徳川家康 明智光秀に関するニュース

「信長の野望」30周年記念作品「下天の華」キャラソン集がリリース!

リッスンジャパン / 2013年03月29日09時00分

「信長の野望」30周年記念作品となるPSP用恋愛アドベンチャーゲーム「下天の華」より、CD『下天の華 キャラクターソング集』が3月27日にリリースされました!今作には、織田信長(CV:松風雅也)、明智光秀(CV:野島健児)、羽柴秀吉(CV:森久保祥太郎)、徳川家康(CV:小野賢章)、森 蘭丸(CV:島崎信長)、百地尚光(CV:檜山修之)、織田信行(CV:岡 [全文を読む]

なぜ真田信繁は敗れ、家康は徳川幕府300年の礎を築けたのか

まぐまぐニュース! / 2016年02月17日02時20分

一拠点に固執しない 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康たち、いわゆる戦国時代の三英傑が天下を取れたのはなぜか、その理由は多くの歴史家に研究されてきました。 その性格、家臣団をまとめる経営術、軍略の巧みさなど、いろいろな理由はあります。でも、全国各地の戦国大名や領主たちと見比べて、なぜ彼ら三英傑が天下を取って、その他の大名や領主たちは天下を取れないのか、という視 [全文を読む]

もしも広告代理店が「本能寺の変」をプレゼンしたら【たかまつななのお笑いジャーナリズム論】

しらべぇ / 2015年10月06日06時30分

今回の下剋上、光秀様が自分の考えではなく「徳川家康にそそのかされてやった」という噂を世間に流したいと思います。 こちら、かなりの口コミ効果が期待できるかと。その噂を流す方法なのですが、こちらです。我が社と取引のある飛脚のネットワーク5000人を使い「家康黒幕説」を宣伝いたします。こちら今回に限り、無償でやらせていただきます。いかがでしょうか? そうですか? [全文を読む]

光は明智光秀、森山蘭は森蘭丸…「奪い愛、冬」最終回で名前の謎が全て解けた!

アサ芸プラス / 2017年03月07日17時59分

森山信(旧姓:尾田)は織田信長、その妻である森山蘭は信長の小姓だった森蘭丸、信の元カノ・池内光は明智光秀、そして光の婚約者だった奥川康太は徳川家康という次第です。その4人が最終回で見せた運命が、まさに名前の通りだと視聴者を喜ばせています」 最終回では光に看取られながら信が亡くなり、その姿は明智光秀に討たれた織田信長のようだ。その2人の間に生まれた子供を見守 [全文を読む]

株式会社モニタス「好きな戦国武将ランキング調査」を実施。堂々の1位は「変わり者」で有名なあの人!? そして、2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送に先立ち、井伊直虎の人気についても公開!

DreamNews / 2016年12月29日12時00分

戦国時代から安土桃山時代に豊臣秀吉の臣下として活躍し、大坂夏の陣では、徳川家康をあと一歩まで追い詰めた猛将ぶりが人気を得たのか、14.5%との高い支持を集めました。3位は、11.7%を獲得した奥羽の独眼竜・伊達政宗。東北の戦国武将として武力も名を馳せましたが、その政治力、さらには慶長遣欧使節を派遣してスペインとの外交まで始めてしまうという先進的な視点をもっ [全文を読む]

信長が家康にもてなした『安土饗応膳』が現代に蘇る!休暇村近江八幡が7月15日までの期間限定で再現・発売 ~ 歴史を動かした 天下人の会食 ~

@Press / 2016年05月17日10時30分

織田信長が明智光秀に命じ、徳川家康をもてなした400年以上前の料理を、地元有志と博物館の研究者の協力により再現。当時は塩と酢が中心の味付けでしたが、現代風の味付けやアレンジで美味しくお召し上がりいただけます。■「安土饗応膳」とは1582年(天正10年)5月、織田信長が明智光秀に饗応(接待役)を命じ、武田討伐に功をなした徳川家康を安土城でもてなした膳。山海の [全文を読む]

AKB48の“歴女”田名部が自分は「明智光秀」高橋みなみは「徳川家康!」

Smartザテレビジョン / 2016年04月14日16時42分

また武将に詳しいということで、今月8日にAKB48を卒業した高橋みなみを「野心家でもあると思いますし、みんなが目指すところの人という存在でもある徳川かな」と徳川家康に例え、自身も「ちょっと嫌われがちですが深くほってみたい武将」と明智光秀に例えた。 実際に八王子城に登り「派手さはないけれど、もしかしたらここにはこういう情景が広がっていたのかもということを自 [全文を読む]

武将が敵味方なく供養される高野山 織田信長と明智光秀も

NEWSポストセブン / 2016年03月03日11時00分

そこには徳川家康・秀忠、武田信玄・勝頼・上杉謙信、豊臣秀吉らも供養されている。 冥福を祈るための供養塔は、死者のゆかりの地に建てられることが多い。しかし、これだけ多くの塔が高野山に集まるのはなぜか──。 真言宗には、誰もが平等であるという教えがある。山全体が聖地とされる高野山は古くから「天下の総菩提所」と呼ばれ、ここを浄土と信じた人々の墓が宗派を超えてこの [全文を読む]

10/21は関ヶ原の戦いの日!家康、秀吉…名前でみる戦国武将の本性と女性関係【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年10月21日19時00分

秀吉の死後、天下を狙う徳川家康と、豊臣家の天下を維持しようとした石田三成が繰り広げた合戦が「関ヶ原の戦い」です。日本中の大名が東軍(家康)と西軍(三成)に分かれて、関ヶ原で激突しました。◆ドラマに見る「関ヶ原の戦い」来年のNHK大河ドラマ『真田丸』の主役は、堺雅人さん演じる真田信繁(通称・幸村)。幸村は関ヶ原の戦いでは西軍につき、東軍についた兄・信之(大泉 [全文を読む]

司馬遼太郎の『国盗り物語』はデタラメだった?史実と違う主人公の生涯

Business Journal / 2015年08月13日06時00分

よく、歴史上の人物について「徳川家康が好き」「宮本武蔵が好き」「織田信長が好き」などと言いますが、誰も実際の家康や武蔵のことは知りません。それは、「徳川家康」が好きなのではなく、「山岡荘八が描いた徳川家康」や「吉川英治が描いた宮本武蔵」「司馬遼太郎が描いた織田信長」が好き、というだけなのです。 前述した『国盗り物語』では、道三、信長、さらに明智光秀の3人が [全文を読む]

信長、家康、光秀の「歴史」は、すべて秀吉の捏造だった!嘘だらけの「本能寺の変」

Business Journal / 2015年05月14日06時00分

紙面の関係上、定説と異なる点をすべて網羅することはできないが、大雑把にいえば「光秀の出自も違えば、謀叛の動機も怨恨ではないし、徳川家康も謀叛と無関係どころか実は共犯で、秀吉も事前に謀叛の計画を知っていたから中国大返しも実は神業でもなんでもなかった」というものだ。 定説は時の権力者・秀吉が、自分に都合の良いストーリーを組み立て、それに合わせてさまざまな文献 [全文を読む]

“明智光秀”子孫が語る「本能寺の変」(1)信長による家康討ちが発端

アサ芸プラス / 2014年09月24日09時56分

その結果、本能寺の変は「逆臣=明智光秀」どころか、徳川家康との談合のあげく、やむにやまれず、信長討ちを果たすことになったと結論づけている。明智氏が言う。 「信長は、徳川家康を本能寺に呼び寄せ、光秀に討ち取らせるつもりだった。ところが、この計画を聞いた光秀は、ゆくゆくは明智一族も滅ぼされると思い、家康と織田家打倒を決意。家康との談合の末に、信長と息子の信忠 [全文を読む]

【紀伊國屋書店 先行配信】 『徳川家康は二人だった 』『信長殺し、光秀ではない』など 八切止夫シリーズの電子書籍を発売

PR TIMES / 2013年10月11日17時10分

電子書籍レーベル「impress QuickBooks(R)」の新刊インプレスグループで出版物販売、電子出版物の販売を手掛ける株式会社インプレスコミュニケーションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大)は、電子書籍レーベル「impress QuickBooks(R)」(インプレス・クイックブックス)より、『徳川家康は二人だった 』『信長殺し、光秀で [全文を読む]

なぜ織田信長は「部下」に裏切られたのか?経営学の視点で検証

まぐまぐニュース! / 2016年11月23日18時00分

今回の無料メルマガ『戦略経営の「よもやま話」』では、織田信長や徳川家康といった武将と、松下幸之助さんや稲盛和夫さんなど、誰もが知る大企業のリーダーの共通点を探りながら、「経営のコツ」を考察しています。 条件づけ権力 徳川家康の愛読書に「貞観政要」があり、その中に書かれた内容ですが、「『創業と守成はいずれが難きや』。唐の太宗(李世民)が、功臣である側近に尋ね [全文を読む]

【真田丸】関ヶ原は「毛利劇場」西軍総大将・毛利輝元の誤算

しらべぇ / 2016年08月14日05時30分

だが、東軍と西軍それぞれの総大将を正確に言える人はどれだけいるだろうか?東軍の総大将は徳川家康で、西軍は石田三成。そう思っている人は少なくない。だが、それは間違いだ。石田三成はあくまでも前線指揮官に過ぎず、西軍の総大将は当時大坂城にいた毛利輝元である。戦国時代を考察する上で、この人物は欠かせない。織田信長や豊臣秀吉のような派手さはないが、「中国地方の太守」 [全文を読む]

会員数1,500万人を突破した大人気恋愛ゲーム「イケメンシリーズ」『イケメン戦国◆時をかける恋』、個室居酒屋「戦国武勇伝」とのコラボレーションフェアを開催

PR TIMES / 2016年05月20日16時36分

<コラボレーションメニュー(全16種)>●ドリンクキャラクター メニュー 価格織田信長 魔王の恋は炎のごとく 820円伊達政宗 三日月輝く夜のいざない 780円真田幸村 想いを貫く真摯な槍 780円徳川家康 天邪鬼の恋初め(こいそめ) 830円豊臣秀吉 忠臣の心を彩るはまだ見ぬ恋 750円明智光秀 偽りに潜む甘い真実 820円石田光成 天使の微笑み 算術で [全文を読む]

スマホRPG『戦国修羅SOUL』豪華連続コラボレーションキャンペーン開始!第1弾は永井豪のキャラクターをイメージした悪魔武者が登場!!

PR TIMES / 2016年04月22日16時12分

【キャンペーン期間:2016年4月22日(金)~4月24日(日)23時59分まで】[画像1: http://prtimes.jp/i/3670/650/resize/d3670-650-468150-3.jpg ]<登場する武将一覧>☆5武将友の契・戦国悪魔武者(せんごくあくま)、超生命・戦国悪魔武者(せんごくあくま)、摩利支天・山本勘助、道鬼斎・山本勘助 [全文を読む]

『真田丸』有働由美子アナこそ天下取り!?織田信長も明智光秀もあっさり殺す「ナレ死」が話題に

AOLニュース / 2016年02月16日21時00分

有名武将である織田信長や豊臣秀吉、徳川家康に、明智光秀、本多忠勝などを本作で演じるのは、吉田鋼太郎や小日向文世、内野聖陽ら渋い豪華キャスト陣だ。いまネット上では、そんな「有名武将」たちの死亡描写が話題になっている。本作でナレーションを務めるNHK・有働由美子アナウンサーのたった一言の説明であっさり死んでしまうのだ。 まず視聴者を驚かせたのは、本能寺の変。あ [全文を読む]

NHK大河『真田丸』、三谷幸喜の脚本は歴史的に非常識?

Business Journal / 2016年01月15日06時00分

本能寺の変が起きた時、堺の町見物をしていた徳川家康は、わずかばかりの手勢とともに敵中で孤立したが、決死の思いで伊賀の山中を突破し、命を拾っている。この時、家康の下には穴山梅雪がいた。梅雪は初回の放送でも描かれていたように、武田家を裏切って家康に走った人物である。しかし、彼は家康と別ルートをとったため、一揆勢の襲撃を受けて殺害されてしまった。 もし、家康が [全文を読む]

謎だらけの「本能寺の変」 「信長を殺さなければ日本は崩壊する」光秀謀反の真の動機

Business Journal / 2015年10月26日06時00分

(5)徳川家康饗応事件 武田氏を滅亡させた後、光秀は徳川家康と穴山信君を安土城で接待する饗応役を務めたが、用意した魚が腐っていたため、腹を立てた信長に饗応役を解任される。そして、すぐに中国出陣を命じられたため、深い恨みを持った。 上記はいずれも、本能寺の変の後に推測された光秀の謀反の動機である。信長の凶暴な性格と、光秀の陰湿な性格から、こうした遺恨・怨念説 [全文を読む]

フォーカス