上戸彩 水野美紀に関するニュース

「女同士で股間をこすりつけ…」水野美紀の原点となったトンデモVシネ作品

アサ芸プラス / 2015年03月11日17時59分

「最初の発表段階から木村と上戸彩(29)の初共演が注目を集めましたが、追加で発表された共演者の中に水野の名があったことに驚きました。木村とは、『ビューティフルライフ』(TBS系)以来、実に15年ぶりの共演。それも元妻役です。本人も気をよくしたのか、『15年という年月を経て“元夫婦”というずいぶん進化した関係になってしまいました』とご機嫌なコメントを発表し [全文を読む]

TV美女「豊かなバスト四季報2017」(2)倉科カナは共演の水野美紀を公開処刑?

アサ芸プラス / 2017年05月06日09時58分

「胸を強調した服ではないのに、大きな膨らみが目立っていました」(取材カメラマン)・上戸彩(F⇒C)17年最大の下げ幅を記録したのが上戸だ。かつてはスレンダーボディに不釣り合いなFカップの持ち主だったが、3サイズもダウン判定。原因は育児疲れ?・倉科カナ(E←D)今年1月期に放送されたドラマ「奪い愛、冬」(テレビ朝日系)での妖艶な演技は高評価。胸もわずかにサイ [全文を読む]

“キムタク”封印した『アイムホーム』は、なぜ私たちの心を打つのか?普通の人生への問い

Business Journal / 2015年05月17日17時00分

なぜか妻(上戸彩)や息子の顔が、白い仮面を被ったように見えてしまう。それが後遺症のせいだとわかっても、彼らへの愛情に確信が持てないことに変わりない。その一方で、元妻(水野美紀)と娘に強い未練をもつ自分に戸惑っている。 原作は石坂啓の人気漫画で、仮面が邪魔して家族の感情が読み取れないというアイデアが秀逸だ。その不気味さと怖さはドラマで倍化しており、見る側を家 [全文を読む]

【ウラ芸能】巨乳で注目! 上戸彩にキムタクの反応

NewsCafe / 2015年05月15日15時00分

オイラも結構楽しんで見てるんだ」記者「プッ! デスクのお目当ては、妻を演じ上戸彩(29)でしょ?」デスク「ええっ、ドキッ?!」記者「今や視聴者の関心は彼女の巨乳ぶり。上戸の胸に、男女を問わない視聴者はもちろん、共演者も注目していますよ」デスク「デヘヘ、ばれてたか…。上戸は4月に夫のHIRO(45)との間に第1子を妊娠中と発表してるけど、やっぱりその影響だろ [全文を読む]

『アイムホーム』初回16.7%好発進、あの木村拓哉が番宣に駆けずり回る異例の事態に、他局もびっくり!

日刊サイゾー / 2015年04月17日17時00分

さらに、今の妻(上戸彩)や、息子の顔が“仮面”にしか見えず、困惑する。 今回、心優しく、料理上手で家庭的な役柄を演じる木村。ネット上では、「今までと違った木村さんが見られそうで、楽しみ」「ここまで普通っぽいキムタクは、かなり新鮮」「久々にキムタクのドラマに、はまった」「放送前は、木村と上戸の夫婦役が心配でしたが、案外しっくり。違和感なかった」と概ね好評。 [全文を読む]

本日4月16日スタート!キムタク主演『アイムホーム』は原作も超おもしろい

Woman Insight / 2015年04月16日18時30分

本日16日は、21時より『アイムホーム』(テレビ朝日)がスタートします! 木村拓哉さんに新妻&妊婦の上戸彩さん、木村さんと15年ぶりの共演を果たす水野美紀さんなど、豪華な出演陣がすでに大きな話題。 ですが、実は原作もカリスマ的人気を誇るコミックだったこと、ご存じでしたか? 新装版も絶賛発売中 1997年から1998年にかけて『ビッグコミックオリジナル』(小 [全文を読む]

木村拓哉「アイムホーム」がスタート!初回ゲストは?

Smartザテレビジョン / 2015年04月16日04時30分

そこは久が妻の恵(上戸彩)と4歳になる息子・良雄(高橋來)と暮らすごく普通の家庭だったが、久からは2人の顔が仮面に見えてしまう。 恵と良雄の顔はおろか、2人に愛情があったのかすら思い出せない久だが、なぜか“前家族”の香とすばるへの愛情は実感として残っていた。 久は空白の5年間の記憶と今の家族への愛情を取り戻すべく、日々を過ごしていく。出演は木村、上戸の他、 [全文を読む]

木村拓哉&上戸彩が会見で指輪を披露!

Smartザテレビジョン / 2015年04月07日17時50分

4月16日(木)にスタートするドラマ「アイムホーム」(テレビ朝日系)の制作発表会が六本木ヒルズアリーナで行われ、木村拓哉、上戸彩、水野美紀、田中圭、鈴木浩介、吉本実憂、高橋來、新井浩文、光石研、渡辺いっけい、及川光博、西田敏行が登壇した。 同作は、単身赴任先である爆発事故に巻き込まれ、昏睡(こんすい)状態に陥った元エリートサラリーマン・家路久(木村)が、空 [全文を読む]

フォーカス