ドラム 森高千里に関するニュース

森高千里「私がオバサンになっても」(前編)(1)九州育ちが「どさん娘」デビュー

アサ芸プラス / 2012年06月19日11時02分

それもそのはず、森高はロケバスの中で、ドラムスティックを握り、電話帳のような分厚い本を数冊重ね、それをスネアドラムに見立て、 「タタタ、タタタ」 と心地よさそうにリズムを刻んでいたのだという。それが、のちの“異端アイドル”の誕生前史になる予感を、すでに風見は感じ取っていたという。 「もちろん演技をしている時も一生懸命でしたが、そのドラムを叩く時は一生懸命な [全文を読む]

森高千里「私がオバサンになっても」(後編)(2)中森明菜への憧れと目覚め

アサ芸プラス / 2012年07月06日10時58分

当時はまだ高校生がバンド活動をするのは認めないところもあったんですが、森高さんの九女(九州女学院)は学内でバンドを組むことは許されていたんだと思います」(大谷楽器店員) ドラムス担当の森高は、実家からこの楽器店の上階にあるスタジオまで自転車で通っていたのだという。 このビル最上階には「ペパーランド」というライブハウスがあった。当時、熊本随一のライブハウスと [全文を読む]

COTTON CLUBでのライブ初披露!『森高千里「HAVE FUN TONIGHT CHISATO MORITAKA」』TBSチャンネル1で4月1日(土)テレビ初独占放送!

PR TIMES / 2017年03月31日10時13分

今回のライブで初披露となる楽曲や、自身の大ヒットナンバー「雨」「渡良瀬橋」アレンジバージョンなど、往年のファンにも新鮮な展開!さらに、得意なドラムを軽快に叩きながら笑顔で歌うパートも必見! エレガントなインテリア空間で魅せるプレミアムなショー。ステージとの距離がとても近い客席で、食事とお酒を堪能しながら、森高千里の魅力あふれるパフォーマンスを鑑賞できる贅沢 [全文を読む]

tofubeats『STAKEHOLDER』インタビュー

NeoL / 2015年04月01日19時54分

tofubeats「バラードなんだけど、『いびつな』サウンドで作りたいなって」 ——メロやトーンとしてはポップなんだけど、ドラムやブレイクビーツがスゴくラグドな感じになってて。 tofubeats「ブレイクビーツもサンプリングではなく、自分で作ってるんですよね。ドラム抜いたら普通のポップスになるんだけど、それとはちょっと違うモノを作りたくて。これは“衣替 [全文を読む]

コーセー『アスタブラン』 新CM 「ジブン年齢は、私が決める。」をキャッチコピーと、年齢に縛られず自由に生きようという決意に満ちた表情に注目!

PR TIMES / 2015年09月09日11時51分

- 新CM「限定キット」篇を9月12日(土)より全国でオンエアスタート -海風の中、全長約1mの模型飛行機を飛ばすシーンに「思ったよりすごく大変!」 株式会社コーセー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 一俊)は、ハリ・弾力・透明感を深く見つめた高機能エイジングケアブランド『アスタブラン』のリニューアルに伴い、ドラムを初め楽器演奏もこなすアーティスト [全文を読む]

結婚18年の江口洋介&森高千里 はにかみラブラブデート撮

NEWSポストセブン / 2017年05月24日16時00分

かと思うと男勝りのテクニックでドラムを叩く。スタジオを飛び出して訪れた馬肉店では、その味を「おいしい~! 大好き!」と手を叩きながら大喜び。案内役のアンジャッシュ渡部建(44才)も思わず「かわいいですよね」とニンマリした。 さらに、糸井重里(68才)やリリー・フランキー(53才)、泉谷しげる(69才)らゆかりのある各界の大物からのビデオレターも次々と届き、 [全文を読む]

森高千里 デビュー30周年「Love music」で渡部建が取材拒否の店説得

dwango.jp news / 2017年05月21日12時39分

『ファイト!』では、テレビでは初公開となるドラム演奏をしながらの歌唱姿も必見。アーティスト森高千里の魅力を存分にお届けする貴重なこの機会をぜひお見逃しなく。 [全文を読む]

森高千里、「Love music」で自身の音楽ルーツに迫る

Entame Plex / 2017年05月21日11時00分

「ファイト!」では、テレビでは初公開となるドラム演奏をしながらの歌唱姿は必見! [全文を読む]

「アスタブラン Wリフト センセーション」森高千里さんが同世代の女性に向けた応援ソングを歌う新TV-CM 『あしたもアスタブラン』篇(15秒)10月21日(金)から全国でオンエア

PR TIMES / 2016年09月15日14時01分

デビュー時から現在まで、その時代ごとの女性たちの気持ちを代弁するような 楽曲を発表し、ドラムをはじめ楽器演奏もこなします。第一線で活躍を続ける一方、妻としても母としても 自分らしく輝き続けています。そんな森高さんのイメージが、お肌のハリ・弾力感・透明感をケアし、女性の気持ちそのものが上向きに なることをめざす当ブランドのコンセプトに合うことから、イメージキ [全文を読む]

名古屋発のアイドルCAMOUFLAGE、森高千里の「二人は恋人」を楽曲&PVカヴァー

okmusic UP's / 2015年04月30日18時42分

今回のMVのために製作された衣装、映像のカット割りなどもオリジナル作品の内容を忠実に踏襲したこだわりの内容になっており、メンバーの1人の椎名あずさは今回の撮影のためにドラムを猛練習し、発売から20年経っても色褪せない名曲「二人は恋人」に対し、最大限のリスペクトを表現。CAMOUFLAGEはこのアルバムを引っさげて、1st Tourそして怒涛のRelease [全文を読む]

ベネッセ原田社長夫人の谷村有美がフジで熱唱、“アゲマン神通力”で窮地を救えるか!?

アサ芸プラス / 2014年07月17日09時59分

「原田氏は今でもドラムの練習を欠かさないほどの大の音楽好き。谷村さんとの出会いもドラムを務めていたバンドのゲストボーカルとして共演したのがきっかけです。当時は、アップルの日本法人の社長でしたが、バツイチの再婚で、その後は、とんとん拍子で名経営者の名を欲しいままに。周囲でも“アゲマン”として評判でした」 そんな矢先の今回の不祥事。アゲマン歌手の神通力が通じ [全文を読む]

レーベル設立3周年を祝して開催された「unBORDE Xmas PARTY」大成功!

okmusic UP's / 2013年12月24日13時00分

去年はツインドラム編成だったが、今年はメンバーチェンジを経て総勢5名のスタイルに。「叩いて踊れるリズムアイドル」というキャッチコピーどおり、みさ子のドラムを軸にアイドルとしては異色の個性を打ち出すグループへと進化していた。メジャーから初のリリースとなる「雪降る夜にキスをして」、自由奔放なディスコソング「イヌイットディスコ」、そしてハイテンションなパンクナン [全文を読む]

森高千里、工藤静香、岸谷香「奇跡のコラボ」にライブ熱望コール!

アサジョ / 2017年08月05日10時15分

特に昭和を代表するガールズバンド・プリンセスプリンセスの名曲「Diamonds」では、森高がドラム、岸谷がギターを担当し、楽器演奏しながらの歌唱にネットは騒然。「お姉さまがた3人が超カッコイイ」「一夜限りじゃもったいない! せめて期間限定にして」「この3人がライブやったら絶対見に行く」といった興奮気味のコメントが殺到した。「森高、工藤、岸谷は同年代で俳優の [全文を読む]

茨城出身ワガママBODY、鹿島&稀勢の里に乗っかる?

Smartザテレビジョン / 2017年01月30日17時00分

ドラムがやりたいです」と語ると、いきなりドラムセットに座り、きっか流のリズムを叩く。 「こうやって今年は挑戦する年にしたいと思ってます。次の曲でも、新たなチャレンジをしたいです」と宣言し、森高千里の「渡良瀬橋」をカバー。間奏で初挑戦のリコーダーを奏で、楽器でも曲に華を添える。そして、「あまいメロディー」ではミディアムアレンジで抑揚の効いたボーカルを聞かせる [全文を読む]

アスタキサンチン配合のスキンケア『アスタブラン』をパワーアップ、ハリ・弾力・透明感を深く見つめた、高機能エイジングケアシリーズへ。

PR TIMES / 2015年08月21日14時23分

『アスタブラン』ブランドサイト:http://astablanc.com/■プロモーションについてプロモーションでは、独自の視点から描かれる歌詞の世界観や、ドラムを初め楽器演奏もこなすアーティスト、歌手・森高千里さんを、40代・50代の輝く女性の象徴として今回新たに起用します。妻として二児の母として自分らしく輝きつづけながらも、音楽フェスやライブ・音楽番 [全文を読む]

奇跡の46歳・森高千里が可愛すぎてツラい セクシーすぎる短パン美脚ぶりも【動画】

AOLニュース / 2015年04月15日12時00分

https://youtu.be/94SzoXRBiGY <関連動画はこちら> 今回のCMで森高は所ジョージと共演しており、ドラムを打つ姿や、ショートパンツを穿いた姿まで披露!森高と言えば、デビュー当時、ミニスカートからスラリと伸びる足の美しさが話題を呼んだが、46歳を迎えてもそのスタイルは以前のまま。今回のCMのテーマ曲にも使用された、自身のヒット曲「 [全文を読む]

江口洋介と森高千里 人気カフェで人目気にせずラブラブデート

NEWSポストセブン / 2015年03月19日16時00分

「ふたりとも音楽が大好きですから、自宅では江口さんがギターを弾いて、森高さんがドラムを叩いて楽しむこともあるんですって。江口さんの話を聞いていると、とにかく森高さんに感謝していることが伝わってくるんですよ。森高さんは子供が生まれてから子育て中心の生活をしてきました。江口さんは“自分は何もやっていないけど、彼女は子育てをしながら、仕事もして、すごい!”って [全文を読む]

フォーカス