名言 徳川家康に関するニュース

「極めた人」の言葉が効く! 仕事でへこんでいる時のカンフル剤に

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月15日12時10分

【画像あり】『小さな幸せに気づかせてくれる33の​物語と90の名言』中面をチェック トゲトゲした自分にちょっと嫌になった時、手に取ったのがこの本だ。赤い表紙がまるでプレゼントのよう。ほのぼのとした、ちょっといい話を集めた軽めの短編集かと思いきや、中身は結構直球の「人生訓」。といって、決して押し付けがましいわけではない。 徳川家康からタモリまで、古今東西の [全文を読む]

司馬遼太郎のサラリーマンへの応援歌

プレジデントオンライン / 2017年01月21日11時15分

ただし、孔子の教えだけでなく、旧題の『名言随筆サラリーマン』が示す通りゲーテや夏目漱石など古今東西の名言を引用しつつ、会社で生きるサラリーマンたちに贈った人生講話だ。 例えばゲーテなら「涙とともにパンを食べた者でなければ人生の味はわからない」を選んだ。一方、漱石では「運命は、神が考えるものだ。人間は人間らしく働けばそれで結構だ」を挙げる。長年の宮仕えで自分 [全文を読む]

きり(長澤まさみ)、予想以上のガッツリキスでついに報われる! 名言「黙れ、小童!」も飛び出した『真田丸』第49話「前夜」レビュー!!

おたぽる / 2016年12月13日23時00分

物語前半は「ウザい」とか「一人だけ現代のドラマの人みたい」と悪評を招いていた、長澤まさみが演じるきりが、最終盤、全50話中49話目、しかも49話目の20時40分になってようやく、ついにいよいよ真ヒロイン昇格! 大河ドラマでこんなに堂々とやってOKなの……? と不安になるほど逃げも隠れもしないガッツリとしたキスシーンも披露(ただし、お互い軽口・悪態をつきなが [全文を読む]

あれ、長澤まさみ・きりが可愛い……? 茶々と秀吉の怖さが際立った『真田丸』第19話ざっくりレビュー!

おたぽる / 2016年05月17日20時00分

ボヤく信幸を演じる大泉の演技は、大好物なので期待したいし、「じゃがではござらん!」級の名言が再び飛び出してくれそう。 腹黒さがどんどんにじみ出てきて、家康が家康っぽくなってきたし、前回18話ではちょっとしょぼくれて見えた“パパ幸”こと昌幸が駿府城の見取り図を眺め、「使えるな!」と言い出すシーンは非常にウキウキした様子で一安心。次週は、秀吉がさらに怖いところ [全文を読む]

スーパーレディになるための旅立ち!さくら学院2014年度卒業式レポート

エンタメNEXT / 2015年03月31日07時00分

勝って兜の緒を締めろ!」と歴史の名言で盛り上げる。磯野莉音も元気いっぱいだ。 2曲目『School days』と3曲目『Hello ! IVY』はデビューシングル『夢に向かって』のカップリング曲。昔の曲もずっと大切に歌い続ける、さくら学院らしい、そしてプロデュース委員長である水野由結らしい、意図を感じる選曲だ。『Hello ! IVY』ではフラッグも振られ [全文を読む]

元阪急・山田久志妻 痛打失意の夜に店電話「今晩は飲ませて」

NEWSポストセブン / 2013年01月07日07時00分

できた女房と、打てないシンカー』 徳川家康を評した狂歌を捩った、こんな名言も生まれた。通算284勝の「史上最高のサブマリン投手」を生んだ背景には、妻の隠れた“ファインプレー”があった。 ※週刊ポスト2013年1月18日号 【関連ニュース】「江夏の21球」や「巨人はロッテより弱い」発言の真相描く書解任騒動の元巨人・清武英利氏が野球への思い綴った本が登場元巨人 [全文を読む]

天下の男前ミュージシャン・吉井和哉が映画監督・内田けんじに語る“オトナの男のメソッド”

週プレNEWS / 2012年09月21日06時00分

2005年、劇場デビュー作『運命じゃない人』が国内外の映画祭で賞を受賞 ★映画『鍵泥棒のメソッド』は東京・シネクイントほか全国ロードショー公開中 【関連ニュース】矢沢永吉、40年間に残した「名言」を自ら解説する“和製ティム・バートン”井口昇監督インタビュー「ボクは童貞のプロだったんです!」永田裕志×桜庭和志が伝説の「10.9」東京ドームを振り返る。「僕の財 [全文を読む]

フォーカス