急行 京王線に関するニュース

12月31日~1月1日にかけて終夜運転を京王線・井の頭線で実施します!

PR TIMES / 2016年12月02日14時14分

また、京王線では、初詣に便利な新宿発高尾山口行の特急列車1本および急行列車2本と、都営新宿線本八幡発高尾山口行の直通列車1本を前後にヘッドマークを付けた「迎光号」として昨年度から約40分繰り上げて運転するほか、新宿発高尾山口行の急行列車を2本運転します。 なお、京王バス東株式会社(本社:東京都府中市、代表:窪田 洋)では、調布駅北口・つつじヶ丘駅北口と深大 [全文を読む]

新宿-多摩、小田急と京王のどっちが便利か 長年優位の京王を小田急が追い上げ

東洋経済オンライン / 2017年06月28日07時00分

複々線化の進展に伴い、小田急は同年12月のダイヤ改正で、多摩線から営団地下鉄(現・東京メトロ)千代田線に乗り入れる急行と、新宿駅から多摩線に直通する特急ロマンスカーの運転を開始。2002年3月のダイヤ改正では、千代田線直通の新たな種別「多摩急行」を導入し、都心直通列車の強化を進めた。 [全文を読む]

「短い編成の電車」が走る路線は都内の穴場だ 池上線や方南町支線…一見地味でも便利

東洋経済オンライン / 2017年05月06日07時00分

都心と郊外を結ぶ急行や特急などが走る大手私鉄の路線などがその例だ。本数が多く便利そうなイメージから、こういった路線の沿線は部屋探しでも人気が高い。「住みたい路線ランキング」などでも、東急東横線や田園都市線、京王線、小田急線などは常連だ。その一方で、都区内であっても2両や3両編成の電車が行き交う短距離の路線もいくつも存在する。東急池上線などがその例だ。短い電 [全文を読む]

森田芳光監督遺作 松山ケンイチと瑛太演じる爽やか「鉄ちゃん」

NEWSポストセブン / 2012年02月06日16時00分

3月24日に公開される映画『僕達急行 A列車で行こう』は、2011年12月20日に亡くなった森田芳光監督の遺作となった。どこがどう見所なのか。文芸評論家の川本三郎氏が解説する。 * * * 暮れに飛び込んで来た森田芳光監督の訃報には本当に驚いた。十二月二十日。まだ六十一歳だったという。才能ある監督がこんなに早く逝ってしまうとは。 新作『僕達急行 A列車で行 [全文を読む]

全国大手私鉄「朝ラッシュ」最速運転ベスト20 特別料金不要列車の優等列車はどこなのか

東洋経済オンライン / 2017年05月07日07時50分

第18位は関西からで、河内長野─難波間(27.3キロメートル)を所要時間29分・表定速度56.5キロで結ぶ南海電鉄高野線の急行。第18位は関東の相模鉄道本線(海老名─横浜・24.6キロメートル)の特急で、所要時間26分・表定速度56.8キロだ。そして第17位は東武スカイツリーライン(東武動物公園─浅草・41キロメートル)の区間快速で、所要時間41分、表定速 [全文を読む]

フォーカス