スケジュール 竹野内豊に関するニュース

フジ月9『貴族探偵』主演・相葉雅紀 「週3くらいしか撮影しない」のに、スタッフが喜ぶ理由

日刊サイゾー / 2017年05月05日09時00分

本来ならフジテレビとしても、ドラマのためにスケジュールを調整してほしいところだろうが、今回ばかりはそんな要請すらできない都合があるという。 「最近の月9ドラマは、視聴率が悪いと主演俳優が“戦犯”にされることも多く、とかく敬遠されがちのようです。前クールも、竹野内豊が主演オファーを断ったことで、西内まりやが抜てきされたといわれています。今回も『月9』30周年 [全文を読む]

ドラマ『相棒』、相棒本命・仲間由紀恵が再びNGの公算の事情…また不評の反町か

Business Journal / 2016年04月15日07時00分

初の女性相棒となれば話題性も十分、水谷も仲間も出演には乗り気でしたが、主演舞台『放浪記』と撮影の時期が重なったためスケジュールの調整がつかず、結局出演には至りませんでした。再度検討した結果、相棒役には“40代以上の男性俳優”がいいということになり、新たな候補者として唐沢寿明、竹野内豊、織田裕二、反町隆史などの名前が挙がり、最終的に水谷の後押しもあり反町に決 [全文を読む]

甘えん坊の竹内涼真は“理想の孫”?「新宿でおばあちゃんとデート」

Woman Insight / 2016年03月22日17時42分

そんな3人に、考えるのを止めて頭を空っぽにするための“理想のスケジュール”を書いてもらうと、松岡さんと柾木さんの大半を占めていたのは「寝る(就寝)」というワード。 シンプルなふたりに対して竹内さんのスケジュールはびっしり! 朝7時半に起きてまず、トレーニング。朝ごはんを食べたら昼寝。「身体を休めたら、新宿に出ておばあちゃんとデート。これは日常的にやってる [全文を読む]

竹野内豊と江口洋介が『人生の約束』で意気投合!

Movie Walker / 2016年01月06日11時00分

冠さんが、かなりスケジュール担当の方と闘って、我々が演じやすいように、撮影の順番を配慮してくださったそうです」。 [全文を読む]

水谷豊は竹野内豊を希望していた!?「相棒14」反町隆史は1クールで殉職か

アサ芸プラス / 2015年09月18日09時59分

また、テレ朝の希望はSMAPの稲垣吾郎で、こちらもスケジュール調整が難しかった。それで“仕方なく”反町に落ち着いたといいます。水谷は今年公開の主演映画『王妃の館』で大コケしているため、かなり視聴率にこだわっている。今回、反町が演じる冠城亘(かぶらぎ・わたる)のキャラクター設定は法務省キャリア官僚。“刑事でない相棒”をファンが受け入れるのか不安もあります。視 [全文を読む]

倉科カナ、キャバ嬢経験で竹野内豊を落とした!? 共演女優も呆れた“甘え上手”ぶり

サイゾーウーマン / 2014年10月19日16時00分

すれ違いが原因で濱口とは破局してしまったそうですが、竹野内は『フライデー』を見る限り、連日のように、スケジュールの合間を縫って倉科の自宅マンションを訪れている。すぐに交際を認めたのも、単なる恋人で終わらせるつもりはなかったからじゃないでしょうか」(同) 17歳上のベテラン俳優をも虜にしてしまった倉科。異例の本人コメントが発表されたこともあり、両者には是非と [全文を読む]

竹野内豊、倉科カナと“通い愛”スクープ! 和久井映見との結婚説は「ガセだった」!?

サイゾーウーマン / 2014年10月17日13時00分

竹野内は忙しいスケジュールの合間を縫って、昨年のクリスマスにもマンションを訪れていたということです」(芸能ライター) また竹野内といえば、今年7月に一部週刊誌で「和久井映見との結婚説」と報じられたことから、現在ネット上では和久井との関係が盛り上がりをみせている。 「竹野内が今年、両親のためにプレゼントしたという5億円の豪邸について、実は両親とともに和久井を [全文を読む]

西内まりやに女優生命の危機?月9”最低2冠”で悪目立ちの結末

デイリーニュースオンライン / 2017年03月22日07時30分

スケジュールのみならず、キャスティングや脚本など端々からフジのモチベーションの低さがうかがえた。その煽りを食らったのは何より主演の西内。月9の不名誉な歴史を一手に引き受ける格好となった。こんなことならおとなしく留学したほうが良かったはず。悪目立ちした分、ゴールデン帯のドラマで主演を飾ることは当分ないでしょう。剛力彩芽(24)と同じく“深夜ドラマコース”に突 [全文を読む]

フジテレビ「負の連鎖」が止まらない“涙”内幕!(1)月9の企画がつまらなく断られた

アサ芸プラス / 2017年03月07日05時57分

急遽、別企画を立て、スケジュールのあいていた西内まりや(23)に主演の白羽の矢が立ったんです。共演者も慌ててキャスティングしたのですが、これほど知名度の低い役者が集まった月9は初めてでしょう」 華やかな時代は遠ざかったが、ドラマ内容は「あの頃のまま」というのが惨敗の原因のようである。美男美女2人のリアルな「結婚観」をテーマしたという今作は、キャリアウーマン [全文を読む]

出演拒否が続出でジャニーズだけが頼み?「月9ドラマ」のショボすぎる内情

デイリーニュースオンライン / 2017年01月03日19時05分

もうスケジュールに余裕がなかったフジ側は二つ返事でOKしたようですが、消去法で選ばれたようなものですから先行きは不安しかない」(芸能関係者) 西内の相手役にはロックバンド「flumpool」のボーカル・山村隆太(31)を起用。山村はイケメンで女性人気は抜群だが、演技初挑戦で俳優としての実力は未知数。さらに西内と同じ事務所のダンスボーカルユニット「Lead」 [全文を読む]

フジテレビ“月9”枠、来年廃止へ!? 竹野内豊「出たい話がない」原因は圧倒的な企画力不足か

日刊サイゾー / 2016年12月14日17時00分

その結果、西内まりやのスケジュールが“奇跡的に”空いていたという。 「夏前には竹野内で内定していたものの、その後、フジ側との折り合いがつかず、出演を断られてしまった。その一因に、4月期に放送された福山雅治主演の“月9”『ラヴソング』の大コケがニュースとして大きく取り上げられたことや、桐谷美玲主演『好きな人がいること』、Hey! Say! JUMP・山田涼介 [全文を読む]

竹野内豊、1月期「フジ月9」主演辞退!? 「泥舟に乗りそう」といわれる仮内定のキャスト陣は?

サイゾーウーマン / 2016年12月13日10時00分

その後、奇跡的にスケジュールが空いていた西内に白羽の矢が立ったと伝えています」(同) 12月上旬といえば、すでに1月期ドラマの撮影が始まっている時期。この時期のキャスト変更は、“異常事態”といえそうだ。 「しかも、西内に関しても、実はまだ“確実に出演してもらえるか定かではない”との情報が、業界内を駆けめぐっています。西内のほかに、実は中村アンも内定している [全文を読む]

【マイク眞木/インタビュー2】~当時は、反町や竹野内のこと、知らなかったよね。~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年05月20日09時00分

でも、あの作品、1週間前に撮影しては、次の週に出す、みたいなキッツキツのスケジュールでやってたから、撮影中は忙しくて、あんまり何も分かってなかったんだよね。 反町隆史、竹野内豊、広末涼子など、現在でも人気の役者陣が大集合だった人気ドラマ、ビーチボーイズ。 しかし、眞木さんはこのドラマが始まる直前までハワイに6年住んでいたため、当時の日本の芸能界を全く把握し [全文を読む]

今春から高校生の松風理咲が小学生役で連ドラデビュー

Smartザテレビジョン / 2016年04月27日07時00分

松風:連ドラは1日のスケジュールがきっちり決まっていて、撮影の進行が早い印象はあります。その中で自分の思うような演技をしないといけないし、監督さんの指示にもきちんと応えないといけないし、大変だなって思います。──普段から瞬発力はあるほうですか。松風:どうですかね。自分では意識していないんですけど、よく周りからはどんくさいって言われます(笑)。さっきも写真撮 [全文を読む]

竹野内豊&倉科カナ 「この春いいお話がありそう」の情報も

NEWSポストセブン / 2016年03月18日07時00分

すでに各社には取材のスケジュールも連絡されていたのに、突然シャットアウトされることは前代未聞。報道各社だけでなく、共演者など関係者にも、“倉科のプライベートで何かあったのか、竹野内と破局したのではないか”という憶測が飛び交いました」(芸能関係者) しかも倉科の知人はこんな話を明かす。 「倉科さんはこの2月に新居に引っ越したそうなんです。前の家は竹野内さんの [全文を読む]

反町隆史、1シーズンで『相棒』卒業説も!? 制作スタッフが暴露する「最終回の脚本内容」

サイゾーウーマン / 2016年02月03日12時45分

「当初から水谷は新任に竹野内豊を希望していたそうで、また、そもそも最初に白羽の矢が立ったのは仲間由紀恵といわれていましたが、仲間は主演舞台『放浪記』のスケジュールから、早々に候補から外れてしまった。しかし、1月末に『放浪記』が千秋楽を迎えたこともあり、再び“反町卒業説”に拍車がかかっています」(週刊誌記者) 現場での態度や、視聴率などにより、主演の水谷豊 [全文を読む]

「同居人」扱いの反町隆史は時間稼ぎ?「相棒」大本命はやっぱり竹野内豊?

アサ芸プラス / 2015年11月09日17時59分

「当初、新相棒として名の上がっていた竹野内豊は、来年公開の映画2本の撮影があったため、スケジュール的に無理だった。そこで同じ事務所の反町に白羽の矢が立ったのではないかと思います。1クールとはいえ相棒に出演して好評価を得られれば、今後の仕事もブッキングされやすくなりますから、反町にとっても決して悪くはない」 また、テレビ情報誌記者は「物語のマンネリ化を防ぐた [全文を読む]

水谷豊、早くも5代目相棒を模索中

NewsCafe / 2015年09月21日16時00分

テレ朝は人気ドラマに稲垣を出し、ジャニーズ事務所に恩を売っておきたい考えがあったんですが、こちらもスケジュール調整が難しかった」 かつての人気俳優の反町も低く見られたものだ。 「そう。だから、視聴率があまりにも振るわなければ水谷とテレ朝がタッグを組んで、相棒交代という重大な決定を下す可能性は十分にあります。すでに水面下で準備を進めていると言われています」 [全文を読む]

「初恋は妄想彼女」スバ抜けた妄想力が育んだバカリズムの多才感

messy / 2015年01月09日19時30分

しかし、売れっ子芸人だけにスケジュール的に難しいということで、マネージャーさんは断ろうとしていたらしい。ところが、バカリズムは違った。相当厳しいことになるかもしれないけれど、「もし成功したら、これは相当“多才感”が出る!」 と睨んで、お引き受けしたそうだ。映画監督をやっている芸人はすでに大勢いる。それはそれで凄いし評価されることもあるだろうが、「今このタイ [全文を読む]

「死ぬかと思った」悲鳴轟く西島秀俊の結婚、次は竹野内豊か 減り続ける中年独身俳優枠

messy / 2014年11月20日18時00分

なお、挙式や披露宴については「撮影のスケジュールを見ながら親族のみで行おうと思っています」とのことだ。 鍛え抜かれた肉体と、濃すぎず薄すぎずのバランス良い顔立ちで世の女性たちを虜にしてきた西島がついに結婚を決めたということで、ネットは悲しみと落胆の声で溢れている。「仕事が手につかない」「おでんこぼした」とパニックに陥ったり、女流棋士で闘病中の林葉直子に至っ [全文を読む]

フォーカス