備え 南海トラフに関するニュース

揺れる日本列島! 南海トラフ巨大地震は2016年に発生する?

週プレNEWS / 2013年04月24日14時00分

今から万全の備えをしておくべきだ。 (取材/週プレ地震取材班) [全文を読む]

【注意】熊本地震の影響か?「南海トラフ地震」のツイートが急増

しらべぇ / 2016年04月15日09時40分

— おか たかし (@onikupuni) 2016年4月14日■冷静な行動と常日頃からの備えをもともと、自称未来人によって行われた書き込みは断片的なもので、東日本大震災を予見したというのはかなり盛った話だ。だが、地震が明確に解明されない限り、今後も大きな地震が起こる度にこのような預言者の存在は出回ることだろう。とはいえ、日本が地震大国である以上、やがて来 [全文を読む]

「34メートル大津波」M9南海トラフ地震の超絶破壊力!(3)原発の「防壁」も突破されて

アサ芸プラス / 2012年04月19日10時58分

その浜岡原発には現在、巨大津波に備えて18メートルの防潮堤を建設中だ。 ところが、南海トラフでM9の地震が発生すると、わずか数分のうちに、なんと21メートルの大津波が襲うというのである。 「非常用電源が復旧する前に、かさ上げした防潮堤を乗り越え巨大津波が押し寄せたら、ガレキやヘドロでますます電源の復旧作業が遅れ、福島第一原発のように炉心溶融が起こるかもし [全文を読む]

自然災害の不安には「保険」と「貯金」どちらが安心?

WEB女性自身 / 2015年07月03日06時00分

自然災害には、避難の心構えなどさまざまな備えが必要ですが、経済的な備えについて考えてみましょう」 そう語るのは、経済ジャーナリストの荻原博子さん。まず、思い浮かぶのが保険。地震や津波、火山噴火の被害は、地震保険で補償される。地震保険は、火災保険などとは違った特徴がある。 【1】国と損害保険会社の共同運営のため、どの保険会社でも保険料や補償内容は同じ。【2】 [全文を読む]

悪魔のデータ。政府発表の「全国地震動予測地図」のデタラメぶり

まぐまぐニュース! / 2016年06月29日19時30分

だってそうでしょう、政府の地震調査委員会の「今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率を示した全国地震動予測地図」の2016年版なんて、オカルト以上のなんの価値も無いどころか、日本国民の地震に対する備えを誤らせ、地震保険の掛け金を誤誘導し、人命を奪う「悪魔のデータ」ですからね。 今回発表されたのは、2016年1月1日を基準日にした「予測」という名の [全文を読む]

池上彰が東海地方での地震について考える!メ~テレ「ドデスカ!UP!防災スペシャル 池上彰と考える!巨大自然災害から命を守れ5 ~南海トラフ巨大地震に備えよ~」が、5月2日(月)よる7時~放送!

PR TIMES / 2016年04月26日10時57分

池上彰×メ~テレ防災特番の第5弾! ジャーナリストの池上彰さんが東海地方を取材し、南海トラフを震源とする巨大地震への備えを考える特別番組の第5弾。今回は、再開発が進む名古屋駅周辺の地震対策、帰宅困難者への対応の現状などをメーンにお伝えします。 [画像1: http://prtimes.jp/i/14977/94/resize/d14977-94-82269 [全文を読む]

裾野市・トヨタ、災害支援協定を締結

JCN Newswire / 2015年08月06日16時28分

一方、トヨタは「人道支援や地域の早期復旧が事業活動の大前提」との考えのもと、南海トラフ地震を含む、様々な自然災害リスクへの備えを更に強化すべく、大規模自社被災やサプライチェーンマネジメントの観点に加え、大規模災害時における地域連携・支援も取り入れた事業継続マネジメント(BCM)の再構築を進めてきた。今回の協定は、こうした両者の趣旨が一致したことにより、大規 [全文を読む]

田原市・トヨタ、災害支援協定を締結

JCN Newswire / 2015年03月24日16時08分

また、トヨタは「人道支援や地域の早期復旧が事業活動の大前提」との考えのもと、南海トラフ地震を含む、様々な自然災害リスクへの備えを更に強化すべく、大規模自社被災やサプライチェーンマネジメントの観点に加え、大規模災害時における地域連携・支援も取り入れた事業継続マネジメント(BCM)の再構築を進めてきた。今回の協定は、こうした両者の趣旨が一致したことにより、大規 [全文を読む]

チリ大地震後に日本大震災が発生するメカニズムとは?(3)「宝永地震」の7年前にも…

アサ芸プラス / 2014年04月24日09時56分

したがって、リスクマネジメントとして舛添要一都知事は五輪返上も選択肢の一つに入れたほうがいいでしょう」 チリ沖地震のあと、日本で巨大地震が起こるまでの最長期間と言われる今後6年は、五輪関係者のみならず、「次に起きる大地震」への心構えや、備えが特に必要だ。 [全文を読む]

震災後の水分補給・ストックに関する調査 vol.4 約半数の家庭で水の備蓄ゼロ 3日分以上備蓄している家庭は1割に満たず 南海トラフ断水被害が大きいエリアの備蓄意識は高まる

PR TIMES / 2013年08月19日15時52分

2011年より、小学生の子どもがいる母親800名に対し、「震災時の備えと水分補給に関する調査」を実施しており、経年で備蓄や水分補給に対する意識を調べています。2013年6月に実施した調査では、水のストックをしている家庭は約半数にとどまり、災害後に救援体制が整うといわれる「3日以上の備蓄」をしている家庭は全体のわずか3.8%しかいないという結果になりました。 [全文を読む]

大規模災害から自分とペットを守る~行っておくべき<当たり前の備え>とは?

ヘルスプレス / 2017年09月17日13時00分

そうした大規模災害に備えようと、「防災の日」9月1日に前後して各地で避難訓練が実施された。中でも今年の報道でとりわけ目立ったのが、犬などの「ペットと一緒に参加する訓練」だ。 8月27日には、長野県須坂市で震度6の大地震を想定した訓練が行われ、犬20頭とその飼い主が参加。滋賀県米原市では9月3日に犬を対象とした避難訓練を開催し、参加者はインストラクターからし [全文を読む]

大地震、「●年以内に●地域で発生する確率●%」は当たらない?最低限買っておくべき物とは…

Business Journal / 2017年04月16日21時00分

●地震への備え あらためて、「●年以内に●●エリアで地震が発生する確率は●%」という予測が、どれほど外れてきたかを考えてみると、どのエリアでも常に地震への備えをしていなければならないことがわかる。しかしながら、やはり地震の発生確率が高い地域が存在するのも事実だ。「いつ起きるかという予測は困難ですが、南海トラフ巨大地震と首都圏直下型地震は、いつか起きるのは間 [全文を読む]

【今年の巨大地震危険日一覧】超巨大地震と潮流の関係が判明! 311もスマトラも当てはまる!?

tocana / 2016年09月23日11時00分

■大災害への備えが喫緊の課題 井出教授らの主張は、日本では南海トラフ地震の警戒に結びつき、アメリカではカリフォルニア州のサンアンドレアス断層での巨大地震への備えが意識されている。一説によれば南海トラフ地震では最大で32万人の死亡者数が予測されていて、建物の密集地域が多い日本での被害は計り知れないものがある。 [全文を読む]

唯一予知できる?東海地震に備える

tenki.jp / 2016年09月01日21時14分

防災の日の今日は、『東海地震』について知り、備える日にしてみませんか?東海地震・東南海地震・南海地震の想定震源域『東海地震』とは?9月1日は防災の日。「防災」と考えるとなかなか難しいものですが、万が一の時、知っていると知らないで命を守れる可能性が大きく変わってきます。今日は知っているようで知らない『東海地震』についてお話します。 静岡県駿河湾の海底に「駿河 [全文を読む]

全労済大阪『防災・減災体験型イベント』3月19日開催 子どもと一緒に災害に“備える” 14の体験ブースで災害時の知識・対応力を養う

@Press / 2016年03月15日11時00分

URL: https://www.zenrosai.coop/index.html 同イベントは、発生が懸念されている南海トラフ地震への身近な備えについて多くの人に知ってもらうために開催。防災・減災の3つの視点である「備える」「守る」「再建する」ことの必要性を楽しみながら学ぶことを目指しています。 また、子育てをおこなう世代の人に役立つ情報やこどもと一緒 [全文を読む]

介護離職 年間10万人時代 高齢期の備え・介護の備えのヒントが見つかるイベント 「オヤノコト.サミット」を開催 3月20日(金)・21日(土・祝)、東京交通会館

DreamNews / 2015年03月03日18時00分

南海トラフ地震、首都直下型地震に備えて、親のために今何をすべきか。家具の転倒防止対策を中心に、具体的な「自助」と「共助」の取り組みを紹介します。 (4)15:00~16:00 テーマ:「オヤノコト」世代必聴! 増税後の「相続対策」 講 師:税理士法人斎藤会計事務所 資産税チームリーダー 和田健二 氏 (ファイナンシャルプランナー) 内 容:ついに平成27年 [全文を読む]

みよし市・トヨタ、災害支援協定を締結

JCN Newswire / 2014年02月06日16時53分

また、トヨタは「人道支援や地域の早期復旧が事業活動の大前提」との考えのもと、南海トラフ地震を含む、様々な自然災害リスクへの備えを更に強化すべく、大規模自社被災やサプライチェーンマネジメントの観点に加え、大規模災害時における地域連携・支援も取り入れた事業継続マネジメント(BCM)の再構築を進めてきた。今回の協定は、2013年10月の豊田市との包括的災害支援協 [全文を読む]

地震の備え 木造住宅は非常持出品、マンションは備蓄品が重要

NEWSポストセブン / 2012年05月02日16時01分

阪神・淡路を含め、その後の大地震の教訓からか、多くの人が地震に対し何らかの備えを行っていた。 そして、いざ大地震を経験して初めてわかった本当に必要だったものと足りなかったもの。現地の声を聞き、荒尾氏は改めて、いますぐ準備すべき「非常持出品」と「備蓄品」を挙げてくれた。 * * * 近く発生の危機が叫ばれている首都直下型地震の被害想定が改められた。震度6強か [全文を読む]

何度も大災害でも、「十分備えてる」は3%の日本人…無意味な防災訓練、消防団員も高齢化

Business Journal / 2016年11月18日06時00分

いつ起きるかわからない震災に備えるためには、もっと市民参加型の実践的な訓練を何度も行わなければ、いざというときに役に立たないのではないのか。訓練内容の見直しの必要性を強く感じた。●巨大地震の想定はしていても備蓄などの取り組みは不十分 東日本大震災から5年以上たった。今年も4月の熊本地震、10月の鳥取地震が起きたほか、8月以降には迷走台風などが相次ぐなど、日 [全文を読む]

マンション、間違った地震対策&発生時の対応は危険!「近所力」が被害を大きく左右

Business Journal / 2016年09月02日06時00分

●震災発生時の備えで大事なこと――その指針となる机上防災訓練ワークショップテキスト『マンションだから地震に強くなれる本』(大和ライフネクスト)をこの春、丸山さんらがまとめられました。丸山 防災に関して何かやろうとすると、「自分は大丈夫」とリスクを過小評価する「正常化バイアス」や、「誰も防災の準備をしていないのだから、自分もやらなくてもいい」という「リスキー [全文を読む]

フォーカス