子供 明智光秀に関するニュース

光は明智光秀、森山蘭は森蘭丸…「奪い愛、冬」最終回で名前の謎が全て解けた!

アサ芸プラス / 2017年03月07日17時59分

その2人の間に生まれた子供を見守る康太の姿は、織田信長の息子・信雄を取り立てた徳川家康に重なる。ただ蘭こと森蘭丸は、信長と共に本能寺の変で打ち取られたはずだが‥‥。「脚の怪我で歩くのも不自由だったはずの蘭ですが、最終回では実は無傷だったことがバレます。ここで彼女はヒザのプロテクターを投げ捨ててドタバタと走り出し、それが『蘭が走る(ラン)』という伏線だったと [全文を読む]

東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

今から考えると恥ずかしいのですが、子供の頃の私は学校の授業で、歴史科目が大嫌いでした。ある時、歴史好きの父に「日本史や世界史なんか勉強してなんになるの」と、言ったことがあります。すると父に「それはお前がわかってないだけだよ。多くの先人たちから学ぶべきことはたくさんあるんだぞ」と諭すように返されたのです。 そんな私が、司馬遼太郎さんの作品に出会ったのは、十 [全文を読む]

2日目「さくら学院祭☆2014」レポ|中3最後の学園祭に涙、涙

エンタメNEXT / 2014年10月29日07時00分

三吉の「先輩がアナタみたいな子供、相手にするわけないでしょ?」という厳しい台詞に勝てるか? 森先生は「三吉なんて目じゃないでしょ、松井(愛莉)ですよ。ドラマで接吻してるからアイツは」と笑わせ、「あのシャイだった松井が。皆さんにも出来るはずです、松井って聞くと超えられそうな気がするでしょ?」と、生徒たちをリラックスさせようとするが果たして? トップバッターは [全文を読む]

【桃の節句】3つの町にだけ残る風習「つるし雛」をご存じですか?

Woman Insight / 2014年02月06日20時00分

「傘福」は、地域の女性たちが子供の健康を願ってつくり、神社仏閣へ奉納していたもの。現在も昭和50年代の傘福が奉納されている海向寺(かいこうじ)の方によると、「本来の傘福は、個人の家に飾るものではなく、女性たちが力を合わせてつくり奉納するものです。祈りを込めると同時に、手仕事に集中することで心が穏やかになり、隣人同士のコミュニケーションにもなる。とてもいい [全文を読む]

ココが正念場? 天王山? 「勝負所を表す言葉」をうまく使い分けたい

しらべぇ / 2017年05月14日21時00分

■頑張ると言えば…このコラムは、子供の頃から芸能の世界で台本や台詞に触れ続け、今なお脚本家やライターとして「言葉」と向かい合っている筆者の視点から、様々な「言葉の成り立ち」について好き勝手に調べる「妄想的」な語源しらべぇです。さて、正念場、天王山、関ヶ原、瀬戸際、どれも人生における「勝負所」を表す言葉です。それぞれどんな違いがあるのでしょう? 4つを使い分 [全文を読む]

エグスプロージョン「本能寺の変」完成させた飲み会トーク

WEB女性自身 / 2015年10月02日06時00分

そのとき手ごたえを感じました」(まちゃあき) 昭和史が好きだという相方のおはらよしお(33)が、子供のころに抱いていた夢も作品作りにつながっている。「中1のころから夢は教師になること。ところが高3のときダンスの専門学校に行きたくなってしまった」(おはら) 最近は地方への営業で、1週間帰宅できないこともあった。「ずっと変わらなかった給料が『うれしいな』と思え [全文を読む]

エグスプロージョン「本能寺の変」完成させた飲み会トーク

WEB女性自身 / 2015年10月02日06時00分

そのとき手ごたえを感じました」(まちゃあき) 昭和史が好きだという相方のおはらよしお(33)が、子供のころに抱いていた夢も作品作りにつながっている。「中1のころから夢は教師になること。ところが高3のときダンスの専門学校に行きたくなってしまった」(おはら) 最近は地方への営業で、1週間帰宅できないこともあった。「ずっと変わらなかった給料が『うれしいな』と思え [全文を読む]

もはや爽快!あの男の「恥知らず」処世術!織田信長を裏切り→逃亡→秀吉の家臣…

Business Journal / 2015年09月16日06時00分

私の親戚には軍人が多かったため、子供の頃、お盆やお正月に親戚が集まると、よく戦争中の話を聞かされました。 駆逐艦に乗っていた元海軍の叔父がいたのですが、こんな話を聞いたことがあります。「艦船に乗っている時は、なんだかこっちがやられてばっかりのような気がすんねんなぁ。近くに水柱が上がる、被弾する、火が出る、消火する、負傷者を運ぶ、持ち場に戻ってまた撃つ……。 [全文を読む]

“残虐”織田信長、実は優しいフェミニストだった!女性に優しく、貧しい民衆を保護

Business Journal / 2015年07月26日17時00分

信長は何人かの女性と関係して子供どもをもうけている。中条という侍女との間には乙殿(おつどの)という男子をもうけ、原田(塙)直政の妹に信正を産ませている。 信長が一番愛したのは、帰蝶と離別する前から関係があった吉野(きつの・吉乃)である。吉野は、土豪で商人の生駒家長の妹であった。生駒家には、蜂須賀小六や前野長康ら木曽川沿いの野武士たちが出入りしており、秀吉 [全文を読む]

戦国武将・織田信長の絶倫の源は玉ねぎだった!?

アサ芸プラス / 2014年08月04日09時59分

濃姫をはじめとする10指に余る妻・側室を持ち、22人の子供をもうけたうえ、森蘭丸に代表されるように小姓との男色も好んだとも言われているがそうした力を支えていたのが、彼の食事だったというのだ。“三河の田舎者”と自ら語っていた彼の食事は塩分の多い“粗食”だったと伝わっているが、好奇心が強く新しいものを好んだようだ。そのひとつが玉ねぎ。 内科医で医食研究科でも [全文を読む]

フォーカス