100メートル ケンブリッジ飛鳥に関するニュース

<陸上>「来年は9秒台」宣言!男子100メートルで韓国記録更新の絶対王者、世界で日本勢と対決へ=ネットからも期待と応援相次ぐ

Record China / 2017年06月27日20時00分

2017年6月27日、韓国陸上短距離の「看板スター」「絶対王者」などと呼ばれるキム・グクヨン(26)が100メートル10秒07という韓国新記録をたたき出し、8月に英国ロンドンで開かれる世界選手権の参加標準記録(10秒12)を突破、同大会の出場権を獲得した。日本では26日、世界選手権の男子100メートル代表にサニブラウン・ハキーム、多田修平、ケンブリッジ飛鳥 [全文を読む]

サニブラウンにケンブリッジ飛鳥…、日本男子短距離界の躍進に中国紙が「危機感持つべき」

Record China / 2017年06月27日12時30分

同大会は8月に英ロンドンで開かれる世界選手権の代表選考を兼ねており、中国体育報は18歳のサニブラウン・ハキームが100メートル決勝で10秒05という自己ベストをたたき出して優勝したことを紹介。また、ケンブリッジ飛鳥が予選で自身の記録を10秒08に更新したことや多田修平が準決勝で10秒10を出したことを取り上げ、他にも桐生祥秀、山縣亮太、飯塚翔太の名を挙げ [全文を読む]

<陸上>日本人が100メートルで驚異的な記録連発、日中の「均衡」破れる?―中国メディア

Record China / 2017年09月26日21時10分

2017年9月26日、中国のスポーツメディアの体壇+は、日本人選手が陸上男子100メートルで驚異的な記録を連発し、日中の均衡が破れると伝えた。 記事は、「中国人の多くが桐生祥秀が今月9日に日本選手初の9秒台となる9秒98を出したことに半信半疑でいる中、山縣亮太も24日、実業団の大会で日本歴代2位に並ぶ10秒00を出した」とし、追い風0.2メートルと、ほぼ無 [全文を読む]

<陸上>日本には100メートルで10秒10を切る選手が6人も!東京五輪でリレー金も夢じゃない―中国メディア

Record China / 2017年07月01日13時30分

中国メディア・新浪体育は30日、東京五輪の陸上男子4×100メートルリレーで日本は金メダルを狙えると伝えた。 昨夏のリオデジャネイロ五輪での同リレー銀メダルは記憶に新しいところだが、中国メディアはさらなる高みを目指せると見ているようだ。記事は、日本では陸上男子100メートルで9秒台への期待がかつてないほど高まっていることを紹介。その理由として、若手選手が好 [全文を読む]

<リオ五輪>中国が更新したアジア記録を、直後に日本が再び更新!=中国ネットでは「日本にはハーフがいる」と論争に

Record China / 2016年08月19日10時40分

2016年8月19日、新浪体育によると、リオデジャネイロ五輪の陸上男子4×100メートルリレーで、中国がアジア記録を更新したものの、その直後に日本に再び更新された。 予選第1組で、中国は米国に次ぐ2位でゴール。自らが持つアジア記録の37秒982を更新する37秒82で決勝進出を決めた。ところが、その直後に行われた第2組で、山県亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブ [全文を読む]

桐生祥秀選手の「9秒98」で盛り上がる陸上界 足の速い異性はモテるのか

しらべぇ / 2017年09月15日21時00分

(salihkilic/iStock/Thinkstock)9日に行われた日本学生陸上競技対校選手権大会100メートル走で、東洋大学の桐生祥秀選手が9秒98を記録。日本人で初めて10秒の壁を破った。■世界陸上代表落ちの屈辱から復活桐生はこれまでにも「追い風参考記録」で9秒台を出したことはあったものの、公式記録として10秒を切るのは初めての快挙だ。しかし8月 [全文を読む]

『世界陸上ロンドン』開幕! 陸上競技の「好き・嫌い」を調査してみると…

しらべぇ / 2017年08月04日19時00分

長年、短距離界のトップとして君臨し、100メートルと200メートルで世界記録を持つ最速男は、今大会をもって引退する意向を表明している。また、日本の短距離走代表のサニブラウン・ハキームや多田修平、ケンブリッジ飛鳥らの走りも注目したい。彼らが出場予定の400メートルリレーでは、メダル獲得が期待される。陸上ファンは、寝不足が続く9日間となりそうだ。■陸上競技を「 [全文を読む]

<リオ五輪>中国選手がリレー銀の日本を称賛!=「個人の実力とバトンパスの技術、どちらも私たちを上回っていた」―中国メディア

Record China / 2016年08月27日13時30分

2016年8月26日、騰訊体育によると、リオデジャネイロ五輪の陸上男子4×100メートルリレーでアンカーを務めた中国の張培萌(ジャン・ペイモン)がラジオ番組に出演し、日本について語った。 リオ五輪陸上男子4×100メートルリレーで、日本は37秒60のアジア記録で銀メダルを獲得。中国は37秒90の5着でゴールした(米国の失格により4位)。 張培萌は、「日本チ [全文を読む]

男子100m日本代表 各人の目の前につるされた高額ニンジン

NEWSポストセブン / 2016年07月25日07時00分

そんな増田さんが本番を前に、男子100メートル代表の3選手の情報をお届けする。 * * * 男子100メートル代表のケンブリッジ飛鳥(23、ドーム)、山縣亮太(24、セイコーHD)、桐生祥秀(20、東洋大)には勢いがあり、初の「9秒台」が期待できます。 実は彼らには「特別ボーナス」があって、日本人で最初に9秒台を出せば、所属先からケンブリッジくんは1億円、 [全文を読む]

<陸上>アジア男子リレーの日中争い、勝利の天秤は日本に傾いている―中国メディア

Record China / 2017年08月14日20時30分

13日に行われた男子4×100メートルリレー決勝で、中国代表は第2走と第3走のバトンリレー中に英国選手との交錯があった影響で4位に終わった。第3走の蘇炳添(スー・ビンティエン)は「バトンを受け取ってから10メートル足らずの場所で、英国の第2走が仲間を応援するために振り上げた手に頭が当たってスピードが落ちた」と語っているが、中国は英国の違反を証明する十分な [全文を読む]

Jリーグで一番速い日本人は?「サニブラウン級のスピードを持つ8選手」

サッカーキング / 2017年06月28日19時25分

24日に行われた第101回日本陸上競技選手権大会・男子100メートル決勝で、18歳のサニブラウン・ハキームが大会タイ記録の10秒05で優勝した。 日本人初の9秒台を期待される桐生祥秀、多田修平、ケンブリッジ飛鳥らを破ったサニブラウン。 人類最速と言われる怪物ウサイン・ボルトが昨今、サッカー界入りするのではないかと伝えられるが、サニブラウンも小3までサッカー [全文を読む]

「一流の中の一流」と一般人のメンタルの差 香川真司が逆境から何度でも甦る理由

東洋経済オンライン / 2017年06月27日10時00分

リオデジャネイロ五輪の4×100メートルリレーでアンカーを務めた彼は、“あの”ウサイン・ボルトとほぼ横並びでバトンを受け取った瞬間にこう思ったという。「勝てば金メダルだ!」たとえば、バドミントン女子日本代表の奥原希望。リオデジャネイロ五輪・シングルスで日本人初のメダリストとなった彼女は、高校時代に思い描いた“理想の自分”を追い続け、ストイックなトレーニング [全文を読む]

中国の蘇炳添10秒09で優勝、桐生・ケンブリッジ・サニブラウンの日本勢3人に1人で対抗=陸上男子100―中国メディア

Record China / 2017年05月15日13時00分

2017年5月14日、中国メディアの宜賓新聞網は、13日に行われた陸上のダイヤモンドリーグ上海大会男子100メートルで、中国の蘇炳添(スー・ビンティエン)が日本勢3人を相手に1人で立ち向かい、10秒09で優勝したと伝えた。 記事は、レースの最大の見どころは「中国と日本の対決だ」とし、日本の桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥、サニブラウン・ハキームが三つのレーンを占 [全文を読む]

<リオ五輪>日本が快挙!男子リレーで銀メダル獲得=中国ネット「日本が2位!?すごいな」「日本の最終走者はハーフだけど…」

Record China / 2016年08月20日12時50分

2016年8月20日、リオデジャネイロ五輪の陸上男子4×100メートルリレー決勝で、日本が銀メダルを獲得。中国ネットユーザーからもさまざまなコメントが寄せられている。 山県亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥という予選と同じメンバーで臨んだ日本は、ジャマイカに次ぐ2位でゴール。予選で記録したアジア記録(37秒68)をさらに更新する37秒60で見事銀メ [全文を読む]

レジェンド室伏広治の引退で群雄割拠に! ゲイが選ぶ「リオ五輪」の推しメンは――

日刊サイゾー / 2016年08月15日21時00分

前者は格上選手を次々撃破する活躍を見せ、後者は陸上100メートルで準決勝進出を果たした。 本来、ゲイに人気なのはラグビー、レスリング、競泳、水球など鍛え抜かれた体を観察できる競技。 念願の金メダルを獲得した体操男子の団体メンバーでは“皇帝”内村航平ではなく「つぶらな瞳がかわいい」との理由で、断然、山室光史が人気だという。 「“ゲイ界のレジェンド”こと男子ハ [全文を読む]

リオ五輪を100倍楽しむ「日本代表」男女“秘”プロフィール(2)女子バレーは木村沙織の調子がカギ

アサ芸プラス / 2016年08月01日05時56分

スポーツライターによれば、「100メートル9秒台に期待のかかる桐生祥秀(20)やケンブリッジ飛鳥(23)も恋人の存在を隠しませんね。そんな現代的な風潮は女子バレーボール界にも押し寄せ、婚活ブームが到来中です。バレー界は全国大会に出場する強豪高校が総じて恋愛禁止で、日本代表になっても結婚との両立は厳しいという見方が一般的でした。ところが荒木絵里香(31)が結 [全文を読む]

100Mリオ出場・山縣亮太 恩師の秘策は“焼き肉と研究DVD”

WEB女性自身 / 2016年07月18日06時00分

前回以上の成績を求められることは、覚悟しています」 そう語るのは、陸上男子100メートル代表の山縣亮太選手(24・セイコーホールディングス)だ。6月25日に行われた日本選手権では、ケンブリッジ飛鳥選手に僅差で敗れて2位だったが、実績、経験は折紙付だ。 「桐生(祥秀)選手など自分よりも年下の選手が増えてくるのは刺激になります。あらためて 負けられない という [全文を読む]

フォーカス