博物館 宮崎駿に関するニュース

映画ファンにはたまらない空間、ニューヨークの映画博物館

TABIZINE / 2015年10月18日16時00分

今回は、映画ファンのあなたのために、「映画博物館」をご案内しましょう。 2011年リニューアル・オープン 映画博物館(Museum of the Moving Image)はスタジオを改装して、1988年開館。2011年に、モダンなデザインでリニューアル・オープン。1階には映写室、カフェがあり、ゆったりした作り。 2015年9月はNY映画特集で、デ・ニー [全文を読む]

日本初公開! 韓国の宮崎駿が笑顔で出迎える「江華セックスミュージアム」

日刊サイゾー / 2017年07月22日17時00分

なお、この私設博物館は「世界春画博物館」という看板も掲げており、どっちなのかはっきりしてほしいところだが、そのGSMがあまりに神々しかったので、この原稿では「江華セックスミュージアム」に統一させていただく。 植木の間にミロのビーナスやらモアイ像やらマネキンやらが乱立する、夢があふれる不穏な小道を進む。すると奥の建物から、宮崎駿先生を連想させる、髭と眼鏡の [全文を読む]

「君の名は。」の新海誠監督によるあの名作を東京国立博物館で野外上映!

Woman Insight / 2016年09月17日07時30分

それを手掛けた新海誠監督による名作『秒速5センチメートル』(2007年)が、東京国立博物館にて、野外シネマを開催! 夏に行われた特別企画「時をかける少女10th Anniversary 『博物館で野外シネマ』」も大盛況。その興奮さめやらぬ間に、今秋の野外シネマでは、山崎まさよしさんによる主題歌を背景に、切ない男女の恋愛模様を描いた連作ラブストーリー『秒速5 [全文を読む]

零戦が71年ぶりに日本の空を飛んだ! 名機が伝える万感の思いとは…

週プレNEWS / 2016年02月20日11時00分

大日本帝国の栄光と限界と悲劇を体現する零戦が71年ぶりに日本の空を飛ぶ時、2トン足らずの小さな機体は敗戦に至る6年間をまるまる保存した、いわば“空飛ぶ歴史博物館”となり、見る者に多様な感情をもたらすのだった。 今回、大成功のうちに終わった零戦のテスト飛行だが、石塚氏にとって、その道は決して平坦なものではなかった。例えば、戦後70周年の昨年に飛ばす計画だっ [全文を読む]

「手土産」に見る日本の文化―中国紙

Record China / 2017年06月29日00時50分

例えば、人口400万人以下の横浜に、シルクや陶器、能楽、クルーズ、鉄道模型、さらにはインスタントラーメンなどの博物館、記念館が28カ所以上ある。フードテーマパーク・新横浜ラーメン博物館の壁では日本全国約30都市それぞれの独特なラーメンが紹介されている。一杯のラーメンが「文化」となるというのは、日本人が生活を楽しんでいることのほか、日本人が現地の文化を敬い、 [全文を読む]

連載旅小説「私はニューヨークなんか、興味がなかった」第3話/人間も愛しかたも一色じゃない

TABIZINE / 2016年08月17日07時30分

■あわせて読みたい NYイチオシのフレンチ・トーストは、切ないまでの美味しさ 【在住者がこっそり教えるNY絶品グルメ】宝石みたいな中東スイーツ 【在住者がこっそり教えるNY絶品グルメ】ギリシャタウンのスーパー 映画ファンにはたまらない空間、ニューヨークの映画博物館 【NY】映画撮影スタジオ近くの巨大ビア・ガーデンが熱い! 繊細なフレンチ・トーストとクール [全文を読む]

準備万端だったはずのジブリ美術館見学でまさかのトラブル!中国人旅行者の怒りの矛先は中国のあれに―中国ネット

Record China / 2016年04月14日09時30分

しかし、いざジブリ博物館に入場という時になって思わぬトラブルが発生。事前購入したチケットが、1枚は大人だったが、もう1枚は「中学生」チケットだったのだという。「どこからどう見ても私と主人は中学生には見えない!」という女性は、美術館スタッフと話し合ったものの、「もうチケットは完売であるため入場させてもらえなかった」そうだ。 せっかくの夫婦の旅行なのに、結局 [全文を読む]

特別展「久石譲。あの夏へ。 ~オルゴールがひらく記憶の扉~」 7月11日(金)~8月31日(日) オルゴールが奏でるメロディーをこの夏の思い出に

PR TIMES / 2014年05月20日15時20分

阪神電気鉄道株式会社 (本社:大阪市 社長:藤原崇起)の子会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:岡本交右)が、六甲山上で運営する「六甲オルゴールミュージアム」(博物館相当施設)では、7月11日(金)より下記の通り夏の特別展を開催します。 六甲オルゴールミュージアム http://www.rokkosan.com/museum/ ■特別展「久石譲 [全文を読む]

フォーカス