中山美穂 米倉涼子に関するニュース

芸能界「結婚しない美女」の“ムラムラ身の下”事情!(3)宮沢りえとV6・森田剛の恋の行方は?

アサ芸プラス / 2017年04月27日05時57分

母親になるにはギリギリの年齢なので、今がふんぎり時です」(前出・女性誌記者) 10位には、15年ぶりに月9枠で連ドラ復帰を遂げた中山美穂(47)が選ばれた。 ドラマ関係者が現場の様子を打ち明ける。「月9復帰といっても、役どころは主役の使用人の一人のメイド役。狭く立て込んでいる現場では、他のスタッフに道を譲るほどの気遣いっぷり。目立たないようにしています」 [全文を読む]

地味な「昭和顔」女優、なぜ大活躍?有村架純、高畑充希、黒木華が台頭した歴史的理由

Business Journal / 2016年09月08日06時00分

歌手としての人気をベースにした中山美穂や斉藤由貴、大映ドラマのいとうまい子や伊藤かずえらの「アイドルのさまざまな表情を愛でる」という色合いが濃かった。 80年代後半に入ると、“カリスマ性のある美人顔”が台頭。浅野ゆう子、浅野温子、沢口靖子らの化粧映えする端整な顔立ちの女優がドラマ界をけん引し、アイドルから脱皮した中山美穂もこの流れに乗った。 90年代になっ [全文を読む]

今年秋『ドクターX』放送へ…フジ月9・木村拓哉ドラマは消滅か、ジャニーズとの取引

Business Journal / 2017年05月13日06時00分

そのためフジは、中山美穂をはじめ松重豊、滝藤賢一という主役クラスの俳優を脇に据え、多額の宣伝費・制作費を投入。にもかかわらず、結果は大コケしています」 そしてこの大コケが、今年秋クールに“あの人気俳優”が主演するとみられていたドラマに影響を与えるという。同関係者は続ける。 「今月、フジの亀山千広社長の退任が発表されました。その大きな理由はもちろん会社の業績 [全文を読む]

“モラハラ”報道の米倉涼子・夫が憤る、所属事務所のイメージ操作「いくらなんでも、ひどすぎる」

日刊サイゾー / 2015年04月16日13時00分

最近では、中山美穂が不倫の果てに離婚した際、夫の辻仁成のネガティブな記事が躍ったことがあったばかりだ。“モラハラ”という言葉も、先の三船美佳と高橋ジョージの離婚騒動でクローズアップされたもので、高橋に離婚調停の訴状が届くタイミングと同時にスポーツ紙でモラハラ疑惑が報じられるという、あまりに不自然な流れがあった。 米倉の所属事務所は芸能マスコミに強い力を持つ [全文を読む]

「リリー・フランキーではなかったのか?」業界騒然! 柴咲コウと中田英寿、熱愛報道の真偽は?

tocana / 2014年11月15日08時00分

大黒摩季、中山美穂、米倉涼子、宮沢りえ、滝川クリステルなどと浮名が流れましたが、実際に付き合っていたかどうかは微妙じゃないでしょうか?」 では、海外でゲイが好むファッション誌「style:men」の表紙に登場したことなどが原因で、度々ネット上で囁かれる「ゲイ疑惑」については...? 「そんなことはないようです。好みの女性の話とかは好きみたいですから」とサッ [全文を読む]

ドラマで肌の露出が減る一方で描写ばかり過激化した理由は?

NEWSポストセブン / 2012年12月27日16時00分

そのため『高校教師』のような過激なドラマが量産されるようになった」 ※週刊ポスト2013年1月1・11日号 【関連ニュース】吉瀬美智子「最初で最後の秘蔵ショットinバリ島」独占公開ベアトップ姿の矢田亜希子32歳 “魅せる瞳”を撮り下ろし 中山美穂の初期主演ドラマ お色気シーン満載で批判が殺到米倉涼子 『家政婦のミタ』を見て“ヒット作には理由ある”女優・吉瀬 [全文を読む]

フォーカス