真実 明智光秀に関するニュース

本能寺の変の真実に迫れ! 37万部のベストセラー歴史書とソーシャル・シミュレーションゲームがコラボ!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月06日15時00分

歴史書としては異例の37万部のベストセラーを記録した、歴史捜査ドキュメント『本能寺の変 431年目の真実』。「本能寺の変でなぜ明智光秀は織田信長を討ったのか」「背後に隠された驚くべき状況と、すべてを操る男の存在とは!?」など、新事実をもとに日本史最大のクーデターの真実に迫る同書と、ソーシャル・シミュレーションゲーム「100万人の信長の野望」とのコラボレーシ [全文を読む]

子孫が語る“本能寺の変”の真実とは? 明智憲三郎がトーク&サイン会開催

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月07日17時30分

2009年、会社勤めの中で書き上げた『本能寺の変 四二七年目の真実』を始め、最新刊『「本能寺の変」は変だ! 明智光秀の子孫による歴史捜査授業』などの著作を持つ明智憲三郎のトーク&サイン会が、「枚方蔦屋書店」で2016年9月9日(金)に開催される。 明智光秀の子、於寉丸(おづるまる)の子孫という伝承を持つ明智憲三郎。2013年に発売された『本能寺の変431年 [全文を読む]

“明智光秀”子孫が語る「本能寺の変」(1)信長による家康討ちが発端

アサ芸プラス / 2014年09月24日09時56分

同時に『じゃ、何だったの?』という思いが募り、真実が知りたくて研究者の本をことごとく読みあさりました。ところが、読めども読めども納得がいかなかったんですよね」 そう語るのは明智光秀の子・於寉丸〈おづるまる〉の子孫で、「本能寺の変431年目の真実」(文芸社)の著者である明智憲三郎氏だ。明智氏は、大手電機メーカーに就職し、情報システム分野のエンジニアとして一貫 [全文を読む]

明智光秀の子孫が明かす「本能寺の変」の真実! 最新刊発行を記念して講演会&サイン会開催決定

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月10日06時30分

「ハゲだから謀反って変だ!」「歴史の流れ無視って変だ!」「信長の油断って変だ!」など、驚愕の真実に迫った同書では、重版に次ぐ重版を重ねた異例の40万部突破の大ヒット作『本能寺の変 431年目の真実』よりも、さらに解りやすく「本能寺の変」の真実を解説している。 「秀吉がねつ造し、軍記物に汚染された戦国史を、今一度洗濯いたし申し候」と語る著者の講演会に参加し [全文を読む]

織田信長を殺したのは、明智光秀ではなかった?黒幕は宣教師?新説・本能寺の変

Business Journal / 2015年07月03日06時00分

立花京子氏は『信長と十字架―「天下布武」の真実を追う』(集英社)で、「信長は南蛮勢力(スペイン・ポルトガル)の指示にもとづき、国内の統一を推進していた。にもかかわらず、イエズス会の宣教師は、信長の存在を危険視し、光秀に対して信長襲撃を命令した」という衝撃的な説を提唱した。ある意味では、八切説の進化系に分類はできるのだが、数多くの文献を駆使しながら論旨を展 [全文を読む]

林修先生が解説。知られざる「本能寺の変」の“真実”とは!?

@Press / 2015年06月03日14時30分

放送日が“裏切りの日”であることにちなみ、「本能寺の変」の真実について熱弁をふるった。 「本能寺の変」といえば、織田信長が家臣である明智光秀の“裏切り”に遭い、本能寺を急襲された後、最終的に自害をしたという有名な歴史的事件。誰もが知るこの事件の真相について、林氏は「当時は裏切ったり、裏切られたりは日常茶飯事だった」と解説しながらも、明智光秀の子孫にあたる明 [全文を読む]

信長はなぜ?「本能寺の変」の真実を明智光秀の子孫が解き明かした

リテラ / 2014年12月22日13時06分

それが『本能寺の変 431年目の真実』(文芸社)。「本能寺の変」をテーマにした書籍が数多あるなか、25万部を突破するほどの異例のヒットとなっている。なぜ、これほどに話題を集めているのか。それは、作者が「本能寺の変」を起こした張本人、明智光秀の子孫であるからだ。 光秀の末裔であり本書の著者である明智憲三郎氏は、歴史学者でもなければ、学術畑でもない。なんと本職 [全文を読む]

会員数1,500万人を突破した大人気恋愛ゲーム「イケメンシリーズ」『イケメン戦国◆時をかける恋』、個室居酒屋「戦国武勇伝」とのコラボレーションフェアを開催

PR TIMES / 2016年05月20日16時36分

<コラボレーションメニュー(全16種)>●ドリンクキャラクター メニュー 価格織田信長 魔王の恋は炎のごとく 820円伊達政宗 三日月輝く夜のいざない 780円真田幸村 想いを貫く真摯な槍 780円徳川家康 天邪鬼の恋初め(こいそめ) 830円豊臣秀吉 忠臣の心を彩るはまだ見ぬ恋 750円明智光秀 偽りに潜む甘い真実 820円石田光成 天使の微笑み 算術で [全文を読む]

本能寺の変の裏に衝撃の真実が!「謎だらけの」豊臣秀吉、なぜ天下を獲れた?

Business Journal / 2015年09月04日06時00分

ほかの者に信長様の仇を討たれてしまっては、あの世で信長様にお会いした時、兄上はなんと申し開きをなさるおつもりですか」 [全文を読む]

東山紀之が新春時代劇で織田信長に「運命と思った」

Smartザテレビジョン / 2015年08月21日08時12分

天下統一を志した織田信長の野望の真実に迫る歴史大作だ。 これまでも「必殺仕事人」シリーズ('07年ほかテレビ朝日系)や「大岡越前」シリーズ('13年ほかNHK BSプレミアム)で時代劇に出演してきた東山だが、織田信長役は初。 信長は「天下布武」を掲げ、破竹の勢いで天下統一を狙う類まれなる器の戦国武将で、世の中の全ての権威を打破し、権威の象徴であった朝廷の上 [全文を読む]

明智光秀の子孫が新解明する「間違いだらけの織田信長」

アサ芸プラス / 2015年08月13日17時55分

「戦国武将の逸話には、創作である軍記物の記述に引きずられ、それが定説となってしまうことが多い」──そう語るのは戦国武将・明智光秀の子孫で、先頃「織田信長 四三三年目の真実 信長脳を歴史捜査せよ!」(幻冬舎)を上梓した明智憲三郎氏。実は光秀の主君・織田信長にまつわる定説は、間違いだらけなのだという。独自に解明した信長の「真の姿」を明かしてもらった。 信長とい [全文を読む]

信長、家康、光秀の「歴史」は、すべて秀吉の捏造だった!嘘だらけの「本能寺の変」

Business Journal / 2015年05月14日06時00分

明智光秀の子孫が書いた『本能寺の変431年目の真実』(文芸社文庫)が、発売から1年4カ月が経過してもなお売れ続け、27万部を突破する驚異的な売れ行きを見せている。 著者は明智憲三郎氏。もともとは三菱電機のシステムエンジニアで、いわゆるプロの学者ではないが、先祖の名誉回復を願う子孫が感情論で書いた本ではなく、国内のみならず海外も含めた膨大な数の文献に当たり、 [全文を読む]

明智光秀の末裔が主張「本能寺の変の標的は家康のはずだった」

WEB女性自身 / 2014年08月01日10時00分

2人が事前に談合していることは複数の資料から読み解くことができます」 大河ドラマや教科書ではわからない、真実はここにあるのかもしれない。 (週刊FLASH8月12日号) [全文を読む]

【イベントレポート】NHK大河ドラマ『黒田官兵衛』の時代考証の舞台裏に参加者、大興奮!!

PR TIMES / 2014年07月08日18時59分

■豊富なビジュアルと多角的な分析で歴史の真実に迫る「歴史群像シリーズ」 「歴史群像シリーズ」は、豊富なビジュアルと多角的な分析で歴史の真実に迫るムックシリーズで、豊富な"歴史群像"関連コンテンツの中でも、おもに歴史上の人物に焦点を当てた展開で人気を博しています。 ■気軽に楽しめる電子書籍“マイクロコンテンツ” 価格や分量(文字数)がコンパクトに抑えられた [全文を読む]

神山智洋が「信長燃ゆ」出演!現場レポ&コメント全文

Smartザテレビジョン / 2015年12月05日12時00分

坊丸が口を開き、本能寺の変の真実が語られる。35年後の坊丸は内藤剛志が演じる。神山の起用について山鹿達也プロデューサーは「森蘭丸は、東山さん演じる信長とバランスが合い、美少年というイメージから中島さんに。同様に、蘭丸の弟・坊丸には、中島さんとのバランスを考え、神山智洋さんにお願いしました」とコメント。また、「二人とも度胸があり、ベテランの重光(亨彦)監督や [全文を読む]

「命の授業」が話題…ゴルゴ松本が漢字にハマったきっかけ

WEB女性自身 / 2015年06月10日11時00分

そんな敗者の歴史、裏の歴史にこそ真実があるのではと思い、調べ始めました」 もともと調べることが好きだった彼は『古事記』や、『日本書紀』などを読みあさり、歴史の勉強にハマっていった。その結果、漢字の成り立ちである象形文字に行きついた。「どんな意図があり、何を残そうとしてこの文字を作り出したのかという目線で、漢字と対峙するようになったんです。僕の漢字の話は、歴 [全文を読む]

戦国武将ロマン『英傑の日本史』が カドカワ・ミニッツブックに登場

PR TIMES / 2013年10月10日09時38分

戦国武将の知られざる真実をビジネス視点で解説『英傑の日本史』は、歴史小説家の井沢元彦が、独自の現代的な視点と従来の歴史の常識の裏に隠されていた事実を組み合わせて、日本史上で活躍した英雄や著名人の新たな人物像を描き出すシリーズです。カドカワ・ミニッツブックで最初に配信される『英傑の日本史 激闘織田軍団編 前田利家』では、TVドラマ「利家とまつ」でも知られる前 [全文を読む]

フォーカス