宮崎駿 千と千尋の神隠しに関するニュース

【閉店セール】宮粼駿、引退撤回!長編アニメ制作でスタッフを募集する!

秒刊SUNDAY / 2017年05月19日18時34分

宮崎駿 新作長編アニメーション映画制作のためのスタッフ(新人)募集」ということです。ファンであれば一瞬「!?」と思うのかもしれませんが、そうです引退宣言したはずの宮粼駿さんが何故か長編アニメのスタッフを募集しているのです。つまりこれは一大事。宮粼駿さんといえば2013年に公開した「風立ちぬ」を最期に引退宣言しておりました。とはいえ、もののけ姫・そして崖の [全文を読む]

「すてきなジブリ作品をもっと残してほしい」 宮崎駿監督引退「まだ早いと思う」約半数

PR TIMES / 2013年09月05日15時11分

ITソリューション・アプリケーションのサービス提供を行う株式会社リビジェン(URL:http://www.livigen.co.jp、本社:東京都港区、代表取締役:孫 尚均)は、全国の10代20代男女500人に「スタジオジブリ映画監督の宮崎駿さん引退」についてのアンケートを実施しました。【調査結果要約】◆ 「あなたは宮崎駿監督が長編映画製作から引退すること [全文を読む]

宮崎駿が長編映画に復帰へ 「大仁田厚並の引退詐欺」との声も

しらべぇ / 2017年02月25日08時30分

(画像はスタジオジブリ公式サイトのスクリーンショット)『天空の城ラピュタ』『千と千尋の神隠し』など、数々の大ヒット映画で知られる宮崎駿監督。2013年9月に会見を開き、長編アニメーション映画の製作から引退を表明していたが、新作長編の準備に入っていたことが23日にわかった。■「老後」がなくなる覚悟でこれはスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが米国で行われた [全文を読む]

「解せぬ!」Rolling Stone誌「最も素晴らしいアニメーション映画トップ40」の2位に『千と千尋の神隠し』ランクイン!!

おたぽる / 2016年07月07日13時00分

そんな同作の生みの親である宮崎駿は13年に長編アニメからの引退を表明したが、現在は「三鷹の森ジブリ美術館」で上映される短編映画を製作したりと活発に動いている。これほど元気に動き回れるのであれば、最後に『千と千尋の神隠し』のようなオリエンタルな雰囲気の作品か、大好きな戦車が登場する長編を1本作っていただきたいものだが、やはり難しいのだろうか……。 なお、ジ [全文を読む]

「千と千尋の神隠し」の世界を再現!精巧なジオラマが発売

Walkerplus / 2014年11月14日11時12分

宮崎駿監督が、黒沢明監督に続き日本人としては2人目となるアカデミー賞名誉賞を受賞し、話題となっている。同監督の「千と千尋の神隠し」が、「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系)で11月21日(金)に放映されることになった。それを記念して、スタジオジブリのキャラクターグッズを販売する、全国のどんぐり共和国は11月17日(月)から11月30日(日)までの予定で、 [全文を読む]

「ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論」著者インタビュー(3)

Woman Insight / 2014年10月07日22時00分

今、日本が進むべき道は?──『ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論』の著者、創価大学平和問題研究所助教・秋元大輔さんに、宮崎作品からにじみ出る現代の日本の姿をうかがいました。 ★1回目はコチラ→ 「ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論」著者インタビュー(1) ★2回目はコチラ→ 「ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論」著者インタビュー(2) Woman Insi [全文を読む]

「風と共に去りぬ」

NewsCafe / 2013年09月13日15時00分

「日本のディズニー・世界的なアニメ界の天才」と評され、女性のファンが多いスタジオ・ジブリの「宮崎駿監督」が、彼にとって思い出深い「ベネチア映画祭」の渦中で引退を表明した。最後の大作「風立ちぬ」がラスト作品となった。平成9年頃(多分・もののけ姫が上映されたころ)武蔵野市にあるスタジオ・ジブリを彼の片腕の鈴木プロデューサーを訪ねて訪問したことがある。およそ会社 [全文を読む]

ジブリがテーマパークを作る!?美しい映画の背景の背景

GIGAMEN / 2015年09月14日18時00分

なぜ、宮崎駿は「ジブリテーマパーク」を作らなかったのでしょうか? 三鷹の森にあるのはあくまでも「美術館」であり、決してテーマパークではありません。 ファンとしてはディズニーランドのようなジブリのテーマパークがあればぜひとも足を運びたいものですが、宮崎駿はその予定 は一切ないと言います。 かつて宮崎駿は、 「ウォルト・ディズニーの最高傑作はディズニーランドで [全文を読む]

日本の10大アニメ映画、大ヒットの「君の名は。」は何位?―米サイト

Record China / 2017年06月23日13時50分

1位:「千と千尋の神隠し」(宮崎駿監督) 2位:「AKIRA」(大友克洋監督) 3位:「君の名は。」(新海誠監督) 4位:「もののけ姫」(宮崎駿監督) 5位:「涼宮ハルヒの消失」(石原立也、武本康弘監督) 6位:「ハウルの動く城」(宮崎駿監督) 7位:「攻殻機動隊」(押井守監督) 8位:「REDLINE」(小池健監督) 9位:「おおかみこどもの雨と雪」( [全文を読む]

「真偽を確認しないまま放送に至り」 宫崎駿監督引退に関する発言の紹介でフジ『ワイドナショー』がお詫び

ガジェット通信 / 2017年05月29日17時50分

2017年5月28日(日)10:00~11:15放送の「ワイドナショー」において「宮崎駿『引退撤回』新作長編アニメ始動!」という内容を放送いたしました。 その中で宮崎駿氏の過去の引退に関わる発言としてフリップで紹介した内容が、実際には宮崎駿氏の発言ではなかったことが分かりました。 真偽を確認しないまま放送に至り、宮崎駿氏並びに関係者の皆様、視聴者の皆様に [全文を読む]

【朗報】またか何度目だ!「宮崎駿監督復活」に海外ファンも大歓喜!

秒刊SUNDAY / 2016年11月14日23時11分

先日放送されたドキュメンタリー番組「終わらない人 宮崎駿」(NHK総合)で宮崎駿監督が長編アニメ制作で復帰に意欲を燃やしているということがわかり、ジブリファンは大いに喜んだ。それは日本国内だけでなく、このニュースが北米最大規模のアニメ紹介サイト、アニメニューズネットワーク(Anime News Network)で紹介されると、海外の宮崎アニメファンからも喜 [全文を読む]

韓国の新作アニメが「千と千尋の神隠し」にそっくり!?監督は反論=韓国ネット「『千と千尋』のシーズン2かと…」「クオリティーに差があり過ぎる」

Record China / 2016年09月01日13時01分

アニメの予告編を観た一部のネットユーザーから「ストーリーやキャラクターが宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』に酷似している」との指摘が相次いでいた。 キム監督は31日にコメントを発表し、「予告編だけで盗作と騒がれたことに驚いた」と明らかにした。また、「本編を観れば盗作なんて話は出ないだろう。日本のアニメと根拠のない比較をするよりも、独創性と潜在的な力を持つ韓国 [全文を読む]

『千と千尋』カオナシ、しょうゆ差しに…しゃもじも

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年08月23日06時36分

宮崎駿監督によって生み出された人気キャラクター・カオナシ。今回制作された「しょうゆ差し」はカオナシが手から醤油を注いでくれているようなデザインになっているのだが、これは劇中で主人公の千尋(柊瑠美)に金塊を差し出すシーンをイメージしている。また、カオナシの表情に癒される黒色の「しゃもじ」は自立するので大変便利だという。 ほかにもカオナシで食卓を楽しく演出で [全文を読む]

ご存知ですか? 7月20日は『千と千尋の神隠し』が公開された日です

文春オンライン / 2017年07月20日07時00分

いまから16年前のきょう、2001(平成13)年7月20日、スタジオジブリ制作・宮崎駿監督のアニメーション映画『千と千尋の神隠し』が封切られ、たちまち大ヒットとなった。宮崎の前作『もののけ姫』(1997年7月12日公開)は約1年をかけて邦画の興行成績の新記録(興行収入193億円、観客動員数1420万人)を達成したが、『千と千尋』はそれをわずか56日で突破。 [全文を読む]

「ポスト宮崎駿」ついに登場? 元ジブリスタッフの『メアリと魔女の花』の出来栄えは

Business Journal / 2017年07月08日06時00分

ジブリそのものは、宮崎駿監督が久々の新作に着手することを今年5月に発表し、現在制作部門の活動再開及び新人スタッフを募集中だが、『借りぐらしのアリエッティ』(10年)および旧ジブリ・スタッフによる最後の作品『想い出のマーニー』(14年)を発表してきた米林宏昌監督は、プロデューサーの西村義明とともに15年にスタジオポノックを設立した。 そのスタジオポノック第 [全文を読む]

韓国の『月光宮殿』が『千と千尋の神隠し』にそっくり!? 思い出す『グエムル』の『パトレイバー』盗作疑惑…

おたぽる / 2016年09月01日21時00分

お隣の国・韓国で9月7日に公開されるアニメーション映画『月光宮殿』が、宮崎駿の『千と千尋の神隠し』に“似ている”と韓国で話題だ。 『月光宮殿』は、13歳の少女が不思議な世界に迷い込む宮廷ファンタジー。予告編には、李氏朝鮮時代に建てられた昌徳宮に似た建物の中にある絵巻に少女が迷い込み、異世界を冒険する姿が描かれている。 しかし、この予告編については公開当初か [全文を読む]

やっぱり駿? それとも新時代に賭ける? 現実の選挙を超える盛り上がりの「スタジオジブリ総選挙」がアツすぎる!

おたぽる / 2016年08月22日20時00分

やはり宮崎駿派の勢力は強いようで、他監督の対抗馬としては『耳をすませば』(近藤喜文監督)がなんとか上位に食い込み、一矢報いるかどうかという程度だと思われる。 そんな予想も飛び交う中、22日の中間発表では、予想通りと言うべきか、『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『魔女の宅急便』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』(公開年順)といった駿作品が上位5作品を総 [全文を読む]

『思い出のマーニー』、「アニー賞」に続き「アカデミー賞」でもノミネート!! 「候補止まりのジブリ」脱却なるか!?

おたぽる / 2016年01月18日20時00分

■『千と千尋の神隠し』公開:01年監督:宮崎駿84年に『風の谷のナウシカ』が公開されて以来、意外なことにジブリ初めてのノミネートとなった『千と千尋の神隠し』。日本では興行収入304億円をあげ、国内歴代1位の座を今も守り続けている。「第52回 ベルリン国際映画祭」金熊賞、「第68回 ニューヨーク映画批評家協会賞」アニメ映画賞など、国外での評価も高く「第75回 [全文を読む]

「ジブリ最新作キタァァァ!!!」 海外会社と共同制作のジブリ新作にファンは興味津々

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月19日15時00分

大学卒業後、アニメーターとして働き、TVアニメ「アルプスの少女ハイジ」「未来少年コナン」、映画「ルパン三世 カリオストロの城」「風の谷のナウシカ」などを手掛けた宮崎駿と徳間書店が中心となり、1985年に同スタジオを設立。翌年、第1弾として「天空の城ラピュタ」が公開された。その後、「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」などの宮崎 [全文を読む]

『映画に関するアンケート調査』 日本人はやっぱり、宮崎駿監督の映画が大好き! 宮崎駿監督の映画を見たことある人は驚異の95.9%!

PR TIMES / 2013年09月20日13時23分

~引退会見後の宮崎駿監督のDVDレンタル回数が2倍に!~カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、Tカードを利用している16~69歳の男女1,251名のT会員を対象に、インターネットによる『映画に関するアンケート調査』を実施しましたので、お知らせいたします。■宮崎駿監督の映画に関するダイジェスト●老若男女・日本人のほとんどが見たことがある、宮崎駿監督の [全文を読む]

フォーカス