事務所 池松壮亮に関するニュース

朝ドラヒロイン“ひとり負け”夏菜の迷走が止まらない!? 押尾学事件の余波が、ここにも……

日刊サイゾー / 2015年01月23日11時00分

「朝ドラ前から事務所は、カードローン・モビットと生理用品のユニ・チャームのCMに夏菜を押し込んだ。どちらの業種も、ギャラはいいが、CMに出演したことでいろんな意味での色がついてしまうので、ほかの事務所は敬遠するところだが、以前、事務所の大黒柱だった矢田亜希子が元夫・押尾学の事件で仕事がなくなり、夏菜に稼がせるしかなかったので、とにかく仕事を受けまくった。 [全文を読む]

「かなり過激な」Fカップ手ブラ写真集発売で業界騒然!? 女優・夏菜の迷走が止まらない!

日刊サイゾー / 2014年01月31日09時00分

事務所サイドはNHKや関係各所への謝罪に追われた」(テレビ関係者)というが、事務所の苦しい台所事情もあり、たっぷりと演技力を磨く時間がなかったようだ。 「以前、所属事務所の稼ぎ頭は矢田亜希子だったが、09年に元夫で現在は服役中の押尾学受刑者が薬物事件などで逮捕されてイメージが急落し、仕事が激減。社員をリストラしたりしてなんとか持ちこたえただけに、なんとし [全文を読む]

“爆弾ネタ”を抱える人気若手女優――池松壮亮のマンションに「人目はばからず通ってる」

サイゾーウーマン / 2017年09月11日08時00分

お相手は実力派の俳優で、当人同士は隠す素振りも見せていないそうだが、所属事務所が頑として報道を認めないため、現状では公になっていないそうだ。ここ最近ではあえて交際をオープンにすることで、逆に世間の共感を得るケースも増えているが、どうやらこの交際は“極秘事項”のようだ。 今年春頃から、関係者の間で熱愛のウワサが出ていた若手女優は、中条あやみだという。元「Se [全文を読む]

『過保護のカホコ』竹内涼真の“ホントの評判”「ホリプロを担う役者になる」って!?

日刊サイゾー / 2017年08月14日07時00分

少なくとも彼らレベルまではいくでしょうね」(テレビ局関係者) 事務所としては、高橋一生や坂口健太郎の路線を思い描いているという。 「顔の系統は確かに似てますよね。2人と違うのは、竹内クンはバリバリの体育会系ということです。なんたって、ッカー・東京ヴェルディユースでバリバリの戦力でしたから。それにまだ若いので、スポ根モノだと必ず名前が挙がりますし、学園モノも [全文を読む]

北村匠海、次世代の“演技派”として頭角を現した背景ーーたしかなキャリアと複雑な役どころに迫る

リアルサウンド / 2016年07月23日06時10分

これらの作品で、岡田将生や柳楽優弥との共演が多いのは、もちろん事務所が同じということもあるだろう。『ディストラクション・ベイビーズ』では、兄弟を演じ、しかもどことなく雰囲気が似ているため村上虹郎が柳楽のフォロワーのようなイメージを持った人も多いことだろうが、北村もまた、事務所の先輩である岡田将生の子役時代を演じたこともあり、岡田の繊細ながらもちょっと普通 [全文を読む]

「今最も使いたい女優」有村架純を悩ます「派閥問題」 女の争い激化?

Business Journal / 2015年09月05日17時00分

NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で共演した能年玲奈(22)がその後、事務所独立騒動などの影響もあり女優としての活躍がいまひとつなのとは対照的に、途切れなく連続テレビドラマにも出演し、映画『ビリギャル』も大ヒットするなど、その地位を不動のものにしつつある。そんな有村は今、先輩女優たちにも大人気だという。 「芸能界には複数の“夜遊び女子会連合”が存在し、 [全文を読む]

前田敦子と松田翔太、高畑充希と千葉雄大、波瑠と坂口健太郎? 疑惑のカップル

messy / 2015年07月10日21時00分

双方の事務所は「友達の一人」と、恋愛関係であることを否定した。 このタイミングでスポーツ紙面で「真剣交際」を謳うのは、いわゆるひとつの宣伝だろう。あるいは本当に恋愛関係にあって、近日中に週刊誌で“激撮路チュー”でも出るのかもしれないが、いずれにしろ2015年下半期にメディアで大活躍予定の彼らがカップル認定されていれば、マスコミ的にも助かる。坂口は公開中の『 [全文を読む]

「僕やり」葉山奨之が見せた役柄どおりの“クズ男”な一面

アサジョ / 2017年09月13日10時14分

葉山は小栗旬に憧れて俳優を目指し、今では同じ事務所の後輩になったが、あまりにも「小栗旬が好き」と公言しすぎて、小栗旬から「お前キメーな」と言われてしまった。だがその甲斐あって、振り幅の広い役柄がこなせる小栗の路線を踏襲できている。 これまで、NHK朝ドラ「まれ」、「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)と話題作に出演し、今回の「僕やり」で新境地を拓いた葉山 [全文を読む]

高畑充希が蒼井優に?ブス会からリア充化で見える人気の変化

WEB女性自身 / 2016年12月03日00時00分

双方の事務所はこれを否定。朝ドラ内では結ばれなかった二人とあって好意的に受け止める声も多いものの、今回のリアクションからは高畑充希さんのイメージに対する意外な変化も感じられました。 その変化を一言で説明すれば「高畑充希の蒼井優化」とでもいいましょうか。熱愛を知った女性たちをドキっとさせたその魅力の変化とは、どんなものなのでしょう。 ■国民的女優は意外にも [全文を読む]

鬼邪高・村山役で注目の山田裕貴。舞台『宮本武蔵(完全版)』で初座長を務める

Woman Insight / 2016年08月16日21時00分

以前に前田さんが脚本を務めた『横道世之介』や、監督をされた『ジ、エクストリーム、スキヤキ』も観ていて、事務所の方から、「今度、前田監督のワークショップあるよ」と聞いて、すぐに「行きます」と。 WI 自分の考え方を大きく変えるような出来事は、いままでにもありましたか? 山田 僕は、映画『ストロボ・エッジ』の廣木隆一監督に出会ってから、お芝居の考え方がものすご [全文を読む]

門脇麦、主演映画で「私情まで全部持ち込んで…」【インタビュー前編】

Woman Insight / 2016年06月24日17時00分

監督・脚本:岸善幸「ラジオ」「開拓者たち」 音楽:岩代太郎 原作:小池真理子「二重生活」(角川文庫刊) 出演:門脇麦 長谷川博己 菅田将暉/河井青葉 篠原ゆき子 西田尚美 烏丸せつこ/リリー・フランキー R-15 (C)2015『二重生活』フィルムパートナーズ 【あわせて読みたい】 ※世界各国で33の賞を受賞した映画「裸足の季節」が公開スタート! ※男・ [全文を読む]

小関裕太、21歳。音楽、考え方、腹筋…ナオト・インティライミから学んだこと

Woman Insight / 2016年06月10日11時00分

各フィルムには、 佐藤健さんや水田航生さん、甲斐翔真さん、寺脇康文さんといった、同じ事務所の俳優たちによるゲスト登場も。 インタビューが始まる前、「今日一日楽しくて!」と笑顔を見せる小関さんにその理由を聞くと、「年末にやるミュージカルのことが始動したんです。だからワクワクデーでございます」と。 俳優、そして表現者として活躍する小関裕太さんの新たなチャレンジ [全文を読む]

山田孝之「柳楽優弥ってマジですげーよ」、綾野剛ら各界から絶賛の声が続々!

Entame Plex / 2016年05月16日20時21分

■山田孝之(俳優) 「以前共演した作品の出来上がりを観た時に、思ってはいたのだけれど、同事務所の先輩としての小さなプライドもあり言えなかった事実が今回『ディストラクション・ベイビーズ』での芝居を観た今は明言できる。彼の芝居はズバ抜けていて、こんな緻密で繊細なこと俺はできてないなって思う。柳楽優弥ってマジですげーよ」 ■綾野剛(俳優) 「銀幕から激臭がほど [全文を読む]

高畑充希 柄本時生と結婚すすめられるがその気なし

NEWSポストセブン / 2016年04月09日07時00分

今年1月にはシンガーソングライターの高橋優(32才)との密会もキャッチされているが、いずれも高畑の事務所は「友達の1人」と交際を否定。 「いっぱい働いていっぱい稼ぐ」 今年の目標についてそう話す高畑にとって、今はまだ「恋より仕事」のようだ。 ※女性セブン2016年4月21日号 [全文を読む]

安藤サクラ、股間にバラ&スケスケドレス姿披露でファン興奮! 門脇麦は“美ちっぱい”披露で「将来が楽しみ」

おたぽる / 2016年03月16日09時00分

来月から放送開始される宮藤官九郎脚本ドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)への出演も決まっていますし、俄然注目度は高まっています」(芸能関係者) 体当たり演技で評価された、といえば、同じ事務所に所属する若手女優・門脇麦も負けてはいない。 「門脇は、13年に出演した、『チョコラBB Feチャージ(エーザイ)』のCMで注目を集め、同年に公開された映画『ス [全文を読む]

『ボクらの時代』出演のAKB「BIG3」に大島優子ナシ! 裏にある“戦略”と、前田敦子の「コウモリ」っぷりとは

日刊サイゾー / 2015年12月01日17時00分

もしかしたら、彼女自身や事務所が、こういったAKB関連の番組出演を拒否している可能性はあります。アイドル路線を完全に脱する戦略とすれば悪くないですが、どうしても低身長のちんちくりんイメージがありますので、それを吹き飛ばす演技力を身につける他ありませんね。時間はかかりそうですが」(同) 大島としても「いつまでも過去にとらわれない」という決意の表れなのだろうか [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】前田敦子の熱望で『ボクらの時代』が異例の対応。「Twitterの呟きがかなった!」

TechinsightJapan / 2015年05月15日21時35分

前田敦子や“ブス会”メンバーの事務所、そして『ボクらの時代』の制作側との間にいろいろなやり取りがあったことが想像されるが、“前田敦子のつぶやき”だからこそ動いたのだろう。 『ボクらの時代』では2011年1月放送の“笑う門には家族の絆スペシャル”で「東尾修×東尾理子×石田純一×島田洋七×工藤公康」、「大和田ファミリー・大和田伸也×大和田悠太×大和田獏×大和田 [全文を読む]

フォーカス