作品 飯島愛に関するニュース

吉田豪インタビュー企画:安齋肇「ショックだけど、みうらじゅんから見ると俺は営業友達」(3)

デイリーニュースオンライン / 2016年10月03日17時08分

(取材・文/吉田豪) 作品紹介:映画『変態だ』 みうらじゅんの小説を安齋肇が映画化。大学でロック研究会に入ったことをきっかけに売れないミュージシャンとなった主人公の男。妻と子の平穏な家庭を手に入れるが、愛人とのSM的な肉体関係も続けていた。地方での泊まりがけのライブの仕事が入った男は妻を家に残し愛人と出かけるが、ステージ上から客席にいる妻の姿を目にし…… [全文を読む]

飯島愛が歴史を超えて大活躍! 幻のお色気ファンタジーマンガ『タイムトラベラー愛』

日刊サイゾー / 2015年02月11日20時00分

その名も『タイムトラベラー愛』という作品です。学研から発売されていた漫画誌「コミックガイズ」に連載され、単行本全3巻が刊行されています。ちなみに「コミックガイズ」のキャッチフレーズは「男が発火するコミック誌!!」でした。「科学と学習」の学研とは思えない、煽り方ですね。 内容は、飯島さんが過去へ未来へとタイムトラベルをするという、タレントマンガとしては異例の [全文を読む]

ホリエモン キングカズ日本代表入りに14年前思い感慨ふける

NEWSポストセブン / 2012年10月16日07時00分

この作品は、カップルの“初体験”を描く漫画で、かなりエロいんです。 御大は、「いろんなカタチの初Hを読み切り形式でエロく描いた作品。結構、生々しさがあり、よい。最初っから、こんなかわいい娘とヤレれば最高だわな、そりゃ」と評しておりました。 女人禁制の塀の中でも、“エロ本”は読んでも大丈夫なようです。ちなみに、犯罪を匂わせる系統のエロ本はNGです。そんなこと [全文を読む]

変態エロマンガにハマりまくるホリエモンにスタッフ戦々恐々

NEWSポストセブン / 2012年03月29日07時00分

押見修造氏のコミックで、『スイートプールサイド』という作品です。 毛が生えないことに悩む中学1年生の太田年彦は、同じ水泳部の毛深い女子、後藤綾子がちょっとうらやましい。ある日、放課後のプールで後藤に呼び止められた太田は、後藤にとんでもないお願いをされてしまった! 「太田くん‥あたしの毛を剃ってくれない‥?」 Amazonの「商品の説明」にはこう書かれており [全文を読む]

昔親バレ、今孫バレへ。AVに対する世間の劇的変化。水道橋博士×カンパニー松尾×しみけんによる業界ウラ話(1)

文春オンライン / 2017年05月26日17時00分

男優歴19年、経験人数9000人、年間500本の作品に出演する、日本のAV業界におけるトップ男優。ゲイ雑誌「Badi」でグラビアデビュー後、「ザ・ナンパミラクル」シリーズで一躍有名になる。地下クイズ王としても名を馳せる。著書に『SHIMIKEN's BEST SEX 最高のセックス集中講義』『AV男優しみけん 光り輝くクズでありたい』がある。 [全文を読む]

AV女王→女優業→バーニングに干され……セクシーアイドル・及川奈央の波瀾万丈人生

日刊サイゾー / 2014年11月09日12時00分

「AV女優時代には100本近い作品に出演し、“AVクイーン”として一世を風靡した及川ですが、2004年にAV引退後は、舞台女優やバラエティタレントとして活動してきました。最近は、アイドルグループ『恵比寿マスカッツ』のメンバーのようにAV女優を“セクシーアイドル”などと呼んで、テレビでもAV女優の存在が視聴者に広く認知されてきていますが、道筋をつけたのは及 [全文を読む]

90年代グラビア女神(3) 細川ふみえ

アサ芸プラス / 2012年07月12日11時00分

どの作品にもそれぞれ思い入れがありますが、この撮影でモデルの大変さを痛感させられました。ボンデージファッションにハイヒールで、大木の根の上に寝そべるカットが表紙になっているんですが、崖のような斜面を伝わって、撮影場所に行き着くまでが、まず大変でした。さらに、大木の根の上で滑り落ちないように、バランスを取りながら寝そべるのも難しかったですね」 91年7月のフ [全文を読む]

維新の会に激しく同意のホリエモン Twitterで橋下氏と絡む

NEWSポストセブン / 2012年04月07日07時00分

内容的に痔の話はでてこないですが、作品自体は面白いものになると思いますので、期待していてください。 ※メルマガNEWSポストセブン10号 【関連ニュース】ホリエモン 弁当箱サイズのBluetoothスピーカーに大興奮ホリエモンが「素晴らしい」と語るモバイルプロジェクターホリエモン 獄中で飯島愛の本を読みふけりしみじみと感想塀の中で痔になったホリエモン「ホラ [全文を読む]

フォーカス