謀反 明智光秀に関するニュース

【エンタがビタミン♪】SMAP強し! 『27時間テレビ』の高視聴率に『軍師官兵衛』で明智光秀役・小朝も観念。

TechinsightJapan / 2014年07月29日12時30分

岡田准一(V6)が主演するNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』は明智光秀の謀反で織田信長が討たれた第28回「本能寺の変」が7月13日に放送され、ビデオリサーチによる関東地区データで視聴率を17.5%と前回より大きく上げた。さらに、7月20日放送の第29回「天下の秘策」では、黒田官兵衛(岡田准一)が羽柴秀吉(竹中直人)を説得、いち早く京に上り光秀を討つべく対戦し [全文を読む]

日本一ひどい悪人に選ばれた「明智光秀」 裏切り者と呼ぶのは「名誉毀損」でないか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年08月13日14時35分

また、今年1月の報道によると、明智光秀の子孫が講演で「謀反人のレッテルが嫌でしかたなかった」と述べているが、子孫に対して「光秀は謀反人」と言うことはどうなのか。西口竜司弁護士に聞いた。 ●死者に対する「名誉毀損罪」はあるが・・・ 「歴史上の人物に関する評価には様々なものがあります。とりわけ、本能寺の変の実行者である明智光秀については、日本史上最悪の『裏切り [全文を読む]

明智光秀の子孫が新解明する「間違いだらけの織田信長」

アサ芸プラス / 2015年08月13日17時55分

簡単に言うと、覇王として勝ち残る方法が書かれてあるのです」 信長は家臣の荒木村重が謀反を起こした際、その一族郎党、妻や側室、幼子さえも全員処刑した。「『韓非子』によれば、とにかく厳罰を与えることが大事。他の家臣が恐れて同じこと(謀反)を起こさないようにすることが目的の『予防刑』という考えです。例えば比叡山に関しても、浅井長政・朝倉義景に加担したら焼き討ちす [全文を読む]

信長はなぜ?「本能寺の変」の真実を明智光秀の子孫が解き明かした

リテラ / 2014年12月22日13時06分

謀反を起こされて志半ばで倒れることになる、いわゆる「本能寺の変」は、日本史のなかでも最大のミステリーとされている。信長の重臣・明智光秀は、なぜ謀反を起こしたのか。その謎をめぐって、信長からの理不尽なイジメに光秀が憎しみを抱いていたという「怨恨説」から、一武将として天下取りをねらった「野望説」、他の武将は一切事件に関与せず個人的理由で謀反に至ったという「単独 [全文を読む]

本能寺は「移転先」にあり。今も京都に残る信長由来の地を巡る

まぐまぐニュース! / 2017年06月02日23時12分

天下布武まであと一歩というところで、明智光秀の謀反によって命を落とした「本能寺の変」はあまりに有名です。その本能寺は現在も京都に残っていますが、実は当時信長が討たれた本能寺とは場所が全く違うのだとか。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では著者・英学(はなぶさ がく)さんが、今も京都に残る信長由来の名所を紹介してくださっています。 織田信長を訪ねて 今 [全文を読む]

本能寺の変、「本当の裏切り者」は誰なのか 教科書が教えない「明智光秀」以外の真犯人

東洋経済オンライン / 2017年05月01日11時00分

犯人は家臣の明智光秀で、この謀反をまったく予期していなかった信長は、護衛のほとんどいない中で襲撃され、49年の生涯を閉じました。 [全文を読む]

明智光秀の子孫が明かす「本能寺の変」の真実! 最新刊発行を記念して講演会&サイン会開催決定

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月10日06時30分

「ハゲだから謀反って変だ!」「歴史の流れ無視って変だ!」「信長の油断って変だ!」など、驚愕の真実に迫った同書では、重版に次ぐ重版を重ねた異例の40万部突破の大ヒット作『本能寺の変 431年目の真実』よりも、さらに解りやすく「本能寺の変」の真実を解説している。 「秀吉がねつ造し、軍記物に汚染された戦国史を、今一度洗濯いたし申し候」と語る著者の講演会に参加し [全文を読む]

第一回 本能寺ナイトウォーク開催のご案内

PR TIMES / 2016年05月20日17時37分

本能寺の変(ほんのうじのへん)は、1582年6月21日(天正10年6月2日)、備中高松城包囲中の羽柴秀吉を救援しようとしていた織田信長に対して、先発させた家臣明智光秀が謀反を起こして丹波亀山城から引き返し、京都の本能寺に宿泊していた信長と妙覚寺に宿泊していた当主の織田信忠を襲撃したクーデター(事変)である。寝込みを襲われて包囲された信長は脱出を諦めて自害 [全文を読む]

謎だらけの「本能寺の変」 「信長を殺さなければ日本は崩壊する」光秀謀反の真の動機

Business Journal / 2015年10月26日06時00分

これまで、光秀の謀反の動機については、遺恨や怨念があったとする説、陰謀説、恐怖説と、さまざまな理由が挙げられてきた。今回は、それらを一つひとつ検証することで、光秀の真の動機に迫っていきたい。●遺恨・怨念説(1)丹波八上城事件 光秀は、八上城の波多野秀治を4年かけて攻めたが、城がなかなか落ちないため、生母(叔母とも養母ともいわれる)を人質に差し出し、秀治と [全文を読む]

55歳で教諭から作家へ 女性の第二の人生生き方実例

WEB女性自身 / 2015年01月26日07時00分

それまで信長の横暴に対して光秀の謀反は同情的に理解されていて、実際、民政にも優れていたという人物。その妻である煕子は、夫の面目を保つために髪の毛を売り坊主頭になった逸話も残す勇敢な女性。いまの女性にこれだけの勇気がありますか?」 光秀を支えた賢妻煕子に焦点を当てた作品は、中島さんによる著作のみ。 「脚光の当たらない女性に魅力を感じます。注文をいただいて書く [全文を読む]

“明智光秀”子孫が語る「本能寺の変」(2)長宗我部征伐で身の危険が…

アサ芸プラス / 2014年09月25日09時56分

これまで本能寺の変について史実とされていたのは、信長の家臣として仕えていた光秀が、信長を恨むようになり、天下取りの野望を抱き謀反を企てたというものだった。そして、決起直前になって光秀は重臣に打ち明け、「敵は本能寺にあり」と号令を出し、信長討ちを果たした。 一方、上方で遊覧していた家康は、命からがら三河に逃げ帰り(伊賀越え危機)、光秀討伐の軍を起こすも出遅れ [全文を読む]

“明智光秀”子孫が語る「本能寺の変」(1)信長による家康討ちが発端

アサ芸プラス / 2014年09月24日09時56分

その動機について、「信長を恨んだ末の謀反だった」というのが定説だったが、光秀の子孫がこれまでの議論に一石を投じたのだ。はたして431年目の新事実とは!? 「私が祖先の明智光秀の研究を始めたのは、20歳頃のことで、一冊の歴史本を読んでからです。それまで私の心の中には、『上司(織田信長)にイジメられて殺すなんて、そんな浅はかなことをする祖先だったのか』という疑 [全文を読む]

明智光秀の末裔が主張「本能寺の変の標的は家康のはずだった」

WEB女性自身 / 2014年08月01日10時00分

これが謀反を起こした本当の理由です」 事変の最大の謎とされるのが、信長がなぜわずかな手勢だけで本能寺に宿泊したか、である。ここにこそ事変の核心が潜んでいるのだと明智氏は言う。 「本能寺で討たれるはずだったのは、信長ではなく家康だった。この直前、信長は家康を三河から安土に呼び出し、その後大坂を見物させています。事変当日、信長は本能寺に家康を呼び出しており、そ [全文を読む]

「本能寺の変は満月の夜」…NHK『真田丸』は間違い?明智光秀、闇夜を狙って信長討ちか

Business Journal / 2017年02月26日06時00分

当時、備中・高松城を包囲中の羽柴秀吉を救援しようとしていた信長に対して、先発していた光秀が謀反。京都の本能寺に宿泊していた信長を襲撃したのである。戦国時代の様相をガラリと変えた、一大クーデター劇だった。 ところで『真田丸』では、本能寺の変の晩に満月がワンカット挿入されており、これから起こる大事件を予感させる雰囲気が巧みに表現されていた。しかし、これは厳密 [全文を読む]

細川ガラシャがキリスト教に帰依したのはストーカー夫のせい?

NHKテキストビュー / 2017年01月28日08時00分

謀反人の娘となり、味土野(みどの/京都府京丹後市)に幽閉されてしまいます。2年後には許されて細川家の大坂屋敷に入りますが、次第にキリスト教に関心を示し、間もなく洗礼名のガラシャ(Gratia、恩寵・神の恵みの意)を授けられました。ガラシャがキリスト教に帰依した理由を東京大学史料編纂所教授の本郷和人 (ほんごう・かずと)さんが考察します。* * *ガラシャが [全文を読む]

繰り返し見る夢は深層心理の警告! 脳科学が「夢は何でできているか?」を究明する日

ヘルスプレス / 2016年05月30日00時45分

信長の天下布武の夢を無残に打ち砕いた明智光秀の謀反。 信長の嘆息も夢も炎に燃え尽きて434年。草葉の陰で天下統一の夢を貪り続けている信長。夢のまた夢に終わった無念の光秀。骨太い武将の悔しげな眼光が4つ、濡れ光っているように見える。なぜ同じ夢を繰り返して見るのか? 信長や光秀のように叶わぬ夢もあれば、眠って見る夢もある。夢(dream)はラテン語のsomnu [全文を読む]

舞台「戦国無双」~四国遠征の章~

PR TIMES / 2016年05月12日17時51分

尾張から急速に勢力を伸ばし「天下布武」を掲げ天下の統一を果たさんとする織田信長の身に起こった、明智光秀の謀反“本能寺の変”。信長亡きあと天下統一の夢を継ぐは羽柴秀吉。秀吉の側近である石田三成は、秀吉の「皆が笑って暮らせる世」を創るという夢を実現せんと、己の知恵と力で戦に挑んでいく。織田信長に最後まで抵抗し、三成達を苦しめた毛利元就、小早川隆景両雄。数多の豪 [全文を読む]

『真田丸』ではスルーされた高須克弥氏の先祖がスゴい

しらべぇ / 2016年04月15日10時30分

天下統一まであと一歩だった織田信長は、家臣の明智光秀の謀反によって京都の本能寺で自害に追いこまれた。この事態に慌てた武将のひとりが、そのときに堺にいた家康である。■ 家康の居城は高須家の地元の「愛知県三河地方」本能寺の変の直後、家康は愛知の岡崎にある居城へと帰路を急ぐはめになる。光秀に狙われる恐れがあったからだ。『真田丸』(NHK)では、家康が必死に逃げる [全文を読む]

“残虐”織田信長、実は優しいフェミニストだった!女性に優しく、貧しい民衆を保護

Business Journal / 2015年07月26日17時00分

あるいは光秀が信長への謀反を決めたことに影響があったとの見方もある。ただし、これらは推測にすぎない。 その後、帰蝶は京都で余生を過ごし、信長と光秀の死を間近に看取り、豊臣秀吉が天下を治めたのを見て没したようである。このように帰蝶が自由に生きたのも、信長の配慮があったからといえよう。●女性に優しかった信長 信長は戦略がからまない限りにおいて、女性には優しく、 [全文を読む]

戦国武将・織田信長の絶倫の源は玉ねぎだった!?

アサ芸プラス / 2014年08月04日09時59分

天正10年(1582年)家臣・明智光秀の謀反にあい、京都本能寺で自害(享年49)したとされる戦国武将・織田信長の“人生50年”は絶倫生涯でもあった。 濃姫をはじめとする10指に余る妻・側室を持ち、22人の子供をもうけたうえ、森蘭丸に代表されるように小姓との男色も好んだとも言われているがそうした力を支えていたのが、彼の食事だったというのだ。“三河の田舎者” [全文を読む]

フォーカス