衣装 森高千里に関するニュース

森高千里、プレミアム上映会&トークショーでブルーレイBOX発売を発表

okmusic UP's / 2015年03月29日15時00分

会場から割れんばかりの拍手と大歓声の中、上下ゴールドでミニスカートの衣装を身に纏った、1990年当時の煌びやかさを持ち合わせたままの森高千里本人が登場した。 森高は当時の自分を改めて映像で見て、「こんなに必死にやれていたことは、今改めて見て自分でもすごいなと…(笑)。当時はたくさんの人に森高千里を伝えなればならないという一心だったんだと思います。」衣装につ [全文を読む]

森高千里 伝説の学園祭ライヴを本人と見る

dwango.jp news / 2015年03月28日23時03分

会場から割れんばかりの拍手と大歓声の中、上下ゴールドでミニスカートの衣装を身に纏った、1990年当時の煌びやかさを持ち合わせたままの森高千里本人が登場した。森高は当時の自分を改めて映像で見て、「こんなに必死にやれていたことは、今改めて見て自分でもすごいなと…(笑)。当時はたくさんの人に森高千里を伝えなればならないという一心だったんだと思います。」衣装につい [全文を読む]

森高千里、伝説の『森高ランド』ツアーが遂に作品化決定!お蔵入りライヴ映像が完全収録で奇跡のリリース

okmusic UP's / 2013年07月24日10時30分

もちろん、変幻自在、まばゆいばかりの“ミニスカ全開"豪華衣装にも注目だ。幾度となく繰り返される衣装チェンジは絶対見逃せない。 [全文を読む]

活動25周年を迎えた森高千里、アーティスト像 確立までの生き様を振り返る

リッスンジャパン / 2012年06月01日14時00分

その画面の中で、さまざまなミニスカ衣装に身をつつんだスレンダー美女が、激しいタテノリで長い髪を振り乱しながら、延々と同じフレーズを繰り返し歌っていた。「夜の煙突」。衝撃が走った。何か懐かしくて記憶をたぐり寄せようとするのだけれど、けっして思いだすことのできない、本当はそれまで見たことのないヴィジュアル、聴いたことのない楽曲。時間を忘れてつい見入ってしまい、 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】森高千里こそ“GiRLPOP”アーティストの先駆け。加藤いづみ、渡瀬マキらが証言。

TechinsightJapan / 2014年07月07日16時00分

谷村有美も「バンドブームで周りもみんなバンドだった」と渡瀬に共感しており、「『ロックがカッコいい! 女の子1人で何をするの?』という時代で、可愛い衣装を着るとアーティストっぽくないという空気があった」という。そんな中で“GiRLPOP”によって、女性アーティストが露出のある服やおしゃれなドレスを着ることができるきっかけとなったのだ。 2人とは対照的に、ミ [全文を読む]

森高千里、1991年の『古今東西ツアー』ノーカット116分完全版映像を9月に発売!

okmusic UP's / 2014年07月30日13時00分

また、オリジナル版ではカットされた2曲(「晴れ」「ザ・ミーハー」)に加え、MCや衣装替えシーンも完全収録(総収録時間約116分)。さらに、『森高ランド・ツアー1990.3.3 at NHKホール』同様、1年後の1991年3月3日ひな祭りのライヴという事もあり、「うれしいひなまつり」の歌をMC時にワンコーラス披露したり、衣装替えの為に一度、舞台裏に引っ込むシ [全文を読む]

世界最大の「東京アイドルフェスティバル2016」レポ! この夏、一番輝くアイドル!出てこいや!!【前編】

週プレNEWS / 2016年08月15日13時00分

さらに、互いのグループの衣装を交換して登場という大きなサプライズで観客をどよめかせる。『tengal6』では「9本のマイク! 調子はどう?」(休養中のyumiを含めた9人)など随所にコラボを意識した演出を見せ、観客を大いに楽しませた。しかし誰よりも楽しそうだったのはアイドル大好きを公言するリリスクayakaだった気がしないでもない。 ●アップアップガールズ [全文を読む]

森高千里が語る「森高千里の日」。WOWOWでの6時間半に及ぶ大特集は3月22日放送!

PR TIMES / 2015年03月17日09時49分

衣装なども含めてその時代ならではのステージを楽しんでほしいです」 独創的な音楽活動でシーンを賑わせた森高は、現在も新たな表現で魅了する。「tofubeats with 森高千里 at WOMB LIVE Special Program」は昨年12月、新進気鋭のトラックメーカー・tofubeatsと共演した話題のライブだ。tofubeatsのメジャーデビュー [全文を読む]

「やめてくれと言われるまで…」森高千里、48歳でも“ミニをはく”宣言!

アサ芸プラス / 2017年06月29日17時59分

ファンならずとも期待したいところだが、森高は衣装に関して、「まだ具体的に決めてなくて、これから練ろうかなと思います。まったく同じ衣装は残ってないので、そのままというのは無理なんですけど」 と答えている。当時の衣装が残っていないとは残念だが、ミニスカ復活に向けて期待が持てそうだ。「実は森高はミニスカを履くことが“原動力”にもなっているんです。以前にネットで公 [全文を読む]

活動25周年を迎えた森高千里、アーティスト像 確立までの生き様を振り返る

okmusic UP's / 2012年06月01日14時00分

その画面の中で、さまざまなミニスカ衣装に身をつつんだスレンダー美女が、激しいタテノリで長い髪を振り乱しながら、延々と同じフレーズを繰り返し歌っていた。「夜の煙突」。衝撃が走った。何か懐かしくて記憶をたぐり寄せようとするのだけれど、けっして思いだすことのできない、本当はそれまで見たことのないヴィジュアル、聴いたことのない楽曲。時間を忘れてつい見入ってしまい、 [全文を読む]

森高千里 1cm単位でこだわったミニスカ衣装の意図語る

NEWSポストセブン / 2017年07月20日07時00分

そんな森高千里(48)というジャンル形成に大きな役割を果たしたのが、身にまとう衣装と歌詞の独特さだ。 衣装で鮮烈だったのはミニスカート。スタッフの「短すぎる!」との制止も振り切り、自身で丈を決めた。センチ単位でこだわったという。 「ミニスカートは元から好きだったのもありますが、当時は全体的に色やスパンコールとかも派手でしたよね。肩パッドもスゴかったし(笑い [全文を読む]

森高千里 J-POPの歌姫が疾走続ける「現在地」はどこか

NEWSポストセブン / 2017年07月16日07時00分

変わらないこだわりが感じられる衣装は、Blue NoteやCOTTON CLUBといった名門ジャズクラブのステージで馴染みつつ映えている。ライブハウスやイベントでの衣装も攻め続け、彼女らしさを象徴しているとも言える。 現在、ライブの会場は「音をきちんと届かせたい」との意向もあり、ライブハウスが多い。客席には、30年来のファンと思われる背広姿の男性が満面の [全文を読む]

森高千里 26年の時を超えて「幻のライブ写真」を発掘

NEWSポストセブン / 2017年07月11日07時00分

「ザ・ミーハー」「臭いものにはフタをしろ!」「雨」など選曲はもちろんのこと、衣装を彩るスパンコールの量もMAXで、まさに当時の彼女のベストを表現したステージと言っていい。 なにより印象的なのは、森高が発散する“楽しくてしょうがない!”というオーラだ。汗と一緒に飛び散っているさまが見えるようで、キラキラでド派手な衣装を上回る輝きを感じさせて余りある。 またそ [全文を読む]

『水曜歌謡祭』ソプラノ歌手岡本知高のド派手衣装が話題「ラスボスw」「北斗の拳キャラ」

AOLニュース / 2015年06月11日12時00分

バージンロードを歩く渡部&久本雅美ペアをバックに、結婚行進曲をアレンジした『しあわせのリズム』を熱唱、その美声を披露したが、その頃、ネット上の視聴者からは、あまりにド派手な岡本の衣装に注目し、「安定のゴージャスぶりwwww」「なんのラスボスだよw」「紅白仕様かと思った」「なんか北斗の拳のボスキャラとかみたいやなwww」といったツッコミを入れる声が相次いだ。 [全文を読む]

森高千里の1990年のミニスカすぎる伝説のライブ映像がDVD化【動画】

AOLニュース / 2015年05月19日22時00分

さらには、森高のトレードマークである美脚全開のミニスカートや派手な衣装姿でのダンスや歌も収められており、まさにお宝感満載の内容となっている。 「1990年の森高千里」3枚組完全初回生産限定BOX(2Blu-ray+CD+­豪華7大特典)は5月27日より発売 ■参照リンク 「1990年の森高千里」公式サイト [全文を読む]

森高千里、セルフカバーAL続編とライブツアーが決定

dwango.jp news / 2014年09月02日23時43分

今もなおコンスタントに動画をアップし続けている映像は、ほぼ全て異なる衣装と背景というこだわりのもと制作している。その中から昨年12月の段階で79曲をセレクトし、パッケージ化として既に4タイトルを発表しておりますが、この度、そこへ40曲・2タイトルを新たに追加で発表することとなった。同シリーズは、各タイトルごとに撮り下ろしの本人映像によるPVを収めたDVD2 [全文を読む]

梅雨の季節、イライラや陰鬱な気分をぶっ飛ばし「雨も悪くないな」と思える5曲

okmusic UP's / 2014年06月30日18時00分

水色地に赤のラインが入ったテカテカの衣装で写っているジャケット写真は勇ましすぎて、しっとりしたバラードソングがまったく想像できません!(笑)■2.「傘がない」('72)/井上陽水LPとして日本では初のミリオンセールスを記録した、アルバム『氷の世界』から40周年。40周年を記念した『氷の世界』のデジタルリマスター盤も発売され、今改めて注目を集めている井上陽水 [全文を読む]

森高千里に後藤理沙、綾瀬はるか…あの夏を思い出す歴代ポカリCMガールたち

dmenu映画 / 2017年07月09日07時00分

中国風の衣装で踊ったり、カラフルな水着で波に乗ったり、民族衣装で象の背中に揺られたりと、さまざまなバージョンに出演。現在ではすっかり大御所女優となった宮沢だが、少女のころのあどけない笑顔はまばゆいばかり。 1992年~1994年には一色紗英が登場。ZARDの代表曲「揺れる想い」やDEENのミリオンセラー「瞳そらさないで」などの名曲にのせた淡い恋物語は、歴代 [全文を読む]

森高千里 デビュー30周年「Love music」で渡部建が取材拒否の店説得

dwango.jp news / 2017年05月21日12時39分

森高も絶賛の馬肉を食しながら展開されたトークでは、1986年のデビューした頃の裏話から、学生時代にやっていたバンド活動、4枚目のシングル『ミーハー』で作詞を始めたきっかけ、作詞の制作プロセスや衣装の発案など、アーティスト森高千里を作り上げてきたその音楽ルーツに迫る。 また、泉谷しげる、糸井重里、リリー・フランキーをはじめ、ゆかりのある数々の著名人からお祝い [全文を読む]

森高千里、「Love music」で自身の音楽ルーツに迫る

Entame Plex / 2017年05月21日11時00分

森高も絶賛の馬肉に舌鼓を打ちながら展開されたトークでは、1986年のデビューした頃の裏話から、学生時代にやっていたバンド活動、4枚目のシングル「ミーハー」で作詞を始めたきっかけ、作詞の制作プロセスや衣装の発案など、アーティスト“森高千里”を作り上げてきたその音楽ルーツに迫る。 また、泉谷しげる、糸井重里、リリー・フランキーをはじめ、ゆかりのある数々の著名人 [全文を読む]

フォーカス