現在 徳川家康に関するニュース

狙い目は歴代ロケ地。「そうだ京都、行こう」シリーズを巡る紅葉狩り

まぐまぐニュース! / 2015年11月06日10時35分

(記事内、タイトル後の年号はCM放映およびポスター発表年) 清水寺(1993年盛秋) 11月5日現在の紅葉:色づき始め 例年の見頃:11月下旬から12月上旬 「清水の舞台」と「音羽の滝」で有名な音羽山清水寺は、平安時代初期に初代征夷大将軍坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が蝦夷の首長アテルイ・モレなど蝦夷(東北)征伐で犠牲になった人たちを弔うために創建 [全文を読む]

静岡市にある出世運の強力パワースポット!?久能山東照宮にはガンダムが奉納されている!

GOTRIP! / 2015年08月08日06時17分

その昔、駿府城や東照宮の造営の際に、全国から優秀な木材加工の技術を持つ職人が集められ、その匠の技が、現在のプラモデルの源流である木製模型に受け継がれました。今では、静岡は日本全国のプラモデル出荷額が日本一となっており、徳川家康公が集めた日本屈指の職人達の技が現代にまで受け継がれてきた結果が数字でも示されています。 そんな歴史から、久能山東照宮にはガンダムの [全文を読む]

紅葉は旅の入り口にすぎない。「そうだ京都、行こう」歴代ロケ地めぐり

まぐまぐニュース! / 2015年11月27日07時30分

・勝林院 紅葉 2015年 見どころ情報とライトアップ 三千院(2008年盛秋) 11月25日現在の紅葉:散り始め 例年の見頃:11月中旬から下旬 平安末期の1118年、堀川天皇の皇子の最雲(さいうん)法親王が梶井宮に入寺して以来、門跡寺院になりました。門跡寺院とは、皇族や摂関家など身分の高い人が僧侶の主である門主となる格式の高い寺院を言います。後に青蓮 [全文を読む]

真田一族の夢の跡。40枚の写真で綴る隠れた名城・上田城の物語

まぐまぐニュース! / 2016年03月21日01時00分

現在も残るお城の中でもこれほどの大きな合戦を二度も経験し、なおかつ二度とも籠城側が勝利したというお城はあまりないのではないでしょうか。 この上田合戦の舞台となった上田城は、一見、石垣も少なく土塁中心だし、本丸の形状もほぼ方形でそれほど堅固には見えません。徳川の大軍を破ったとは到底思えないのです。もちろん、守備側の知略等も功奏したのでしょうが、その秘訣は何だ [全文を読む]

京都の梅の名所「北野天満宮」にある七不思議

まぐまぐニュース! / 2016年01月31日19時00分

その後、現在地の北野に道真を祀る社殿が造営されることになったのです。全国に1万2,000社も天満宮があるということは、当時からどれだけの人々が道真の祟りを恐れていたかがお分かりでしょうか。このように道真の生前の真面目で誠実な人柄と晩年の不遇が伝説を生み、天神さまと崇められるようになったのです。これが平安時代から現代まで1,000年以上、盛んな天神信仰へと展 [全文を読む]

惟政と徳川家康の会談が舞台に!演劇「二人の英雄」2月19日に韓国で開演

スポーツソウルメディアジャパン / 2016年01月26日15時52分

そのため、二人を通じて事実的且つ通時的に点検される過去と現在の「痛恨の歴史劇」とも言える。【あらすじ】惟政は釜山・多大浦から出発。玄界灘をわたって京都の伏見城に到着する。乱初に殉国した東莱府使の宋象賢の愛妾を捜すため夜の街に出たが、殺害の脅威を受け伏見城に戻り、警護問題に抗議する。日本側が決めた臨済宗の本法寺で7ヶ月間も居所しながら、興聖寺の住職だった円耳 [全文を読む]

家康から信頼され、秀吉を激怒させた出色の武将はあの人物だった!

Business Journal / 2015年08月21日06時00分

7月28日付本連載記事『銀座と新橋はかつて海だった!東西を結ぶ大動脈は、東海道ではなく中山道だった?』で、江戸時代の甲斐国(現在の山梨県)が、幕府にとって重要拠点のひとつであり、江戸前期には主要陸路として中山道が選ばれていたことを紹介した。 中山道が東西を結ぶ重要なルートだったことは、特に江戸前期の北関東を見ると理解が早い。 徳川家康が関東に移封(国替え) [全文を読む]

なぜ真田信繁は敗れ、家康は徳川幕府300年の礎を築けたのか

まぐまぐニュース! / 2016年02月17日02時20分

織田信長も、豊臣秀吉も、徳川家康も、尾張国や三河国、つまり現在の愛知県の出身です。でも、「さあ天下を取りましょう」という時に、自分が生まれ育った場所、もしくは長らく一族が拠点としていた場所を「ここを拠点に制覇していこう」とは考えずに、どんどん目的に応じて拠点を移しています。 例えば、織田信長は最初は清洲城にいましたが、尾張国から複数の国を支配するにあたり [全文を読む]

見ておきたい!京都「二条城」特別公開中の門と櫓の観賞ポイント

サライ.jp / 2017年05月17日21時00分

現在、東大手門修復完成記念として内部が特別公開されています。内部公開されるのは14年ぶりです。今回の修理では、主に屋根瓦の全面葺き替え、大壁の漆喰塗り直し、錺金具の金箔押し直し、建具修理が行われました。約24,500枚の瓦のうち、取り替えたのは約85パーセント。瓦は1662年(寛文2)の瓦が中心で、その後の修理で取りかえられたとみられるものもあれば、より古 [全文を読む]

国譲り神話ゆかりの「東国三社」を巡る【神話でたどる神社紀行 第3回】(鹿島神宮・香取神宮・息栖神社)

サライ.jp / 2017年01月23日17時00分

以前は御影石製だったが、現在は境内の杉で作った木製に。[/caption] 取材・文/小野寺佑子 高天原の天照大神(アマテラスオオミカミ)は、葦原中国(あしはらのなかつくに)の平定のため、天菩比神(アメノホヒノカミ)、天若日子(アメノワカヒコ)を次々と下らせるが成就せず。続いて、建御雷神(タケミカヅチノカミ)と経津主神(フツヌシノカミ)が遣わされ、葦原中国 [全文を読む]

中国に屈せず。日本時代の「大和魂」で台湾を改革した許國雄の生涯

まぐまぐニュース! / 2017年01月17日04時30分

中学卒業後、國雄は九州歯科医学専門学校(現在は九州歯科大学)で歯学を、さらに九州高等医学専門学校(現在の久留米大学医学部)で医学を学んだ。小倉市と久留米市で学生生活を送ったので、國雄は「九州男児」だと自称している。 在学中に大東亜戦争が勃発し、國雄は「欧米の支配からアジアを解放する時が来た」と喜んだのもつかの間、昭和20年に敗戦。日本は台湾を放棄し、中華 [全文を読む]

『戦国プロヴィデンス』1月29日より「事前登録10万人突破キャンペーン」開催!ガチャに家康追加&信長・秀吉の確率超アップ!

PR TIMES / 2016年01月29日16時41分

ゲームの企画・開発・運営事業を展開するDMM GAMES【代表:片岸 憲一(かたぎし けんいち)】(本社:東京都渋谷区、http://www.dmm.com/netgame/)は現在事前登録受付中の『戦国プロヴィデンス』において、登録数10万人突破を祝し、1月29日(金)より、特別キャンペーンを開催することをお知らせいたします。詳細は公式サイトをご覧くださ [全文を読む]

徳川家康を二度撃退した幻の上田城 金箔瓦の豪華絢爛な城だった?

Business Journal / 2015年09月14日06時00分

実は、現在残っている上田城は真田氏の時代のものではない。真田氏の後に上田に入った仙石忠政が築き直した城である。真田氏の時代の上田城の規模や周辺の様子などについては、今もまったくわかっていない。 慶長5(1600)年の関ヶ原の戦いで、昌幸と信繁(幸村)の親子が徳川家康に敵対したことから、2人は和歌山の九度山に流される。そして、徳川軍をさんざん苦しめた上田城 [全文を読む]

徳川家康没後四〇〇年記念特別展『大 関ヶ原展』(京都文化博物館)スペシャルサポーターの杏さんが来場!!

@Press / 2015年07月15日16時00分

現在、京都文化博物館にて開催中の徳川家康没後四〇〇年記念特別展『大 関ヶ原展』に、7月12日(日)、本展のスペシャルサポーターでもある杏さんが来場しました。 歴史好きでも知られる杏さんですが、今回特に楽しみにしていたものが、武将たちが実際に身に着けていたものや書状など生きていた時代、空気そのままを感じられることだったそうです。 「実際に色々なものを目にして [全文を読む]

【知られざる日本の絶景】長野県・南木曽町に今も残る江戸時代の町、妻籠宿

GOTRIP! / 2015年02月03日03時14分

当時は最速の移動手段は馬もしくは人間の足であったため、現在の電子メールのような物事のやり取りは全てマニュアルで行われ、そのやり取りを円滑に進めるために宿場が整備され、その周りに発達したのが宿場町と言われています。 たくさんの人が行き来する宿場には、本陣と呼ばれる武士や公家など身分の高い人達が宿泊および休憩を取った場所や、脇本陣と呼ばれる本陣に次ぐ身分の高 [全文を読む]

江戸の「ガーデニング」は世界一! 時代小説から見る、花のお江戸の百花繚乱

ダ・ヴィンチニュース / 2013年07月31日11時30分

徳川家康を始めとする徳川将軍家も花好きの人が多く(「花癖」と言われていたそうだ)、三代将軍の家光は盆栽にのめり込んでいたという(家光が愛蔵したと言われる五葉松の盆栽は、現在宮内庁と東京都立園芸高等学校に所蔵されている)。また江戸城には「御花畠」があり、様々な草木が育てられていたそうだ。 日本で園芸がブームになったのには理由がある。それは1596年に明の医師 [全文を読む]

藤原の子孫が語る! 平将門の本当の呪い!!

ハピズム / 2013年07月16日18時22分

ところで、「宇田川」という苗字は、そもそも現在の渋谷宇田川町あたりを支配していた小豪族で、道玄坂の上あたりに居館を構えていたようだ。もちろん城といえるようなものではない。その宇田川家と徳川の重臣の大久保家が婚姻し、現在に至っている。 このい大久保家は、もちろん三河国のなかでさまざまな家柄がありますが、その代表的なものは、藤原家の家柄に当たる。 藤原は大化 [全文を読む]

国内世界遺産の検索人気ランキング2017年版をGoogleが発表!

TABIZINE / 2017年06月03日12時00分

現在(2022年まで)阿弥陀堂内陣、唐門、飛雲閣の修復工事中です。 7位:京都 金閣寺|室町時代の武家文化の代表 武家が文化の担い手になった室町時代。正式名称よりも金閣寺という通称のほうが知られるこの鹿苑寺はその新しい武家文化の象徴です。昭和25年には放火により全焼。この事件は三島由紀夫の小説「金閣寺」の題材ともなりました。 6位:山梨 山中湖|クジラの形 [全文を読む]

発案者は意外な人物!難攻不落の「秀吉の大坂城」落とした家康の作戦

サライ.jp / 2017年05月18日17時00分

現在でも訪れると、そのスケールの大きさに思わず「さすが太閤秀吉の城!」と言いたくなってしまうかもしれませんが、豊臣秀吉の大坂城のスケールはこんなものではありませんでした。 ■難攻不落の大坂城を落とした徳川軍の作戦 大坂城といえば、戦国の乱世最後にして最大の攻城戦「大坂の陣」の舞台となった城。攻め手の徳川家康が、まず1614年の「冬の陣」で20万の兵で豊臣軍 [全文を読む]

阿部サダヲ、『直虎』徳川家康役で好評価の理由 少年時代演じきる怪優ぶりも

リアルサウンド / 2017年03月12日06時00分

現在放送中のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。柴咲コウ演じる井伊直虎、三浦春馬扮する井伊直親、そして高橋一生が務める小野政次の幼なじみの微妙な関係が現在、物語の中心となっているが、そんな中、阿部サダヲ演じる松平元康(後の徳川家康)が大きな話題になっている。参考:コトリンゴ、野田洋次郎主演ドラマ『100万円の女たち』主題歌を担当 「試行錯誤しています」 [全文を読む]

フォーカス