淡路島 南あわじ市に関するニュース

地産地消の島グルメから、シェアしたくなるPHOTOスポットなどご当地パンフレット『兵庫南あわじじゃらん』2月3日(金)より配布開始

PR TIMES / 2017年02月03日11時55分

[画像1: https://prtimes.jp/i/11414/474/resize/d11414-474-118692-0.jpg ] 株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健、以下リクルートライフスタイル)に設置された観光に関する調査・研究、地域振興機関「じゃらんリサーチセンター」は、兵庫県南あわじ市食の拠点推 [全文を読む]

揺れる日本列島! 南海トラフ巨大地震は2016年に発生する?

週プレNEWS / 2013年04月24日14時00分

兵庫県淡路島付近を震源とする最大震度6弱、M(マグニチユード6.3)の強い地震が起きたのは4月13日早朝のこと。 この地震で重軽傷者32名、家屋半壊42棟(洲本[すもと]市)、一部損壊2342棟(淡路市、明石市、加古川市、洲本市、南あわじ市の5市)の被害(4月18日時点)が発生したものの、死者はゼロだったためか、一部では「18年前の阪神大震災の余震だろう」 [全文を読む]

無料で読める“ご当地じゃらん”第2弾は「淡路島」

Walkerplus / 2017年02月04日06時00分

本誌は、淡路島に訪れた人が南あわじ市まで足を延ばし、周遊してもらうことを目的に発行。兵庫県南あわじ市食の拠点推進課と協働で、南あわじ市の地産地消島グルメや、思わずシェアしたくなる島フォトスポットなど掲載している。 20代後半~30代の流行に敏感な女性をターゲットに、思わず発信したくなる、シェアしたくなる、南あわじ市の“いいところ”をスクラップブック風の記 [全文を読む]

~冬の南あわじ市は 水仙・ふぐ・伝統芸能でほっこり!~ 500万本の淡路灘黒岩水仙郷と「三年とらふぐ」を食す 日帰りバス モニターツアー 11月27日(金)発売

PR TIMES / 2015年11月27日16時47分

阪急交通社では、魅力溢れる冬の南あわじ市を訪れる関西発の日帰りバスツアー「500万本の淡路灘黒岩水仙郷と淡路島『三年とらふぐ』を食すモニターツアー」を、11月27日(金)から発売します。 水仙の日本三大群生地のひとつ「灘黒岩水仙郷」では、標高608mの諭鶴羽山系(ゆづるはさんけい)から海を臨む45度の急傾斜地に7ヘクタールにわたって500万本の野生の水仙が [全文を読む]

~冬の南あわじ市は 水仙・ふぐ・伝統芸能でほっこり!~ 500万本の淡路灘黒岩水仙郷と「三年とらふぐ」を食す 日帰りバス モニターツアー 11月27日(金)発売

@Press / 2015年11月27日16時45分

阪急交通社では、魅力溢れる冬の南あわじ市を訪れる関西発の日帰りバスツアー「500万本の淡路灘黒岩水仙郷と淡路島『三年とらふぐ』を食すモニターツアー」を、11月27日(金)から発売します。 水仙の日本三大群生地のひとつ「灘黒岩水仙郷」では、標高608mの諭鶴羽山系(ゆづるはさんけい)から海を臨む45度の急傾斜地に7ヘクタールにわたって500万本の野生の水仙が [全文を読む]

兵庫県淡路島で和太鼓に取り組む『チューリップの館』の生徒が、国内外で活躍のプロ和太鼓演奏グループ『倭太鼓 飛龍』の演奏会に出演

@Press / 2013年01月31日09時30分

兵庫県淡路島にある全寮制元気回復学校『チューリップの館』(兵庫県洲本市)の生徒が、プロ和太鼓演奏グループ『倭太鼓 飛龍』(主宰:飛鳥 峯英氏)演奏による「AIE国際高等学校 開校記念 和太鼓演奏会」にて、曲を披露し『倭太鼓 飛龍』と2月9日(土)に共演する予定ですので、下記の通りお知らせします。『チューリップの館』ホームページ: http://www.tu [全文を読む]

文科省の逆襲。「総理のご意向」文書流出の裏に天下り規制の恨み

まぐまぐニュース! / 2017年05月26日04時30分

見境のない、安倍夫妻の私情がからむ教育プロジェクト ちなみに、加計学園グループの順正学園が経営する吉備国際大学の農学部は2013年4月、淡路島の南あわじ市に開校したが、初年度から定員割れし、年々、入学者が減少している。 南あわじ市が土地、建物を無償提供し、少ない税収の中から補助金を出しているというから、とんだ見込み違いといえないだろうか。 安倍首相は「大 [全文を読む]

淡路島の夏の味覚“鱧(はも)”シーズン到来!鳴門海峡一望の休暇村南淡路で郷土料理「鱧すき鍋」を6月1日に提供開始 ~ 5月22日に福良港で「第9回べっぴん鱧まつり」も ~

@Press / 2016年05月17日14時00分

夏の味覚“鱧(はも)”の季節を迎え、豊漁を祈る「鱧供養祭」を18日に控えた淡路島の南部に位置する、休暇村南淡路(所在地:兵庫県南あわじ市福良丙、総支配人:藤井 嗣己)は、島内で獲れた「べっぴん鱧」と、旬を迎えた「新たまねぎ」、南あわじ産の「手延べそうめん」を使った、島の郷土料理“鱧すき鍋”をメインにした『本場 淡路島 鱧会席』を、2016年6月1日(水)か [全文を読む]

淡路島出身の元清水チーフスカウト・興津氏中心に「Awaji Football Academyスクール」開校へ

ゲキサカ / 2014年08月20日09時11分

元清水エスパルス、セレッソ大阪のFWで、清水のチーフスカウトを務めた経歴も持つ興津大三氏(アーセナルサッカースクール市川GM)が中心となり、興津氏の出身地でもある淡路島(兵庫県)で「Awaji Football Academyサッカースクール」が開校されることが発表された。8月24日には南あわじ市の西淡グラウンドでスクール説明会とスクール開校記念『Awaj [全文を読む]

文枝師匠もコケそう!?「新婚さん」の漫画化が決定!

Smartザテレビジョン / 2015年04月26日05時00分

ちなみに4月26日(日)の「新婚さんいらっしゃい!」は、前週に引き続き兵庫・淡路島で行われた公開収録の模様を放送。「妻の母親が営む美容室のお客さんに紹介されたという南あわじ市の夫婦」と「夫が漁師という淡路市の夫婦」が、文枝らを相手に赤裸々に新婚生活を明かす。 これまでたくさんの夫婦の幸せ姿を見詰めてきた文枝も、漫画化の決定を聞いたら、椅子からズッコケてし [全文を読む]

フォーカス