山口百恵 森高千里に関するニュース

森高千里「私がオバサンになっても」(前編)(2)椎名林檎と対照的なキャラ

アサ芸プラス / 2012年06月29日11時00分

「デビューして間もない頃の山口百恵のような、嫌みのない歌声になっていた」 それが、のちのアーティスト・森高千里の魅力として認知されていくのである。 【関連記事】 森高千里「私がオバサンになっても」(前編)(3)背中の痛みに耐えステージへ 森高千里「私がオバサンになっても」(後編)(2)中森明菜への憧れと目覚め 森高千里「私がオバサンになっても」(後編)( [全文を読む]

電撃結婚しそうな芸能人…3位は長澤まさみ!etc…「いい夫婦」ランキング発表!

Woman Insight / 2016年11月22日21時00分

(C)SydaProductions/shutterstock まずは定番の、「誰もが憧れる、芸能界の”おしどり夫婦”ランキング」 1位 三浦友和&山口百恵(134票) 2位 唐沢寿明&山口智子(94票) 3位 江口洋介&森高千里(66票) イマドキ女子には馴染みのない、三浦友和&山口百恵夫婦ですが、当時スター街道真っしぐらだった山口百恵が、結婚を機に引 [全文を読む]

「紅白に出てほしい80年代アイドル」ランキング女性編

WEB女性自身 / 2013年09月12日07時00分

彼女は、2曲目の『少女A』(’82年)ですごく売れて『ポスト山口百恵』ともいわれたくらい。それが、その年のレコード大賞の新人賞にノミネートされませんでした。『なんでなんだ!』って思った記憶があります」 2位の小泉今日子、3位の松田聖子は今も“現役アイドル”であることがポイントだ。「’80年代のアイドルブームを作ったのは、間違いなく松田聖子。’82年デビュー [全文を読む]

「水曜歌謡祭」で株が上がった工藤静香と下がった森高千里

アサ芸プラス / 2015年04月16日17時59分

「恋するフォーチュンクッキー」や「禁断のテレパシー」、山口百恵の名曲「イミテイション・ゴールド」などを歌った。「若いアイドルとコラボしたことで、工藤の歌唱力の高さがより一層引き立っていました。また、スタイルの良さにも驚き。もともとすごく細いタイプでしたが、子供を2人産んだ中年とは思えないボディラインは、プロ意識の高さを見せつけました」(前出・芸能関係者) [全文を読む]

30代以上女性が選ぶ「好きな夫婦」 友和・百恵が第1位

NEWSポストセブン / 2014年11月14日07時00分

第1位 三浦友和・山口百恵(34票) 第2位 佐々木健介・北斗晶(32票) 第3位 桑田佳祐・原由子(25票) 第3位 唐沢寿明・山口智子(25票) 第5位 堺雅人・菅野美穂(24票) 第6位 水谷豊・伊藤蘭(20票) 第6位 江口洋介・森高千里(20票) 第8位 市村正親・篠原涼子(18票) 第9位 鈴木おさむ・大島美幸(15票) 第10位 田中将大・ [全文を読む]

木村拓哉・工藤静香夫妻は嫌われヤンキー夫婦? 理想のカップルだったのに…

messy / 2013年11月22日15時55分

1位 三浦友和・山口百恵2位 水谷豊・伊藤蘭3位 佐々木健介・北斗晶4位 桑田佳祐・原由子5位 田中将大・里田まい6位 名倉潤・渡辺満里奈6位 渡辺徹・榊原郁恵8位 木梨憲武・安田成美8位 鈴木おさむ・大島美幸10位 宇崎竜童・阿木燿子10位 江口洋介・森高千里 新婚カップルは5位の田中・里田夫妻くらいで、他は長く連れ添っているカップルばかりが名を連ねて [全文を読む]

明石家さんま版“紅白”、第2弾でもさんまが大暴れ!

ザテレビジョン / 2017年06月09日15時09分

宇崎竜童&阿木燿子夫妻と、山口百恵の長男・三浦祐太朗が登場。さんまと山口の知られざるエピソードが明かされる。また、母の遺伝子を継ぐ歌声だと話題の三浦と、山口の名曲を多数生み出した宇崎の、地上波初となるコラボレーションが実現する。 30年来、さんまが隠れ大ファンだという森高千里と、今年20周年のゆずも登場。「二人は恋人」「渡良瀬橋」「栄光の架橋」「夏色」と、 [全文を読む]

「家に帰ったら佐々木希 家に帰ったら堀北真希……」というツイートが話題に

ガジェット通信 / 2017年04月10日03時10分

反響を呼び、多くのリツイートと「いいね!」を集める中、返信欄には 「家に帰ったら森高千里」と江口洋介さんの写真をアップする人や、 「家に帰ったら山口百恵」と三浦友和さんの写真をアップする人、はたまた 「家に帰ったら北斗晶」と佐々木健介さんの写真をアップする人などがあらわれる。 「100人乗っても大丈夫」 「玄関開けたらサトウのごはん」 「家に帰ればセキス [全文を読む]

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、巨大セールスの80年代

アサ芸プラス / 2015年09月09日05時59分

山口百恵が白いマイクを置いて芸能界を去った80年、アイドル界は大きな激流に巻き込まれる。扉を開いたのは、何と言っても松田聖子である。どれだけ「ぶりっ子」と揶揄されようとも、聖子は一貫して“アイドルである私”を崩さなかった。また、それを可能とするだけの歌手としての実力があり、セールスにおいてもシングルの連続1位記録を樹立する。 同じ80年には河合奈保子や岩崎 [全文を読む]

HKT48、驚きと涙に包まれた九州7県ツアー最終公演

okmusic UP's / 2014年03月23日13時30分

さらに、山口百恵の「ひと夏の経験」やおニャン子クラブの「じゃあね」など披露し、客席からは驚きの声が上がり、さらなる盛り上がりを見せた。そして、松任谷由美の「卒業写真」では、先日AKB48へ移籍・中西智代梨とSKE48へ移籍が発表された谷真理佳が涙を流す場面も。 また、森高千里の「私がオバさんになっても」を指原が歌うバックには、指原の幼少時の写真が映し出され [全文を読む]

ミュージックジャケットギャラリー2013「日本の女性アイドル500ジャケット 1970-2013」展示会&トークイベント 開催のお知らせ

@Press / 2013年07月02日14時30分

【ジャケット展示歌手の一例】新三人娘(南沙織、天地真理、小柳ルミ子)、山口百恵、キャンディーズ、ピンクレディー、松田聖子、中森明菜、小泉今日子、おニャン子クラブ、森高千里、安室奈美恵、モーニング娘。、AKB48、ほか。 [全文を読む]

フォーカス