ダウンタウン ガキの使いに関するニュース

アカン!! 本当に、ダウンタウンはつまらなくなってしまったのか?

ハピズム / 2013年08月18日09時00分

日本一のお笑いコンビといえば、ダウンタウンだろう。松本人志と浜田雅功の2人が18歳でデビューしてからというもの、トークや妥協のないコントは多くの人々に評価されてきた。吉本の中でも随一の出世頭。それがお笑いの神様ダウンタウンなのだ。 ところが、そんな神様でもどうしようもできないことがある。それは昨今ダウンタウンがMCを務めているバラエティ番組の視聴率の低下。 [全文を読む]

第19回「王者日テレの歴史」(後編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年04月06日18時01分

さらに、後にダウンタウンの番組を手掛ける菅賢治サンもこの年、中途入社を果たしている。 最初にブレイクしたのは永井美奈子アナだった。入社1年目にして、いきなり『アメリカ横断ウルトラクイズ』のコンピュータ予想の担当に抜擢され、アイドルアナとしてブレイク。丁度、フジテレビの同期入社が八木亜希子・有賀さつき・河野景子の三人娘で、そのライバルとしても脚光を浴びた。 [全文を読む]

大晦日「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」は「紅白歌合戦」と同じ轍を踏むのか?

メディアゴン / 2015年01月04日01時00分

正式名称を述べておくと、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」(日本テレビ・以下「ガキ」と呼称する)という番組の、「笑ってはいけないシリーズ」という一企画である。「笑ってはいけない」だけが独り歩きしており、元はガキであるということがあまり知られていない気がするので、まず注意喚起をしておく。ガキ自体は、日テレで20年以上続くダウンタウンの冠バラエティ番組で [全文を読む]

ダウンタウン「ガキ使」8年ぶりの漫才はどうだったか?

メディアゴン / 2017年04月04日07時40分

高橋維新[弁護士/コラムニスト]* * *2017年4月2日放映の日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」(以下「ガキ」)を見た。8年ぶりに、看板企画であるダウンタウン2人のトークをやるという触れ込みであり、オンエアは全編が2人のトークであった。この番組の「トーク」というのは、ダウンタウンの2人がスタジオに客を入れて行うフリートークのことである。 [全文を読む]

視聴率1ケタが当たり前のダウンタウン 特番では強さ発揮

NEWSポストセブン / 2014年05月21日11時00分

ダウンタウンが出演する番組が視聴率を取れなくなって久しい。それでも、レギュラー番組は『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』『ダウンタウンDX』『教訓のススメ』の3本に加え、4月からは『水曜日のダウンタウン』(TBS系)が始まった。テレビ局関係者が語る。 「ダウンタウンは正念場に差し掛かっている。『水曜日の~』はTBSバラエティ班のエース格のプロデュー [全文を読む]

ココリコ遠藤、主演作初日なのに客席ガラガラ!ダウンタウンに恨み節

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年07月08日20時16分

出演をほのめかしていたダウンタウンが出演しなかったことをネタにしつつ、「はしごを外された」とぼやいて会場を笑わせた。 この日は、共演者のほんこん、岩尾望(フットボールアワー)、小沢仁志、メガホンをとった藤原健一監督が出席。バスジャック犯だと勘違いされて世間を騒がせたバス添乗員が、今度はツアーの企画でバスジャック犯を演じたことから思わぬトラブルを引き起こすさ [全文を読む]

いよいよ松本人志も引退かも…!? TV関係者がダウンタウンの終焉をリアルに予測

tocana / 2017年04月30日09時00分

誰のことかといえばダウンタウン松本人志である。 絶頂期は過ぎ去ったものの、いまだにほぼ毎日のようにテレビの中に登場し、人気芸人としての地位を確固たるものにしている。しかし、その一方では「終わった」「過去の人」などの声もあるにはある。 そのような中、果たして業界関係者は今、松本人志という芸人をどのように見ているのか。本音を聞いた。 「特に『ワイドナショー』( [全文を読む]

好調『水曜日のダウンタウン』 番組内検証VTRが人気の要因

NEWSポストセブン / 2014年10月17日16時00分

近年、テレビ業界で「以前ほどの数字(視聴率)が取れなくなった」と言われているダウンタウン。『100秒博士アカデミー』(TBS系)、『大日本アカン警察』(フジテレビ系)といったレギュラー番組は視聴率低迷で終了。長寿番組『ダウンタウンDX』や『ガキの使いやあらへんで!!』(ともに日本テレビ系)も以前ほど視聴率を稼げなくなり、『教訓のススメ』(フジテレビ系)は4 [全文を読む]

松本人志さん「ガキ使の菅さんとヘイポーがクビ? 2人に失礼やわ」 『日刊大衆』の記事に苦言ツイート

ガジェット通信 / 2017年02月06日14時25分

2月6日朝、『日刊大衆』に ダウンタウン『ガキの使い』、ガースー&ヘイポー「電撃リストラ」の衝撃 という記事が掲載された。 格闘家の角田信朗に“共演NG話”を暴露されるなど、新年早々ゴタついている『ダウンタウン』の松本人志(53)。そんな彼の周囲で、再び騒動が巻き起こっているという。 「ダウンタウンが1989年から28年間続けるレギュラー番組『ガキの使いや [全文を読む]

ダウンタウンは「てるお・はるお」! お笑いコンビ8組の旧コンビ名・候補名一覧

しらべぇ / 2015年01月13日18時00分

ダウンタウン 旧コンビ名「青空てるお・はるお」「ライト兄弟」「ひとし・まさし」 「ダウンタウン」は、松本氏が喫茶店で何気なく読んでいた雑誌に載っていた「ダウンタウン」という文字が目に入り、「ダウンタウン」としたとのこと(「ただの思いつき」と話していたことも)。ひょっとすると「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」は「ひとし・まさしのガキの使いやあらへ [全文を読む]

『笑ってはいけない』 田原俊彦起用で視聴率20%超えなるか

NEWSポストセブン / 2014年12月26日16時00分

しかし、ここ数年はダウンタウンの『笑ってはいけない』シリーズ(日本テレビ系)が好調。昨年は、19.8%(第1部)と20%まであと一歩という同シリーズ最高の数字を獲った。 そのため、NHKも必死です。以前のように、黙っていても紅白にチャンネルを合わせてくれるわけではないとわかっているので、さまざまなサプライズを用意しようとしています。今年の紅白では、ギリギリ [全文を読む]

ダウンタウン、大ピンチ!? 頼みの綱「笑ってはいけない」シリーズ終了の可能性

サイゾーウーマン / 2014年01月07日13時00分

『NHK紅白歌合戦』に次ぎ、大みそかの風物詩となった『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)の「笑ってはいけない」シリーズ。昨年末の放送でも、民放ではぶっちぎりの高視聴率を記録したが、今年はある“化学変化”が起こることから、関係者の間では番組の存続、さらにはダウンタウンの今後も危惧されているという。 2006年から恒例化した「笑ってはい [全文を読む]

ココリコ遠藤主演映画、公式Twitterも自虐

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年07月11日09時15分

前作のAmazonでの検索ランキングが低いことをバラエティー番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」内でいじられ、ダウンタウンが「次あったら出たろか」と発言したことから企画が動きだし、帰ってきた。結局ダウンタウンは出演しなかったが、黒沢かずこ(森三中)、ほんこん、岩尾望(フットボールアワー)といった人気お笑い芸人のほか、強面俳優の小沢仁志も出演してい [全文を読む]

芸人らも大絶賛!『ガキ使』8年ぶりのフリートーク復活に称賛の声

しらべぇ / 2017年04月03日16時00分

また、ダウンタウンにゆかりあるお笑い芸人らもツイッターで感想をつぶやいている。フリートーク流石やなぁゴリラからの流れ〜顔がほころぶー— 月亭方正 (@tukiteihousei) April 2, 2017ガキのダウンタウンさんの二人だけのトーク。。やっぱり圧倒的過ぎる。。中学生の時に受けた衝撃が蘇る。。あの時の気持ちのまま普通に笑わされる。。くそっ!見た [全文を読む]

松本人志、角田信朗の“共演NG告白”を批判

日刊大衆 / 2017年01月26日18時00分

1月22日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)でダウンタウンの松本人志(53)が、タレントで格闘技イベント『K-1』のレフリーを務めた空手家の角田信朗(55)との確執について言及。お笑いタレントの東野幸治(49)らに、その詳細な経緯を明かした。 1月16日に角田が突然、自身のブログで「ダウンタウン松ちゃんに伝えたいこと」と題し、8年前の松本との出来事に [全文を読む]

本当は優しい!? 浜田雅功「実はいい人」伝説

日刊大衆 / 2016年12月31日15時00分

ドSキャラで知られるダウンタウンのツッコミ、浜田雅功(53)が“実はいい人”だ、という説が最近浮上している。きっかけは、相方の松本人志(53)が『ワイドナショー』(フジテレビ系)にて、浜田が松本の父の弔問に1人で訪れ「浜田とはその話はしてないですけど、おかんに聞いたら、めっちゃ泣いてたらしい」と語ったこと。このエピソードがコンビの絆の深さを感じさせるとして [全文を読む]

<大晦日「笑ってはいけない」はもう限界?>松本人志がキツくなったのなら止めてあげるべき

メディアゴン / 2016年01月02日07時30分

1. キツさの減退2. マンネリ化「笑ってはいけない」は、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」(以下、「ガキ」という)に特有の、肉体的・精神的にかなり辛いギミックが様々に用意されたゲーム企画である。大物になったダウンタウンがとことん体を張る様がこの番組の見られるのが大きな魅力の一つだ。中身がキツすぎて若い女性(F1層)には引かれる場合がかなりあるという [全文を読む]

ダウンタウン「ガキの使い」世界中にも熱狂的ファンの存在がいる事が判明

AOLニュース / 2014年12月01日16時45分

最初の放送から25年もの長寿番組となっている「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」。最近ではネットの普及も手伝い海外にもこの番組のファンがいるようで「笑ってはいけない」シリーズは毎回海外掲示板に専用スレッドが立つほどの人気だ。 先日もガースーこと菅賢治プロデューサーの日テレ退社について海外のファンの間で、心配の声が寄せられ、最終的にはただ単にガースー [全文を読む]

『笑ってはいけない』出演打診された田原俊彦は今や視聴率男

NEWSポストセブン / 2014年06月29日07時00分

6月8日、15日は2週連続で『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)に登場。8日は8.3%、15日は9.7%の視聴率を記録した。テレビ局関係者はこう話す。 「23時台ですし、最近の『ガキの使い』にしては、9.7%は高い数字。もちろん同時間帯1位でした。ちなみに、田原が出演する前の2週は5月25日6.9%、6月1日6.8%でした。今回は完 [全文を読む]

松本人志がコンビニのトイレ使用者に激怒! あるあるの理由に共感の声

しらべぇ / 2017年07月31日17時00分

30日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』(日本テレビ系)で、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(53)が語ったコンビニトイレでのエピソードが話題に。■コンビニのトイレから出てこない人に激怒「世の中の悪いやつに怒る」というテーマで、「コンビニのトイレで10分くらい出てこないやついるでしょ?」と激怒した松本。「何してんのかと、家かと」と呆れてしま [全文を読む]

フォーカス