宮崎駿 宮崎アニメに関するニュース

【閉店セール】宮粼駿、引退撤回!長編アニメ制作でスタッフを募集する!

秒刊SUNDAY / 2017年05月19日18時34分

宮崎駿 新作長編アニメーション映画制作のためのスタッフ(新人)募集」ということです。ファンであれば一瞬「!?」と思うのかもしれませんが、そうです引退宣言したはずの宮粼駿さんが何故か長編アニメのスタッフを募集しているのです。つまりこれは一大事。宮粼駿さんといえば2013年に公開した「風立ちぬ」を最期に引退宣言しておりました。とはいえ、もののけ姫・そして崖の [全文を読む]

「ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論」著者インタビュー(1)

Woman Insight / 2014年10月04日21時00分

数々の作品を「平和学」の視点で読み解くと、いったい何が見えてくるのか? 10月1日に発売されたばかりの新書『ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論』の著者である創価大学平和問題研究所助教・秋元大輔さんに、ジブリ作品の平和学的な考察をうかがいました。 Woman Insight (以下、WI) まず、「平和学」というものは、どんな学問になるのでしょう? 秋元大輔 [全文を読む]

「ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論」著者インタビュー(3)

Woman Insight / 2014年10月07日22時00分

今、日本が進むべき道は?──『ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論』の著者、創価大学平和問題研究所助教・秋元大輔さんに、宮崎作品からにじみ出る現代の日本の姿をうかがいました。 ★1回目はコチラ→ 「ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論」著者インタビュー(1) ★2回目はコチラ→ 「ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論」著者インタビュー(2) Woman Insi [全文を読む]

「ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論」著者インタビュー(2)

Woman Insight / 2014年10月05日22時00分

「平和学」という新たな視点からジブリ作品を読み解き、早くも話題を呼んでいる新書『ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論』。著者の創価大学平和問題研究所助教・秋元大輔さんにお話をうかがっています。前回の『風立ちぬ』に引き続き、今回は『風の谷のナウシカ』と『天空の城ラピュタ』について語っていただきました。 ★前回はコチラ→ 「ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論」著 [全文を読む]

「ジブリ最新作キタァァァ!!!」 海外会社と共同制作のジブリ新作にファンは興味津々

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月19日15時00分

大学卒業後、アニメーターとして働き、TVアニメ「アルプスの少女ハイジ」「未来少年コナン」、映画「ルパン三世 カリオストロの城」「風の谷のナウシカ」などを手掛けた宮崎駿と徳間書店が中心となり、1985年に同スタジオを設立。翌年、第1弾として「天空の城ラピュタ」が公開された。その後、「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」などの宮崎 [全文を読む]

『風立ちぬ』が100倍楽しくなる!? 宮崎駿ワールドとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月02日12時00分

宮崎駿ワールド大研究 (別冊宝島2016)』(宝島社)では、宮崎駿アニメの世界観をさまざまな角度から分析しており、新たな魅力を提示してくれる。 彼の作品には、知られざるさまざまな裏構造が存在すると言われる。『天空の城 ラピュタ』に描かれた悪役・ムスカと主人公パズーの関係がそのひとつだ。同書によると、ムスカと、パズーは、実は分身関係にあるという。2人の共通 [全文を読む]

『キングコング』監督と樋口真嗣が大盛り上がり!宮崎アニメ&エヴァとのつながりを明かす

Movie Walker / 2017年02月07日18時30分

ロバーツ監督は「宮崎駿作品に出てくるようなもの」と宮崎駿からの影響を告白。「精神性があって美しくて、それでいてパワフルで重みがあって、恐ろしい。そういったいろいろな要素が詰まったものにしたかった」。さらには「『エヴァンゲリオン』の使徒や『千と千尋の神隠し』のカオナシを彷彿とさせるものもある」と日本のアニメから刺激を受けたモンスターが見られると話す。 197 [全文を読む]

★9日間限定★「静岡市美術館×静岡マルイ静岡モディ」コラボイベント開催!!美術館展覧会ご招待券プレゼント!

PR TIMES / 2016年11月29日14時18分

「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」まで、宮崎駿監督直筆のレイアウトを中心に、高畑勲、宮崎駿監督がジブリ以前に手がけた「アルプスの少女ハイジ」や「赤毛のアン」等も加えた、全33タイトルのレイアウト画約1,300点を一挙に公開します。 一枚一枚のレイアウトには、そのカットで表現される“すべて”が詰まっています。スタジオジブリの名作アニメーションは、 [全文を読む]

ディズニーのアーティストが『となりのトトロ』のアトラクションを“非公式”で企画立案!?

おたぽる / 2016年05月02日13時00分

しかし「Kotaku」の記事によれば、ラミレツ氏は宮崎駿氏と面識があり、いつかこのような(宮崎アニメをモチーフにした)施設を作るという案を何度も話し合っていたということだ。とすれば、単なるファンの“願望”ではなく実現の可能性もあるということだろうか。■ディズニーが宮崎アニメにラブコール!? 一方で、日本に限った話ではあるが、数ある娯楽施設の中でこれまではブ [全文を読む]

こども専門写真館 スタジオアリス「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。スタジオジブリ・レイアウト展その誕生から『思い出のマーニー』まで」に協賛いたします。

PR TIMES / 2016年04月22日12時09分

スタジオジブリ・レイアウト展 その誕生から「思い出のマーニー」まで に関して 高畑勲・宮崎駿両監督が築き上げてきた、世界を代表するアニメーション制作会社・スタジオジブリ。宮崎監督による「風の谷のナウシカ」(1984年)に始まり、2013年には「風立ちぬ」(宮崎監督)、「かぐや姫の物語」(高畑監督)と、それぞれの集大成というべき作品が完成しています。 今回紹 [全文を読む]

<鈴木敏夫はなぜ「ジブリ・ランド」を作らなかったのか?>宮崎駿は「ウォルト・ディズニーの最高傑作はディズニーランドである」と言った

メディアゴン / 2014年12月28日02時55分

吉川圭三[ドワンゴ 会長室・エグゼクティブ・プロデューサー]* * *かつてスタジオジブリの宮崎駿はこう語ったと言われる。 「ウォルト・ディズニーの最高傑作はディズニーランドである」宮崎駿がディズニーのアニメーションを研究し尽くしていたのは想像に難くないが、筆者はアニメの専門家ではないので、宮崎アニメにディズニーアニメがどういう影響を与えていたのかは、分析 [全文を読む]

軍事オタク、アナログ派…宮崎駿監督 知られざる巨匠伝説5

WEB女性自身 / 2013年09月23日07時00分

9月6日、「今度こそ本気です」と引退会見を開いた宮崎駿監督(72)。巨匠の引退を惜しみつつ、『宮崎駿のススメ。』などの著書もあるライターの井坂十蔵さんの話をもとに、宮崎監督のトリビアを公開! ◯男だらけの環境で育ったことが、かえって魅力的なヒロインを生み出した?「監督は、東京都墨田区で4人兄弟の二男として生まれました。宮崎アニメの主人公に少女が多いのは、男 [全文を読む]

弁護士が一番好きな宮崎アニメは「トトロ」 初期の作品に人気が集中

弁護士ドットコムニュース / 2013年09月07日15時00分

日本を代表する数々の人気アニメをてがけてきた宮崎駿監督が9月6日、東京都内で開かれた記者会見で、長編映画の製作から引退することを正式に表明した。宮崎監督はこれまで引退表明をしながら復活した過去が何回かあるが、「今回は本気です」「自分の長編アニメの時代は終わった」と会見の中で語っている。宮崎監督のアニメは多くの人を魅了し、小さな子どもからお年寄りまで幅広く愛 [全文を読む]

実写版『ハイジ』は宮崎アニメを超える!? 本国スイスの“本気”の再現っぷりを見逃すな!

dmenu映画 / 2017年07月30日07時00分

1974年、まだスタジオジブリを立ち上げる前の、若き日の高畑勲と宮崎駿が揃って参加した伝説のTVアニメーションが誕生した。そのタイトルは「アルプスの少女ハイジ」。日本アニメ史上、いや、世界映像史上に輝くこの傑作は、21世紀の現在も多くの人に愛されている。誕生から43年。原作である児童文学作品を執筆したヨハンナ・シュピリの祖国スイスから、実写版映画が届く。そ [全文を読む]

宮崎駿氏がまた引退撤回?新作長編アニメ制作準備へ=中国ネット「これで何度目だろう」「もう驚かないけど、うれしい」

Record China / 2017年02月24日18時30分

2017年2月24日、2013年に引退宣言していた宮崎駿氏が長編作品の準備に入ったとの情報が、中国のネット上もにぎわしている。 中国版ツイッター・微博(ウェイボー)には、日本メディアの報道を引用し、宮崎氏が長編アニメ作品の制作準備に入ったことをスタジオジブリ関係者が明かしたと紹介する書き込みが出現。うれしいニュースとして伝えている。 宮崎氏の事実上の復帰情 [全文を読む]

【朗報】またか何度目だ!「宮崎駿監督復活」に海外ファンも大歓喜!

秒刊SUNDAY / 2016年11月14日23時11分

先日放送されたドキュメンタリー番組「終わらない人 宮崎駿」(NHK総合)で宮崎駿監督が長編アニメ制作で復帰に意欲を燃やしているということがわかり、ジブリファンは大いに喜んだ。それは日本国内だけでなく、このニュースが北米最大規模のアニメ紹介サイト、アニメニューズネットワーク(Anime News Network)で紹介されると、海外の宮崎アニメファンからも喜 [全文を読む]

ジブリの宮崎アニメの乗り物で、空想旅行に出かけませんか?

TABIZINE / 2016年09月14日16時00分

いつまでも人々を魅了してやまない、宮崎駿さんのアニメーション作品。そんな中でも、宮崎さんの生み出した数々の乗り物達は、旅人の空想をしきりに掻き立てます。今回は思い切って、そんな素敵な乗り物に乗って空想旅行に出かけてみたいと思います! 『メーヴェ』で風の谷を抜け出して(from風の谷のナウシカ) 風の谷の蟲を愛でる姫の愛機と言えば、もちろんメーヴェです。ドイ [全文を読む]

宮崎アニメが諸悪の根源!? アニメ規制に江川達也が爆弾投下

メンズサイゾー / 2014年09月02日18時05分

世界的巨匠でもある宮崎駿(73)を直接的に攻撃した江川の言葉は、さっそくネットニュースなどで報じられた。しかしネット上にはそもそもアンチ江川の存在も大きく、彼の言葉に賛同するものもいれば、ここぞとばかりに江川を叩くコメントも多く見られる。しかしもっとも声が大きかったのは、オタクという存在に偏見を持っているかのような番組作りへのネットユーザーたちの不満の声 [全文を読む]

トトロに密着するメイに深い理由が!? 宮崎アニメの隠れた秘密

ダ・ヴィンチニュース / 2014年01月03日11時20分

これが宮崎駿監督の引退作となってしまったが、「短編でいいから新作が早く観たい」という声も相変わらず根強い。 関連情報を含む記事はこちら そんな宮崎作品の魅力を解き明かしているのが、12月4日に発売された『好きなのにはワケがある 宮崎アニメと思春期のこころ』(岩宮恵子/筑摩書房)。本書では、臨床心理士である著者が数々の宮崎作品を分析。なぜ宮崎アニメに惹かれて [全文を読む]

高橋一生が演じる天沢聖司に注目したい『耳をすませば』今夜放送! 声の収録が「ギリギリだった」理由とは?

おたぽる / 2017年01月27日20時30分

『耳をすませば』は、柊あおいの少女マンガを元に宮崎駿が脚本を執筆、『火垂るの墓』などのジブリ作品でキャラクターデザインや作画を手掛けた近藤喜文が初監督を務めた作品(なお、『金曜ロードSHOW!(旧:金曜ロードショー)』における宮崎×近藤といえば、通称“映写機おじさん”こと、2代目オープニングを制作したコンビとしても有名)。 そんな『耳をすませば』で今回注 [全文を読む]

フォーカス