最後 飯島愛に関するニュース

中居正広が金スマだけは終わらせたくない理由は、ある女優にぞっこんだったから?

tocana / 2016年12月14日08時00分

そして、中居さんが『金スマ』にこだわる理由も、そこにあるといわれているんです」(同) 飯島愛は2007年3月31日に『金スマ』の収録を行い、この仕事を最後に芸能界を引退した。この模様は4月6日に放送されたが、その翌年の2008年12月24日に自宅マンションで死亡しているのが発見された。 「飯島さんはひと言でいえば『気遣いの人』でして、番組中も末端のスタッフ [全文を読む]

吉田豪インタビュー企画:安齋肇「ショックだけど、みうらじゅんから見ると俺は営業友達」(3)

デイリーニュースオンライン / 2016年10月03日17時08分

ひどいよ、あのタモリさんがついに最後は「……あのね、僕の時給、日本では結構高いほうなんだよ」って言ってたから(笑)。 ──タモリさんを1時間待たせるっていうのはどういうことなのかって(笑)。 安齋 そうだよなーって。番組1本終わってますもんね。ホント申し訳ないですよ。よくいろいろこうやって引き留めてくれるもんだと思いますよね。 ──よくできた話ですよね。最 [全文を読む]

ASKAの"盗聴・盗撮・飯島愛"錯乱ブログをダルク元職員はどう見たか

東京ブレイキングニュース / 2016年01月18日14時05分

少し長文だが、出だしと最後の文章を一部引用する。◇◇◇●2016-01-09 みなさん、お久しぶりです。ASKAです。この度は、私を信じてくれていた皆さんを裏切るような行為をしてしまい、深く深く反省しております。本当に申し訳ありませんでした。心から謝罪をさせていただきます。(中略) 今から語るこの文章の中で、私がいちばん気をつけたことは、私にとって都合の良 [全文を読む]

飯島愛さんのブログ 閉鎖発表後にお別れのメッセージ続々届く

NEWSポストセブン / 2015年09月25日07時00分

10月31日の愛ちゃんの誕生日を最後に閉鎖することになりました」(前出・テレビ局関係者) 番組で閉鎖が告げられてから、彼女への最後のメッセージが続々と届いている。 《毎年愛ちゃんのお誕生日がくると覗きに来てたけど、それも今年が最後になるんだね。愛ちゃんの笑顔を焼き付けてお別れするね》 《金スマ見て…愛ちゃんに会えた。涙がポロポロ出て止まらなかった》 お彼岸 [全文を読む]

突然の死から5年、飯島愛さんが今も愛される理由

WEB女性自身 / 2013年11月02日07時00分

そして、なぜか最後にいつも大人のオモチャをくれる(爆笑)。セクシーな下着だったこともあった」紗理奈「『光浦はセックスしろ』って、ずっと言ってた(笑)」光浦「たぶん、相手によって、愛ちゃんの対応が違うんだと思う。愛ちゃんの悩み相談の処方箋も、みんなそれぞれ違うけど、いつも正しいの。私も悩んでいたことが、最後はあっけらかんと終われるのがすごくうれしかった」0紗 [全文を読む]

「ギフハブに消されたんじゃあ…」ASKA容疑者、飯島愛さんの死にも疑問を持っていた?

tocana / 2016年12月02日09時00分

最後まで「日本ではテクノロジーが発達して、かなりの人がやられていると思うんですけど、それに気がついたのは僕が初めてなんじゃないか」と理解しがたい主張を繰り広げていた。これには司会の宮根誠司も首を傾げるばかり。 ASKA容疑者を知る人物は「10年以上前から盗聴・盗撮被害を訴えていた。どう見ても火災報知機なのに『ここからのぞいているんだな!』 とブチ切れ、火災 [全文を読む]

ASKAの錯乱ブログで明らかになった闇社会”芸能人籠絡術”の衝撃

デイリーニュースオンライン / 2016年01月16日08時00分

被害妄想的な書き込みは執拗に続き、最後には、「盗聴盗撮集団に告ぐ。私は、君たちがいちばん恐れていることを、この本の中では書かなかった(中略)最終警告だ」と謎のメッセージまで残している。 薬物の後遺症によるものなのか、心理的ストレスによるものか。いずれにしても常軌を逸したその内容はドラッグの恐ろしさをまざまざと映し出している。 その一方でブログは、芸能人の心 [全文を読む]

飯島愛が「ぶっちゃけタレント」と一線を画した理由 彼女の遺した叫びを振り返る

ウートピ / 2015年11月01日15時57分

最後の更新は08年12月5日。同年12月24日に、飯島は自室で帰らぬ人となっていたところを発見された。死因は肺炎で、すでに死後1週間ほど経過していたという。ブログのコメント欄には、追悼のコメントやメッセージを書き込む人が相次ぎ、08年12月5日付けの記事のコメントは7万件以上にのぼった。ぶっちゃけトークが人気に飯島は、バラエティ番組での歯に衣着せぬ物言いで [全文を読む]

突然の死から7年...“ファンが悩みを綴る場“と化していた飯島愛のブログ閉鎖

メンズサイゾー / 2015年09月19日18時00分

飯島のブログは2008年12月5日が最後の更新であったが、それから6年以上経つ現在もファンからのコメントが絶えず、その数は7万件以上にも及んでいる。飯島の死後、ブログの管理は彼女の両親が行ってきたが、彼らが高齢になったこともあり、飯島の誕生日である10月31日で閉鎖されることになったという。 飯島といえば、92年にAV女優としてデビュー後、タレントとして [全文を読む]

独自路線!紅白の裏でテレビ東京が放送していた番組(平成3年~5年編)

しらべぇ / 2014年12月23日18時00分

最後に後ろを振り向くと背中に『受信料を払おう』とボディーペイントがされていた。(視聴率:1部=34.9%、2部=51.5%) 一方その頃、テレビ東京は・・・ 「ニューヨーク・東京!ライブフラッシュ91 生放送・女神と過ごすセクシー大みそか」 水着とロック夢の合体 ユーミン・小田・チャゲアス名曲集▽悩殺 桜樹ルイ・藤本聖名子・細川ふみえ・ルー大柴・C.Cガー [全文を読む]

語っていいとも! 第37回ゲスト・はるな愛「実は私、その人の恋愛の仕方まで見えるんです…」

週プレNEWS / 2017年02月19日12時00分

―そのインタビュー時も最後に撮影で、新人研修で連れていった後輩とまでポーズを付けて一緒に記念撮影してくれたり。サービス精神というか尽くしてくれるんですよね。そういうのでも身近にいて好きになっちゃうんだろうなと。 はるな 本当にそう! だからもう合うんです。で、結構男っぽいというか…ほんと紀ネエにも影響受けてますね。 ―これまでの辛い経験も人との出会いも、 [全文を読む]

「まるで死の商人」故・川島なお美さんの未公開セクシー写真集“無断出版”を画策する編集長

日刊サイゾー / 2015年11月01日11時00分

私の知る限りでは、飯島愛さんの死後、AV映像をまとめてリリースしたコーディネーターが最後だったかと思います」(同) ちなみに元編集長は4年前、キャンディーズの田中好子が55歳の若さで亡くなった際も、周囲に「写真とか持っている人知らない?」と聞き回っており、「後で『まるで、死の商人ですね』と言ったら、『俺は知らない』ってトボけていました」と編集者。 こうした [全文を読む]

桜塚やっくん、飯島愛…故人のブログにコメントを残すユーザーの自己愛

messy / 2014年09月20日12時00分

最後となった昨年10月3日の記事「ここ最近の事など。」に寄せられているコメントは9月18日午前の段階で7万5000件を超えており、あの世へ旅立ったやっくんへ近況を語りかけているものが多い。「私も大好きなやっくんにコメントするのが日課になっちゃった(笑)と言う訳でやっくん、今日も色々頑張ります☆応援してね★」「やっくん、一年間、やっくんを忘れることはなかった [全文を読む]

「飯島愛との薬物セックスビデオが存在」ASKA、薬物事件に衝撃の新情報

サイゾーウーマン / 2014年05月29日13時00分

「芸能界引退から、少しずつ当時仲が良かった関係者とも疎遠になっていき、最後の方は彼女に関する情報がまったく入ってこなかった。さらにネット上では、引退の真相について『綾瀬コンクリート殺人事件の犯人と接点があった』といった真偽不明の情報も飛び出し、死後明らかになった“精神的に不安定だった”という状態にも拍車を掛けました。しかし、彼女はAV出身ながら女性支持も [全文を読む]

伝説のエロ番組『ギルガメ』MC・イジリー岡田「僕はいつでも“夜の体操のお兄さん”に戻ります!」

週プレNEWS / 2013年12月02日14時00分

最後に言いたいのは「ギルガメみたいに親に隠れて観るエロ番組よ、アゲイン!」ってこと。今、僕が「神!」って言われるのは、親に隠れてドキドキしながら観た番組で、エロを道案内してくれた“夜の体操のお兄さん”だったから。“性春時代”の先輩です(笑)。 親に隠れて観るエロ番組は絶対に必要です。僕はいつでも“夜の体操のお兄さん”に戻る覚悟はあります! (撮影/田中亘 [全文を読む]

母親が後押し 飯島直子、元ホストと破局して会社経営者と再婚

NEWSポストセブン / 2013年01月08日07時00分

でもね、どうしても“元ホスト”ということが気にかかるのか、飯島さんの家族は最後まで結婚には賛成してくれなかったそうですよ」(芸能関係者) そんな中、2007年11月、女性セブンはOさんと美女の手つなぎ現場をスクープ。ちょうどその頃、飯島はOさんと破局した。 飯島とA氏との出会いは3年ほど前。友人を介して知り合った。一部報道によれば、A氏は「ぐっさん似」の「 [全文を読む]

塀の中のホリエモン 差し入れのマカオ土産エロ本は半分がNG

NEWSポストセブン / 2012年04月03日07時00分

その基準は何なのだろうか?」と最後は制度に対して疑問を呈する形で文章をまとめております。 【関連ニュース】ホリエモン 獄中で飯島愛の本を読みふけりしみじみと感想ホリエモン 塀の中での階級が上がり手紙や面会の回数も増加ホリエモン“なんちゃって巻き寿司”ほか刑務所メシを解説塀の中で痔になったホリエモン「ホラレモン」としてブレイクホリエモンが押尾学の“行き先”を [全文を読む]

山口美江の謎の死にみる「女性の孤独死問題」

メンズサイゾー / 2012年03月10日15時00分

彼女は同年12月5日にブログ更新をしており、最後となったエントリには今も彼女を慕うファンからのコメントが書き込まれ、コメント数は約6万8千件を突破している。ファンにとって彼女の突然の死が、どれほどショックだったのかをうかがえる現象といえるだろう。 [全文を読む]

フォーカス