地域 南海トラフに関するニュース

「対話」で地域コミュニテイーの活性化を~静岡県牧之原市の「地域の絆づくり事業」

政治山 / 2016年03月31日12時20分

「真の住民自治」と地域コミュニティーの活性化を目指して 憲法92条に謳われている「地方自治の本旨」は地方自治の基本理念、あるべき姿ですが、一般的には、「団体自治」と「住民自治」の2つの意味における地方自治を確立させることと理解されています。団体自治とは、国から独立した地方自治体が、その権限と責任において地域の行政を処理すること。住民自治とは、地方行政を行う [全文を読む]

ケアマネの消防隊立ち上げ物語−専門職の視点と地域貢献 vol.2

けあZine / 2015年01月26日07時00分

ケアマネジャーであるAさんが一地域住民として参加した、自衛消防隊設立の物語。2回目となる今回は消防隊設立までのプロセスとノウハウから見えてくる「地域」と専門職の在り方について考える。 自衛消防隊設立までのプロセスとノウハウ 消防隊ができるまでの一年間、Aさん始めマンション住民たちは、どのような活動を展開したのでしょうか? 今回はそのプロセスとノウハウからご [全文を読む]

揺れる日本列島! 南海トラフ巨大地震は2016年に発生する?

週プレNEWS / 2013年04月24日14時00分

被害が大きかった家の住人を当面どこに避難させるか、町内のみんなで相談しているところです」 被害が特定の地域に集中したことについて、淡路島の地層に詳しい立命館大学・歴史都市防災研究センターの高橋学教授はこう説明する。 「淡路島の中央の山間部周辺は大阪層群と呼ばれる締まった地盤で、地震があってもそうそうたやすく家屋が倒壊することはありません。ところが、洲本市な [全文を読む]

7月以降は相当ヤバい!? 「南海トラフ地震」の発生時期には法則があった!!

tocana / 2015年06月29日09時00分

しかし筆者が、過去に南海トラフ以外の地域で起きた大地震について調べたところ、発生時期に偏りは見られず、各月にほぼ均等に起きているのだ。なぜか南海トラフ地震だけ、発生する月に偏りがあることになる。■黒潮の大蛇行と関係が!? なぜ南海トラフ地震のみ発生時期に偏りが見られるのか? その理由を探求する過程で、筆者は"黒潮"に注目した。日本列島の南岸に沿って流れる黒 [全文を読む]

悪魔のデータ。政府発表の「全国地震動予測地図」のデタラメぶり

まぐまぐニュース! / 2016年06月29日19時30分

この「オカルトデータ」は2005年に発表、その後不定期に更新され続けているんですが、このデータ発表以降、大災害をもたらした地震発生地域を見ると、新潟中越沖、東北、熊本など、データ上明らかに東海から四国の太平洋側に比べて発生確率が低い場所ばかりです。 これらの地域は、この「オカルトデータ」に基づいて、地震保険の保険料が低く設定されていたり、熊本などは「大地 [全文を読む]

裾野市・トヨタ、災害支援協定を締結

JCN Newswire / 2015年08月06日16時28分

大規模災害時における地域連携・支援を強化Toyota City, Japan, Aug 6, 2015 - (JCN Newswire) - 裾野市(静岡県裾野市、市長: 髙村 謙二)、トヨタ自動車株式会社(本社: 愛知県豊田市、社長: 豊田 章男 以下トヨタ)は、本日、裾野市生涯学習センターにおいて、裾野市の髙村市長、トヨタの定方常務理事が出席のもと「大 [全文を読む]

田原市・トヨタ、災害支援協定を締結

JCN Newswire / 2015年03月24日16時08分

大規模災害時における地域連携・支援を強化Toyota City, Japan, Mar 24, 2015 - (JCN Newswire) - 田原市(愛知県田原市、市長: 鈴木 克幸)、トヨタ自動車(株)(本社: 愛知県豊田市、社長: 豊田 章男 以下トヨタ)は、本日、田原市役所において、田原市の鈴木市長、トヨタの財津裕真総務部長が出席のもと「災害時にお [全文を読む]

全国地震動予測地図 発生確率が2年前と変わった地域とは

NEWSポストセブン / 2016年06月20日07時00分

しかし、どの地域がどれだけ危険なのかをある程度事前に知る方法はある。 6月10日、文部科学省地震調査研究推進本部が「全国地震動予測地図」を公表した。日本国内で今後発生する恐れのある地震を予測し、地図化したもので、「今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率」などを示している。 この予測地図は、前回は2014年に公表されているが、今回の2016年版は、 [全文を読む]

みよし市・トヨタ、災害支援協定を締結

JCN Newswire / 2014年02月06日16時53分

大規模災害時における地域連携・支援を強化Toyota City, Feb 6, 2014 - (JCN Newswire) - みよし市(愛知県みよし市、市長:小野田 賢治)、トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:豊田 章男 以下トヨタ)は、みよし市役所において、みよし市の小野田市長、トヨタの宮﨑専務役員が「災害時における支援協力に関する協定書」 [全文を読む]

福島沖の震度5弱を予測していた、早川教授の地震予報メルマガ

まぐまぐニュース! / 2017年03月03日18時08分

[見解] ○2017/2/27 00:03 福島県沖 M4.9 震度4 ⇒時期:的中、地域:的中、規模:的中 ○2017/2/28 16:52 福島県沖 M5.6 震度5弱 ⇒時期:的中、地域:的中、規模:的中 【サンプル2】 <解析者からのコメント> 引き続き、南東北から北総にかけて強く揺れを感じる地震が起きそうです。 陸域の地震ではM5.5程度と予知 [全文を読む]

災害情報をより簡単に入手できる、ウェブ版ハザードマップ「ココクル?」がグッドデザイン賞を受賞-issue+design、自然災害に備えるため、自治体向けのウェブ版ハザードマップ制作支援サービスを開始

DreamNews / 2014年10月03日14時00分

「南海トラフ大地震」想定地域の各自治体では、すでにハザードマップを策定している所が多いものの、その情報を普段から、住民に広く、わかりやすく知って頂くには工夫が必要です。issue+designは、WEB版ハザードマップの制作を通じて、より多くの方が日常から災害情報に触れる機会をつくることで、いざという時のリスクを減らすことを目指しています。主な特徴:1.携 [全文を読む]

直近大地震「次の震源地」(3)内陸直下型地震にも備えよ

アサ芸プラス / 2013年05月16日09時58分

東日本大地震は震源がすごく大きかったのですが、それを取り巻くような地域に影響があります。少なくとも数十年は、広い意味での余震が続く地域があるでしょう。場所は、関東~中部地域、北陸~東北地域ですね」 もちろん、地震の影響はだんだんと衰えていくのだが、震災前の状態に戻るまでには周辺域に長時間、緊張状態が続くというのだ。そして、冒頭で触れた中国・四川省、淡路で発 [全文を読む]

名古屋市長選挙に伴う公開討論会テーマ確定のお知らせ

DreamNews / 2017年04月06日10時00分

(2)観光政策について 名古屋は、「ものづくり地域」の中心として良く語られる反面、観光については弱いと言われてきました。他方、先般オープンしたレゴランドや、今後2027年にはリニア新幹線が開通予定であるなど、観光都市となり得る条件も少しずつ整ってきています。また、先の名古屋市議会では、名古屋城天守閣の木造復元に向けた10億円の補正予算が条件付きながら可決さ [全文を読む]

Skeed(スキード)、徳島県美波町にサテライトオフィスを開設 ~地域社会の課題解決支援を推進~

DreamNews / 2016年04月21日11時00分

ットワークソリューションを開発・販売する株式会社Skeed(スキード)(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:明石 昌也、以下Skeed)は、地域社会を取り巻く課題解決に向けたソリューション開発を推進するため、徳島県海部郡美波町(町長:影治 信良、以下美波町)にサテライトオフィスを開設することを本日、発表しました。【概要】 我が国の人口は2008年の1億2 [全文を読む]

介護離職 年間10万人時代 高齢期の備え・介護の備えのヒントが見つかるイベント 「オヤノコト.サミット」を開催 3月20日(金)・21日(土・祝)、東京交通会館

DreamNews / 2015年03月03日18時00分

■セミナー・ワークショップ スケジュール ◆セミナー(定員:70名・事前予約不要・参加費無料) 【3月20日(金)】 (1)10:30~11:30 テーマ:どうなる親の介護事情-----2015年度介護保険改正の行方 講 師:白梅学園大学 子ども学部 家族・地域支援学科 教授 山路憲夫 氏 内 容:介護保険がスタートして15年。人類が経験したことがない高齢 [全文を読む]

災害情報をより簡単に入手できるウェブ版ハザードマップ「ココクル?」を震災対策技術展・横浜に出展

DreamNews / 2015年01月22日14時00分

地域課題をデザインの持つ美と共感の力で解決するissue+designは、2015年2月5日(木)~6日(金)に横浜で開催される震災対策技術展にて、ウェブ版ハザードマップ「ココクル」を出展。AR(拡張現実)で動物が避難方向を示す新機能や自治体向け「ウェブ版ハザードマップ」製作支援サービスを紹介いたします。「地域の課題に、市民の創造力を。」をテーマに、地域[全文を読む]

東京直下型地震と財政破綻、ふたつの“地雷”を抱える日本を救う道とは?

週プレNEWS / 2014年05月27日06時00分

事前に司令塔の一部でもほかの地域に分散しておくべきだと考えたのです。 ―首都機能移転の議論は忘れ去られていますね。 高嶋 地方(神戸)に住んでいると、東京一極集中をなんとかしないといけないとすごく感じます。それを解消するには首都に対する考え方を転換しないといけない。東京が首都でなければならない理由はないし、首都を1ヵ所に限定する必要もない。今の時代ならIC [全文を読む]

【10.23】高知市(潮江地区)にてオレンジフラッグ贈呈式・掲出イベントを開催

PR TIMES / 2016年10月18日11時53分

■オレンジフラッグ贈呈式 [画像1: http://prtimes.jp/i/19754/9/resize/d19754-9-769152-3.jpg ] 日時:2016年10月23日(日)午前10:00~10:45(受付開始:09:45~) 場所:高知市青年センター(アスパルこうち)玄関前 特設スペース にて 〒780-8010 高知県高知市桟橋通2丁 [全文を読む]

5月26・27日(伊勢志摩サミット)に「南海トラフ地震」が直撃する!? 専門家が揃って危惧

tocana / 2016年05月21日09時00分

国立研究開発法人建築研究所特別客員研究員(歴史地震学)の都司嘉宣氏は、「地震の活発な地域が、中央構造線沿いに“玉突き事故”のように東の方角に延びていく可能性がある」(「女性セブン」(小学館)、2016年5月5日号)と指摘する。 [全文を読む]

「東海・東南海・南海トラフ型」巨大地震を誘発する兆候が…浜岡原発は大丈夫か?

週プレNEWS / 2016年04月14日06時00分

4月1日の正午近く、関西・近畿・中部地方の広い地域で震度3~4の地震が発生した。 気象庁によると震源は紀伊半島東側約50kmの三重県南東沖海底下29kmで、マグニチュードは6.5。最も震源に近かった紀伊半島南端・串本町の漁業関係者に当時の様子を聞くと、「この辺りの震度は3で、身の危険を感じるほどの揺れ方ではなかった。でも地面がゆらゆら動く状態が2分間以上も [全文を読む]

フォーカス