事務所 氷川きよしに関するニュース

氷川きよし、ホモ暴行報道でも関係者は「ギリギリセーフ」と強気なワケ

東京ブレイキングニュース / 2014年06月02日17時50分

事務所サイドも頭を悩ませていると思いきや、彼らは"ギリギリセーフ"と考えているようなんです」 そう語るのは、氷川きよしを長年取材している芸能記者。 そもそも、この話は長良プロダクションの若い20代の運転手兼付き人が、氷川のオラオラに耐えられずに事務所を脱走。その一部始終を週刊文春にたれ込んだのがきっかけとなっている。 「長良プロといえば、コワモテのプロ [全文を読む]

「さらば青春の光」がホントにさらば!? 売れ始め若手芸人に忍び寄る罠

メンズサイゾー / 2013年01月23日18時30分

各ネットニュースは、関係者の話として今回の2人の事務所離脱を「トラブルがあったようで事実上の契約解除」と配信。これに対して松竹芸能は「諸事情としかいえない」とコメントしており、さらば青春の光の森田哲矢(31)と東口宜隆(27)はそれぞれTwitter上で謝罪している。「『さらば青春の光』は昨年のキングオブコントで準優勝して、売れる気満々だったはず。それまで [全文を読む]

語っていいとも! 第29回ゲスト・山川豊「五木ひろしさんをTVで観た時に、まだ子供ですから衝撃でね」

週プレNEWS / 2016年08月28日12時00分

事務所の大先輩であり、兄貴のような感じですかね。 山川 いや、そんな大したあれでは…芸歴が長いのと年を取ってるだけですから。全然向こうのほうがしっかりしてるし。いや、本当に。 ―でも、氷川さんからメッセージをいただいてまして「アイ・ラブ・ゆ・た・か!」と伝えてほしいと(笑)。一生ついていきますんで、いつまでも弟として可愛がってあげてくださいということでした [全文を読む]

語っていいとも! 第28回ゲスト・氷川きよし「悩みながら自分っていうものを見つけられたのかな」

週プレNEWS / 2016年08月21日12時00分

で、芸能事務所やレコード会社にデモテープをガンガン自分で送りつけたりしたんです。 ―そこまで積極的にやる気になって。現在の事務所もそれがきっかけで? 氷川 いえ、当時は全然受からなかったんですよ。結局、演歌歌ってたんですけど「ポップスじゃないと」とか言われて。でも、自分の中では演歌でいこうと決めていたので全部断りました。 ―ちなみに、その高校で芸能教室入る [全文を読む]

語っていいとも! 第28回ゲスト・氷川きよし「兄貴キャラはできない…弟が楽ですね(笑)」

週プレNEWS / 2016年08月14日12時00分

僕はデビューの時に、おかげさまで「やだねったらやだね」って曲(「箱根八里の半次郎」)が本当に北野武監督とか志村けんさんに協力していただいたり、プロデューサーでもある事務所の長良会長がスタッフと一丸となって「やろうぜ!」っていう…今思うと本当に愛情だったんだなって。 ほんと一曲目って、ただ何もない、どこの馬の骨かもわからない僕を会長が拾ってくれて。時の流れ [全文を読む]

氷川きよし、暴行&性的嫌がらせ疑惑で書類送検でも『紅白』出場の怪 業界内で疑問続出

Business Journal / 2014年12月01日22時00分

「氷川が所属する老舗芸能事務所・長良プロダクション設立者である長良じゅん元会長が一昨年、ハワイのゴルフ場での事故で突然亡くなりました。それ以降は長男で代表取締役の神林義弘氏が経営を取り仕切ってますが、社内外には神林氏の頼りなさや事務所の弱体化を指摘する声が多い。そのような中での稼ぎ頭・氷川のスキャンダル。かつてじゅん氏が健在の頃の長良プロであれば、そんな [全文を読む]

【ウラ芸能】氷川きよし、あの俳優との関係

NewsCafe / 2014年05月02日15時00分

ま、オネエ系の筆頭の歌手、美川憲一(67)あたりも似たようなもんで、芸能界じゃ珍しい話じゃないよ」記者「ただ、今回の記事が出る直前に、この元付き人氏が氷川の事務所に、暴力行為に対して"数億円を恐喝"とのトーンで東京スポーツが報じています」デスク「背後に氷川の事務所と対抗する事務所間のアレコレがあるってか」記者「そのあたりはどうなんでしょう?」デスク「問題の [全文を読む]


“第2の氷川きよし”売り出し戦略に、故・長良じゅん会長の名前が利用されている!?

日刊サイゾー / 2012年12月22日12時00分

不審に思い、長良プロに問い合わせたところ、事務所スタッフも「長良会長が応援する」という話は聞いたことがないという。 長良会長の名前を出せば業界的にはプロモーションがしやすいと考えた、川上のマネージメントサイドの戦略だったのだろう。取材を進めていくと、川上は故・長良さんの弟で、芸能プロ「グッデイ」の神林一夫社長がプロデュース。元長良プロ所属で、現在はグッデイ [全文を読む]

語っていいとも! 第27回ゲスト・彦摩呂「9月で50ですから…まだ死にませんよ!」

週プレNEWS / 2016年08月07日12時00分

そのどっか穏やかなところはあるんで、普段あんまり事務所にも「こうして欲しい、ああして欲しい」ってギャーギャー言わないんです…たまに言うけど(笑)。あかんかったら、あかんでええやんって部分と、それをあかんあかん!って思う部分とありますね。 ―そういう意味では、めちゃめちゃ人気がブレイクして驕(おご)ったり勘違いするタレントさんもいる中で、意外と客観的にずっと [全文を読む]

ポスト氷川きよしを目指せ!? AKB48・岩佐美咲が握る老舗プロの命運

サイゾーウーマン / 2013年03月10日13時00分

AKB48メンバーで老舗芸能事務所・長良プロダクション所属の岩佐美咲が、正式所属から2年足らずにもかかわらず、「救世主」との期待を一身に背負ってしまっているという。昨年5月に不慮の事故で急逝した同プロの長良じゅん会長だったが、今年初め頃から、その影響で“不協和音”が聞こえ始めているようだ。 岩佐は2011年、プロダクション尾木から長良プロへ移籍した。当時は [全文を読む]

氷川きよしの“脱・受け身”が業界で話題、『紅白』も攻めに攻めて!

サイゾーウーマン / 2012年12月31日09時00分

「今年もいろいろあったわ~」なんて、酒でも飲みながら、だらだらと『紅白』鑑賞をしようと思っているあなたに、サイゾーウーマンが『紅白』ウラ情報をお届け★ 音楽業界人がこっそり教えてくれた出場者の小話で、『紅白』がもっと面白くなっちゃうかも!【白組編】■アーティスト意識が高くなったとうわさの氷川きよし「今年は育ての親である事務所の会長が事故でお亡くなりになった [全文を読む]

「悟空になりたい」氷川きよし『ドラゴンボール』愛を熱弁!? 年齢高いファン層にも『DB超』主題歌が浸透中!

おたぽる / 2017年02月26日20時00分

そんな氷川が19日、事務所の先輩たちとともにコンサートイベント「長良グループ 演歌まつり2017」東京公演に登場。その第1部では、熱く“ドラゴンボール愛”を語る一面が見られたという。 「イベント終盤の代表曲を歌うコーナーでのトーク中、司会から『DB超』の『限界突破×サバイバー』を歌っていることを振られた氷川は、『毎回ストーリーが楽しみで録画しているんです [全文を読む]

氷川きよしの「泣き落とし作戦」

NewsCafe / 2014年12月09日17時00分

その成果が出たってことでしょう」 その根回しって、事務所がやらせた? 「それはないです。氷川の事務所は、創業者の長良じゅん元会長(享年74)が一昨年、ハワイで事故死しました。長良氏は芸能界の実力者で、紅白にも大きなコネがありましたが、息子が後継者になってからすっかり弱体化し、近年はNHKに対して何の影響力も持っていません」 じゃあ、氷川が個人的に頑張った? [全文を読む]

氷川きよし、セクハラ・暴行・学会勧誘疑惑、所属事務所に慰謝料支払い命令の可能性も

Business Journal / 2014年05月01日01時00分

事の発端は、4月29日付東京スポーツが、氷川の所属事務所・長良プロダクションが元従業員から数億円を強請られていると報じた記事だ。そして、この記事に真っ向から対立する内容の記事を「週刊文春」(5月8日・15日号/文藝春秋)が掲載。東スポの記事で事務所を強請っているとされた氷川の元マネージャーの証言として、氷川から罵声とともに物を用いて殴られることが頻繁に発 [全文を読む]

氷川きよし「“ズンドコ王子”を悩ますドン底生活」

アサ芸プラス / 2013年09月25日10時00分

この背景には、昨年5月、芸能界の育ての親、所属事務所の長良じゅん会長のハワイでの事故死が影響しているという。 音楽関係者が話す。 「長良会長は義理人情に厚く、タレントやスタッフから“オヤジ”の愛称で親しまれていました。昔はこぞって“会長参り”をしていたマスコミも今では激減。最近は事務所を離れる古参のスタッフもいると聞きます。氷川は大きな後ろ盾がなくなり『今 [全文を読む]

氷川きよし、“未練”歌うニュービジュアル公開!

Smartザテレビジョン / 2016年05月25日13時21分

このほか、古賀メロディーから『酒は涙か溜息か』『新妻鏡』、股旅演歌の名曲『次男坊鴉』、千昌夫さんの『望郷酒場』、そして事務所の先輩・山川豊さんの35周年を後輩として一緒にお祝いさせていただきたいという意味を込めて『流氷子守歌』を収録させていただきました。今回もジャケット、ブックレットの写真違いの初回完全限定盤と通常盤の2タイプがあり、初回盤には『東京音頭』 [全文を読む]

氷川きよし はやぶさにエール「悩みあるからエネルギーになる」

WEB女性自身 / 2015年02月22日19時00分

サプライズで同じ事務所の先輩にあたる山川豊(56)と氷川きよし(37)が登場し、3周年を盛大に祝った。 はやぶさは、2012年2月22日にシングル『ヨコハマ横恋慕』でデビュー。“はやぶさポーズ”と呼ばれるユニークな振り付けが話題となり、幅広い世代から注目を集めている。 この日、会場には約1000人のファンが集まり、はやぶさは新曲『ロマンティック東京』を含め [全文を読む]

暴行報道の氷川きよしも…『紅白』低視聴率歌手、音事協の圧力で隠蔽?演歌総崩れの不都合

Business Journal / 2015年01月21日06時00分

「このような勧告がなされたのは、音事協の中枢にいる事務所の歌手たちの視聴率が低いからです。例えば、昨年の日本レコード大賞を受賞した三代目J Soul Brothersはベスト20に入っていません。これは、レコード大賞と視聴者の感覚がそれだけ乖離していることを示しています。レコード大賞も、音事協の中枢にいる人物たちが取り仕切っているといわれており、三代目J [全文を読む]

福田こうへい、来年の『紅白』は絶望的!? テングになって事務所移籍トラブルが発覚……

日刊サイゾー / 2014年12月27日11時00分

大みそかの『NHK紅白歌合戦』に2年連続で出場する演歌歌手の福田こうへいが、所属事務所との間で契約トラブルになっていることが24日、発覚した。 スポーツ紙の報道によると、福田の所属事務所「オフィスK」が同日にマスコミ各社へファックスを送付。「福田こうへいの度重なる債務不履行に対して話し合いに応じるよう努めてまいりましたが、本人にその意思はないと判断し、法的 [全文を読む]

フォーカス