週刊誌 高橋みなみに関するニュース

懐柔策もそろそろ限界! AKB48キャンダル、秋には解禁?

サイゾーウーマン / 2012年03月19日08時00分

本来なら敵である週刊誌やゴシップ誌の取材も積極的に受けることで懐柔し、スキャンダルを封じ、ファン離れを起こさせないことに成功している。しかしそんなスキャンダル封じが通じるのも今年夏まででは......と週刊誌関係者は語る。「『週刊文春』(文藝春秋)、『週刊新潮』(新潮社)以外は写真集利権などを与えてもらっているため、AKBネタはNGなのは有名です。しかし高 [全文を読む]

AKB48卒業後、高橋みなみのソロ活動を支える“噂の彼”の存在

デイリーニュースオンライン / 2016年03月30日11時03分

現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。 [全文を読む]

たかみなのメッセージが意味深?AKB48で”卒業ラッシュ”が止まらないワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年03月28日19時07分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌などで執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。著書は『格差社会の真実』(宙出版)など多数。 [全文を読む]

高橋みなみと「親友」を公言した坂口杏里に忠告・批判・苦言

messy / 2016年11月08日00時30分

業界の子の去り方がすごかった“あの記事”……それはつまり、今年9月の「AV女優転身」という週刊誌およびスポーツ紙による報道をさしているだろう。ホストクラブに通い詰めて数千万円を使い込み、借金まで抱え、その返済のためにMUTEKIレーベルの作品に出演するという内容だった。これによって坂口は、それまで親しくしていた芸能界の友人たちと疎遠になったということだろう [全文を読む]

彼氏の自宅に3連泊、高橋みなみのスピード熱愛にファン離れが加速中

アサ芸プラス / 2016年05月24日09時59分

高橋のデート現場が収められているのは、19日発売の週刊誌「女性セブン」で、お相手の男性は、俳優の池松壮亮似のIT関連企業に勤める15歳年上のA氏。出会いは高橋がAKBとして活動を始めた直後の中学生時代。昨年末に仕事で再会して徐々に距離を縮め、親密な関係になったという。 高橋の自宅マンションにA氏が3連泊、さらにA氏と腕を組んで歩く姿や、その友人たちに“彼 [全文を読む]

ノリピー化の懸念?高橋みなみの三連泊愛に潜む“アイドルの罠”

デイリーニュースオンライン / 2016年05月22日09時04分

極端な例かもしれませんが、酒井法子がそうであったように」(週刊誌記者) 感情に蓋をしてアイドル道にまい進していた分、揺り戻しが怖いと危惧されているのだ。 ■少ない恋愛経験が異性トラブルを呼び込む 酒井はアイドルとして一世を風靡したが、1998年には後に薬物で何度も逮捕されることとなる元夫・高相祐一氏とデキ婚してしまった。 「それまでろくに恋愛経験もなかった [全文を読む]

島崎遥香、山本彩、松井珠理奈……「AKB48選抜総選挙」1位候補たちの“オトコのうわさ”

サイゾーウーマン / 2015年06月05日13時00分

ある局員は『どうすれば山本裕典と付き合えるか』という相談を山本から受けて、強引に『なんとか食事をセッティングしてほしい』と要望してきたそうで、困り果ててしまったとこぼしていました」(テレビ局プロデューサー) また、肉食度合いでは“天狗ぶり”が一部週刊誌に報じられたSKE48・松井珠理奈も負けてはいない。以前からファンの間では「ヴィジュアル系バンドのファン」 [全文を読む]

母親の淫行事件を謝罪したAKB高橋みなみの真意とは?

メンズサイゾー / 2012年02月17日16時00分

各局ワイドショーやスポーツ新聞などは、AKBに配慮して高橋の母親逮捕の件を黙殺するという対応をとったが、一部週刊誌やネット経由で事件の詳細は誰もが知るところになっていた。「AKBの運営サイドが事件を取り上げないように各メディアに働きかけたことで報道見送りになったといわれていますが、『事件の実質的な被害者は母親』という見方もあったため、デリケートな事件とし [全文を読む]

前田敦子より坂口杏里?高橋みなみの“不純交友”にAKBファンが戦々恐々

アサ芸プラス / 2016年11月09日09時59分

その究極のルートがAKBグループの前にむき出しになっていることに戦々恐々なんでしょう」(週刊誌記者) 高橋ファンからも「坂口とは本気で縁を切ってほしい」「たかみな、その子だけはヤバいって」「後輩には絶対に紹介するなよ!」など、まさに訴えかけるようなメッセージが連打されている。 また、この交流に違った視点から書き込んでいるファンもいる。「『なんで坂口と遊んで [全文を読む]

西川貴教は隠れ蓑だった!高橋みなみが年上会社員とのラブラブ沖縄旅行を計画か

アサ芸プラス / 2016年05月19日17時59分

たかみなと沖縄デートを楽しむお相手は、T.M.Revolution西川貴教ではなかった! そんな驚きの情報が週刊誌のスクープ記事からもたらされた。 5月19日発売の週刊誌「女性セブン」によると、元AKB48の高橋みなみはIT関連企業に勤める40歳男性と交際しており、「来月一緒に沖縄旅行に行く予定」と話していたというのである。その発言についてアイドル誌のライ [全文を読む]

高橋みなみに”ソロ活動”は無理?増える裏方業務と見えない覚悟

デイリーニュースオンライン / 2016年04月09日13時03分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

AKB48“卒業”を労う秋元康の例え話が悪かった?「淫行の母を思い出す」とファン皮肉

デイリーニュースオンライン / 2015年11月30日16時00分

しかし、この一件はAKB運営サイドが各メディアに対し圧力を行使し、報道を封じ込めたという経緯もあることから、近年の“アンチAKB”続出の発端となった騒動とも言えます」(週刊誌記者) 芸能生活や婚活以前にイメージ回復必至の高橋だが、今年6月6日に行われた「第7回AKB48選抜総選挙」で自身が口にした「努力は必ず報われる」という言葉を信じて、今後も頑張ってほし [全文を読む]

柏木由紀、8月にAKB卒業か 熱愛騒動でファン離れ深刻、完全スルーが批判に拍車

Business Journal / 2015年07月07日23時00分

また、第一報を報じた「週刊文春」(文藝春秋)以外の主要な週刊誌もほぼ無視の姿勢で、『週刊ポスト』(小学館)が少し触れたくらい。2大写真誌の『FRIDAY』(講談社)と『FLASH』(光文社)もスルーしています。出版元がAKB関連出版物を数多く出しているため、今後の関係を考えればタッチできないのでしょう」 しかしAKBサイドにとって誤算だったのは、予想以上の [全文を読む]

「汚れたアイドル」柏木由紀 乱れたベッドでジャニタレ抱擁 ファン裏切りで致命傷か

Business Journal / 2015年06月11日23時00分

本日(12日)付日刊ゲンダイなどによると、ふたりが温泉旅館の一室、しかも乱れたベッドを背景に浴衣姿で抱き合う写真が一部週刊誌などに流出、掲載されているという。週刊誌記者が語る。 「ふたりの関係が取り沙汰されるのは今回が初めてではありません。一昨年に地方ローカル番組でスポーツ紙記者が、『手越と人気アイドル“S”』というかたちで交際疑惑を示唆して以降、“S”が [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】山本彩は“めちゃイケ”効果でたかみなの卒業発表に耐えられた。「どっきりで覚悟が出来てた」

TechinsightJapan / 2014年12月11日21時55分

山本彩は「たかみなが週刊誌に載る」と知らされて、AKB48トップのスキャンダルによるグループ存続の危機感から涙ぐんでいた。それほどショックを受けただけに、本当にたかみなが卒業発表しても「何となく覚悟が出来てた」のだ。 読者からも「俺もドッキリがあったから多少は覚悟ができてたところはある」、「そのためのドッキリだったんかな」、「ドッキリだったけどもしかしたら [全文を読む]

AKB48・高橋みなみ、次期総監督指名の横山由依に「熱愛スキャンダル」警報発令!?

サイゾーウーマン / 2014年12月10日09時00分

「もはやAKB48関連書籍の売り上げ神話も崩壊し、各週刊誌がスキャンダルを解禁するという流れができつつあります。最新の選抜メンバーであるMやSに関しても、現在進行形で男性芸能人との熱愛スキャンダルの情報が浮上している。今後、横山がターゲットになるのは明らかでしょう」(同) 1年後の卒業宣言に“話題作り”との声も聞かれるが、卒業前に横山が異性スキャンダルを [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】たかみなスキャンダルの“どっきり”に指原莉乃が本音。「最初はさすがにわからない…」

TechinsightJapan / 2014年12月07日18時25分

AKB48グループ総支配人の茅野しのぶさんから「たかみなが週刊誌に載る」と明かされて、HKT48と兼任の宮脇咲良はポカンと口を開けて唖然とするばかり。NMB48チームNのキャプテンでAKB48でも中心的な存在となる山本彩は、事態の大きさにショックを受けて今にも泣きそうだった。一方で峯岸、こじはる、指原の3人は落ち着いたもので、特に峯岸と指原はスキャンダル [全文を読む]

板野友美「卒業」と指原莉乃の「復帰」!? AKB48次のサプライズは

メンズサイゾー / 2012年10月13日12時00分

高校3年生にして小学生のようなロリフェイスながら、ソロでマンガ週刊誌の水着グラビアと表紙を飾るなど、「島崎や松井珠理奈を隠れ蓑にしてアンチに叩かせつつ、運営側は川栄を次期エースとして着々と育てている」(週刊誌AKB担当記者)というほどである。 ちなみに昨年は、まだ在籍していた前田敦子はもちろんのこと、海外移籍となった宮澤佐江と高城亜樹、SKE48の松井玲奈 [全文を読む]

大島優子の海外渡航発表、そもそも仕事ない状態か…大炎上で「海外逃亡」「単なる旅行」?

Business Journal / 2017年07月04日20時00分

「6月の『第9回AKB48選抜総選挙』開票イベントの騒動が原因です」と語るのは、週刊誌記者だ。「同イベントでは、20位の須藤凛々花がまさかの結婚宣言。これについてはファンからも怒りの声が上がりましたが、大島はインスタグラムのライブ配信で『何考えてんのかしら』『この帽子がきっと、私のすべての言葉だと思うの』と『F』で始まる4文字のスラングを示したことで、『さ [全文を読む]

指原莉乃は、もう誰にも止められない!? 現場スタッフ、レコード会社担当も手を焼く“暴君”ぶり

日刊サイゾー / 2016年08月21日13時00分

秋元氏から「アイドルが飽きられないためには何が必要?」と問われると、週刊誌に恋愛スキャンダルを報じられた経験から「週刊誌が滅びればいい。お付き合いしていないところは全般」と言い放った。「新潮」そして「週刊文春」(文藝春秋)の2誌は「お付き合いしていないところ」だけに、今後もたびたびネタにされそうだ。 [全文を読む]

フォーカス