池松壮亮 大倉忠義に関するニュース

山﨑賢人ら“S男子”と菅田将暉ら“M男子”、物語におけるそれぞれの役割と魅力

リアルサウンド / 2016年07月06日06時10分

参考:池松壮亮がラブシーンに起用されまくる理由 そのドライで甘美な魅力を読む たとえば、『オオカミ少女と黒王子』における山﨑賢人や、『黒崎くんの言いなりになんてならない』の中島健人、『クローバー』の大倉忠義などは、現実ではありえないほどの圧倒的な“ドS”として描かれていた。一方で『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の高良健吾や『ラヴソング』の菅田 [全文を読む]

山崎賢人、中島健人、ディーン・フジオカ……強引さにキュンとさせられるドS男子たち

リアルサウンド / 2016年03月01日07時00分

参考:池松壮亮がラブシーンに起用されまくる理由 そのドライで甘美な魅力を読む ドS男子の性格や行動パターンは必ずしも同じではないが、ラブストーリーにおいて多くの場合、女性が惹かれるキャラクターとして描かれることが多い。中でも、先に挙げたドS高校生やドS上司といったキャラクターは頻繁に見られる。 ドS高校生の代表格には、山崎賢人が演じた映画『L♥DK』(20 [全文を読む]

朝ドラヒロイン“ひとり負け”夏菜の迷走が止まらない!? 押尾学事件の余波が、ここにも……

日刊サイゾー / 2015年01月23日11時00分

朝ドラ後は、本格的な女優へのステップアップを目指して舞台に出演させたが、相手役が若手演技派俳優の池松壮亮だったため、演技力のなさが目立ってしまっただけだった。結局、朝ドラ女優でひとりだけ“負け組”のような状況」(芸能プロ関係者) そんな夏菜の近況だが、12年ぶりに復活した東映VシネマでDVDとして発売される『流し屋 鉄平』に出演。夏菜は歌手の夢を追う役で、 [全文を読む]

「日本禁煙学会に気をつけろ!?」TBS『MOZU』好スタートも、喫煙シーン頻出で心配の声

日刊サイゾー / 2014年04月11日17時30分

さらに、映画『さよなら渓谷』で、第37回日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞を受賞した真木よう子や、生瀬勝久、伊藤淳史、池松壮亮、長谷川博己、染谷将太と、主役級の大物俳優が名を連ねており、同作で起死回生を狙うTBSの本気度が伝わってきます」(芸能ライター) “WOWOW共同制作ドラマ”をうたい、続編のseason2は6月からWOWOWで放送されることが決定し [全文を読む]

テレ朝に反撃か!? 大コケ枠「木曜ドラマ劇場」に、西島秀俊主演超大作『MOZU』を放送する“TBSの本気度”

日刊サイゾー / 2014年02月23日12時00分

さらに、映画『そして父になる』で、第37回日本アカデミー賞・優秀助演女優賞を受賞した真木よう子や、生瀬勝久、伊藤淳史、池松壮亮、長谷川博己、小日向文世と、主役級の大物俳優が名を連ねる。これが早くも、「キャストが豪華すぎる!」「TBSが本気だ!」と大きな話題を呼んでいる。 「TBSとWOWOWの共同制作ドラマは、同じく西島・香川のダブル主演で、2012年にス [全文を読む]

フォーカス