陸上競技 ケンブリッジ飛鳥に関するニュース

『世界陸上ロンドン』開幕! 陸上競技の「好き・嫌い」を調査してみると…

しらべぇ / 2017年08月04日19時00分

陸上競技を「嫌う人」も存在そんな陸上競技だが、「走る」「飛ぶ」「投げる」という身体能力を競うスポーツだけに、得手不得手がはっきりと出てしまうもの。運動全般が苦手な人間にとっては、見ることすら嫌いになってしまうことも。また、野球やサッカーなどと比較すると、単純であるがゆえに「面白くない」という声も存在するようだ。一方で、短距離走のスリリングな展開、長距離走 [全文を読む]

ドームトラッククラブ所属 ケンブリッジ飛鳥(短距離選手)、第100回 日本陸上競技選手権大会決勝戦にて 10”16で男子100m優勝

PR TIMES / 2016年06月26日10時05分

[画像1: http://prtimes.jp/i/3939/123/resize/d3939-123-506272-1.jpg ] 株式会社ドーム(本社:東京都江東区、代表取締役兼CEO:安田秀一)が運営するドームトラッククラブ所属選手であるケンブリッジ飛鳥(短距離選手・23歳)が、2016年6月25日(土)に行われた第100回日本陸上競技選手権大会の男 [全文を読む]

世界陸上でボルトを破るのは「日本チーム」かもしれない

文春オンライン / 2017年08月03日11時00分

プロ野球や大相撲などの担当を歴任し、ロンドン五輪後の12年より陸上競技の担当になる。最初に取材に行った13年の織田幹雄記念国際陸上競技大会で、桐生祥秀の10秒01に遭遇し、陸上競技の魅力に取り付かれる。現在は他に体操競技などの取材にも携わっている。 (宝田 将志 ) [全文を読む]

<陸上>「来年は9秒台」宣言!男子100メートルで韓国記録更新の絶対王者、世界で日本勢と対決へ=ネットからも期待と応援相次ぐ

Record China / 2017年06月27日20時00分

キムは27日、江原道(カンウォンド)の旌善(チョルソン)総合競技場で行われたコリアオープン国際陸上競技大会の男子100メートル決勝で10秒07をマーク、自らが持っていた韓国記録を0.06秒縮めた。25日には同会場で開催されたKBS杯全国陸上競技大会で10秒13を出し、韓国新を更新したばかりだった。 キムは2010年6月の韓国選手権で10秒31をマーク、1 [全文を読む]

前日本記録保持者・伊東浩司が分析する、桐生が9秒台を出せた「本当の要因」

週プレNEWS / 2017年09月14日06時00分

その点では6万人入る競技場でなくとも、2万人収容くらいの競技場が観客でギッシリと埋まる環境を作ることがより重要で、その規模の陸上競技中心の専用競技場を整備することも検討すべきだろう。 2020年の東京五輪のメイン競技場は大会後に陸上競技場にしないというが、それであればサブグランドを仮設ではなく常設にして、五輪後はそこを陸上競技場にする――そんな発想も、こ [全文を読む]

サニブラウン、男子100mを10秒05で優勝「9秒台はそのうち出せれば」

サイクルスタイル / 2017年06月25日12時00分

緊張よりも楽しみが増したサニブラウン・ハキーム(東京陸協)が第101回日本陸上競技選手権大会の男子100m決勝を制した。6月24日、大阪。ヤンマースタジアム長居で大会第2日目が行われた。男子100m決勝の開始30分前には入場者数が1万9500人を超え、多くの陸上競技ファンが今年の100mナンバーワンが決まる瞬間を見届けようと会場に足を運んだ。昨年のリオデジ [全文を読む]

【日本陸上競技連盟】銀メダリスト桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥らが登場する日本選手権プロモーション動画「ナンバーワンしかいらない」RTプレゼントキャンペーンがスタート!

PR TIMES / 2017年06月01日19時09分

[画像1: https://prtimes.jp/i/25141/14/resize/d25141-14-108464-1.jpg ]6月23日(金)に開幕する、陸上競技の日本一を決める第101回日本陸上競技選手権大会。今年は、世界選手権(ロンドン)の代表選考競技会も兼ねており、大阪市のヤンマースタジアム長居で開催されます。25日(日)までの3日間、トラッ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大島優子、大竹しのぶとの「ぎゅぎゅぎゅ」ハグに思わず天を仰ぐ

TechinsightJapan / 2016年09月16日12時20分

ただ、作品を外れると2人とも声をそろえて推すのは男子陸上競技・ケンブリッジ飛鳥選手だという。 大島優子は4月に大竹しのぶの主演ミュージカル『スウィーニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師~』を観劇し「しのぶさんが舞台の上で生きている姿には何回見ても圧倒されます」と感銘を受けていた。それほど敬愛する大女優と女子会トークした上にハグできたのだ。天を仰いだのは涙 [全文を読む]

<リオ五輪>中国選手がリレー銀の日本を称賛!=「個人の実力とバトンパスの技術、どちらも私たちを上回っていた」―中国メディア

Record China / 2016年08月27日13時30分

張培萌は日本での試合に出場した際、地下鉄構内に陸上関連のポスターが貼ってあるのを見て、日本が国を挙げて陸上競技に力を入れていることを感じたという。「日本はケンブリッジ飛鳥選手一人が突出しているわけではない。出場した4人全員が素晴らしく、ほぼ穴がない。山県亮太選手は10秒05のレベルを持っているし、第3走者の桐生祥秀選手は追い風参考ながら9秒87を記録して [全文を読む]

リオ五輪 男子陸上400mリレーは日本史上最強チーム

NEWSポストセブン / 2016年08月05日16時00分

リオデジャネイロ五輪の中で最多種目を誇るのが陸上競技だ。100mやマラソン、走り高跳びなど、男子と女子合わせて47種目もある。しかし、前回のロンドン五輪で、日本が獲得したメダルは、男子ハンマー投げの室伏広治の銅メダルのみだ。 『オリンピックと商業主義』(集英社新書)著者でスポーツライターの小川勝さんは、4人の選手が100mずつ走る男子400mリレーが見どこ [全文を読む]

フォーカス