子供 徳川家康に関するニュース

「魔王の帝王学」は格差を生む?信長と家康、理想の父親は

しらべぇ / 2016年08月15日05時30分

■信長の次男は「バカ殿」「子供は優秀でなくてはならない」と「子供は馬鹿でもいい」というふたつの発想。どちらが正しいかを論ずることはできないが、どうやら子供に対して優秀さを求めると「兄弟格差」が出やすいという傾向がある。先述の通り、信長は嫡男の信忠に大きな期待をかけ、同時に課題を与えていた。だがその後ろで、次男の信雄は難しい仕事を兄に任せ、ただひたすら疲れな [全文を読む]

俳優の杉浦 太陽さんが物産展のイベントに登場! 『日本は物産の宝の山だ!』

PR TIMES / 2014年02月13日16時16分

また、子煩悩で知られる杉浦さんは、「家族で出かけるときは、“行くぞー!”っと、嫁(辻希美さん)はもちろん子供も全員揃って出かけます。」と意外にも堂々と家族で出かけるプライベートな一面を明かした。ご家庭では、「ウルトラマンコスモス(杉浦さんの役)が大好きで、僕が出かける時は、パパが怪獣を退治しに行くと、嫁が子供にTVの映像を通して教えているんです。なので、僕 [全文を読む]

家康評価を変えたベストセラー誕生秘話

クオリティ埼玉 / 2016年06月02日13時13分

私の子供時代は、戦国武将では豊臣秀吉が一番人気だった。下層階級の出身ながら天下人にまでなった出世物語が大衆の共感を得たのだが、今では晩年の朝鮮出兵の愚や品性の欠落が強調されるようになった。徳川家康はもともと不人気だった。信長、秀吉亡き後、巧みに権力を奪取したのが狡猾と受け取られたためだが、皇室や公家を統制しようとしたのが、戦前の天皇中心の歴史観と相容れな [全文を読む]

光は明智光秀、森山蘭は森蘭丸…「奪い愛、冬」最終回で名前の謎が全て解けた!

アサ芸プラス / 2017年03月07日17時59分

その2人の間に生まれた子供を見守る康太の姿は、織田信長の息子・信雄を取り立てた徳川家康に重なる。ただ蘭こと森蘭丸は、信長と共に本能寺の変で打ち取られたはずだが‥‥。「脚の怪我で歩くのも不自由だったはずの蘭ですが、最終回では実は無傷だったことがバレます。ここで彼女はヒザのプロテクターを投げ捨ててドタバタと走り出し、それが『蘭が走る(ラン)』という伏線だったと [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】井伊直虎と地震の「意外な関係」

GOTRIP! / 2017年02月15日19時30分

ある年の元日、地元の神社の神主さんが井戸で子供を拾いました。その子供こそがのちの共保で、井戸伝説はここから派生します。この井戸は今も井伊谷の農地の只中にあり、連日多くの観光客を集めています。 井伊氏は強運に恵まれていた、という見方もできます。そもそも地震がなければ重要拠点の領主として名を馳せることはなく、また男子後継者を失った際の「中継ぎ投手」が極めて優 [全文を読む]

お土地柄は人柄から。郷土愛の遺伝子が歴史上の偉人を生み出している

まぐまぐニュース! / 2016年09月14日00時50分

こういう言われを聞いた子供たちの心には、人のために尽すのが良い事だ、という考え方が自然に擦り込まれるだろう。それが遺伝子となって、奉公を志す人物が育っていく。 歴史に名を残した博多出身の偉人たち 金子堅太郎、明石元二郎、広田弘毅の奉公 商人の町だった博多に、江戸時代に入ってきたのが、NHKの大河ドラマとなった『軍師官兵衛』の嫡男・長政(ながまさ)だった。 [全文を読む]

藤岡弘、語る娘の教育法「手を上げたら抱きしめて愛を囁く」

WEB女性自身 / 2016年09月10日06時00分

「昨今親子の関係、つながりが問題になっていますけれど、世のお父さん、お母さんに伝えたいのは『自分の血肉を分けた子供を命懸けで愛してほしい』ということです。命懸けで。そうすれば、親の思い、心情は必ず子供に伝わる。『ああ、これはただ怒っているんじゃない。自分と真剣に向き合って、自分のことを思って本気で怒ってくれている』と子供は本能的に察知してくれると、私は信 [全文を読む]

日本初! 月給18万円で愛知県庁に雇われた“アメリカ人忍者”のニッポン愛とは

週プレNEWS / 2016年05月29日06時00分

―日本に来たきっかけは? クリス 僕は親の仕事の都合で4年ごとに違う国へ引っ越す子供時代だったのですが、『NARUTO』『るろうに剣心』といった日本のアニメによって、小さい頃からずっと忍者や侍などの日本文化に憧れを持っていました。 そして16歳の時に親元を離れると、すぐに日本を訪れ、東京と名古屋で過ごした後、香港に行きました。そのまま日本に定住したかった [全文を読む]

「こどもの日」にぜひとも飾ってみたい!武将通ママ が選ぶ「五月人形に欲しい武将ランキング」3位 徳川家康 2位 伊達政宗 そして、1位は 上杉謙信

PR TIMES / 2016年04月19日10時27分

~男の子のたくましい成長を祝う五月人形は9割弱の母親が購入意欲~[画像1: http://prtimes.jp/i/17598/2/resize/d17598-2-236561-0.jpg ] 節句・伝統文化の啓蒙と振興のために活動している一般社団法人日本人形協会(所在地:東京都台東区、会長:金林 健史、会員加盟店数:全367社、以下:日本人形協会)はこの [全文を読む]

離宮に秘められた謎。京都の人に「徳川家」が嫌われている理由

まぐまぐニュース! / 2016年02月28日19時30分

そして、すでにお世津という女性との間に子供がいたにも関わらず、幕府は徳川の血を皇族に入れるため、徳川家の祖・家康の孫娘である和子(二代将軍秀忠の娘)をわずか6歳で後水尾上皇の正室として押しつけたのです。その結果「邪魔者」となった梅宮が出家して仕方なく住んでいたのが円照寺でした(円照寺は現在奈良県にあります)。しかし、今度は後水尾上皇が離宮を造る際、幕府が与 [全文を読む]

天下の男前ミュージシャン・吉井和哉が映画監督・内田けんじに語る“オトナの男のメソッド”

週プレNEWS / 2012年09月21日06時00分

前にウチのスタッフの女のコと飲んだとき、「もう30なんで結婚しなきゃいけない」とか「お母さんがそろそろ子供を産めって」とか、やたら自虐的に言うんですよ。だから、「じゃあ籍は入れないけど、俺と結婚式だけしようよ」って。写真も撮って、「1回、結婚式をした」っていう事実だけつくってみないかと。もちろん冗談ですよ(笑)。 ―そこで言っちゃうのが、吉井流“男と女のメ [全文を読む]

東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

今から考えると恥ずかしいのですが、子供の頃の私は学校の授業で、歴史科目が大嫌いでした。ある時、歴史好きの父に「日本史や世界史なんか勉強してなんになるの」と、言ったことがあります。すると父に「それはお前がわかってないだけだよ。多くの先人たちから学ぶべきことはたくさんあるんだぞ」と諭すように返されたのです。 そんな私が、司馬遼太郎さんの作品に出会ったのは、十 [全文を読む]

【おんな城主直虎】46歳の阿部サダヲが13歳の家康に 大河でよくある「中年っ子」の例

しらべぇ / 2017年02月12日10時00分

(画像はNHK公式サイトのスクリーンショット)大河ドラマでは、大人が子供の役を演じることがよくある。今年の大河ドラマ『おんな城主直虎』でも、46歳の阿部サダヲが数え13歳の頃の徳川家康になっていた。四十路も半ばを過ぎた役者がティーンエイジャーを演じる。字面で書けば無理があるが、作中の家康を「ぽっちゃり体型のぼんやりとした冴えない人物」にすることで見事に中和 [全文を読む]

【真田丸】戦国時代と大航海時代 「貿易の富」が戦乱を終わらせた

しらべぇ / 2016年08月21日05時30分

セバスティアン1世は24歳で、子供を残していなかった。そのためポルトガル王位継承問題が発生し、結局はスペインに「同君連合」という名目で吸収されてしまう。スペインの力は増大し、それと同時にイングランドとの間の摩擦が一層激しくなった。■家康の実力関ヶ原の合戦が起きた1600年当時、ヨーロッパではカトリックVSプロテスタントの争いが頂点に達しつつあった。関ヶ原の [全文を読む]

真田丸『第12話』解説。なぜ上杉家は「義」を重んじるようになったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年03月27日13時00分

#真田丸 — ぬえ (@yosinotennin) 2016年3月27日 景勝「なんとかならぬのか」兼続「なりません」景勝「そこをなんとか」兼続「そういうと思って準備はしておきました」信繁「ついでに我らも帰してくれませんか」兼続「調子に乗るな」景勝「そこをなんとか」兼続「そういうと思っていました」 この兼続、優秀でわけがわからないよ #真田丸 — キュゥべ [全文を読む]

400年の美。なぜ狩野派だけが、天下人の心を捉えたか?

まぐまぐニュース! / 2015年12月20日19時00分

秀吉が部下の子供だった山楽を狩野派に弟子入りさせたのです。関ヶ原の戦いの時は、絵師として技量を発揮した山楽は豊臣方につくことになりました。豊臣家が滅んだ後は、山楽はもともと武士の身分だったので徳川から豊臣家の残党として追われることになりました。天下人が徳川に代わってしばらくの間は、命を狙われ、息をひそめて暮らす以外ありませんでした。山楽は朝廷や公家に助けら [全文を読む]

<新刊>口コミだけで7,000人以上が共感!“家訓のスペシャリスト”の幡谷哲太郎氏が、初めての書籍『世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方』を発売

@Press / 2015年06月12日10時30分

そして、それをまず親が守り、子供が自然と真似出来るようにすることを理想としています。■偉人の家訓本書には、歴史上の人物が守ってきた家訓も紹介されています。たとえば、独眼竜で知られる伊達正宗公は、「朝夕の食事うまからずともほめて食うべし。」という、戦国武将とは思えぬアットホームな遺訓を残しました。また徳川家康公の家訓は、「1に我慢に2に我慢。3、4がなくて、 [全文を読む]

“意外に”面白かった年始テレビ番組は?テレ東恒例時代劇、愛情希薄な(?)恋愛ドラマ…

Business Journal / 2014年01月10日01時00分

母と子供が戯れる微笑ましい光景に対して、心の中では罵詈雑言を浴びせて毒づく妄想をしたりもする。このあたりは非常にリアルだ。 小池が訪問マッサージで訪ねたのは、エリート証券マンの小澤の家。くも膜下出血で右半身不随になったプライドの高い男で、金の力しか信じていない。当然、介護はヘルパーなどの外注業者のみ。離婚した妻は養育費支払い能力の懸念しかせず、介護は一切し [全文を読む]

高須院長「美熟女ブームは世の中が正常になってきた証拠」

NEWSポストセブン / 2013年01月05日07時00分

熟女というより、子供を産んだことのある女性ってことなんだけどね。当時はやっぱり子孫を残すっていう目的が大きかったから、一度産んだことがある女性なら、次もまた産めるだろうっていう発想があった。で、いろいろ教える手間も省けるだろうし。──たしかに男性にとって、子供のいる女性はある意味、安心感があるかもしれません。高須:それに最近は「どうやったらモテるか」みたい [全文を読む]

帰ってきた三浦春馬は脳筋のバカ武者だった!「おんな城主 直虎」第6回

デイリーニュースオンライン / 2017年02月14日21時00分

三浦春馬の見目麗しい若武者ぶりは誰もが認めるところですが、なんだか子供の頃の亀之丞とつながらず、違和感を感じるのも事実。病弱でかわいらしかったあの亀之丞が、なんでこんな空気の読めないバカに育ってしまったんでしょう。まあ、そうじゃなきゃ潜伏先で今まで生き抜いてこれなかったってことだと解釈しましょう。 なおも次郎法師の説得を続ける直親。「仕方ないとなんでもあ [全文を読む]

フォーカス