意味 校閲ガールに関するニュース

データで判明!?新垣結衣vs石原さとみのドラマ対決、本当の勝者は石原だった!

アサジョ / 2016年12月07日18時15分

その意味で『逃げ恥』は音楽ファンから絶大な人気を誇る星野源の起用が、この大ヒットに繋がっていると言えるでしょう。一方で『校閲ガール』は若い女子から絶大な支持を受ける菅田将暉を起用しているものの、数字にはいまいち繋がっていないようですね」 この証言はネットでの検索回数からも明らかだ。新垣、石原、星野、菅田の4人で比較した場合、最も検索される頻度が高いのはなん [全文を読む]

【最終回間近】ドラマ『地味スゴ』を、活字ヲクな「リアル校閲ガール」がぶった切り!

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月29日18時37分

*「オクウ(ヲク)」の意味についてはこちらから2016年秋ドラマも佳境ですが、中でも好調な視聴率をキープし続けてきたのが、石原さとみ主演の『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日テレ系)。“校閲者”という、決して華やかではない職業がテーマでありながら、恋愛要素も程よく取り入れ、コミカルなタッチで描いているこのドラマ。毎回、石原さとみ演じる河野悦子の派手で [全文を読む]

超ポジティブな石原さとみに癒し系の新垣結衣、日本の秋ドラマは見所満載―中国紙

Record China / 2016年11月13日21時40分

他人は「がんばれ」というだけで、本当の意味で気遣ってくれる人がいない時にこのドラマを見ると、本当に癒される。「逃げるは恥だが役に立つ」というのは本当なのだ。同ドラマでは、星野源演じる津崎平匡の「後ろ向きな選択だっていいじゃないか。 恥ずかしい逃げ方だったとしても、生き抜くことの方が大切」という名セリフがある。実際にはこのドラマは典型的な「癒し系」路線なのだ [全文を読む]

スカーフの「ヘアアレンジ」が地味にスゴイ!【大人の三つ編み・ポニーテル】

Woman Insight / 2017年09月20日11時30分

タックとは「入れ込む」という意味で、毛先を髪の中に入れ込んでいることからきているそう。 撮影:池田隼人、ヘア&メイク/深瀬介志(sui)、モデル:伊藤弥鈴 ヘアアレンジ上級者向けで難しすぎる?と思うかもしれませんが、スカーフを使えば、意外と簡単に作ることができるんです。 用意するのは、スカーフ、アメピン、26mmアイロン。前髪が長い人はセンター分けにし、髪 [全文を読む]

『真田丸』は壮大なラブストーリーだ! 結末を知りながらも見守りたい、三谷脚本の凄さ

リアルサウンド / 2016年12月10日06時10分

一見すると、『真田丸』と他の二作はまったくの別ジャンルに思えるが、広い意味ではどれも非常に優れたラブストーリーだからではないかと考えている。 ラブストーリーは、基本的にカップルが「別れるまで」か「付き合うまで」を描く。そして、面白いドラマであればあるほど、カップルの関係性の変化に意外性がある。別れそうにない2人が別れ、付き合いそうにない2人が付き合うのだ。 [全文を読む]

本田翼のキスシーンはなぜグッとくるのか? 『校閲ガール』“唇を奪う女”の魅力

リアルサウンド / 2016年11月02日06時10分

そういう意味では、映画『起終点駅 ターミナル』(15年)で佐藤浩市と演じた30歳差のプラトニックラブのように、どこか幸薄い雰囲気の中に情緒を忍ばせる方が、彼女の素朴な演技を引き立てていたのではないだろうか。 [全文を読む]

地味というより本当にスゴイ!校閲さんの実際のお仕事

NEWSポストセブン / 2016年10月16日16時00分

日本語として間違いでは無いし、意味も通るのだが同じ言葉が出てくるのは読んでいてクドい。そこで校閲さんが「神田憲行」のところに鉛筆で丸く囲い「彼orライター?」と指摘してくるのである。「彼」か「ライター」という言葉に置き換えませんか?という意味である。またデータを一から調べ直してくれる方もいる。「特に舌を巻いたのが、200社以上の上場企業の決算特集をやったと [全文を読む]

本田翼と「初々しいキス」!くりぃむ有田に男性視聴者に全面嫉妬した夜

アサ芸プラス / 2017年09月20日09時59分

強引に本田からキス、という意味では昨年放送のドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)での菅田将暉とのキスシーンも思い出されますが、あちらは大人な感じのキス。今回のキスはまるで中学生のファーストキスを見ているような不器用なキス。それでも、キスはキス。本田からベッドに来るよう指示されるなんてうらやましい以外の感情はありませんよね。それにキス [全文を読む]

菅田、綾野ほか、私服が“残念”なイケメンたち

日刊大衆 / 2017年06月26日19時05分

松坂桃李(28)の私服ファッションは、別の意味で“ぶっ飛んでいる”と話題に。2015年1月の『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)にゲスト出演した松坂。友人との忘年会に「上下フリース」というラフすぎる格好で参加し、「せめてジャケットくらい羽織ってこいよ」と怒られたというエピソードを明かしていた。さらに週刊誌のインタビューで、カバンの代わりに「コンビニのビニ [全文を読む]

『母になる』沢尻エリカ、圧巻のジェットコースター演技でズバ抜けた才能見せつける

Business Journal / 2017年04月26日20時00分

一方、『母になる』は「子どもの誘拐がきっかけとなる母子の物語」という点は同じだが、ヒロインは子どもを誘拐された女性であり、その意味では2作の“アナザーサイド・ストーリー”と見るほうが自然だろう。 しかし、ヒロインが「奪うほう」から「奪われるほう」に変わっても、母性や母子の距離感を描こうとしている点は変わらない。再会した広に向ける結衣の一挙手一投足は母性に満 [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

その意味で、同じく医療ドラマの初回にキムタクに失敗させた橋部敦子サンの脚本は見事だったし、それを受け入れたキムタクも素晴らしかった。 僕は、キムタクドラマが成功する鍵は、何より彼の立ち位置にあると思ってる。要は、スーパーマンとしてセンターに君臨するよりは、ちょっと屈折していて、脇にいる方が似合うということ。そして派手なオモテ舞台を嫌い、職人に徹する。例えば [全文を読む]

ドラマ『東京タラレバ娘』初回の視聴率は13.8%! 見逃しタラ『Hulu』で観レバOK

ガジェット通信 / 2017年01月19日13時45分

ちなみに、以前は ・NHK紅白、司会が放送事故レベルに下手で異常な空気…意味不明なジャニーズづくしに批判も ・『ドクターX』、放送事故レベルの現実離れだらけで批判殺到…「医師をバカにしている」 ・石原さとみ『校閲ガール』、放送事故レベルの現実乖離に批判殺到「校閲をナメるな」 といったようなタイトル記事も掲載されている。 初回を見逃したという方、『Hulu』 [全文を読む]

働くアラサーの頭の中を図解してみた。恋愛と仕事のカンケイは?

ウートピ / 2017年01月13日14時30分

でも、最近は“誰かのため”という要素がないと、頑張る意味を見いだせなくなって。大切な、この人のために頑張ろうと思えた時、自分が大人としてちょっと成長できたなって感じました」自分のためだけにがむしゃらに頑張れるのは、20代まで。30歳を過ぎると、だんだん「自分のためだけ」では行き詰まるようになるもの。ウートピ世代として、とても共感できるMさんの回答でした。恋 [全文を読む]

「芸術的な腰回り」吉木りさ、最新DVDに予約殺到で根強い人気証明

メンズサイゾー / 2017年01月02日17時00分

同作は吉木の大好きなハワイで撮影され、彼女自身が現地語で「愛しい」を意味する「milimili」を入れたタイトルを命名。「今までになかった奔放で大胆な姿」が披露されると予告され、セクシーなジャケット写真に「可愛すぎる」と絶賛が巻き起こっている。 だが、吉木は昨年話題となったドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)などに出演した俳優・和 [全文を読む]

石原さとみは失恋きっかけ!? 女優たちのデビュー秘話

日刊大衆 / 2016年12月28日20時00分

夢の字は“凰”だったが、人名用漢字でなかったため、漢字の形も意味も似ている、鳳凰の“鳳”の字を使って“太鳳=たお”と、名づけられた。自分の名前の由来となった、“鳳凰=フェニックス”に運命的なものを感じて、オーディションに参加しようと思ったという土屋。もし名前が違っていたら、女優にはなっていなかったかもしれない。 どんなスターにもデビューのきっかけがある。調 [全文を読む]

石原さとみ系 vs 中村アン系、本当に男ウケがいいのは?

closet / 2016年11月27日22時30分

だから美人で自立している女性が理想です」(24歳・芸能関係) 「電話とか意味もなくかけない子がいいですね。中村アンってサバサバしてそうなので、そういう子に逆に引っ張って欲しいと思います」(28歳・広告関係) 美人系女性を選ぶ男の本音には、「+自立していて束縛しない」「+連絡頻度が多くない」など、自由を求める男性が多く選ぶということが浮き彫りになりました。 [全文を読む]

「校閲」とは一味違う 困惑とトホホ笑い渦巻く伝説の「校正」

しらべぇ / 2016年11月23日12時00分

しかも写真はカラーなのに、マンガはモノクロだし、意味わかんない。「みんなが北海道に行きたくなるように、してください」北海道の旅行パンフレットに書き込まれた、写真への指定。いや、それ、そういう写真を撮影して、入稿してくれないと...。指示を書いてほしいんであって、願望を書かれても...困る。ここまでくると、手も足も出ない。ただなんとなく、探り探り「こんな感じ [全文を読む]

石原さとみ「30歳電撃婚も?」“多難愛”の行方

日刊大衆 / 2016年11月20日11時00分

女性にとって大きな意味を持つ節目の年齢を迎えることから、2人の“電撃結婚”も噂されはじめています」(ワイドショー関係者) 山下は、所属タレントの結婚がなかなか許されないことで知られる、ジャニーズ事務所所属の人気者。そう簡単にゴールインが果たせる相手ではないはずだが、「山下は、SMAPの解散独立騒動で退社した、同グループのチーフマネージャーだった、I女史が目 [全文を読む]

『逃げ恥』新垣結衣 古田新太も驚く意外な才能を披露

しらべぇ / 2016年10月24日17時30分

視聴率だけでなく、注目度という意味でも、石原・新垣のふたりが競っている状況だ。ちなみに、しらべぇが行なった「2016年冬クール出演女優の中で好きな女優ランキング」の事前調査でも、彼女たちはワンツーフィニッシュ。好感度と実際の人気が、見事にリンクした形となった。それぞれ、楽しみ方がまた違った作品なだけに、今後ぜひとも注目して観ておきたい。・合わせて読みたい⇒ [全文を読む]

本田翼、女優としてのイメージに変化? 映画『少女』で見せた新しい顔

リアルサウンド / 2016年10月13日06時10分

過去にリアルサウンド映画部では、月9ドラマ『恋仲』と、昨年の秋に公開された映画『起終点駅 ターミナル』の際に、彼女を(良い意味での)「空洞」であり、演出家の腕で化けるタイプの女優であると評してきた。今回の『少女』では、三島有紀子にまんまと化かされ、これまで彼女が見せてきたイメージを封印した冷徹な表情を見せるのだ。 [全文を読む]

フォーカス