女優 加藤諒に関するニュース

「平成ガメラシリーズ」「デスノート前後編」を手掛けた金子修介監督の最新作「リンキング・ラブ」がクランクアップ!

@Press / 2017年03月14日12時00分

田野優花、石橋杏奈をはじめ、益田恵梨菜、樋井明日香、未浜杏梨、長谷川眞優、眞島優、佐々木しほ などフレッシュな女優が顔を揃えたASGメンバーは、クランクイン前から約2ヶ月、共にダンスなどの練習に励みチームワークを育みながら撮影に挑みました。グループをまとめる主演の田野優花は本作が念願の映画初主演となりますが、金子監督は「小柄だけどビッグでパワフルな女優が現 [全文を読む]

芦田愛菜が“小保方さん”に!?「iPS細胞を研究したい」スタジオどよめく

ザテレビジョン / 2017年06月07日09時25分

4月から名門中学に入学し話題となった女優の芦田愛菜が出演、学園生活、将来の夢について語った。 女優歴10年になる芦田は、これまでに数々の話題作に出演してきたが、自分の作品は「恥ずかしく見ない」とか。 そんな中、社会現象にもなった、芦田と鈴木福の歌った「マル・マル・モリ・モリ!」(2011年)のVTRが流れた後に後藤から「ああいう忙しいときに学校もあったん [全文を読む]

アニマックスでしか見られない今話題のアニメカルチャーをお届けする番組!『 アニカル部!』2017年3月5日(日)夜11時から放送スタート!

PR TIMES / 2017年02月22日12時37分

また、女優・タレントで活躍している足立梨花、俳優の加藤諒、が部員として入ることにより、「アニメカルチャー」=(イコール)「オタク・コアなファン」向けではなく、アニメカルチャーの初心者目線も取り入れ、だれでも楽しめる番組になっています。[画像1: https://prtimes.jp/i/3633/185/resize/d3633-185-290431-4. [全文を読む]

足立梨花「自分の素が出すぎちゃうんじゃないかと心配です(笑)」

Smartザテレビジョン / 2017年03月07日00時00分

大のアニメ好きとしても知られる女優でタレントの足立梨花が、加藤諒&桃井はるこ、そしてゲストと共にさまざまなアニメカルチャーを紹介するバラエティ番組「アニカル部!」がアニマックスにて放送中。自身の趣味にピッタリとあって収録も楽しげだった足立に、あふれる”アニメ愛”を語ってもらった。 ――『アニカル部!』でMCを務めることが決まったときは、どんなお気持ちでした [全文を読む]

内田理央、カンペをガン見して反省!? テレ東京「イッキ見」で番組MCに初挑戦

Entame Plex / 2016年10月20日18時29分

女性ファッション誌「MORE」の専属モデルで女優としても活躍中の愛称“だーりお”こと内田理央が、10月24日と29日に放送されるテレビ東京「イッキ見」でアシスタントMCに初挑戦することがわかった。 この番組は、メインMCを劇団ひとりが務め、“今絶対知りたい世の中の気になるモノ”をまとめてイッキ見するトレンド情報満載、カタログ的なお得感も味わえる情報バラエテ [全文を読む]

内田理央 アシスタントMC初挑戦「カンペ丸見を反省」

dwango.jp news / 2016年10月20日17時35分

若手注目女優の内田理央が、10月24日と29日に放送されるテレビ東京「イッキ見」でアシスタントMCに初挑戦することがわかった。 この番組は、メインMCを劇団ひとりが務め、“今絶対知りたい世の中の気になるモノ”をまとめてイッキ見するという内容。トレンド情報満載、カタログ的なお得感も味わえる情報バラエティー番組です。ゲストには、宝塚出身女優 遼河はるひと個性派 [全文を読む]

「かわいかったのに…」激変してしまった“元子役”芸能人5選

tocana / 2016年03月28日08時00分

■蒼井優 逆にバラエティ出身の子役が大物女優になった例が蒼井優だ。蒼井はベッキーと同じく『おはスタ』(テレビ東京系)出身で、元気で明るいイメージだった。岡田准一、大森南朋、鈴木浩介などさまざまな俳優と浮き名を流している現在の“魔性の女”像とはかけ離れている。 ■加藤諒 バラエティ出身でまさかそのまま育ってしまったのは加藤諒だ。『あっぱれさんま大先生』(フ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】明石家さんまが島崎遥香にキレた「もう辞める!!」

TechinsightJapan / 2015年11月25日23時13分

過去にさんまとのスキャンダルが報じられて落ち込んでいた女優・石井めぐみを「元気づけようとさんまがとった行動とは?」との問題をボタン早押し形式で回答した時のこと。さんまとは子どもの頃から共演しており顔見知りの加藤諒(25)は“ポーン”とボタンを押して「乳首を見せたっ」とまずウケをとる。次にボタンを押した滝沢カレン(23)は、おかしな日本語で「さんまさんは、こ [全文を読む]

菅田将暉&桐谷健太が漫才師を“生きる”「火花」場面カット到着

ザテレビジョン / 2017年06月06日17時26分

ヒロイン・真樹に話題作への出演が続く女優・木村文乃、さらに「漫才コンビのツッコミ役は、ボケ役よりも高度なお笑いの技術が要求されるため、経験者を入れたい」という板尾監督のこだわりにより、徳永と漫才コンビ「スパークス」を組む山下役には川谷修士(2丁拳銃)が務める。 また、神谷と漫才コンビ「あほんだら」を組む大林役には、個性派俳優・三浦誠己がキャスティングされ [全文を読む]

西内まりや、番宣なのに「無表情でやる気ゼロ」!? 「月9大コケの影響?」「プロ失格」の批判

サイゾーウーマン / 2017年03月13日11時45分

この苦境を乗り越えてこそ、本当の女優なのですが、いずれにせよ視聴者に負のイメージを抱かせてしまった時点で『プロ失格』ですよ」(芸能プロ関係者) 番組最後の予告では、次週も西内が出演予定となっているようだが、ファンを安心させる表情を見せてくれることを願うばかりだ。 [全文を読む]

山村隆太、ドラマ初挑戦に「言葉の深さを感じました」

Smartザテレビジョン / 2017年02月14日06時00分

――西内まりやさんのTwitterにも登場されてますよね? 2人で撮った写真を勝手にアプリで加工して、西内さんと僕の顔を交換したんですけど、「女優さんの顔を何してんねん!」ってファンの方がめちゃくちゃ怒ってて、加藤諒君ともやったんですけど、その時だけ全く誰にも怒られなかったです(笑)。 ――初のドラマ出演で戸惑う点などはありますか? 30代になって、新し [全文を読む]

「スカッとジャパン」に登場した制服美少女に「だれ? この子?! 可愛い?!」と大反響

Entame Plex / 2016年05月17日22時10分

この涼海の登場に、「制服姿可愛すぎる!」「だれ? この子?! 可愛い?!」「演技が上手」「すずみん 出てきて目が覚めた」「なんか誌面より大人っぽくて、あれ? すずみん?? ってなった!」など、“女優”としてのすずみんに、ネットは賞賛の声であふれた。 その反響ぶりは涼海本人にも届いているようで、「予想以上の反響でびっくり、嬉しい泣きそう笑」とツイートしている [全文を読む]

フォーカス