手塚治虫 宮崎駿に関するニュース

宮崎駿監督、アカデミー名誉賞受賞 “あらゆる賞に値する”海外ファンも祝福

NewSphere / 2014年09月01日11時59分

・もののけ姫はいかしてるぜ ・手塚治虫も受賞に値するんじゃないか。 [全文を読む]

中国人も「聖地巡礼」とは日本でのアニメ聖地巡りが大人気

ZUU online / 2017年09月04日05時10分

第10位 手塚治虫 “漫画の神”第9位 久石 譲 宮崎駿映画の“御用配楽大師”第1位 宮崎 駿 1位はこの人しかありえない!非常に高い評価を与えている。■聖地巡礼とは「萌娘百科」というWEBページが聖地巡礼を完璧に解説していた。それには聖地巡礼とはACG圏における文化旅行とし、次のように特徴を挙げている。(1) 旅行者自らの参与が大切。自由行(フリープラン [全文を読む]

WOWOW:ロシアアニメーション界の巨匠ユーリー・ノルシュテインと、友人のアニメーション監督・高畑勲が京都を訪れたプライベート映像を先行配信!

PR TIMES / 2017年04月21日13時26分

日本でも、手塚治虫が彼のサインを部屋に飾っていたり、宮崎駿が引退会見で彼を「友人にして『負けてたまるか』という相手」と語るなど、刺激を受けた者が少なくない。 先行配信するプライベート映像では、昨年ユーリー・ノルシュテインが来日した際、彼と30年来の友人の高畑勲の久しぶりの再会に同行。偶然にも、その日は、高畑の誕生日だった。それを知るとノルシュテインは、紙 [全文を読む]

中国で最高賞を受賞した日本の国民的詩人、あなたはご存知ですか?―中国メディア

Record China / 2016年12月04日20時30分

中国で谷川俊太郎さんというと、宮崎駿監督の大ヒットアニメーション映画「ハウルの動く城」や手塚治虫のアニメ「鉄腕アトム」の主題歌の作詞を担当したことで知られている。実際には、谷川さんは1999年に中国に進出して以降も、詩集や絵本を次々に刊行しており、ノーベル賞受賞者を含む詩人の中で、印刷数、販売数はトップクラスだ。世界の詩壇における成果や中国語の世界での大き [全文を読む]

「まだ受賞してなかったの!? 選ばれなかったことが驚き」「アニー賞・生涯功労賞」受賞の押井守に海外からも祝福の声!

おたぽる / 2016年12月02日13時00分

また、日本人ではこれまで人形美術家でアニメーション作家の川本喜八郎、マンガの神様・手塚治虫、最近また長編アニメの構想を明かした宮崎駿(参照記事)、『AKIRA』で知られる大友克洋、高畑勲の5人が受賞しており、押井は6人目の受賞者となる。 この発表に日本では「おおおぉぉ、おめでとうwww なんだかんだ言って押井作品は逸品ぞろいだよ」「かつては異才を放ってたか [全文を読む]

日本のコレクターが集めた貴重な漫画の手書き原稿、手塚治虫ら33人の作品を展示―上海市

Record China / 2016年05月27日16時20分

手塚治虫や宮崎駿、鳥山明、大友克洋、藤子・F・不二雄など、日本の国宝級漫画家33人の鉛筆で書かれた原稿、色付けされた原稿、セルロイドに書かれたアニメ原稿などが展示され、名作数十作品の創作の過程が紹介されている。 同イベントでは、「宇宙戦艦ヤマト」などの名作で知られる漫画家・松本零士が展覧会に登場し、創作の道を語るなど、日中のアニメ創作および文化交流を行う予 [全文を読む]

【劇場アニメレビュー】ノスタルジックな心地よさを感じる『シンドバッド』は現代版『未来少年コナン』だった!?

おたぽる / 2016年05月13日13時00分

そんな冒険者としてのシンドバッドを主人公とする映画は、レイ・ハリーハウゼンの特撮で有名な『シンドバッド 7回目の航海』(58)を筆頭に数多く作られており、日本でも東映動画(現・東映アニメーション)製作の長編アニメーション映画『アラビアンナイト シンドバッドの冒険』(62)や、手塚治虫が“大人の見るアニメーション映画”といったフレコミで製作&構成&脚本を担 [全文を読む]

“Anime“&“Animation“の全てがここに! 日本で海外を一番身近に感じられる「第15回広島国際アニメーションフェスティバル」レポート

おたぽる / 2014年08月29日19時00分

これは、第1回に『おんぼろフィルム』でグランプリを受賞し、同映画祭の副会長を務めていた手塚治虫が89年に逝去したことも少なからず影響している。映画祭のメインとなる「短編」がしばしば"アート"の呼称でカテゴライズされ、東欧やロシアなどのドローイングやコマ撮りの作品に準ずる傾向にあるのは、日本ではカタカナ表記だと"Anime"と"Animation"の区別がわ [全文を読む]

石ころ以下のはずがない! 原作者がアニメスタッフとして関わった作品紹介

ダ・ヴィンチニュース / 2014年06月20日19時20分

最も有名なのは手塚治虫氏でしょう。幼いころから海外のアニメに憧れており、日本国内でアニメ制作の機運が高まると、なんと自らアニメ制作会社を設立。この手塚プロダクション動画部は後に虫プロダクションと改名。マッドハウスやサンライズの母体となりました。『リボンの騎士』『火の鳥2772 愛のコスモゾーン』を自ら監督。 [全文を読む]

『進撃の巨人』だけじゃない! アニメ現場の過酷な舞台裏

ダ・ヴィンチニュース / 2013年06月26日12時00分

『オタク学入門』(岡田斗司夫/新潮社)にマンガ評論誌だった『コミックボックス』で手塚治虫の追悼特集をやったときのことが書かれているのだが、その追悼記事で宮崎駿は「昭和38年に彼は、1本50万円という安価で日本初のテレビアニメ『鉄腕アトム』をはじめました。その前例のおかげで、以後アニメの制作費が常に安いという弊害が生まれました」と語っている。『アニメビジネス [全文を読む]

フォーカス