中山美穂 福山雅治に関するニュース

柴咲コウ、全国ツアーファイナル公演で、椎名林檎プロデュースの新曲「野性の同盟」を初披露

Entame Plex / 2015年10月18日19時42分

シーン1は、オープニングの和装からステージ上での早変わりでノースリーブの和風ドレスへ、そしてシーン2はカバーアルバム「こううたう」から、中山美穂のヒット曲「ただ泣きたくなるの」、福山雅治とのコラボレーションユニット・KOH+の「最愛」から福山雅治のカバー「桜坂」へつながるメドレー。シーン3は、黒レザーのショートパンツで登場し、2人のダンサーを従えてJUNO [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】柴咲コウ、中山美穂とのツーショットを披露。「夢のコラボ!」「神ショット」とファン感激。

TechinsightJapan / 2015年06月22日17時25分

女優で歌手の柴咲コウが中山美穂とのツーショットをInstagramで公開した。現在発売中のカバーアルバムで、中山の『ただ泣きたくなるの』をカバーしている柴咲には最高のショットになったようだ。2人の美しい共演に絶賛のコメントが寄せられている。 6月21日、柴咲コウは『柴咲コウ ko_shibasaki Instagram』を更新し、中山美穂と寄り添って微笑む [全文を読む]

『貴族探偵』はヒット要素満載 月9は再び浮上できるか

NEWSポストセブン / 2017年04月05日07時00分

素性は不明だが、優雅な貴族的生活を送る青年(相葉)が、自分ではまったく推理せず、執事(松重豊)、メイド(中山美穂)、運転手(滝藤賢一)たちに命じて事件を考えさせるという物語。どんな探偵なんだよ、と思えるが、「変わり者」「ミステリー」に加え、トップアイドル主演でしっかり原作がある。暗くならないヌケのよさもある。月9ヒット作の要素をすべて備えた盤石態勢。これで [全文を読む]

4月クールの「フジ月9」「TBS日曜劇場」は成功か破綻か…バカリズムのOLドラマも注目

messy / 2017年04月03日17時00分

ガタガタに崩壊した月9ブランドを復活させるべく、武井咲(23)、生瀬勝久(56)、井川遥(40)、滝藤賢一(40)、中山美穂(47)、松重豊(54)、仲間由紀恵(37)ら豪華キャストを揃えて挑む『貴族探偵』。脇を固める俳優は申し分ないが、棒演技でおなじみの相葉が果たしてどこまで力を発揮できるのか。すでに公開中の予告動画でも「まったく貴族に見えない」「相葉 [全文を読む]

豪華キャスト勢揃い?嵐・相葉雅紀の新月9に込められた”フジの思惑”

デイリーニュースオンライン / 2017年02月12日07時00分

キャストはジャニーズ御用達の武井咲(23)を筆頭に生瀬勝久(56)や井川遥(40)、滝藤賢一(40)、中山美穂(46)、仲間由紀恵(37)、松重豊(54)らが集結。中でも、脇役に実力派を揃えた印象を受ける。 また相葉自身も月9で実績がある。主人公・倉田健太を演じた2015年放送のドラマ『ようこそ、わが家へ』は、全話平均視聴率12.5%(ビデオリサーチ調べ [全文を読む]

フジ月9で嵐・相葉雅紀『貴族探偵』スタート、フジが「月9ミステリー」なる新語を猛アピール

日刊サイゾー / 2017年02月10日20時30分

さらに、メイド役として中山美穂が出演。全編を通してメイド服を着用するという。 フジテレビはこれまで、2011年の櫻井翔主演『謎解きはディナーのあとで』、12年の大野智主演の月9『鍵のかかった部屋』、15年の相葉主演の月9『ようこそ、わが家へ』と、嵐メンバーが主演のミステリーをたびたび放送。『ようこそ、わが家へ』は期間平均視聴率12.5%(ビデオリサーチ調べ [全文を読む]

視聴者だけじゃない!芸能人の地上波民放ドラマ離れが加速中!!

Business Journal / 2016年07月19日19時00分

つい最近も、8月20日スタートの連続ドラマ「賢者の愛」で、中山美穂が25歳下の親友の息子を、20年の歳月をかけて自分好みの男に“調教”する悪女役を演じることが明らかになり、話題となっている。「『WOWOW』はスポンサーなど“周囲”の意向をあまり意識する必要がなく、過激なテーマの作品も扱えるし、ギャラも地上波の民放と比べてもそこまで低くない。そして何よりも [全文を読む]

柴咲コウが珠玉の名曲をカバーしたツアーファイナルをWOWOWで放送。新曲のライブ初披露も!

PR TIMES / 2015年11月09日15時21分

その後は純白のドレスに着替え、中山美穂のラブソング「ただ泣きたくなるの」、福山雅治の「桜坂」へつながるメドレーなどをしっとりと聴かせた。 後半はがらりと変身、黒いビスチェにショートパンツというセクシースタイルに。レーザービームとクールなクラブサウンドでオーディエンスを総立ちにさせた。ヒット曲「無形スピリット」のサビでは、ファンたちが「フィジカル!フィジカル [全文を読む]

夏休み子どもや若者にぜひ観て欲しい!懐かしの“家族ものドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年07月25日09時55分

義理でもいい!血のつながりばかりじゃない!『ママはアイドル!』『ママハハ・ブギ』 似たような設定の女性版といえば1987年の中山美穂さん主演の『ママはアイドル!』。永瀬正敏さんが息子、後藤久美子さんが娘という豪華キャスティングです。1989年浅野温子さん主演の『ママハハ・ブギ』は、織田裕二さんが長男、的場浩司さんが次男、石田ひかりさんが長女。どちらも義母 [全文を読む]

柴咲コウ、カバーアルバムより「桜坂」の映像を公開

okmusic UP's / 2015年06月18日12時00分

■「桜坂」(カバーアルバム「こううたう」より)https://youtu.be/ymR13BC15so■アルバム『こううたう』2015年6月17日発売 【初回限定盤】(CD+ポエトリー&ビジュアルブック「こうつづる」) VIZL-782/¥3,500+税 【通常盤】(CD) VICL-64295/¥3,000+税 <収録曲> 1.若者のすべて(フジファブリ [全文を読む]

柴咲コウ、“うた”で魅せる初のカバーアルバム6月17日に発売決定

Entame Plex / 2015年05月12日12時02分

フジファブリック「若者のすべて」、中山美穂「ただ泣きたくなるの」、槇原敬之「素直」、福山雅治「桜坂」、工藤静香「めちゃくちゃに泣いてしまいたい」、ゲスの極み乙女。「だけど僕は」、東京事変「私生活」、中島みゆき「糸」などが収められている。 また、アルバムの初回限定盤には写真家:茂木綾子が撮影した写真と柴咲コウが書き下ろした詩を収めた44ページに及ぶポエトリー [全文を読む]

フォーカス