範囲 南海トラフに関するニュース

今年の11月に南海トラフ地震がくる!? 研究者など20人以上が出した予想とは?

ハピズム / 2013年07月08日13時30分

必ず起きると言われ続けていながら、10年以内には20%、30年以内に60%~70%と、曖昧な範囲でしかわからない。そこで、科学がダメならば別の角度から予測してみようということらしい。 週刊現代編集部は、20人の占い師・霊能者に南海トラフ地震の発生時期を占ってもらった。そのうちの何人かの予測を紹介する。■占い師の予想■2014年3月17〜21日説 海外の人物 [全文を読む]

災害情報をより簡単に入手できる、ウェブ版ハザードマップ「ココクル?」がグッドデザイン賞を受賞-issue+design、自然災害に備えるため、自治体向けのウェブ版ハザードマップ制作支援サービスを開始

DreamNews / 2014年10月03日14時00分

こうした中、災害による被害を予測し、その被害範囲や避難経路を地図化したハザードマップの重要性が高まっています。特に、「南海トラフ大地震」が発生すると予測されている太平洋沿岸の自治体では、巨大津波への防災対策が急務とされています。 一方、現状各自治体が公開しているハザードマップは、ホームページ上でPDFなどのファイルで公開していることが多く、災害発生時におけ [全文を読む]

「34メートル大津波」M9南海トラフ地震の超絶破壊力!(3)原発の「防壁」も突破されて

アサ芸プラス / 2012年04月19日10時58分

パニックで住民同士が傷つけ合うような事態にもなりかねません」 ともあれ、今、我々ができる範囲では、どんな備えをしておけばいいのか。 「まず、『建物に殺され』てはしかたないので、家屋の耐震化を急ぐことです。そして、家具に殺されないようタンスなどの大きな家具の四隅を固定し、上からつっかえ棒のようなもので天井を支えるようにして、転倒を防止する。巨大地震は今すぐか [全文を読む]

南海トラフ:前震など基に防災情報 予知前提は見直し

毎日新聞 / 2017年09月26日21時53分

2~3日前の予知を前提に出す東海地震の「警戒宣言」を事実上凍結し、前震などの異常現象を受け、より範囲の広い南海トラフ全域を対象とした情報を発表する。 有識者会議がこの日、政府に提出した最終報告書は、南海トラフ巨大地震の震源域の東側で大規模地震が発生した場合や、同震源域でマグニチュード(M)7程度の地震が発生した場合は大規模地震につながる可能性があるとし、政 [全文を読む]

伊予灘地震的中させた学者が3か月以内の南海トラフ地震予測

NEWSポストセブン / 2014年03月21日07時00分

中国、四国、九州地方の広い範囲で震度4以上の揺れを観測し、愛媛県では13年ぶりとなる震度5強を記録した。 冒頭は3月12日付のメールマガジン『週刊 MEGA地震予測』の指摘だが、ズバリ的中させていたのは、東大名誉教授の村井俊治氏だ。 村井氏は地震学者ではなく、地表の位置関係を測定する測量工学の権威。その彼が注目しているのは、人工衛星で観測される地殻の動きだ [全文を読む]

鳥取の震度6は南海トラフ地震の前兆か? 「平成の4連続巨大地震」の可能性と伊勢神宮の予言!

tocana / 2016年10月22日09時00分

まだ被害の全貌は見えていないが、広い範囲で建物が破損したり棚から物が落ちるなどの報告が相次いでおり、負傷者の情報もある。今後の余震に十分な警戒が必要だ。 人々の命を守るという使命感の下、トカナはこれまで数多くの研究者の予測、そして体感者や予言者による報告を紹介してきた。そこで明らかになったのは、「環太平洋火山帯」(別称:炎の輪)に位置する日本列島が現在、地 [全文を読む]

南海トラフ「ひずみ」報道に列島が震撼。巨大地震は本当に来るのか?

まぐまぐニュース! / 2016年06月01日10時46分

その内容とは、南海トラフ周辺の広い範囲で、地震を引き起こす源とされる「ひずみ」が蓄積されている、というものだ。 南海トラフといえば、四国の南方から駿河湾に至る海底に存在する水深4000m級の海溝で、近い将来起こるとされる、巨大地震の震源域として注視されているエリア。国が発表した被害想定によると、最大でマグニチュード9クラスという巨大な地震の発生が見込まれて [全文を読む]

2015年初頭までに日本を巨大地震が襲う!? 村井名誉教授が指摘する「4つの警戒ゾーン」! 3.11以来の危機か?

tocana / 2014年10月02日09時00分

すると、その全てのケースで、数日前から数カ月前の範囲で「前兆現象」が見られた。ここでいう前兆現象とは、電子基準点の位置の微小な変動であり、具体的には1週間単位の短期間で基準点にどれだけ上下動があったかを調査し、4センチ以上の場合に「警戒ライン」とするものである。村井氏はこの地震予測方法を、共同研究者の荒木春視工学博士とともに「地震・火山噴火予知方法」として [全文を読む]

的中率75%の地震予測! 東大名誉教授「来年3月までに南海トラフ巨大地震が起きる」

tocana / 2013年12月08日08時00分

具体的には、電子基準点の移動の幅が通常の範囲からはずれた後に、それが数週間〜数カ月後に元に戻った時点で、地震が発生するという。何日後に地震があるとは、まだはっきり言える段階ではないが、「必ず地震が起きる」ことは、過去の事例から言えるようになったと村井氏は断言する。■東日本大震災で出た異常と同じ動きが南海トラフ付近で...!? 東日本大震災の前には、5週間 [全文を読む]

南海トラフ地震で世界遺産・三保の松原と登呂遺跡が消滅する!

週プレNEWS / 2013年09月03日18時00分

破壊範囲が最も広い南海トラフ地震から始まる3連動巨大地震の発生確率に一本化し、その3連動巨大地震が発生する確率を60~70%(30年以内)とした。 伊豆半島から九州まで広がる3連動の“南海トラフM9巨大地震”が発生した場合、その被害も甚大だ。内閣府の「有識者検討会」も、南海トラフ巨大地震の経済被害は、東日本大震災の10倍、220兆円に達し、死者数は最悪で3 [全文を読む]

細川護煕がTOKYO FM生出演!防災プロジェクトを国民運動に!熱意を語る! ◇9月3日(月)TOKYO FM防災スペシャル~南海トラフ・首都直下地震に備える~◇

PR TIMES / 2012年08月31日16時55分

23区では東部の広い範囲で液状化が起こるという報告もされています。 そこで、TOKYO FMでは、この南海トラフ地震と首都直下地震に備える防災特番「PROTECT MYSELF~自助と共助の大切さを考える~」を、8月31日(金)、9月1日(土)、9月3日(月)の3日間放送します。 中でも、9月3日(月)の朝のワイド番組「Blue Ocean」(月~金 8: [全文を読む]

大地震、「●年以内に●地域で発生する確率●%」は当たらない?最低限買っておくべき物とは…

Business Journal / 2017年04月16日21時00分

そのなかで、『今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率』を示した地図を見てみると、やはり関東地方、東海地方、そして南海トラフの範囲に入る四国南岸や、紀州半島の南側が濃い朱色になっています。ところが、熊本地震にしても、阪神淡路大震災にしても、この地図では黄色だったことを忘れてはいけません」(島村教授) 実際に、熊本地震が発生した際、現地で被災者たちか [全文を読む]

災害時非常袋に入れておくべき25のグッズ

NEWSポストセブン / 2016年12月03日07時00分

今回の地震では、青森県から千葉県にかけた広い範囲で津波が押し寄せ、宮城県の仙台港では高さ1.4mにまで達した。最大で40mを超える大津波が人と街をのみこんだ東日本大震災以降では最も高い津波だった。 衝撃を与えたのは、今回の地震が東日本大震災の余震ということ。それは、今後も起こる可能性があるという。30年以内に約70%の確率で発生するとされる首都直下型地震 [全文を読む]

何度も大災害でも、「十分備えてる」は3%の日本人…無意味な防災訓練、消防団員も高齢化

Business Journal / 2016年11月18日06時00分

「日常生活において、災害への備えは」との質問に「十分取り組んでいる」は3.4%、「できる範囲で取り組んでいる」が34.4%と、「取り組んでいる」人はトータルで37.8%にとどまった。 [全文を読む]

瓦礫の下にいる生存者の動き・呼吸を感知する人命探査装置 災害発生時に利用できるレンタルを開始

@Press / 2016年11月09日11時00分

・現場状況によって測定範囲は変動します。 ・生存者を必ず見つけられることを保証するシステムではありません。 ■人命探査装置URL http://www.rex-rental.jp/anz/lifelocator-trx.html ■会社概要 商号 : 株式会社レックス 代表者 : 代表取締役 正垣 嘉之 所在地 : 〒662-0934 兵庫県西宮市西宮浜 [全文を読む]

【地震予測】2016年上半期は震度5以上が23回も。巨大地震の可能性は?

まぐまぐニュース! / 2016年07月03日12時00分

つい先日には海上保安庁が、南海トラフ周辺の広い範囲で地震を引き起こす源とされる「ひずみ」が蓄積されていると明らかにするなど、大規模地震の発生がさらに現実味を帯びてきている日本列島。上記の地域にお住まいの方はもちろんだが、それ以外の地域にお住まいの方も、最新の地震予測情報を参考に、来る日に向けて備えを万全にしておきたいものだ。 image by: Shut [全文を読む]

安倍政権、熊本地震で窮地に。大失敗の初動で見えた総理の悪い兆候

まぐまぐニュース! / 2016年04月18日19時30分

熊本大地震で安倍政治も大揺れ 熊本大地震は、9月14日21:26の最初のマグニチュード6.5、最大震度7の大きな揺れが実は「前震」にすぎず、それから28時間も経ってからM7.3、最大震度6強の阪神大震災クラスの「本震」が来るという「今までの経験則から外れた」(気象庁)動きを示しており、しかも発生から48時間以内に322回もの強震が広い範囲にわたって連鎖的 [全文を読む]

ケアマネの消防隊立ち上げ物語−専門職の視点と地域貢献 vol.1

けあZine / 2015年01月23日07時00分

地震から多くの教訓を学びましたが、その一つは、自分が住むマンションが南海トラフ地震の津波被害想定範囲内に存在しているという現実です。 マンションの管理組合理事会と町会役員の意見交換の中でも、「津波の対策を考えないと」という意見が出てきました。そこでAさんは、「住民主体の組織として自衛消防隊をつくってはどうですか?」と提案しました。 町会はもともと、各町会 [全文を読む]

災害情報をより簡単に入手できるウェブ版ハザードマップ「ココクル?」を震災対策技術展・横浜に出展

DreamNews / 2015年01月22日14時00分

こうした中、災害による被害を予測し、その被害範囲や避難経路を地図化したハザードマップの重要性が高まっています。特に、「南海トラフ大地震」が発生すると予測されている太平洋沿岸の自治体では、巨大津波への防災対策が急務とされています。一方、現状各自治体が公開しているハザードマップは、ホームページ上でPDFなどのファイルで公開していることが多く、災害発生時における [全文を読む]

地震動予測地図最新版公開!30年で震度6以上の地域増加

秒刊SUNDAY / 2014年12月19日19時58分

また関東でも広い範囲で色が濃くなっており昨年よりも危険度が増していることが判明。昨年と比べても明らかに赤い地域が増えているのが良くわかる。特に関東は顕著に増加していることから、関東大震災や大規模な地震が差し迫ってくることが予想されている。「今後30年間発生する確率」ということで、赤い地域は最大100%である。つまり、発生する確率が高いというより必ず発生する [全文を読む]

フォーカス