東芝 三菱電機に関するニュース

役員報酬1億円以上が最多の意外なあの企業…不振事業は即切り捨て、常に非情な構造改革

Business Journal / 2017年03月14日06時00分

総合電機業界は、日立製作所、東芝、三菱電機という序列だったが、東芝が沈没して、今や日立と三菱電機の2強になった。 三菱電機は2017年3月期の連結業績(米国会計基準)予想を上方修正した。売上高は前期比4%減の4兆2000億円、営業利益は15%減の2550億円と、従来予想をそれぞれ500億円、50億円増額した。純利益は17%減の1900億円で、こちらも従来 [全文を読む]

東芝、「サザエさん効果」はいつまで続く?不正会計問題より深刻な「体力不足」

Business Journal / 2015年11月12日06時00分

東芝がこの程度の会社とは思わなかった」。数十年の株式投資歴を持つ70代の自営業者は言う。彼が呆れているのは、今夏に明らかになった不正決算問題ではない。東芝の企業としての実力に失望しているのだ。 ショック安、すなわち企業の株価が不祥事や大事故によって急落した局面で買いに出て、戻り(株価の回復)を待つ手法で成功してきたベテラン投資家からすれば、東芝の不正決算 [全文を読む]

電機大手が総崩れ、停滞鮮明で深刻な状況…シャープと東芝は経営危機、日立も三菱も減益

Business Journal / 2016年06月02日06時00分

逆に厳しい経営不振が続くのは東芝とシャープ。残る日立製作所、三菱電機、NEC、富士通もいずれも減益基調で、東芝やシャープほどではないにしても停滞感が強かった。 8社のうち、増収だったのは日立と三菱電機の2社だけで、それも日立は前期比2.7%増、三菱も同1.6%増だから微増、ほぼ横ばいに近い。ほかの6社はいずれも微減だが、シャープは11.7%減と2ケタ減収だ [全文を読む]

【電気機器業界】他社牽制力ランキング2014トップ3はパナソニック、東芝、日立製作所

DreamNews / 2015年05月22日11時00分

集計の結果、2014年に最も引用された企業は、パナソニックの18,941件、次いで東芝の11,833件、日立製作所の9,554件となりました。 1位パナソニックの引用された件数の多い特許は、「LED駆動装置」に関する特許(特許第5237727号)や、三菱化学との共同保有となっている「非水電解質二次電池(特許第3193342号)」が挙げられ、前者は三菱電機 [全文を読む]

三菱電機、なぜ「変わらぬ人事」?透ける高収益の秘密~安定の業務内容、不採算事業撤退

Business Journal / 2014年03月25日01時00分

日立製作所が最高経営責任者(CEO)・最高執行責任者(COO)制を導入して2トップ体制を敷き、東芝が副会長職を70年ぶりに復活させて会長、副会長、社長の3トップ体制を敷くなど、大手各社が「変わる」人事を打ち出したことは記憶に新しい。 三菱電機が変わらぬ路線を踏襲した背景には、安定した業務内容がある。電力システムや業務用空調、昇降機などが主力であり、日立や東 [全文を読む]

リストラに怯える日本の半導体技術者を、海外企業は年収数億円出しても欲しがっている

Business Journal / 2017年06月10日06時00分

NANDフラッシュメモリを発明し、世界シェア2位と健闘していた東芝が最後の期待の星だったが、2年前に会社ぐるみで粉飾会計を行っていたことが明るみとなり、歴代3社長が更迭された。少し落ち着いたかと思えば、昨年末に米原子力事業で大赤字を計上することになり、その債務超過を回避するために、営業利益の70%以上を稼いでいたNAND事業を分社化して売却されようとして [全文を読む]

【電気機器業界】他社牽制力ランキング2015トップ3はパナソニック、東芝、日立製作所

DreamNews / 2016年06月01日14時00分

集計の結果、2015年に最も引用された企業は、パナソニックの15,446件、次いで東芝の9,393件、日立製作所の7,897件となりました。 1位パナソニックの引用された件数の多い特許は、「携帯端末の位置情報検出」に関する特許(特許第4781785号)や、「二次電池などに用いられる非水電解液」(特願2007-514538)が挙げられ、それぞれ後発の特許の [全文を読む]

【白物家電ブランドに関するアンケート調査】価格が安いと思う白物家電メーカーは、「ハイアール」が「LGエレクトロニクス」を抜いてトップへ

PR TIMES / 2015年02月03日14時11分

【調査結果】 http://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=19805──<< TOPICS >>────────────────────────────────■『品質・技術が優れている』は「パナソニック」がトップ、「日立」「東芝」続く。「ダイキン工業」は2012年より増加■『価格が安い』は、 [全文を読む]

安倍政権の中枢に、大企業から164人の「天上がり」発覚 重要政策の調査・分析担う

Business Journal / 2015年03月12日06時00分

そこには、NEC航空宇宙システム(2名)、NEC東芝スペースシステム(2名)、宇宙技術開発(10名)、東芝(2名)、三菱電機(7名)、三菱電機エンジニアリング(2名)、三菱電機特機システム(4名)、新日鉄住金ソリューションズ(4名)などの大企業から職員が派遣されている。内閣の情報収集だけでなく、スパイ衛星を運用する内閣衛星情報センターの業務に従事しているこ [全文を読む]

三菱電機、万年3位でもなぜ脚光?徹底した“奇策なし”改革で利益率業界トップに躍進

Business Journal / 2015年01月07日06時00分

業績回復が鮮明になりつつある日立製作所と東芝の陰に隠れて存在感の薄い「総合電機万年3位」の三菱電機が、「売上高5兆円」の成長戦略をぶち上げ、珍しく脚光を浴びている。 同社は昨年11月10日に開いた投資家向け経営戦略説明会で、2020年度までに連結売上高5兆円以上、営業利益率8%以上という数値目標を掲げた成長戦略を発表した。この中では同年5月に開いた同説明会 [全文を読む]

【電気機器】特許資産規模ランキング、トップ3はパナソニック、三菱電機、東芝

DreamNews / 2014年10月31日11時00分

その結果、1位 パナソニック、2位 三菱電機、3位 東芝となりました。 1位 パナソニックの注目度の高い特許には、「コンパレータのオフセット補正装置」や「多層ディスクの層の数に応じて種類判別を行う光ディスク装置」に関する技術などが挙げられます。 2位 三菱電機は、「オンとなる時間が不定のパルス波が入力信号である場合でも、所望の精度で入力信号の周波数を測定 [全文を読む]

【電気機器】特許資産規模ランキング、トップ3は三菱電機、パナソニック、東芝

DreamNews / 2016年10月26日11時00分

その結果、1位 三菱電機、2位 パナソニック、3位 東芝となりました。 1位の三菱電機の注目度の高い特許には、「電力会社からの電力供給が停止した場合に、電力会社の電力系統を切り離したうえで、電力の供給を電気自動車に切り替えることのできる電源切替装置」や「太陽光発電システムによる余剰電力の貯蔵用に蓄電池を利用するよりも、低コストで余剰電力を有効活用し、電力 [全文を読む]

電機メーカー、一斉に減収減益&業績下方修正の異常事態…円高ショック深刻

Business Journal / 2016年09月07日06時00分

17年第1四半期平均でみると、電機大手はパナソニックが1ドル108円、NECが110円、日立製作所が108円(通期では110円)、ソニーが108円、東芝が103円、三菱電機は111円(第2四半期以降は105円)となっている。ちなみに、各社は前期末時点ではパナソニック、NECが115円、ソニー、東芝が113円、富士通が110円だった。各社とも3カ月で大きく [全文を読む]

【情報・通信業界】他社牽制力ランキング2015トップ3はNTT、NTTドコモ、Ericsson

DreamNews / 2016年06月10日11時00分

1位NTTの最も引用された特許は、「デマンドサイドマネジメントシステム」に関する特許(特許第4864809号)および「電力量デマンドコントロールシステム」(特願2001-142673)で、それぞれ後発の特許8件の審査過程で拒絶理由として引用されており、企業別にみると、前者は東芝の4件をはじめ日立製作所、東芝、SONY UK、ATB Automatisie [全文を読む]

【電気機器】特許資産規模ランキング、トップ3は三菱電機、パナソニック、東芝

DreamNews / 2015年11月02日11時00分

その結果、1位 三菱電機、2位 パナソニック、3位 東芝となりました。 1位 三菱電機の注目度の高い特許には、「圧縮機から吐出される冷媒の温度を低減できる空気調和装置」や「高圧系電源装置に使われる部品の小型化、絶縁性向上、生産性改善を図る技術」などが挙げられます。 2位 パナソニックは、「時分割シャッター方式の立体視画像表示装置などに用いられる画像表示方 [全文を読む]

【家庭用エアコンに関するアンケート調査】エアコン購入時の重視点は「価格」「ランニングコスト」「性能」「メーカー・ブランド」が上位。「省エネ」「環境への配慮」は2011年以降減少

PR TIMES / 2015年07月31日09時53分

主利用エアコンのメーカーは「パナソニック」「ダイキン」「三菱電機」「日立」「東芝」が上位■エアコン購入時の重視点は「価格」が最多、「ランニングコストの安さ」「性能・パワー」「メーカー・ブランド」が続く。2011年以降、「省エネ」「環境への配慮」が減少、「メーカー・ブランド」「大きさ」「生産国」が増加━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [全文を読む]

再生可能エネルギー発電事業に関する今後の展開に関するお知らせ

@Press / 2015年01月26日15時30分

このうち、太陽光発電事業において、株式会社京セラソーラーコーポレーション(以下「京セラソーラーコーポ―レーション」)、東芝三菱電機産業システム株式会社(以下「東芝三菱電機産業システム」)、華為技術日本株式会社(以下「ファーウェイ・ジャパン」)の協力を得て、EPC業務全般を進めることが決まりましたので下記の通りお知らせいたします。※1.EPC:設計(Eng [全文を読む]

単身者や小世帯も大容量・省スペースが冷蔵庫選びの新主流派

NEWSポストセブン / 2014年08月08日16時00分

また東芝では、料理を熱いまま凍らせる『熱もの冷凍』や下処理がいらない『野菜そのまま冷凍』という機能もあります。どのメーカーも、買ってきた食料品を簡単に、しかも美味しい状態のまま保存しやすい新技術によって進化しています」(神原さん) キッチン家電の買い替えで悩ましいのは、古い家電を置いていた同じ場所に収まるもの、という条件があること。そう考えると、大きな冷蔵 [全文を読む]

官僚天下る社外取締役 年10回の取締役会出席で日給100万円

NEWSポストセブン / 2014年03月20日07時00分

「社外取締役の仕事は毎月1回程度開かれる取締役会に出席して、経営方針について意見をいうことです」 たとえば、昨年度(2013年3月期)の取締役会の開催回数は三菱重工が年14回、東芝が13回、日立は10回だ。 報酬は高い。各社の有価証券報告書(2013年3月期)などによると、東芝や三菱重工、三菱電機、川崎汽船の社外取締役の平均報酬は1人当たり年間約1000 [全文を読む]

最も優れた環境サイトは「サントリー」~日本ブランド戦略研究所調べ~

@Press / 2013年04月01日10時30分

■環境サイト整備状況の調査結果(トップ20)順位/企業名/業界/達成スコア(Pt)*360点満点----------------------------------------------------------------------1 /サントリー /食品・飲料 /297.52 /三菱電機 /電機・精密 /285.03 /日立製作所 /電機・精密 /2 [全文を読む]

フォーカス