推移 三菱電機に関するニュース

電機メーカー、一斉に減収減益&業績下方修正の異常事態…円高ショック深刻

Business Journal / 2016年09月07日06時00分

2015年に1ドル120円前後で推移していた為替レートは、ついに再び1ドル100円を切る水準にまで円高傾向が進んだ。円高は自動車、電機業界の業績を直撃している。●相次ぐ大手電子部品メーカー誤算 クリアリーフ総研の集計では、2017年3月期第1四半期(4~6月)において、国内電子部品製造の上場会社約40社は、全体合算集計で減収減益にとどまった。また、全体のほ [全文を読む]

「インテリジェントモーターコントローラーの世界市場の動向・予測 ~2021年:電圧・モータータイプ・エンドユーザー・用途・地域別」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2016年05月27日12時00分

インテリジェントモーターコントローラーの市場は2016年から2021年にかけて5.48%のCAGR (年間複合成長率) で推移し、2021年には85億7600万米ドルの規模に成長すると予測されています。スマートで多機能の統合型デバイスの需要拡大や欧州・北米などの地域での石油&ガス、上下水道、発電、食品・飲料などの主要産業におけるオートメーション化の進行な [全文を読む]

「保護継電器の世界市場の動向・予測 ~2021年:電圧・エンドユーザー・保護メカニズム (給電線・送電線・モーター・変圧器・発電機・ブレーカー・コンデンサーバンク・母線)」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2016年03月08日14時30分

保護継電器の市場は2021年にかけて6.5%のCAGR (複合年間成長率) で推移し、2021年には45億4000万米ドルの規模に成長すると予測されています。変電所や送電線を含む送配電インフラへの投資の拡大や、新興国での都市化の進行が同市場の成長を推進しています。 当レポートでは、世界の保護継電器の市場を調査し、市場および製品の概要、産業構造とバリューチ [全文を読む]

「IGBTおよびサイリスターの世界市場分析・予測 2020年:発電・再生可能エネルギー・鉄道・UPS・EV/HEV・モータードライブ・家電」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年07月21日10時30分

IGBT (絶縁ゲートバイポーラトランジスター) 市場は2015年から2020年にかけて9.5%のCAGRで推移し、2020年までに82億5,630万米ドルに達すると予測されています。一方、サイリスター市場は同期間中7.9%のCAGRで推移し、2020年までに36億3,200万米ドルに達すると予測されています。政府のイニシアチブおよび先進経済諸国における [全文を読む]

「サーキットブレーカー&ヒューズの世界市場の動向・予測 2019年:用途 (非住宅・住宅・電気&電子機器・輸送)・タイプ (SF6・真空・その他)・電圧・地域別」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年04月28日14時00分

同市場は2014年から2019年にかけて6.8%のCAGRで推移し、2019年には156億3230万ドルの規模に達すると予測されています。 当レポートでは、世界のサーキットブレーカーおよびヒューズの市場について調査し、各種市場影響因子の分析、用途・タイプ・電圧別の市場分析および市場規模の推移と予測、地域別の動向、競合環境、主要事業者のプロファイルなどをまと [全文を読む]

「自動車点火システムのコンポーネントの世界市場 2019年」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年02月27日09時00分

世界の自動車点火システム市場は2019年まで6.2%のCAGRで推移し、76億ドルの規模に成長すると予測されています。2014年から2019年にかけての成長率はアジアオセアニア地域がもっとも高く、同地域が最大の地域市場となる見通しです。 当レポートでは、自動車点火システムの世界市場について調査し、市場背景と産業構造、市場成長への影響因子および市場機会の分 [全文を読む]

三菱電機、万年3位でもなぜ脚光?徹底した“奇策なし”改革で利益率業界トップに躍進

Business Journal / 2015年01月07日06時00分

その理由は、過去10年間の売上高推移を見ればわかる。 [全文を読む]

【投資のヒント】安値を付けながらも評価が高い銘柄は

ZUU online / 2017年04月14日18時50分

年度末の3月末に日経平均が節目の19,000円を割り込みその後も19,000円を下回って推移するなか、シリアや北朝鮮に対する地政学リスクに加え、リスク回避による円高などから日経平均は節目の18,500円も下回る展開となっています。こうしたなか安値を更新する銘柄も増え、一昨日に487、そして昨日に633の銘柄が東証1部で年初来安値を付けています。そこで今回は [全文を読む]

2017年は、大規模投資と減税の「トランプ経済」でお金を増やせ!

プレジデントオンライン / 2017年02月22日09時15分

古くなったインフラが復活する効果もあるので、米国経済は当分の間、堅調に推移する可能性が高い。インフラ投資の財源として米国債が追加発行されるので、金利が上昇し、それに伴ってドル高が進むことになるだろう。 日本経済は基本的に米国経済に依存しているので、このシナリオが続けば製造業を中心に業績の伸びが期待できる。ただ、製造業はもはや輸出中心の業態ではないため、米国 [全文を読む]

「自動車セキュリティシステムの世界市場 ~2021年 - 種類、技術、車両タイプ (乗用車、商用車、オフハイウェイ車)、地域別の動向と予測」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2016年05月23日15時30分

当レポートでは、自動車セキュリティシステムの世界市場に注目し、市場規模の推移を製品形式・技術・車種・地域の別に予測するほか、技術開発動向、市場発展への影響要因、競合環境、有力企業などについての調査・分析情報をまとめています。 第1章 イントロダクション 第2章 調査方法 第3章 エグゼクティブサマリー 第4章 特記すべき考察点 第5章 市場概要 ●イント [全文を読む]

「コンビネーションスターターの世界市場の動向・予測 ~2020年:タイプ・定格出力・用途・産業・地域別」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年11月20日15時00分

世界のコンビネーションスターターの市場は2015年から2020年にかけて5.19%%のCAGRで推移し、2020年には9億2660万米ドルの規模に成長すると予測されています。産業用途でのポンプ需要の拡大やモーターの制御・保護に関する認識の向上が世界的なコンビネーションスターター需要の拡大をもたらしています。 当レポートでは、世界のコンビネーションスタータ [全文を読む]

「DCドライブの世界市場の動向・予測 ~2020年:電圧 (低電圧・中電圧)・定格・エンドユーザー産業別 (石油&ガス・上下水道・発電・ビルオートメーション)・地域別」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年10月26日16時30分

当レポートでは、世界のDCドライブの市場について調査し、市場の定義、製品の区分と概要、産業構造とサプライチェーン、市場への各種影響因子の分析、製品の電圧・定格・エンドユーズ産業別の主な動向と市場規模の推移と予測、地域・国別の詳細分析、競合環境、主要企業のプロファイルなどをまとめています。 第1章 イントロダクション 第2章 調査手法 第3章 エグゼクティ [全文を読む]

「低圧産業制御の北米市場分析・予測 2014-2020年:小型ブレーカー ・家庭電力用ブレーカー ・接触器・リレー・モータースターター・サーマルリレー」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年10月16日10時30分

当レポートでは、北米の低圧産業制御市場に注目し、製品、用途および地域別に取引規模の推移を予測するほか、市場の現況、発展への影響要因、競合環境、有力企業などについての調査・分析情報をまとめています。 第1章 イントロダクション 第2章 エグゼクティブサマリー 第3章 アナリストの考察 ●将来の成長 第4章 市場概要 ●市場ダイナミクス ●バリューチェーン分 [全文を読む]

「産業用制御技術およびファクトリーオートメーションの世界市場 2020年:SCADA・PLC & RTU・DCS・MES・HMI」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年09月29日16時00分

当レポートでは、産業用制御技術およびファクトリーオートメーションの世界市場に注目し、産業、技術、コンポーネント、および地域別に取引規模の推移を予測するほか、市場発展への影響要因、技術開発、競合環境、有力企業などについての調査・分析情報をまとめています。 第1章 イントロダクション 第2章 調査手法 第3章 エグゼクティブサマリー 第4章 重要考察 ●世界 [全文を読む]

「スマート変圧器の世界市場動向・予測 2020年:電力変圧器・配電変圧器・特殊変圧器・計器用変圧器」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年06月23日10時30分

またアジア太平洋地域は2015年から2020年の予測期間中に20%のCAGRで推移し、最も成長の早い地域として台頭すると見られ、同期間中に北米は19.4%、欧州は18.8%の成長が予測されています。世界の配電スマート変圧器市場は2015年の9億370万米ドルから2020年に21億8580万米ドルへと19.3%のCAGRで成長する見込みです。 当レポートでは [全文を読む]

中国リスク急増、世界的価格下落…好業績ラッシュの中でも、なぜ赤字企業続出?

Business Journal / 2015年06月12日06時00分

ソニーはパソコンやテレビなどで抜本的な構造改革を進めており、その過程での赤字という見方もでき、ゲームおよびネットワークなどは好調に推移している。また、シャープは液晶や太陽電池の不振が深刻で、予断を許さない生き残りへの取り組みが続く。結果論だが、亀山への大型投資が適切だったかどうかについては、批判を免れない。 一方、日本メーカーが強い電子部品業界にあっても、 [全文を読む]

「ヒートポンプの世界市場:2015-2019年」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年03月09日14時30分

当レポートでは、世界のヒートポンプ市場について調査し、市場概要および主要製品、製品タイプ別の市場規模の推移と予測、地域別の動向、市場成長への各種影響因子の分析、競合環境、主要事業者のプロファイルなどをまとめています。 第1章 エグゼクティブサマリー 第2章 略語リスト 第3章 調査範囲●市場概要 ●主な製品 第4章 市場調査手法●市場調査プロセス ●調査 [全文を読む]

「太陽電池市場予測・分析 2013-2020年:有機太陽電池・無機太陽電池・結晶シリコン太陽電池・薄膜太陽電池・太陽電池モジュール」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年02月23日18時00分

世界の太陽電池市場は2014年から2019年まで18.30%のCAGRで推移し、市場規模は2013年の895億2,000万米ドルから2020年までに3,455億9,000万米ドルに達すると予測されています。 当レポートでは、世界の太陽電池市場について調査分析を行い、タイプ、コンポーネント、用途、および地域別に市場を考察するとともに、競合状況、主要企業のプロ [全文を読む]

三菱重工、チリ向け石炭焚き発電設備をフルターンキー契約で受注

JCN Newswire / 2012年11月27日17時57分

チリ経済は、世界的な銅価格の上昇などを背景に、2010年と2011年にそれぞれ前年比6.1%と6.0%の成長を達成、続く2012年も経済が堅調に推移しており、それらに伴い、電力需要が急増している。当社は今後も、順調な経済発展を続けるチリをはじめとして、中南米市場全体への営業活動を一層活発に展開していく。 本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。 ht [全文を読む]

フォーカス