離婚 原田知世に関するニュース

原田知世 再出発決意させた姉・貴和子の極秘離婚とシングル母奮闘

WEB女性自身 / 2014年01月20日00時00分

彼女がイラストレーターのエドツワキ氏(47)との離婚を自身のホームページで発表したのは昨年12月27日、『紙の月』がスタートする、わずか10日ほど前のことだった。「正直、ノーマークだったというか……。お2人の間にはお子さんも生まれず、原田さんの夫婦関係については、よいも悪いも含めて、ほとんど報じられませんでした」(芸能レポーター・城下尊之さん) ’05年5 [全文を読む]

陣内智則に攻めてほしい大物女優ランキング

messy / 2014年10月13日12時00分

離婚後も陣内はモテのアウトバーンを降りません。ウワサになった女性は数知れず、最近ではフジテレビの女性アナウンサーとの交際をスッパ抜かれた直後に、日本テレビ系の朝帯情報番組に出演する女子大生との浮気が見つかってしまいました。しかし、離婚後にウワサになる女性は、紀香と比べれば「甘い」。女子大生やら女子アナやらでいいんですか? ラスベガスでの全編英語コント公演 [全文を読む]

全裸入浴に枕営業まで…宮沢りえ、7年ぶり主演映画で渾身の濡れ場を披露か

メンズサイゾー / 2014年08月07日09時00分

2009年に元プロサーファーの男性と結婚したものの、12年から始まった離婚騒動が泥沼化している女優の宮沢りえ。両者ともに娘の親権を主張しており、宮沢の方は慰謝料を払ってでも離婚を成立させたいようだが、長引いていた離婚調停は昨年末に決裂してしまったといわれている。 多忙なスケジュールの合間を縫って幼稚園への送り迎えを欠かさず、少しでも時間が空けば娘と過ごして [全文を読む]

原田知世×斎藤工“大人の純愛物語”でW主演

Smartザテレビジョン / 2016年06月10日15時00分

離婚歴があり、高校生の息子と二人暮らし、富裕層向けの配達クリーニング店で懸命に働くカスミ(原田)と、カスミが配達先で出会う一流デザイナー・ユーリ(斎藤)との恋を描く。 カスミは、なれなれしいユーリの態度に初めは警戒するが、彼の純粋さを知ってからは引かれていく。しかし、ユーリにはいくつか謎めいた部分があった。やがて、カスミはユーリが、幼い日に再会を誓った少年 [全文を読む]

“汚れ役”演じた原田知世 クリエイターと離婚も、本音は「もう働きたくない」!?

日刊サイゾー / 2014年02月12日09時00分

さらには、ドラマ放送前の昨年12月27日、2005年に結婚したイラストレーターのエドツワキ氏との離婚を発表した。 「結婚後、ほとんど原田の私生活は知られず、11月末に行われた同ドラマの製作発表では『実生活で若い男が現れたら? 私はそんなことはないですね』とコメントしていただけに、まったく夫婦の不仲がうかがい知れなかった。ただ、結婚後はナレーションの仕事が中 [全文を読む]

アラ40〜50女性が虜に!気になるドラマ枠「ドラマ10」

WEB女性自身 / 2014年02月02日07時00分

離婚した自分を、このドラマが承認してくれたような気がします」(42歳) [全文を読む]

NHK「紙の月」で原田知世演じる「中年妻の孤独」に共感集まる

NEWSポストセブン / 2014年01月28日16時00分

華やかなトップアイドル時代を経て、露出は減っていき、いよいよ40を過ぎて離婚も経験して、ドラマの主役に戻ってきた。彼女の物静かな横顔に、人が年を重ねることの複雑さと奥深さが潜んでいる。それがいい味わいになっています。 [全文を読む]

「2014 寿ゴールイン新春杯」誰が一番早く嫁に行く?(1)

アサ芸プラス / 2014年01月21日09時58分

「週刊誌、ワイドショーが動かない年末時期に離婚問題はコッソリ片づけ、何はさておき年始はおめでたい話から“事始め”するというのが芸能界の常識なんです」 大みそかカウントダウンの12月28日には、原田知世(46)、沢尻エリカ(27)が相次いで離婚を発表。PUFFY・吉村由美(38)も大みそか当日こっそりバツ2をカミングアウトした。 年が明けた元旦のスポーツ報 [全文を読む]

“あまちゃん効果”で再浮上した薬師丸ひろ子の、異質すぎる「アイドル女優」人生

日刊サイゾー / 2013年12月13日11時00分

「91年に結婚するも、わずか7年後に離婚。玉置の嫉妬による深刻なDVが離婚の原因だと、当時は報じられました。90年代後半からはテレビドラマにも本格進出し、2002年には『木更津キャッツアイ』(TBS系)での好演で、再び注目を集めました。映画でも、『ALWAYS 三丁目の夕日』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。主役しか演じないアイドル女優から名脇役 [全文を読む]

いまから注目!朝ドラ「半分、青い。」フレッシュな若手俳優たち

CinemaCafe.net / 2017年08月23日13時00分

大阪万博の翌年、1971年に生まれ、小学生のときに病気で方耳を失聴したヒロイン・鈴愛(すずめ)が、持ち前のユニークな感性を生かして少女漫画家を目指し、バブル真っ只中の東京でもまれ、結婚や出産、離婚を経験する人生を描いていく。6月にはヒロインの鈴愛役に永野さんが決定。22日の会見では鈴愛の若かりし頃を描く「岐阜・故郷編」に出演するキャストとして、先述の佐藤さ [全文を読む]

永野芽郁「るろうに剣心」ぶり共演の佐藤健に絶大の信頼「もう心配はない!」<半分、青い。>

モデルプレス / 2017年08月22日15時11分

その後、バブル期に漫画家になるという大志を抱いて上京するも、夢は瞬く間に破れ、結婚して娘を授かるも離婚され、シングルマザーになって帰郷。失敗だらけの人生だが、その度に、「やってまった(=やってしまった)」と明るく呟きながら生き抜く。 失敗を繰り返し、先の見えない人生を贈るヒロインがやがてたどり着くのが、ものづくりの世界。病気の母のためにそよ風の様な扇風機 [全文を読む]

佐藤健、朝ドラ初挑戦!ヒロインの幼馴染み役に「支えるのが僕の役割」

CinemaCafe.net / 2017年08月22日14時59分

大阪万博の翌年、1971年に生まれ、小学生のときに病気で方耳を失聴した鈴愛(永野さん)が、持ち前のユニークな感性を生かして少女漫画家を目指し、バブル真っ只中の東京でもまれ、結婚や出産、離婚を経験する人生を描き出す。 鈴愛の幼なじみ・萩尾律を演じる佐藤さんは、「北川さんに、これはラブストーリーだけどラブストーリーじゃない。恋愛じゃない、恋愛をするタイミングを [全文を読む]

NHK「ドラマ10」人気を支える“おとぎ話と現実のバランス”

WEB女性自身 / 2016年11月23日17時00分

離婚を経験し、子どものいない私は、自分を 人生の迷子 だと思っています。だから同世代の女性から反響があったとき、『みんなも同じなんだ』と、逆に救われました。 呪縛から解き放たれた といってもいいですね。だからこそドラマ10のせりふは、自分の身から生み出しています。 一人の女 としての勝負でもあるのです」 「ヒロインは私」という目線でドラマを見ることができる [全文を読む]

イケメンだけど“棒演技”の斎藤工を巧みに使うNHKの手腕

アサジョ / 2016年10月16日09時59分

今作では原田知世が離婚歴のあるクリーニング店で働く中年女性・桜井香澄を演じており、斎藤が演じる人気デザイナー・小沢勇凛と恋に落ちていく予感を漂わせている。「原田が珍しく普通のオバサン役を演じているのも面白いですが、それより感心してしまうのは斎藤の使い方。キムタクと山口智子主演で一世を風靡したドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系)などで有名な北川悦吏 [全文を読む]

バツイチ子持ち女子でもイケメン男子と恋できる?

アサジョ / 2016年10月13日17時58分

結婚や恋愛の考え方においてもオジサンたちよりは柔軟で、いろんな形があっていいと思っていて、子どもがいても気にしないという人も実は多いんですよ」(前出・恋愛ライター) 離婚はしたいけど再婚ができるか心配、バツイチであることを引け目に感じてしまう‥‥という皆さん、ご安心あれ。バツイチやシングルマザーならではの魅力を感じてくれる若い男性も多いのだ。 [全文を読む]

黒木メイサ、仲間由紀恵、広末涼子・・・女優たちを次々に脱皮させるNHK『ドラマ10』枠の挑戦

AOLニュース / 2015年10月12日12時00分

一方、仲間自身が昨年9月に結婚した状況で、劇中では家事や育児を怠るうちに夫が自分の妹と浮気して離婚が持ち上がるなど、働く主婦としての葛藤にも踏み込んだ。 遡れば、『聖女』では広末涼子が貧しさから男をたぶらかして金をせしめる役を演じ、なまめかしい色気を見せた。後に宮沢りえ主演で映画化された『紙の月』では、年齢を重ねても清純イメージの強い原田知世が1億円を横領 [全文を読む]

YUKI、aiko、石田ゆり子…老けとは無縁な女性9名に共通する大きな特徴

messy / 2015年09月23日13時00分

彼女のすごいところは、結婚・離婚歴もあるのに、いつまでも少女のような透明感が失われないことだ。バレエダンサーの開発したエクササイズ「ジャイロキネシス」を行い、和食中心で低カロリーの食生活を心がけているというが、ここまで老けないのはもちろん持ち前の体質も大きいだろう。彼女があと数年で50代だということを、どれだけの人が信じられるだろうか?森高千里(46) [全文を読む]

【ウラ芸能】吉田羊、ナゾ多き美女が別れた理由

NewsCafe / 2015年03月05日15時00分

学生時代に演劇にはまったものの芽が出ず、売れない舞台女優のかたわらホステスやコンパニオンから葬儀屋のバイトで食いつなぎ、一時はバンドを組んだりして歌っていたこともあるとか」デスク「そのまま夢を追いかけ続けてトシとっちゃう役者も多いけど、彼女の場合は成功したわけだな」記者「2007年に昼ドラで役をつかみ、その後出演した舞台を見た俳優、中井貴一(53)が気に入 [全文を読む]

石田ゆり子 新作映画「悼む人」で放つ熟女優の色香

アサ芸プラス / 2014年05月13日09時58分

幼い時に両親が離婚し、愛に飢えて育った石田は、交際していた男からDVを受ける。そして、逃れた先の被害者シェルターの運営者と結婚、初めて愛のある絡みを経験する。冒頭のシーンがその場面となる。 芸能デスクが興奮気味に語る。 「この作品は石田が女優としての本気の艶技を見せる作品になるでしょう。もちろん、これまで封印してきたオールヌードも辞さない構えです」 だが [全文を読む]

移籍と解雇の繰り返し……渡辺典子、引く手あまたなのに開店休業状態

サイゾーウーマン / 2012年05月06日08時00分

またプライベートでは95年にプロ野球選手の西岡洋と結婚しているが、98年には離婚している。「干されていた間も島田紳助や他の芸能プロ関係者の力を借り、大手事務所に移籍を画策していたこともありましたが、いずれも失敗に終わりました。一時期はホステスのような仕事もしていたようで、よほど仕事に恵まれなかったのでしょう」(週刊誌記者) 2000年代あたりからはさまざま [全文を読む]

フォーカス