保険 横浜銀行に関するニュース

プロから住宅購入のノウハウを学ぶ1級建築家&4銀行による住宅購入相談セミナー

@Press / 2017年05月02日16時00分

~このような方に特にオススメです~ ● 住宅のプロの意見が聞きたい ● これから住宅購入活動をしたい ● ライフプラン(人生設計)を作りたい ● 土地探しからしたい ● 住宅ローンを知りたい ● 安く住まいを手に入れたい ● 自分好みの家に住みたい ● 自分にあった適正な住宅ローンを知りたい ● 住宅ローン借り換えを検討したい ● 銀行を何行も回ってロー [全文を読む]

J2の町田がユースのセレクションを開催

ゲキサカ / 2016年06月25日18時52分

■ 参加資格 (1)2016年6月現在、中学3年生でFC町田ゼルビアユースの入団を強く希望する選手 (2)所属チームの代表者(監督)の承諾を得て、捺印をもらっている選手 (3)合格時、必ず入団する選手 ■ 申込方法 指定の書式に必要事項を記入し、FAX(042-708-2723)にて送信 http://www.zelvia.co.jp/wordpress [全文を読む]

マイナス金利で住宅ローンにも影響4銀行が参加する「住まいに関する相談セミナー」6/19(日)横浜セミナールームにて無料開催

@Press / 2016年06月01日15時00分

ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザー・トータルライフコンサルタント(生命保険最上級資格)・終活カウンセラー・相続診断士・選択理論心理学カウンセラーなどの資格を有している。 【第2部】 「これだけは知っておきたい住宅ローンのポイント ~ウスイホームvs銀行~」 ●りそな銀行横須賀住宅ローンセンター ●横浜銀行横須賀住宅ローンセンター ●中央労金 [全文を読む]

【金融業界】金融業界は銀行だけじゃない! 証券、信用金庫、リースなど業界研究の基礎知識

楽天みんなの就職活動日記 / 2015年12月23日12時00分

本来は「金」を「融資」することから金融といわれていましたが、最近では個人や企業にお金を貸すだけでなく、証券や保険、モノを貸出するリースまで含まれます。業界再編によって統合されたり事業領域が重なり合ったり、複雑化しているのが現状です。具体的に金融業界は、さらに次のように分かれます。メガバンクや地方銀行のほか、ネット系も成長している「銀行」 まず、日本銀行法に [全文を読む]

町田が2016年トップチーム選手のセレクションを開催へ

ゲキサカ / 2015年11月29日06時19分

保険証(コピー可)を必ずお持ち下さい。(参加費用にスポーツ保険料が含まれております) ・参加中の怪我等につきましては、応急処置は行いますが、スポーツ保険の適応範囲内での対応とさせていただきます。 ・本人確認証明書を1部お持ち下さい。(免許証、保険証、パスポート、学生証) ・会場に駐車場はございません。公共交通機関をご利用下さい。 ・昼食は各自でご用意下 [全文を読む]

町田がユースのセレクション受講者を募集

ゲキサカ / 2015年11月05日15時07分

3、参加資格 (1)現中学3年生でFC町田ゼルビアユースの入団を強く希望する選手 (2)所属チームの代表者(監督)の承諾を得て、捺印をもらっている選手 (3)合格時、必ず入団する選手 4、申込方法 指定の書式に必要事項を記入し、FAX(042-708-2723)にて送信 申込用紙 5、申込締め切り 2015年11月20日(金) 6、参加費 3,000円( [全文を読む]

町田が2016年度U-13チームのセレクションを開催

ゲキサカ / 2015年08月10日16時27分

7、申し込みおよび振り込み締め切り日 申し込み締め切り日 8月30日(日) 振り込み締め切り日 8月31日(月) 8、留意事項 ・参加費には保険代が含まれておりません。各自にてご加入くださいますようお願い致します。 ・1次セレクション合格者および2次セレクションの日程はHPにて発表。 [全文を読む]

初の全国大会出場の町田ユースがセレクションを開催!

ゲキサカ / 2015年06月25日17時44分

▽参加資格 (1)2015年6月現在、中学3年生でFC町田ゼルビアユースの入団を強く希望する選手 (2)所属チームの代表者(監督)の承諾を得て、捺印をもらっている選手 (3)合格時、必ず入団する選手 ▽申込方法 指定の書式に必要事項を記入し、FAX(042-708-2723)にて送信 申込書:http://www.zelvia.co.jp/wordpre [全文を読む]

地銀再編「中小企業支援をしないなら存在意義はない」と識者

NEWSポストセブン / 2015年04月07日07時00分

「いま地銀の経営状況は取引企業の業績回復により、不良債権の発生に備えた貸倒引当金が不要になっていることや、投資信託・保険の販売手数料収入が好調なことから、おおむね増益になっている。 だが、稼ぎ頭である融資ビジネスは超低金利が続いているために利ザヤの悪化が止まらない。さらに、人口の減少が追い打ちをかけてくれば健全な経営が持続できる保証もなくなる。そこで他行と [全文を読む]

フォーカス