新聞 徳川家康に関するニュース

家康評価を変えたベストセラー誕生秘話

クオリティ埼玉 / 2016年06月02日13時13分

7年前から資料集めをして、新聞連載を始めて3年になるそうだ。長谷川伸(1884~1963 昭和初期に劇作家として一連の股旅もので一世を風靡し、戦後は膨大な資料を駆使した歴史小説を発表)の門下生だった彼は手なれた創作技巧の持ち主だが、今度の原稿は世間で評判のよくない狸おやじの家康、企画会議をパスするのは難しい。どのようにして断ろうかと思い悩んだという。 後日 [全文を読む]

六代目山口組組長「司忍」は獄中で「LEON」を読んでいた

WEB女性自身 / 2016年09月17日06時00分

「図書工場のおもな仕事は、官本(刑務所が無料で受刑者に貸し出す本)や新聞の配布、そして、受刑者が購入する本と差し入れされた本の内容をチェックすること。僕は班長だったので、『私本購入願箋(がんせん)』という、本を買うための書類を見ることができました。そこで見つけたのが司組長の願箋でした」 「裏社会のトップはどんな本を読むのか」と興味を持った三井氏は、司組長 [全文を読む]

夏休みの自由研究は、これで決まり!!江戸東京博物館で「徳川の城 親子自由研究デー」を開催(8月17日)

PR TIMES / 2015年06月25日13時49分

J:COMご加入者さま1600名を無料ご招待!クイズラリーや新聞型ワークシートなど、自由研究に役立つコンテンツ満載株式会社ジュピターテレコム(J:COM)、株式会社ヒストリーチャンネル・ジャパン(ヒストリーチャンネル(TM)HD)は、今夏、東京都江戸東京博物館で開催される特別展「徳川の城~天守と御殿~」*の開催期間中、同施設の休館日である2015年8月17 [全文を読む]

「新・人間革命」 聖教新聞連載6000回超で記録更新中

NEWSポストセブン / 2017年05月04日16時00分

創価学会の機関紙である聖教新聞は、全12ページで構成されており、印刷の体裁などは読売や朝日といった他の大手新聞と変わらない。しかし、最新ニュースや独自スクープで構成する一般紙の1面とは毛色が違う。 4月13日付では「9月、教学部初級試験・青年部教学試験3級を実施」という記事が1面トップで、その左には学会組織の民主音楽協会のイベント「中国国家京劇院、東京公演 [全文を読む]

なんでも鑑定団・国宝級茶碗に陶芸家「どう見てもまがい物」

NEWSポストセブン / 2017年01月23日07時00分

番組放送後、“4つ目の国宝発見”となる大ニュースを新聞各紙は「幻の陶器発見」と相次いで報じた。 [全文を読む]

2016年を象徴する言葉「ポスト・トゥルース」とは?

プレジデントオンライン / 2017年01月22日11時15分

新聞やテレビが何を報じても、世論形成にはネットのほうが力を持つ時代になった。 明らかに事実ではない、虚偽のニュースがアクセス数を稼ぐために流され、それが拡散されて信じられてしまうという事象も見られるようになった。ポスト・トゥルースの時代には、人々は、情報の真偽を見極める能力を問われる。 ポスト・トゥルースに対する伝統的なメディアを中心とする反応は「世界の底 [全文を読む]

家康の「歓迎」に驚いた異国人。日本とメキシコの知られざる絆

まぐまぐニュース! / 2016年10月26日04時45分

当時のアメリカの新聞には、日本の主権を認めたメキシコの態度を賞賛する記事が掲載されたという。のちに不平等条約の改正に成功する背景には、この日墨関係が好影響を与えていると言われる。 さらに2004年3月12日、日本とメキシコは自由貿易協定(FTA)締結で合意した。日本のFTA締結はシンガポールに続いて、2カ国目だったが、農業分野も含む本格的な初の本格的FTA [全文を読む]

司忍6代目山口組組長が塀の中で読んでいた本とは? 府中刑務所の配本管理担当が受刑者購入図書リストを暴露

リテラ / 2016年09月01日11時44分

ちなみに、購読していた新聞は「朝日新聞」。実は、リベラル寄りの人なのだろうか。 [全文を読む]

假屋崎省吾の世界展

PR TIMES / 2015年07月15日17時42分

その他、テレビ、雑誌、新聞など幅広い分野で活躍中。いけばなを通じて子供たちの成長を促す「花育」にも取り組んでいる。 [画像: http://prtimes.jp/i/8372/140/resize/d8372-140-519919-1.jpg ] 入場料 :一般・大学生800円/高校・中学生600円(小学生以下無料) 営業時間:7月22日(水)~7月31日 [全文を読む]

朝日誤報騒動、法的責任と罰則は?なぜ謝罪のみで許される?誤報抑止の法的整備を検証

Business Journal / 2014年09月13日11時00分

9月11日、朝日新聞社の木村伊量社長は記者会見を行い、東京電力福島第1原子力発電所事故に関する政府事故調査・検証委員会による吉田昌郎元所長(昨年7月死去)への事情聴取、いわゆる「吉田調書」に基づき「所員が吉田氏の命令に違反し撤退した」などと報じた記事について、「待機命令に背いて職員が撤退したという事実はなかった」として取り消すと発表。「読者や東電関係者に深 [全文を読む]

有名人「ワガママ王」決定戦(5)手相・顔相に見るワガママ度

アサ芸プラス / 2012年04月23日11時00分

【関連記事】 有名人「ワガママ王」決定戦(3)たけし TBS欠席してフジ出演 木村拓哉「CGをハリウッド級にしろ」 有名人「ワガママ王」決定戦(1)藤原紀香「加湿器10台」 相武紗季 「主演しかイヤ」 有名人「ワガママ王」決定戦(2)内田恭子 セレブ一直線のカン違い 加藤綾子 ロケ弁にブチ切れ 有名人「ワガママ王」決定戦(4)清原和博「すっぽかし事件」で [全文を読む]

フォーカス