予想 南海トラフに関するニュース

熊本震度7は「南海トラフ」大地震の前兆か? 危険と隣り合わせの時代へ

まぐまぐニュース! / 2016年05月12日19時30分

近い将来、南海トラフ地震が襲ってくることは予想できる。しかし、政府の立場は「人心の安定」をはかることだ。 「1,000年に一度か、もっと低い頻度で発生する地震」であり、さほど心配することはない。しかしひとたび起きると、甚大な被害をこうむる。だから「正しく恐れてほしい」と絶妙な言葉づかいで国民に語りかける。 しかしそこには、220兆円という途方もない経済損 [全文を読む]

春までに南海トラフ地震ついに来る?ネットでも不安広がる

秒刊SUNDAY / 2014年01月12日12時00分

いつしか「来る来る詐欺」とまで言われてしまった近畿地方の巨大地震ですが、昨年9月に発生することが予想され早半年。いまだに地震が来る気配はなく、この問題を指摘した串田氏も割と最近は弱気な発言をしております。しかしそんな中、昨日淡路島地震などを的中させてきたという測量学の権威である村井氏がZAKZAKのインタビューで「春までに起きる可能性」と指摘している。 ― [全文を読む]

チリ大地震後に日本大震災が発生するメカニズムとは?(2)活発化する太平洋プレート

アサ芸プラス / 2014年04月23日09時56分

が、入射角しだいでは10メートルクラスの津波に襲われることも予想される。 [全文を読む]

今年の11月に南海トラフ地震がくる!? 研究者など20人以上が出した予想とは?

ハピズム / 2013年07月08日13時30分

■占い師の予想■2014年3月17〜21日説 海外の人物では、著名な透視能力者ジム・ワトソン氏がいる。氏の予測では、南海トラフ地震が起きるのは来年3月17日~21日だという。他に、来春2回続けて大地震があり、2回目は千葉で津波があるが、被害は小規模だという。■2015年3月21日説 占星術を用いてネット上で地震予知を行うトレビアンヌ氏は、南海トラフ地震の発 [全文を読む]

南海トラフ被害 大阪で死者133万人超予想・国の調査の13倍

NEWSポストセブン / 2013年11月11日16時00分

「冬の平日午後6時にM9.1の南海トラフ地震が起きる」と仮定した場合、大阪府だけで約18万棟の建物が全壊し、約13万4000人が犠牲になると予想したのだ。 前出の政府の調査では、大阪府の死者数は9800人。13倍もの数字の違いがあるのだ。大阪府の担当者は、その理由をこう話す。 「国は概算を出しただけ。都道府県独自の調査は、地形や堤防の状況など、より詳細に分 [全文を読む]

M10の地震が60分続く!? 南海トラフ地震の最悪の被害予想

ハピズム / 2013年04月30日09時00分

・ブログ「探求三昧」 [全文を読む]

唯一予知できる?東海地震に備える

tenki.jp / 2016年09月01日21時14分

【東海地震が発生した際の各地の予想震度】 (震度7) 静岡県、山梨県の一部 (震度6強~6弱) 静岡県のほぼ全域および山梨県、愛知県、神奈川県、長野県、岐阜県の一部 (震度5強程度) 上記に隣接する周辺の地域 【東海地震が発生した際の予想される津波の高さ】 (5~10mところによりそれ以上の大津波) 伊豆半島南部、駿河湾から遠州灘、熊野灘沿岸および伊豆諸 [全文を読む]

首都直下地震「死者2万3千人」の想定は甘すぎる!? 政府が隠す、本当の被害とは?

tocana / 2014年02月11日09時00分

厳密にいうと直下地震ではなくなるが、震源が限りなく陸地に近ければ同等の被害も予想される。・「1年以内に起きる」濱嶌良吉元前橋工科大学教授 また、地殻活動の専門家で元前橋工科大学教授の濱嶌良吉氏は、あと1年以内ぐらいに、富士山の噴火と同時に首都直下型の地震が発生すると予測している。・「今年は起きないが、震度5〜6が起きる」松原照子予言者 大地震についての予言 [全文を読む]

南海トラフ地震 死者32.3万人で倒壊家屋238.6万棟との試算

NEWSポストセブン / 2013年03月11日16時00分

実際に高知県黒潮町の34.4mをはじめ、静岡県南伊豆町で25.3m、三重県尾鷲市で24.5mと東日本大震災をはるかに超える大津波が予想されている。津波による浸水域は最大1015平方キロメートルと東日本大震災の1.8倍。被害想定マップでは、静岡県から四国・九州沖までの太平洋沿岸部一帯で津波は10mを超える。 さらに恐ろしいのが、津波の到達時間だ。震源域が陸地 [全文を読む]

<9月1日は防災の日>139市町村対象に独自調査を実施!「津波防災対策のソフト面対策自治体ランキング2017」

PR TIMES / 2017年08月30日18時42分

~1位 神奈川県葉山町、2位 千葉県安房郡鋸南町、3位 宮崎県日向市~ 日本発の津波防災の合図である「オレンジフラッグ」を普及啓発するプロジェクト「#beORANGE(URL:http://beorange.jp/)」を企画・運営する一般社団法人防災ガール(代表理事:田中美咲 以下、防災ガール)は、南海トラフ地震で被害が予想されている全国14都道府県の沿岸 [全文を読む]

【大地震】恐怖! 南海トラフで“163年分のひずみ”の蓄積が観測される!! 東大教授「いつ起きても不思議ではない」

tocana / 2017年03月15日07時00分

政府はこの死者数を減らすため、震度6弱以上の激しい揺れが予想される29都府県、707市町村を防災対策推進地域に指定し、対策の強化を急いでいる。 東日本大震災級、いやそれ以上の深刻な被害が予想される南海トラフ地震は、もはやいつ起きてもおかしくない状況だという。「ANNnews」が3月7日報告したところによると、南海トラフ周辺の地殻で強い“ひずみ”が溜まってい [全文を読む]

世界最大級!欧米も注目する12,000坪の ドローン専用飛行場が江東区 潮見に10月25日OPEN ~東京都内におけるドローン飛行練習不足と、パイロット不足を解消~

DreamNews / 2016年10月18日18時00分

被害総額最大220兆円!戦後最大規模が予想される南海トラフ地震 迫りくる災害にもドローンが役立つ想定最大マグニチュード最大9.1、想定死者数最大33万人、今後数年~数十年間のうちに起こると推測されている南海トラフ地震。その被害総額は最大220兆円ともいわれています。東日本大震災よりネックとなっていた災害時のドローン活用の課題はまだまだ残されておりますが、現 [全文を読む]

海抜0m地帯の“豊洲”はどーなる? 災害研究の重鎮が緊急警告!! 日本で年々現実味を増す「未曾有の大水害」にどう対応すべきか?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月13日06時30分

街には移動困難者があふれることが予想できる。地下鉄トンネル内には水門があるが、浸水が始まる前に余裕を持って閉めることは現実的には困難。にもかかわらず、駅の出入り口に止水板すらないところがあり、あっても不十分。複雑な地下連絡通路網は、超高層ビルの地下と接続している。 また、「南海トラフ地震」がマグニチュード9で発生した場合、大阪では3.8メートルの津波の来襲 [全文を読む]

フジワラ産業 「防潮堤簡易起伏プレート堰」を開発 高すぎる津波対策防潮堤に対する解決策として

@Press / 2014年06月12日14時30分

■平時は倒伏、津波襲来時に起立して高い津波から守る 東日本大震災や南海トラフ巨大地震の予想により、津波対策用の防潮堤の高さが大幅に見直しされています。岩手県、宮城県をはじめとした各地で計画されている巨大防潮堤に対して、「津波の状況がわからない」、「なりわい(漁業など)の妨げとなる」、「景観を損なう」など地域住民から疑問や見直しを求める声が上がっています。 [全文を読む]

「32万人が死亡」予測された南海トラフ地震 政府が発表しない、本当の被害で「日本沈没」も?

ハピズム / 2013年06月25日09時00分

特に筆者が恐れるのは、名古屋における被害が予想以上に甚大なものとなるのではないかということ。そう考えるのは、それなりの根拠がある。 予言者の松原照子氏は、2012年2月8の「世見」で、こう書いている。 [全文を読む]

直近大地震「次の震源地」(3)内陸直下型地震にも備えよ

アサ芸プラス / 2013年05月16日09時58分

活断層・内陸型直下型地震の影響も周辺域に長く残り、大きな地震が起こると、数十年とか100年くらい影響が残ります」(前出・遠田氏) 南海トラフのようなプレート型の地震では津波が大きな被害につながることが予想される。しかし、内陸直下型地震には、別な次元の対策が必要だという。 「津波は防災意識を高めれば高台に避難するという減災手段があります。東日本の教訓は生かさ [全文を読む]

フジワラ産業 津波避難のための簡易施設発表

@Press / 2013年01月16日15時30分

東北大震災の巨大津波により甚大な被害を蒙り、さらには南海トラフの巨大地震が予想される中で、「より早く、より高い場所へ」避難することが求められています。この度フジワラ産業は津波からの避難対策を充実させて「より早く、より高い場所へ」避難できる街づくりを目指して「やえん式津波避難施設」およびそれを応用した姉妹製品の「ミノムシ式津波避難施設」を発表しました。■簡 [全文を読む]

防災の日に考える憲法改正――立憲主義を守るためにこそ緊急事態条項が不可欠

日刊SPA! / 2017年09月01日08時42分

南海トラフ巨大地震についても、東海から、近畿、四国、九州に、大地震が予想されています。太平洋沿岸に大津波が発生し、死者は32万人に及ぶと想定されています。この南海トラフ地震も、30年以内に60~70パーセントの高い確率でその発生が予想されています。 これらの緊急事態にどう対応すべきか。これが現在の日本が直面している最大の課題のひとつです。◆災害対策基本法 [全文を読む]

韓国ネットが感心!日本の最新の津波対策とは=「迅速な対応で日本の右に出る国はない」「韓国に設置したら数年で…」

Record China / 2017年05月30日10時10分

救命艇の設置は甚大な被害の発生が予想される南海トラフ地震への対策の一環だという。南海トラフで大きな地震が発生した場合、同地域はわずか10分で8メートル級の津波が到達すると想定されている。日本政府は約6年前の東日本大震災の時に津波によって数万人の犠牲者が発生したことをきっかけに救命艇を開発し、自治体に普及させている。救命艇はほかにも、高知県や愛知県などの海 [全文を読む]

驚異の的中率『MEGA地震予測』が指摘する「2017年ここが危ない」

まぐまぐニュース! / 2017年03月12日22時00分

予想精度のさらなる向上を目指して、新たな試みにも貪欲に挑戦し続ける村井教授は、自らの今後の活動について意気込みをこう語る。 「地震予測の世界はまだ発展途上ですから、予測が外れてご迷惑をかけてしまうこともあるかもしれません。しかし“異常を公表するも外れる”のと、“異常を公表せずに被害者が出てしまう”のとでは、後者のほうが罪深い行為だと思うのです。ですから私は [全文を読む]

フォーカス