日12時00分

死因は心臓破裂。女装ガールズバンド「美女♂menZ」として翌日熊本で行われるイベントに出演予定であり、その移動中の事故だった。 この痛ましくあまりに突然な死については当時ワイドショーでも大きく取り上げられていたが、時間の経過とともに世間の記憶も薄れていった。しかし、一部のネットユーザーらは、今も残るやっくんのブログにコメントを投稿し続けている。最後となった [全文を読む]

ASKAからつながる飯島愛さんと“芸能人薬物ルート”キーマンは元運転手のX氏か!?

日刊サイゾー / 2014年06月06日09時00分

こうなると、病死とされる飯島さんの死因にも薬物の影響が考えられる。5年半の時を経て、“ASKA事件”が飯島さん怪死の真相、そして芸能界の薬物汚染の全容を暴くことになりそうだ。 [全文を読む]

「飯島愛との薬物セックスビデオが存在」ASKA、薬物事件に衝撃の新情報

サイゾーウーマン / 2014年05月29日13時00分

死因については、「肺炎」とされていたものの、やはりその後も薬物の“過剰摂取説”がささやかれていた。 「芸能界引退から、少しずつ当時仲が良かった関係者とも疎遠になっていき、最後の方は彼女に関する情報がまったく入ってこなかった。さらにネット上では、引退の真相について『綾瀬コンクリート殺人事件の犯人と接点があった』といった真偽不明の情報も飛び出し、死後明らかにな [全文を読む]

孤独死は本当に寂しい死に方なのか?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月01日13時00分

死因は「不整脈による脳内出血」だった。NHKの大河ドラマ『春日局』やサントリーのウイスキーのCMなど、美しさのなかに愛らしさも感じさせた全盛期のチャーミングな大原のイメージが強いせいか、晩年“近所でも注目の人”“深夜にも構わず電話をかけていた”とワイドショーや週刊誌で報じられたときには世間は驚き、まさしく“たったひとりの寂しい最期”と受け取った人も多かった [全文を読む]

女性自立支援団体の共同墓 300体の納骨スペースが予約済み

NEWSポストセブン / 2012年04月20日07時01分

51才、死因は心不全だった。2009年には女優の大原麗子さん(享年62)が、2008年にはタレントの飯島愛さん(享年36)が、それぞれひとり暮らしの自宅で死亡し、その後発見されている。 彼女たちに限らず、ひとりきりで亡くなって死後発見される“孤独死”の報道は昨今珍しくない。老人ホームに入居していても孤独死する事件があるほどだ。ノンフィクション作家の松原惇子 [全文を読む]

フォーカス