大学 竹野内豊に関するニュース

vol.2.5 ホーム・アローンでジョー・ペシを知った 〜 映画監督を志すまで 〜

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月10日16時42分

まったく絵が描けないのに芸術系の大学に進みたいと漠然と考えていた。映画が好きだった。この時には、映画監督になりたいと思っていた。同級生は笑った。「りきやが芸術系の大学?」自分でもそう思う。そのくらい、絵も描けないし、美的なセンスというものが欠けていた。でも絵を描くのも、歌を歌うのも、体育も好きだった。どうして映画監督を志すほど、映画が好きになったのだろう。 [全文を読む]

藤田紀子、田中理恵、スキャンダル美女「ピンクな煩悩地獄」

アサ芸プラス / 2013年01月10日10時00分

しかも、母校の日体大職員として大学に残るというものだった。スポーツ紙アマチュア担当記者はこう話す。 「キャスターになっていたら、出演1回で80万、年間4000万円は稼ぐと言われていました。本人も芸能界入りを本気で考えていました。ところが、頭のいい子ですから、『1年で忘れられたらそれっきり』と、目先のことよりも将来の安定性を取ったようです」 この決断に、大学 [全文を読む]

それでもぼくらはヒゲを生やす。大学で増殖を続ける“ちょいヒゲ男子”の主張

ソーシャルトレンドニュース / 2015年12月25日12時00分

あなたの身の回りに、似合ってもいないのに何故かすこ~しだけヒゲを伸ばしている男子大学生はいないだろうか。サンタクロースなどとは程遠いが、すこ~しだけ。それも顎だけだったりする。おそらく数人は思い浮かべることができるだろう。大学3、4年生にもなると、このような“ちょいヒゲ男子”が湧いて出てくる。何を隠そう、僕もその一人だ。 閲覧注意と表記しなかった件について [全文を読む]

宮崎香蓮「竹野内さんにグイグイ行こうと思いました」

Smartザテレビジョン / 2016年06月09日05時00分

企業法務を専門とする咲坂(竹野内)ら弁護士が、企業から持ち込まれるさまざまな案件に立ち向かう姿を描く本作で、咲坂の娘・みずき(松風理咲)の家庭教師で、大学生の島谷涼子を演じる宮崎香蓮にインタビューを行った。――最終回も間近に迫っていますが、これまで涼子を演じてきていかがですか?最初に女子大生役で、(みずきの)父親である咲坂先生を好きになってしまうと言われて [全文を読む]

嵐・松本潤のCM発表会で騒然?”声がけ禁止令”で怒号飛び交う

デイリーニュースオンライン / 2017年03月25日12時38分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

西内まりやに女優生命の危機?月9”最低2冠”で悪目立ちの結末

デイリーニュースオンライン / 2017年03月22日07時30分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。 [全文を読む]

フジテレビ凋落なぜ止まらず?期待の新番組が”4%台連発”の大惨事

デイリーニュースオンライン / 2017年01月20日09時45分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

小説の才能があると思う芸人は?今後の作家デビューに期待の声も

しらべぇ / 2016年12月29日20時00分

ダ・ヴィンチで、人見知りを卒業するまでエッセイを書籍化した『社会人大学人見知り学部 卒業見込』は、又吉の「泣ける」というオススメもあり、好評を得ている。もうひとりは、コントやフリップネタなど、独特のセンスを持つバカリズム。竹野内豊が主演を務めた『素敵な選TAXI』をはじめ、最近では『黒い十人の女』が話題となった。まだ、脚本のみだが、バカリズムならではの世界 [全文を読む]

嵐・相葉雅紀の月9主演が決定?若手ジャニーズ連敗で”尻ぬぐい”

デイリーニュースオンライン / 2016年12月22日08時01分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

アンチすら虜にする『逃げるは恥だが役に立つ』の星野源がズルすぎる!

messy / 2016年10月26日23時15分

仕事で偶然再会した大学の友達の元イケメン・田島良彦(岡田浩輝)と2人で飲みに行き「今土屋と2人きりで飲んでるなんて信じられないよ」「高嶺の花だったもん」、「田島くんだってイケメンでモテモテだったじゃない」なんて思い出話に花を咲かせていると、「俺は土屋にモテたかったの」と、左手の薬指に指輪を光らせながら百合ちゃんの脚に自分の膝をスリスリしてくるトゥービーコン [全文を読む]

ドラマ界にキムタク不要論?”月9”打切りで狭まるジャニーズの居場所

デイリーニュースオンライン / 2016年10月14日09時06分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)などに寄稿。現在は女性向け読み物の記者・編集者として活躍中。 [全文を読む]

熱愛報道を完全無視?吉田羊の”姑息な逃げ”が悪循環になりそうなワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年06月18日08時05分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】田村淳、極楽・山本へ「頑張ってメディアに出てきて!」

TechinsightJapan / 2015年07月16日12時30分

先日、大学で講義をしたばかりの淳が、この日は“公開会見”と銘打って、記者に扮した書籍購入者からの質問に応えた。淳なりの立ち回り術を熱弁するなかで、以前淳を「テロリスト」呼ばわりしたスポーツ紙から極楽とんぼ・山本に関する質問が投げかけられた。 自らを「基本35点」だと点数を付けた田村淳。何でもこなせる器用な人に見えるものの「ルックス、勉強もダメ。毛先を遊ばせ [全文を読む]

バカリズム脚本のドラマが超面白いワケ 鋭い人間観察と苦笑いが生む絶妙なエピソード

Business Journal / 2015年07月03日06時00分

大学を出て編集者になった竹内は、恋人との結婚を望みながら、なかなか実現できないでいる。 また、女優志望の真木と水川は、アルバイトを続けながらオーディションを受けては落ちまくる日々だ。もうあきらめようかと思っていた頃、2人に思いがけない出来事が起きる。 [全文を読む]

フォーカス