布袋寅泰 boowyに関するニュース

【エンタがビタミン♪】布袋寅泰が“高2時代”の写真を公開。「女性のような」可愛さに驚き。

TechinsightJapan / 2015年02月05日20時55分

ロックギタリストの布袋寅泰が、53歳の誕生日を記念してInstagramで高校2年生時代の写真を投稿した。ロングヘアーで眉毛を細く整えた姿に「一瞬女性かなと思いました」とコメントする読者もおり、高校生というイメージは無い。まだ、BOOWYに入る前ではあるが、ロックミュージシャンの雰囲気はすでにあったようだ。 2月1日で53歳となった布袋寅泰。その誕生日に『 [全文を読む]

ソロ25周年、布袋寅泰完全コンプリート本がリリース

dwango.jp news / 2014年09月26日18時00分

いまや世界が認める存在となった、布袋寅泰。 四半世紀に及ぶ彼の活動を祝し、『布袋寅泰ぴあ』が9月30日(水)発売致される。 ギタリスト・ソングライター・プロデューサーとして、今なお進化を遂げるHOTEIのキャリアを 振り返りつつ、前作からおよそ1年半ぶりとなる、10月1日(水)リリース、待望のNEWアルバム。 10月17日(土)から始まるジャパンツアーに対 [全文を読む]

引退宣言で再結成は完全消滅? 氷室京介&布袋寅泰、BOOWY結成初期からの因縁

週プレNEWS / 2014年08月14日06時00分

氷室京介(53歳)と布袋寅泰(52歳)の確執は音楽界最大の冷戦ともいわれる。ここへきて、ファンの悲願であるBOOWY再結成が、氷室の“引退宣言”によって永遠に叶わないまま終わる可能性が出てきた。 先月19日、20日の横浜スタジアム公演と来年開催予定のラストライブをもって音楽活動からの引退を発表した氷室。耳の不調と、ベストな状態で歌えなくなったことが主な理由 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】布袋寅泰の“おぼっちゃま”時代 育ちの良さが滲むレアショット 「牛乳が怖くて飲めなかった」逸話も

TechinsightJapan / 2016年07月17日15時01分

ギタリストの布袋寅泰がバラエティ番組『嵐にしやがれ』に登場して“布袋寅泰の人生三大写真”を披露した。そこに写った小学生時代にトランペットを持つ姿は見るからに優等生という感じである。その彼が放送前にインスタグラムでさらに子どもの頃のレアショットを公開して「布袋くん可愛らしい。お坊っちゃまでいらしたんですね」とフォロワーを驚かせた。 7月16日放送の『嵐にしや [全文を読む]

『ギター・マガジン』責任編集による布袋寅泰のアーティスト・ブックが本日発売 本人のコメント動画も公開中!

PR TIMES / 2013年11月16日12時26分

インプレスグループで音楽関連の出版事業を手掛ける株式会社リットーミュージック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:古森優)は、音楽専門誌『ギター・マガジン』責任編集による新シリーズを始動させ、2013年11月16日にアーティスト・ブック『布袋寅泰 GUITAR WORKS COMPLETE FILE』を発売します。ギター・プレイヤー向けに情報を提供する月 [全文を読む]

チケット値引きでも武道館は空席祭り......布袋寅泰を悩ます「ファン離れ」

日刊サイゾー / 2012年06月28日08時00分

今夏にも英国へ移住すると発表したギタリストの布袋寅泰が、「移住前最後の日本公演」と銘打って6月18日、19日に日本武道館公演を行った。フルオーケストラとの豪華コラボをうたった本公演、さぞかし盛り上がったかと思いきや、チケットの売れ行きはサッパリだったという。音楽関係者が声をひそめて語る。「昨年から今年頭にかけてCOMPLEXの再結成ライブや、アーティスト活 [全文を読む]

アーティスト活動30周年を迎えた布袋寅泰の記念イベント第3弾。BOOWY、COMPLEX時代を含む名曲の数々を携え、約1年半ぶりとなるファン待望のツアーをWOWOWでオンエア!

PR TIMES / 2012年01月10日11時36分

日本が世界に誇る屈指のギター・プレイヤー布袋寅泰がアーティスト活動30周年を迎え、精力的な活動を展開している。2011年2月1日に行なった日本武道館でのアニバーサリーライブ第1弾よりアーティスト活動30周年へ突入すると、5月18日にはシングル「PROMISE」を発表。同月20日に国立代々木競技場第一体育館公演、22日には大阪城ホールにて第2弾のアニバーサリ [全文を読む]

4月に行われた布袋寅泰の“再現GIGS”を放送!

Smartザテレビジョン / 2016年08月03日18時20分

WOWOWプライムでは、8月6日(土)夜8時から「布袋寅泰 35th ANNIVERSARY LIVE GUITARHYTHM伝説'88 ソロデビュー再現GIGS」を放送する。 ことしデビュー35周年を迎えた布袋寅泰によるアニバーサリー企画「8BEATのシルエット2016」の第2弾として、'88年に行われたソロデビューライブを再現したスペシャルライブだ。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】布袋寅泰の交友関係が広すぎる 辰吉丈一郎や小塚崇彦も!

TechinsightJapan / 2016年04月12日19時30分

1981年にロックバンド・BOOWY(暴威)のギタリストとしてデビューし、ソロも含め今年で活動35周年を迎えた布袋寅泰が4月7日と10日、アニバーサリープロジェクトの一環として「~GUITARHYTHM伝説 '88~ソロデビュー再現GIGS」を開催した。28年前のソロデビューライブを再現した同ライブで、布袋はかつての音源からさらにパワーアップしたパワフルな [全文を読む]

氷室京介のソロ活動は「BOOWY」を超えられたのか?

アサ芸プラス / 2014年07月24日09時59分

そういう氷室さんですから、衰えた状態でライブを続けるのはファンに申し訳なく、我慢できないんだと思います」(音楽関係者) また、氷室の引退表明に対し、『BOOWY』の元メンバー、布袋寅泰が「せめて一曲でも隣でギターを弾かせてほしい」というコメントを発表した。音楽関係者が続ける。 「氷室さんが『BOOWY』に否定的だという声もありますが、僕はちょっと違うと思い [全文を読む]

【衝撃】絶対秘密!「風の谷のナウシカ」の極秘情報10選 / 当初3つのラストシーンが存在した

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年03月20日06時00分

3. 王蟲の鳴き声は布袋寅泰のギター 王蟲の鳴き声は、BOOWYのギタリストとして活躍した布袋寅泰氏のギターの音なのだそうです。この事実は布袋寅泰氏本人がTwitter上で暴露したことによって明らかになりました。ナウシカの音楽を担当していた久石譲氏に呼ばれ「ギターで泣いて欲しい」と頼まれたのだとか。 4. 巨神兵のモデルは庵野秀明? 当時ナウシカの製作に [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】元BOOWY・高橋まこと “V系ヘアスタイル”髪の立て方と解き方を力説

TechinsightJapan / 2016年04月07日20時30分

BOOWYをヴィジュアル系バンドの先駆者と見るか否かは諸説あるが、氷室京介や布袋寅泰の髪を逆立てたルックスは多くが知るところだろう。その2人ほどの高さは無いがベースの松井恒松(現・松井常松)、ドラムスの高橋まことも髪を立てていたようだ。4月6日放送の『ナカイの窓 ゴールデン2時間スペシャル』(日本テレビ系)で中居正広から「髪をどうやって立てるの?」と聞か [全文を読む]

亀田誠治と布袋寅泰が“J-POPギター”の魅力を解説 『亀田音楽専門学校 SEASON 2』スタート

リアルサウンド / 2014年10月04日13時00分

第1回のテーマは「J-POP ギター学〜主役編〜」で、ゲストには布袋寅泰が出演した。・『イントロ』で活躍するギター 冒頭、亀田は「J-POPの主役はギターだ」として「主役の一番の活躍しどころは『イントロ』」と語り、小田和正「ラブストーリーは突然に」やMr.Children「innocent world」、AKB48「ヘビーローテーション」を例に挙げた。布袋 [全文を読む]

ミュージシャンの「2代目襲名」 是非と需要についての考察

NEWSポストセブン / 2014年07月22日16時00分

BOOWYのギタリストとであり、解散後、一度も一緒に演奏したことのない布袋寅泰は、ブログ上で、ラスト公演の共演を希望する発言をし、話題になりました。個人的には、夢の共演を見てみたいなと思いつつ、とはいえ、氷室京介は、自分の美学を貫き通すのかなとも思っています。 ここまでは実は前置きで、今回はミュージシャンのキャリア、特に引退について考えてみますね。 53 [全文を読む]

氷室京介の電撃引退宣言でもBOOWY再結成が実現しない「布袋との確執」

アサ芸プラス / 2014年07月22日09時59分

「かつて伝説のバンド『BOOWY』を組んでいたギタリストの布袋寅泰も、自身のブログで『彼が本当にステージから姿を消してしまうなら、最後のステージはせめて1曲でも隣でギターを弾かせてほしい そう思うのみ』とつづっています。2人は1988年にバンドを解散してから、顔を会わせたのは1度だけというほど疎遠になったまま。まあ解散のきっかけが2人の確執にあったといわ [全文を読む]

氷室京介の突然の引退表明!BOOWY再結成の鍵を握るのは、あの矢沢永吉ってホント!?

アサ芸プラス / 2014年07月18日09時59分

一度言った事は絶対に曲げない性格からして、ライブ引退は本当ではないでしょうか」(レコード会社関係者) そこで気になるのが、ロックバンド「BOOWY」時代の盟友であるギタリスト布袋寅泰との共演である。布袋本人はツイッターで、 「彼がステージから姿を消してしまうなら、最後のステージはせめて一曲でも“隣でギターを弾かせてほしい”そう願うのみ」 と記している。しか [全文を読む]

布川敏和が回想 シブがき隊の解散時も3人で焼肉行った

NEWSポストセブン / 2017年01月23日07時00分

BOOWYも1988年の解散当時は氷室京介(56才)と布袋寅泰(54才)の不仲が原因だと報じられたし、1992年に解散したチェッカーズは、7人のメンバーの意見が割れて「4対3」に分かれて対立しているといわれていた。 1988年に解散したシブがき隊もそうだった。結成した1981年は、小泉今日子(50才)や早見優(50才)、渡辺徹(55才)ら錚々たるアイドル [全文を読む]

【ベッキー不倫騒動】ブレイク直後に”糟糠の妻”を捨てる「トロフィーワイフ現象」とは

デイリーニュースオンライン / 2016年01月16日16時00分

布袋寅泰 BOOWYとして売り出し中に、ミュージシャンの山下久美子と結婚(注2)。彼女のプッシュもあってモンスターバンドへ成長した。が、楽曲提供から知り合った女優・今井美樹にのめり込んで不倫関係に。結局、布袋は山下と離婚して今井と再婚した。 ……多少ケースに違いはあるが、他にも数多くのバンドマンやミュージシャンが、成功した途端に糟糠の妻を捨てている。 [全文を読む]

フォーカス