桑田佳祐 小田和正に関するニュース

嵐の櫻井翔もランクイン! 「先生・上司にしたい音楽アーティスト」ベスト20を発表!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年08月19日11時50分

そして3位は、“酸いも甘いも知っていて色々なことを飾らずに教えてもらえそう”、“部下思いで優しそう”という桑田佳祐(サザンオールスターズ)がランクインした。全体的に、“人間として魅力がある”、“尊敬できる”、“親身になってくれそう”など、誰もが抱く、人生の先輩としての理想を投影しているようなコメントが多かった。 また、ちょっと興味深いところでは、5位に坂本 [全文を読む]

「この人から教わりたい!」と思う、先生・上司にしたい音楽アーティストTOP20

Woman Insight / 2014年08月18日16時03分

休み明けの勉強や仕事が待っているかと思うと気が重いですが、こんな先生・上司だったら頑張れそう? 旬のアーティスト情報を取り扱う音楽情報誌『CD&DLでーた』で、10~60代の男女を対象とした、「先生・上司にしたい音楽アーティスト」ランキングが発表されました! 「先生・上司にしたい音楽アーティスト」 総合ランキングTOP20 [有効回答者数/n=1858人] [全文を読む]

【先生・上司にしたい音楽アーティスト】発表。「この人から学びたい!」と思う音楽アーティストは?

PR TIMES / 2014年08月18日11時04分

(調査期間:2014年7月14日~7月15日)●「先生・上司にしたい音楽アーティスト」 総合ランキングTOP20設問:あなたの「先生・上司にしたい音楽アーティスト」と、その理由を教えてください有効回答者数 n=1858人順位:アーティスト名1位:福山雅治2位:武田鉄矢3位:桑田佳祐(サザンオールスターズ)4位:小田和正5位:坂本龍一6位:稲葉浩志(B'z) [全文を読む]

音楽ライブ情報サービス「LiveFans」が2016年 上半期観客動員ランキングを発表!

PR TIMES / 2016年07月13日09時46分

これまで日本人男性ソロアーティストで5大ドームツアーを行ったのは桑田佳祐、小田和正、福山雅治の3人のみでしたが、ATSUSHIが史上4人目となり、ソロデビューから4年8ヶ月での5大ドームツアー開催は、日本人ソロアーティストとしては、最速記録となりました。メーカー別ライブ動員シェアでは、エイベックス・ミュージック・クリエイティヴが2015年 年間ランキングに [全文を読む]

BS-TBS『Sound Inn “S”』

PR TIMES / 2016年06月16日16時22分

小田和正、山下達郎、竹内まりや、桑田佳祐、福山雅治など、数多くのアーティストのレコーディングやツアーなどの創作活動で起用される、日本屈指のギタリストである。1曲目は、TRICERATOPS自ら、佐橋テイストを盛り込んでほしいとセレクトした、「ロケットに乗って」。初めてのストリングスアレンジに、「3人に戻れなくなるかもしれないくらいに新鮮で素晴らしい!」と感 [全文を読む]

EXILE ATSUSHI「全てをこのステージに捧げたい」来年春に初のソロドームツアー開催を発表!

Entame Plex / 2015年12月05日11時23分

これまでに、日本人ソロアーティストとして5大ドームツアーを行ったのは、桑田佳祐(2002年)、MISIA(2004年)、小田和正(2011年)、安室奈美恵(2012年)、福山雅治(2014年)の5名のみで、史上6人目の快挙(日本人男性ソロアーティストとしては史上4人目)。また、ソロデビューから4年8ヶ月での5大ドームツアーは、日本人ソロアーティストとしては [全文を読む]

EXILE ATSUSHI、THE SECOND、GENERATIONSが単独ツアー開催を発表

okmusic UP's / 2015年12月05日06時00分

過去に日本人ソロアーティストとして5大ドームツアーを開催したのは、桑田佳祐、MISIA、小田和正、安室奈美恵、福山雅治の5名のみで、史上6人目の快挙となり、ATSUSHIは日本人男性ソロアーティストとしては史上4人目となる。ソロデビューから4年8ヶ月での5大ドームツアーは、日本人ソロアーティストとしては史上最速の快挙だ。 また、2012年にEXILEの橘 [全文を読む]

「今年はいつになくショボイ」NHK『紅白』、美輪明宏が隠し玉に選ばれた理由

サイゾーウーマン / 2012年12月05日13時00分

「彼らは長年オファーを断り続けているアーティストですが、今回逆にOKが出たのは吉川晃司と布袋寅泰のユニット・COMPLEX、そして桑田佳祐の2組となっています。また、テレビ露出がほとんどないMISIAも確定しているようですが、いずれも話題性としてはイマイチ。矢沢永吉やレディー・ガガのような『まさか!』と言わせるようなゲストは、誰一人引っ張ってこられなかっ [全文を読む]

フォーカス