対策 南海トラフに関するニュース

熊本震度7は「南海トラフ」大地震の前兆か? 危険と隣り合わせの時代へ

まぐまぐニュース! / 2016年05月12日19時30分

2013年3月、中央防災会議・南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループは第2次報告をまとめ、以下のように「想定の性格」を記している。 モデル検討会で想定された南海トラフ巨大地震は、最新の科学的知見に基づく最大クラスの地震である。明確な記録が残る時代の中ではその発生が確認されていない地震であることから、一般的に言われている「100年に一度」というような [全文を読む]

介護離職 年間10万人時代 高齢期の備え・介護の備えのヒントが見つかるイベント 「オヤノコト.サミット」を開催 3月20日(金)・21日(土・祝)、東京交通会館

DreamNews / 2015年03月03日18時00分

(3)13:30~14:30 テーマ:親の安全な住環境のために防災・減災の視点から! 講 師:一般社団法人わがやネット 代表理事 児玉道子 氏 内 容:安全を確保するための住環境整備は、バリアフリー対策だけではありません。南海トラフ地震、首都直下型地震に備えて、親のために今何をすべきか。家具の転倒防止対策を中心に、具体的な「自助」と「共助」の取り組みを紹 [全文を読む]

津波対策:大川小教訓、生かさず 小学校の過半数研修なし

毎日新聞 / 2017年09月02日08時40分

南海トラフ 浸水想定104教委 南海トラフ巨大地震津波で小学校が被災する恐れのある104の市町村教育委員会のうち、各校の防災責任者に昨年度、津波対策の研修を実施したのは半数以下の48にとどまることが毎日新聞のアンケートで分かった。東日本大震災の津波で84人が死亡・行方不明となった宮城県石巻市立大川小学校の教訓を踏まえた研修の必要性が指摘されているが、十分に [全文を読む]

チリ大地震後に日本大震災が発生するメカニズムとは?(2)活発化する太平洋プレート

アサ芸プラス / 2014年04月23日09時56分

国は南海トラフ地震の警戒を呼びかけ、関東以西は津波対策をしていますが、離島はノーガードですから心配ですね」 参考までに言えば、東京湾に津波が入ってきても、浦賀水道でエネルギーが減衰されるため心配はないというのが通説だ。が、入射角しだいでは10メートルクラスの津波に襲われることも予想される。 [全文を読む]

「MOC 家具転倒防止グリップウォールシステム」(特許査定済) 長周期地震動に対する家具転倒防止性能を確認 「京都大学防災研究所強震応答実験装置」での実験動画を公開

PR TIMES / 2014年03月10日17時01分

この実験 により、無対策では大きく揺れ動き転倒した家具も、当システムを採用することでしっかりと固定さ れ、転倒を回避できることを確認しました。 http://youtu.be/_MkJxxHoJr4 【実験動画公開URL】 ※もしくは「YouTube」にて「グリップウォールシステム」で検索(https://www.youtube.com/) ■当システムは [全文を読む]

フジワラ産業 津波避難のための簡易施設発表

@Press / 2013年01月16日15時30分

環境・防災設備機器メーカーのフジワラ産業(所在地:大阪府大阪市、代表取締役:藤原 充弘、以下「当社」)は、阪神淡路大震災を契機に早期から津波避難タワーを始め各種地震・津波対策機器および設備の開発に取り組んできました。 東北大震災の巨大津波により甚大な被害を蒙り、さらには南海トラフの巨大地震が予想される中で、「より早く、より高い場所へ」避難することが求められ [全文を読む]

南海トラフ:津波研修、過半数が未実施 浸水想定域の教委

毎日新聞 / 2017年09月01日12時18分

南海トラフ巨大地震津波で小学校が被災する恐れのある104の市町村教育委員会のうち、各校の防災責任者に昨年度、津波対策の研修を実施したのは半数以下の48にとどまることが毎日新聞のアンケートで分かった。東日本大震災の津波で84人が死亡・行方不明となった宮城県石巻市立大川小学校の教訓を踏まえた研修の必要性が指摘されているが、十分に実践されていない実態が浮かんだ。 [全文を読む]

NTTファシリティーズ、AIで建物の揺れを50%以上低減するアクティブ制震技術

マイナビニュース / 2017年08月31日09時39分

NTTファシリティーズは8月30日、超高層建物の長周期地震動対策として、振動制御にAIを利用する新しいアクティブ制振技術を開発したと発表した。2017年中に完成させ、2018年1月からの本格提供を予定している。 同技術では、建物の揺れを抑制するようにダンパーを自律的に制御するAIの導入により、パッシブ制振を上回る制振効果を実現するという。 AIの開発には強 [全文を読む]

業界初『SS21/正弦波合成法による地震波作成プログラム』が「国土交通省長周期地震動対策 *1」で用いられる「基整促波」の作成機能を強化

@Press / 2017年06月26日16時00分

さらに平成28年6月24日に国土交通省住宅局建築指導課より示された「超高層建築物等における南海トラフ沿いの巨大地震による長周期地震動への対策について」の技術資料別紙3の「観測データに基づく設計用長周期地震動の作成について」に記載されている方法による長周期地震動(以下「国土交通省長周期地震動」)も作成することができます。 ■ソフトウェアの詳しい機能 URL [全文を読む]

田原市・トヨタ、災害支援協定を締結

JCN Newswire / 2015年03月24日16時08分

田原市では、南海トラフ地震の発生が危惧される中、津波避難対策、耐震対策を中心とした防災・減災対策に積極的に取り組んでいるが、大規模災害時には、行政による対応のみでは限界があることから、市民、地域、事業者等との連携、協働による災害に強いまちづくりを進めている。また、トヨタは「人道支援や地域の早期復旧が事業活動の大前提」との考えのもと、南海トラフ地震を含む、様 [全文を読む]

巨大地震に備える「南海トラフ法」 これで防災対策は万全になるのか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年01月15日20時40分

そこを震源にして起きる地震や津波に備えるための「南海トラフ地震対策特別措置法(南海トラフ法)」が昨年11月、国会で可決・成立した。 法律の柱は、避難施設の整備や、住宅・公共施設の高台移転事業を推進することだ。国から「津波避難対策特別強化地域」に指定された市町村は、達成時期を示した事業計画を作成し、国の補助を受けながら事業を進めることになる。 警鐘が鳴らされ [全文を読む]

<9月1日は防災の日>139市町村対象に独自調査を実施!「津波防災対策のソフト面対策自治体ランキング2017」

PR TIMES / 2017年08月30日18時42分

~1位 神奈川県葉山町、2位 千葉県安房郡鋸南町、3位 宮崎県日向市~ 日本発の津波防災の合図である「オレンジフラッグ」を普及啓発するプロジェクト「#beORANGE(URL:http://beorange.jp/)」を企画・運営する一般社団法人防災ガール(代表理事:田中美咲 以下、防災ガール)は、南海トラフ地震で被害が予想されている全国14都道府県の沿岸 [全文を読む]

世界最大級!欧米も注目する12,000坪の ドローン専用飛行場が江東区 潮見に10月25日OPEN ~東京都内におけるドローン飛行練習不足と、パイロット不足を解消~

DreamNews / 2016年10月18日18時00分

4年後の東京オリンピック・パラリンピックで競技空撮以外にも、防犯・テロ対策として期待されているドローン。選手・国民・国を守るため、確かな技術を持ったドローンパイロットの育成を目指します。東京オリンピックの経済規模30兆円を守るのは日本最新鋭のドローンたちだ!■どんな暗がりでも逃さない赤外線搭載ドローン 小型ドローンに搭載された赤外線サーモグラフィカメラで空 [全文を読む]

SBSグループ、BCP緊急時対応訓練を実施 -緊急時情報伝達、代替拠点設営、災害時特設サイトへのアクセスを訓練-

DreamNews / 2016年07月29日15時00分

今回の訓練の内容は、当社内に設置した中央対策本部から鎌田代表が「緊急事態宣言」を発令、グループ各社や代替拠点との間で安否確認報告や情報交換などを行いました。また、シナリオにない「安否不明者がいる」との情報が本部に飛び込み、対応力を試す場面もありました。 一方、全従業員は、事前に配付された「緊急時の行動ハンドブック」の内容および本人情報や会社連絡先などの記 [全文を読む]

悪魔のデータ。政府発表の「全国地震動予測地図」のデタラメぶり

まぐまぐニュース! / 2016年06月29日19時30分

どういうことかというと、この「オカルトデータ」を元にして、東海地方をはじめ、東海・南海トラフ沿いの地域に莫大な地震対策費が付けられ、地震利権が強大な公共事業のエンジンになって来たんです。第二名神、今はこの名称使用が封じられて「新名神」って言わなくちゃいけないんですが、この高速道路網整備の大義は「東南海地震の際、既存の高速道路が壊れた時のバックアップ」でし [全文を読む]

池上彰が東海地方での地震について考える!メ~テレ「ドデスカ!UP!防災スペシャル 池上彰と考える!巨大自然災害から命を守れ5 ~南海トラフ巨大地震に備えよ~」が、5月2日(月)よる7時~放送!

PR TIMES / 2016年04月26日10時57分

今回は、再開発が進む名古屋駅周辺の地震対策、帰宅困難者への対応の現状などをメーンにお伝えします。 [画像1: http://prtimes.jp/i/14977/94/resize/d14977-94-822690-0.jpg ] スタジオゲストは、漫画家の江川達也さん(名古屋市出身)と、麻木久仁子さん、浅尾美和さん(三重県出身)、原口あきまささん。東海地 [全文を読む]

「東海・東南海・南海トラフ型」巨大地震を誘発する兆候が…浜岡原発は大丈夫か?

週プレNEWS / 2016年04月14日06時00分

現在、浜岡原発には運転再開の条件として津波対策の「防波壁」が築かれている。しかし現地を取材してみると、その実態は「こんな薄い壁で本当に大丈夫なのか?」と言わざるを得ないものであることが判明した。 果たして、浜岡原発の災害対策の実態とは? 発売中の『週刊プレイボーイ』17号で、詳しく検証しているので、ぜひそちらでお読みいただきたい。 (取材・文/有賀 訓 [全文を読む]

裾野市・トヨタ、災害支援協定を締結

JCN Newswire / 2015年08月06日16時28分

裾野市では、駿河トラフ、南海トラフ及び相模トラフ沿いで巨大地震の発生が危惧される中、耐震対策を中心とした防災・減災対策に積極的に取り組んでいるが、大規模災害時には、行政による対応のみでは限界があることから、市民、地域、事業者等との連携、協働による災害に強いまちづくりを進めており、また、静岡県においては、防災・減災と地域成長を両立させる「内陸のフロンティア」 [全文を読む]

ケアマネの消防隊立ち上げ物語−専門職の視点と地域貢献 vol.2

けあZine / 2015年01月26日07時00分

ゆえに、若い元気な人以外の、高齢者・主婦・低層階の方など、力仕事は難しいが災害対策への意見を提示できる方も消防隊員として人選した。 (3)地域防災担当及び水防団との連携 町会が行っている地域防災組織との連携は重要なことである。そのため、地域防災担当及び水防団の方には消防隊員として入隊してもらい、連携の窓口になっていただいた。 2. 消防隊の予算 災害対策[全文を読む]

災害情報をより簡単に入手できる、ウェブ版ハザードマップ「ココクル?」がグッドデザイン賞を受賞-issue+design、自然災害に備えるため、自治体向けのウェブ版ハザードマップ制作支援サービスを開始

DreamNews / 2014年10月03日14時00分

特に、「南海トラフ大地震」が発生すると予測されている太平洋沿岸の自治体では、巨大津波への防災対策が急務とされています。 一方、現状各自治体が公開しているハザードマップは、ホームページ上でPDFなどのファイルで公開していることが多く、災害発生時における自分の現在地がわかりにくい、またスマートフォンでは見にくい、という課題を抱えていました。issue+desi [全文を読む]

フォーカス