高島彩 秋元優里に関するニュース

いろんな意味で一番輝いたのは?「週プレ女子アナアワード2012」

週プレNEWS / 2012年12月31日17時00分

先にフリーに転向した高島彩アナ、滝川クリステルアナよりも親しみやすさがあるので、今後需要が高まっていく可能性は高いです」(CMディレクター) というわけで、フリーアナ部門賞はナカミーに決定! ■ブラとショーツの値段をバラされたカトパン 続いて、本番中に思わずイッちゃった「NG発言部門」の発表です! 早速ノミネート発言を見ていこう。 テレビ東京の大橋未歩アナ [全文を読む]

「女子アナ最強の玉の輿は?」華やかな結婚相手を選ぶ者が多いフジテレビ

アサジョ / 2015年10月30日09時59分

近年では高島彩(ゆず・北川悠仁)、中村仁美(さまぁ~ず・大竹一樹)、松尾翠(騎手・福永祐一)、本田朋子(バスケット・五十嵐圭)、大島由香里(フィギュア・小塚崇彦)など、夫が有名人と結婚するケースが多いフジ。さかのぼっても見ても、河野景子、中井美穂、木佐彩子、荒瀬詩織など枚挙に暇がないほどだ。 藤村さおりは夫が弁護士・公認会計士の小林正憲氏、中野美奈子は整形 [全文を読む]

二世アナウンサー大好きのフジテレビ 果たしてその狙いは?

NEWSポストセブン / 2015年08月08日07時00分

なのにフジテレビがなぜ二世アナにこだわるのかといったら、それは高島彩アナの大成功があったからに他ならない。彼女は『食いしん坊バンザイ』の2代目・食いしん坊で、俳優の竜崎勝さん(故人)の長女。 [全文を読む]

フジ期待の松村未央、陣内との交際で狂った女子アナ人生…報道でもバラエティでも使えず

Business Journal / 2015年01月16日23時00分

そこで、高島彩の入社した01年から06年まで、フジテレビに採用された16人の女子アナをみてみると、独身は高橋真麻や斉藤舞子、森本さやかの3人。残りの13人は結婚していますが、彼女たちの平均結婚年齢は29.8歳。ほとんどが29歳か30歳で結婚しています。そして全16人のうち、9人はその後退社しています。フジに残った7人のうち地上波で目立っているのは、『とくダ [全文を読む]

新婚・生野陽子アナに立ちはだかる2つの壁

messy / 2014年09月29日18時00分

というのも生野は、2010年10月に高島彩の後任として『めざまし』メインMCに就任したが、原稿読みのスキルが一向に上達しないままだった。『めざまし』起用当初は、原稿を6本読まなければならないシーンでまごまごしていたために5本でタイムアウトとなってしまい、「生野に原稿を読ませるな」と報道局からクレームが入ったこともあるという。報道局では「生野よりカトパン(加 [全文を読む]

フジ女子アナ事情 カトパン株上昇で生野陽子の存在感希薄に

NEWSポストセブン / 2014年03月24日07時00分

カトパンは1990年代以降、フジで最大派閥を形成した『めざましテレビ』の高島彩アナ(35)、中野美奈子アナ(34)の「めざましツートップ」から派閥を継承した。『ノンストップ!』の山崎夕貴アナ(26)、“ミタパン”こと三田友梨佳アナ(26)が直系に当たる。 「アナウンス能力の高さもさることながら、どんな番組でも全力投球するのがカトパン流。一方で先輩社員や共演 [全文を読む]

元フジテレビアナの平井理央のテレビ初レギュラーが短命に終わりそうなワケ

アサ芸プラス / 2014年01月15日09時59分

予算があれば、株式を持つフォニックス所属の高島彩ら実績のあるアナに回ってしまう。平井はフジ入社2年目でスポーツニュース番組の『すぽると!』のキャスターに抜擢されたため女性にはなじみがない。雑誌の連載や唯一のCMも男性向けで、同年代の女性にまったくアピールできていない。これでは潜在視聴率も高くないわけで、あえて使う理由もないでしょう」(芸能ライター) せっか [全文を読む]

止まらないフジの女子アナ流出 待遇の悪さがオトコ漁りを助長!?

メンズサイゾー / 2013年08月04日14時00分

2011年にフリーに転身した元フジの高島彩は人気番組のMCやCM出演で稼ぎまくり、推定年収2億円以上といわれる高給取りに。09年にフジとの専属契約を解除した滝川クリステルも、推定年収1億4千万円とフトコロ具合は好調だ。今年3月にフジを退社した高橋真麻も父親の高橋英樹と共にバラエティーに出まくっており、社員時代の数倍の年収になるとみられている。 フリーになっ [全文を読む]

高島彩、中野美奈子ら退社 人材豊富と言われたフジTVの嘆き

NEWSポストセブン / 2012年11月19日07時00分

もちろん、高島彩(33)や中野美奈子(32)が退社して相対的に評価が上がった面はありますが、このご時世は何でもできるのが強い」(フジテレビ報道局関係者) 制作費削減の流れの中でこうした“万能選手”が重宝される一方、評価を落とす者もいる。9月いっぱいでフジの平日夜の報道番組『ニュースJAPAN』を降板した秋元優里アナ(29)がその一人だ。 「報道番組も制作費 [全文を読む]

TBS 青木裕子・田中みな実の影響あり採用試験にKY学生増加

NEWSポストセブン / 2012年09月29日07時00分

いい人材を集めなきゃ復活はないのに、先が思いやられる」(今年度の採用に関わった社員) ※週刊ポスト2012年10月5日号 【関連ニュース】女子アナ採用更に狭き門に 正社員採用よりフリーに頼る風潮TBS田中みな実のすっぴん絶賛されるも お局「調子のるな」 TBS青木裕子と出水麻衣 スキャンダル対応で人気に差が出た高島彩が11位 女子アナ潜在視聴率トップ20を [全文を読む]

フォーカス