政策 徳川家康に関するニュース

「家康公四百年祭」 開幕 <平成27年1月1日(木)~平成27年12月31日(木)> ~生涯の半分以上を過ごした静岡県で、年間通じ関連催事を展開~

PR TIMES / 2014年12月19日18時12分

家康公は、静岡の地で経済・文化交流を機軸に平和的な対外・国内政策に努め、世界史上例を見ない265年の泰平の世の礎を築きました。「家康公四百年祭」の期間中に県内で開催されるさまざまな記念事業を通じ、家康公の功績や遺徳を、静岡県から国内外へ広く発信していきます。≪「家康公四百年祭」 開催概要≫【事業名称 】徳川家康公顕彰四百年記念事業(略称:家康公四百年祭)【 [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】徳川大御所政治の拠点・静岡県静岡市

GOTRIP! / 2016年10月26日08時00分

そしてその15年間の間、駿府城で練られた江戸幕府の基本政策は、その後2世紀半に及ぶ盤石な体制の基礎になりました。 また、江戸幕府の外交姿勢も駿府大御所時代に決定づけられています。 そう、静岡市はまさに、世界史上稀に見る太平の世を築き上げた土地なのです。 ・「ケチ爺さん」の政治手腕 戦国時代を終わらせ、日本を平定した江戸幕府の基本政策は「財権分離」。 財力 [全文を読む]

安部龍太郎が書きたかった「徳川家康」という男

プレジデントオンライン / 2017年01月02日11時15分

徳川幕府は鎖国政策を採っていたから、戦国時代の記述を国内だけの覇権争いの物語にしてしまった。しかし、あの時代は日本が初めてヨーロッパと出会った大航海時代なのである。だから、信長の活躍も世界史的な視野で見なければわからない。 室町時代までの日本は、農業を国の基とし、各地の守護大名が領地と農民を支配する体制だった。だが、戦国末期には石見銀山の産出量が最盛期を迎 [全文を読む]

田中角栄 日本が酔いしれた親分力(1)40までにやるだけやって死にたい!

アサ芸プラス / 2016年06月21日05時55分

時代を大きく動かした「男の器」を、長年に亘り取材を重ねたジャーナリストが浮き彫りにしていく! リーマン・ショックをはじめ、日本に危機が訪れる度に、「もし角さんがいたら、どのような大胆な政策を打ち出すだろうか」という田中角栄待望論が強まる。東日本大震災に続き、今回、熊本大地震にも見舞われ、いっそう田中角栄待望論が出てきた。 不思議なことに、「吉田茂が生きてい [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】浜松城が「徳川の時代」をもたらした

GOTRIP! / 2016年11月25日02時00分

秀吉は信長の志した路線を継承する一方、自身は大坂に拠点を置きつつ家康を関東に移封するという政策を実行します。 これは結果的に「東国VS西国」の構図を明確化し、関ヶ原の合戦に連結するのです。 家康が関東に去ったあとの浜松城は、秀吉の家臣である堀尾吉晴・忠氏親子が城主になります。つまりこの時点で豊臣方が浜松を抑えたということで、家康の関西侵攻を牽制するという意 [全文を読む]

米国しか知らない典型的米国人が選んだトランプ大統領は結局、現政権と同じ政策に走る

Business Journal / 2016年11月09日23時00分

米大統領選は8日、投開票され、共和党のドナルド・トランプ氏(70)が民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(69)を破り、第45代大統領に就任することが確定した。当初は泡沫候補とみられていたトランプ氏が勝利したことで、アメリカ国民の変革への欲求が極めて強いことが証明されたといえよう。 筆者は、米ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストのトランプ氏が接戦を [全文を読む]

松平定知氏「日本の礎を築いたのは明治政府でなく徳川幕府」

NEWSポストセブン / 2017年05月22日16時00分

たとえば明治維新以降、徳川幕府の鎖国政策は間違いで、鎖国ゆえに日本の近代化が遅れたと批判されました。しかし、実際は「江戸四口」と言って、長崎でオランダに、薩摩で琉球に、対馬で朝鮮に、松前でアイヌにと、必要に応じて門戸を開いていたのです。それ以外は閉じていたわけですが、そのことで外国からの脅威にさらされることなく、内政に力を注ぐことができたのです。──その [全文を読む]

ユネスコ「創造都市」篠山市―空き家を活かした「創造農村」への挑戦

政治山 / 2017年04月26日11時50分

<兵庫県篠山市 政策部創造都市課 課長 竹見聖司> [全文を読む]

専門家が解明!名古屋はなぜこんなにも嫌われるのか?(2)源流は尾張藩の財政政策に

アサ芸プラス / 2017年04月06日12時55分

豪快な政策を進めたことで吉宗の逆鱗に触れ、蟄居させられてしまう。 [全文を読む]

日ハム栗山英樹監督が戦国武将・大谷吉継を好きな理由

NEWSポストセブン / 2017年02月01日16時00分

それを見ていた徳川家康は天海僧正(家康の側近だった僧)に政策を任せるんです。適材適所で。それで家康は成功したんです。 栗山:天海僧正は長生きだったそうですね。 井沢:108歳まで生きたと言われています。ちなみに、家康も当時としては長命の74歳まで生きた。家康は健康オタクで、鷹狩りをスポーツとしてやっていた。汗をかくことが体にいいと分かっていたんですね。 栗 [全文を読む]

家康の「歓迎」に驚いた異国人。日本とメキシコの知られざる絆

まぐまぐニュース! / 2016年10月26日04時45分

日墨の不思議な縁(えにし) キリスト教宣教師を尖兵とした侵略の疑いから、日本は鎖国政策をとり、ロドリゴの漂着をきっかけにはじまった日墨友好の機縁も火が消えてしまったかに見えた。しかし、友好の火種はその後も長くくすぶり続けていた。 明治21(1888)年11月3日、わが国はメキシコとの通商条約を結んだ。それまでの米国や英国との条約は不平等なものであり、その [全文を読む]

【真田丸】徳川家康が参考にした「豊臣の善政」とは?

しらべぇ / 2016年09月18日05時30分

このように、豊臣政権下で実行された政策は戦国の気風を消し去るためのもの。そして我々現代人も、秀吉が舗装した道の上を歩いている。・合わせて読みたい→【真田丸】大砲を活用...徳川と豊臣の「金属生産戦争」とは(取材・文/しらべぇ編集部・澤田真一) [全文を読む]

島根県「乙女峠」の聖母マリア出現事件!! 拷問に耐えた隠れキリシタンは、そのとき何を聞いたのか!?

tocana / 2015年10月17日15時00分

そして実際に「島原の乱」からほぼ7代を経た1853年、アメリカのペリーが黒船で浦賀に来航し、江戸幕府は鎖国政策を捨て開国を決めた。さらに1863年には、フランス人のヒューレ神父が長崎にやって来て、1865年に大浦天主堂が完成しているのだ。 [全文を読む]

フォーカス